Recommend

2013.12.13 11:00 category:その他

ベルギーアンティーク買付け日記

もう随分と日が経ってしまいましたが、
この夏の終わりに新しい品揃えとして
ベルギーにアンティークの買い付けに行ってきました。

写真はブリュッセル南駅

1954年開業のとても趣のある駅です。
運行掲示板がアナログでカタカタと動きます。
いつもながらに思うことは、ヨーロッパは街中がアンティークということです。
新しいものが次々と現れる日本とは全く違った感覚に陥ります。

さて、買い付けの方はというと
訪れたディーラーさんはみなさんバカンス明けて商品は少なかったものの、
これまでなかなか入手できなかったいくつか見つかりました。
アンティークとはいっても生産されたのは1950年代から60年代と比較的新しく、
またベルギーアンティークの特徴として、フランスの影響を受けたものが多くあります。
猫足だったり、曲線だったり・・・・。
ラタン編みの装飾やカービングにも女性らしさが感じられます。
サイズも小ぶりなので、選んでいただきやすいのではないでしょうか。

写真の小さなキャビネットは、本来壁にセットして、ティーカップなどを飾るためのもの。
側面もガラスになっているので、とてもエレガンスです。
目聡いお客様には、すでに店頭でご覧になり喜んでいただけたようです。


PAGETOP