Recommend

2017.12.20 13:14 category:Antiqueお出かけ・旅行バイヤー裏話

『アンティーク家具 買い付け出張レポ』

先日ベルギーからのコンテナが入荷し、
買い付けてきたアンティークが店頭に並びました。

ヨーロッパから船に揺られること1ヵ月。
長旅を終えた家具達が次の主との出会いを
まだかまだかと待っています。

ベルギーでの買い付けはどこも
のどかな田舎町なので、田園風景ばかり。

町中の通りの看板は、
田舎とはいえヨーロッパ、素敵な雰囲気です。

今回は当時学校などで使われたスクール家具(チェア)を中心に、
ポスターや木箱、ハンガーやスケールなど、
アンティーク雑貨もたくさん買い付けることができました。

特にスクールチェアはベルギー製のものはもちろん、
隣接するフランス製のものも多く流通しており、
色々なデザインや色のチェアやスツールを豊富に調達できました!

ベルギーとフランスの国境付近の町を車で移動してると、
さっきはフランス、次の角からベルギー、
また次の角からフランスと、目まぐるしく国境をまたぎます。

国境といっても特に何もないので、自由に行き来できるのですが、
道路標識や信号機のデザインが変わったり、
フランス語がベルギー語(フレミッシュ)に変わったりと、
国が変わったことに気付くポイントは地味ながらもあります。

そんなエリアでの買い付けなので、
フランス製のチェアもあればベルギー製のチェアもある訳です。

正直どちらの国製でもデザインに大きな違いはないので、
今回はバリエーション豊富に買い付けることにしました。

ダブルデイでは箕面店にてアンティーク家具を豊富に取り揃えており、
ベルギーアンティーク家具も展示中です。
長旅を終えたアンティーク達の次のオーナーになりたい方は
ぜひ箕面店で出会ってやって下さい!


PAGETOP