Recommend

2017.03.24 11:30 category:お出かけ・旅行バイヤー裏話

はじめての海外。 ~インド出張①~

先月、人生初めての海外でインドへ行ってきました。
2018年春用に、オリジナルウエアを作る為の出張です。

関西在住のため、まず成田空港まで国内線で移動。
インドに向かう便は関西国際空港からは出ていないようです。

飛行機に不慣れな私は国内線でさえそわそわしていましたが、
無事に成田に着き、同行するメーカーの方々と合流。
この先はついていくだけなので、安心です。

成田空港で再びチェックインを済ませ、いよいよ国際線に搭乗します。

今回の出張が決まって知人や家族に報告したときは
「初海外でインド!!」と本人以上に周りが驚いていましたが、
キャビンアテンダントの方も「初海外で、インドですか!」と驚かれたのを
見た時はそこまですごいのか・・・と内心ドキドキしていました。

機内では食事や、映画を見て過ごし、9時間半のフライトを無事に終え
いよいよインドに到着です。
到着は夜だったのですが、それでもわかるくらいのモヤ。
おぉここがインドかと思いながら荷物を取り、その日宿泊するホテルへ車移動です。

インドの夜の街並みを走ります。
空港出てすぐ感じたのは車の多さです。とにかく多い。
空港だからという事ではなく、少し走っても車の量は一向に減りません。
さらに車の他に、歩いている人やバイクに、オート・リクシャーという
インドの三輪バイクが、みんなクラクションを鳴らしながら走っています。

道路には車線境界線があるものの、線の通り走っている車は殆どいません。
3車線の所を4列になって走っている所もありました。
ぶつからないかひやひやしていましたが、これが見事にぶつからず
ぎりぎりの所でどちらかが譲っているのを見て、日本ではありえないなと思いました。
車が軽くぶつかったり、運転手同士の言い合いになりがちです。

また、バイクの乗り方も印象的で、一台に2人以上乗っているのが当たり前で、
運転している人と、後の人の間に豚が抱えられているすごい場面にも遭遇しました。
写真を撮るのを忘れる位、見入ってしまいました。
本当にすごい、インド。

無事にホテルに到着。
ホテルの室内には、かわいい像のオブジェがありました。

インドっぽいなと思いながら、室内を見ていた所、コンセントをみて衝撃が。
日本のあの二口とは違い、丸い穴のようなものいくつかあるだけでした。
まったく海外旅行に無知な私は、コンセントが違う事など頭になかったのです。
充電できないかもしれない!と焦りそれ以降は携帯もなるべく触らないよう、注意。
といっても、ネット環境がないので特に触る事もなかったのですが。
写真を撮る事は控えるようにしていました。
この日はフライト疲れの為、早めに就寝。

翌朝、緊張からか6時前に目が覚めてしまいました。
インドはモヤがひどいので、朝方の太陽は赤く見えると聞いていたのを
思いだし、カーテンを開けてみると。

確かに赤い太陽でした。
それにしてもモヤのひどさに驚きです。
日本から持ってきたマスクを二重にしようかと本気で迷ったほどです。

朝食で部屋を出る前にもう一度窓の外見ると
すっかり日がのぼり辺りは明るくなっていました。

下に目をやるとオート・リクシャーが結構なスピードで走っています。
ちょっと乗ってみたいなと興味が湧きましたが、意外とスピードが速くて
怖そう。

ホテルの朝食はビュッフェスタイルで
どれもおいしかったのですが、初日からお腹を壊してはいけないと思い、
カレーは避け、フルーツ中心の朝食にしてみました。
そこで驚いたのはインドのフルーツの美味しさです。
特にスイカジュースはかなり美味しくて、別のホテルでも毎朝必ず飲んでいました。
おかわりする事もあったくらいです。

いよいよインドのメーカーまわりのスタートです。

と一旦インド出張①はここまで。
続きはまた次回ご紹介させて頂きます。お楽しみに


2017.03.21 11:30 category:お出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズ

大阪満喫の一日

とある休日、自宅にて会社の近所の
某有名パン屋のラスク(MADE IN OSAKA)
で軽い朝食を摂り、なんばに向かいました。
(お皿は堂本正樹さんのもの。)

目的は道頓堀にある某有名カニ料理店。

道頓堀の「大阪!」という感じの雰囲気も何気に好きです。
人が多くて看板だらけで色や物で溢れている感じ。

その後は移動し、阿倍野の某有名超高層ビルに。

高い所は別に好きではないし、
一生上ることは無いだろうと思っていたのですが
なりゆきで登ることに。

結果・・・登って良かったです。
展望台で「非日常」が味わえます。

そして梅田に戻り、会社の同僚と合流して夜ご飯。
ピザを食べたのですが、食べるのに必死で
写真が一枚も無い(笑)

大阪には「美味しいもの」「楽しいもの」が
まだまだたくさんあるので、
また休みの日に満喫したいものです。


2017.03.16 11:30 category:お出かけ・旅行季節の愉しみ未分類

湘南レポート~ひとあし早い春の訪れ~

先日のとある日の休日。
自宅から車で数時間、静岡県河津町という山間の街を訪れました。

目的は、桜!!

2月末なのに桜!?と、お思いの方もいるかも知れませんが、
日本一早く咲く桜として有名な「河津桜」は
全国的にも名が知れており、私もいつかの記憶の中に聞き覚えがあったこの桜を
いつかの節に観てみたいなと思っていました。

河津町は伊豆半島の南東部に位置する、
街の南北に河津川が流れる自然豊かな町。
都会の喧騒から少し離れ(そんなに都会には住んでないのですが・・・笑)、
綺麗な空気がとても癒してくれます。

その河津川沿いの絶景がこちらです!!

約1.3Kmに渡って続く桜並木はまさに圧巻!!
2月から3月上旬まで行われている「河津桜まつり」は
例年県内外のたくさんの人たちで賑っているとのこと。

桜の合間には、菜の花畑もありました。

並木沿いにはたくさんの屋台も出ていて
名物の「桜餅の鯛焼き」に、
伊豆といえば「金目鯛の煮つけ」

結局花より団子状態でしたが、
一足早い春を感じた素敵な休日。
4月になればまた桜が見られるなぁと
幸せをしみじみ感じながら、帰路につきました。
今年の春は2倍楽しめて、得した気分です。


2017.03.10 11:30 category:お出かけ・旅行

ゆったり、まったりな休日

雑誌を見て前から気になっていた
箱作にあるカフェへ、友人と行ってきました。

お店へ入るとまず最初にこの子達が出迎えてくれました。
大きい犬が大好きな私は、大興奮。

 

 

 

 

 

 

 

 

天井が高くて広い空間に、昔ながらのストーブが
何ともいい雰囲気を出している店内。
ゆったりとした時間が流れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板メニューは七輪で焼くトーストなのですが、
残念ながらそちらは完売とのことでベーグルサンドを注文。
シンプルな具材に、もちもちフワフワなベーグルがマッチしていて
本当に美味しかったです。

 

 

 

 

 

この後は散歩がてら近くの海まで。
まだ少し寒いですが、今の時期はオフシーズンなので
海水の透明度が高く砂浜も綺麗。
そして歩いているうちに、いつの間にか良い大人が貝殻集めで夢中になり…..。笑

 

 

 

 

 

 

 
あっという間に時間が過ぎ、日が暮れる頃には真冬の寒さに。
看板メニューが食べられなかったので
もう少し暖かくなってからリベンジしたいです。
心も身体もリフレッシュした1日でした。


2017.02.16 11:30 category:お出かけ・旅行お料理季節の愉しみ

冬の鳥取を訪ねて

冬の味覚を求め、年明け早々に鳥取へ行ってきました。
まず向かったのは、定番の“鳥取砂丘”!

画像①

定番だけれど、見渡す限りの砂と青空が本当にきれいで、
冬の冷たい風に吹かれていることも忘れてしばし景色を堪能しました~!
子供のころはもっと広いと思っていたのですが、意外にコンパクトで(笑)
日差しの加減でこんな景色も撮れました。

画像②

砂丘(dune)と砂漠(desert)は違うらしく、
砂丘は“風によって運ばれた砂が堆積してできた丘状の地形”だそうですよ。

さて、砂丘を後にして冬の味覚を堪能しに温泉街にある本日のお宿へ
蟹、カニ、かに尽くし~

画像③

その他にも焼きカニにカニの土瓶蒸しなどなど・・・
最後はもちろんカニ雑炊で〆でした!

画像④

おなかいっぱい、カニを堪能できました。

さてさて、翌日は倉吉市にある
“倉吉白壁土蔵群”へ

この地域は、昔からある白壁の土蔵や建物がカフェやセレクトショップ、
ギャラリーなどとして利用されており、
散歩しながらレトロな雰囲気が楽しめる地域です。
訪れた日はあいにくの雨でしたが、
雨もまたこの雰囲気に似合っていて、
少しほっこりしたお散歩が出来ました。

少し前に起こった地震の影響が残る地域もある中
鳥取の方々のあたたかさに触れ、土地ならではの景色、
お料理を楽しんだ二日間でした。

まだまだ寒い日が続きますが、
寒さを楽しむちょっとした旅を、皆さまも楽しんでみてはいかがでしょうか?


2017.02.02 11:30 category:お出かけ・旅行趣味

湘南レポート~鎌倉市大船観音~

最近はバタバタと何かと忙しく
遠出する余裕があまりなかったので、
以前から近場で気になっていたこちらに出かけてみました。

写真①

小さくて見づらいですが…
ダブルデイ大船ルミネウィング店がある
JR東海道線の大船駅を挟んだ場所にある
この大船観音様。
小高い山から少しだけ見える姿がなんとも言えず、
休憩の度にビルの屋上から眺めていたので
いつしかお気に入りの場所に。
実際にはなかなかな行く機会が無かったので
いつも癒されている御礼にと出勤前に立ち寄る事に・・・。

以前、Day’s仲間の一人から、
「観音様は見えているのに
どこから入ったら良いのか道順が分らなくて諦めた・・・」と、
都市伝説のような怖い話を聞いていたので
そんなバカなと思いながら
観音様を目指して歩けば辿り着くだろう!!
と、意気揚々と目指すものの道しるべの看板は一切なく、
観音様は見えているのにいけない!!

まるでロールプレイングゲームをしているかのような
気持ちで、通りがかりの方に尋ねると、
良く聞かれるのでしょうか・・・
慣れた口調で住宅街の細い路地を案内してもらい
ようやくスタート地点に到着。

写真②

なかりの急こう配・・・。
(ここからはダイジェストでご覧いただきます!!)

写真③

だんだんと近くなり・・

写真④

目が合って・・・

写真⑤

到着!!観音様は上半身だけだったんですね。
新たな発見に少し驚きながら、
癒しの御礼に手を合わせ出来ました。

写真⑥

振り返るとそこからは大船の街並みが一望でき、
いつも眺めている景色を反対から見るのは新鮮でした。
これからもちょこっとだけ見える観音様に
休憩の度に癒されたいと思います


2017.01.19 11:30 category:お出かけ・旅行季節の愉しみ

十日戎

DAY’s仲間が迎春の和菓子書初めなどお正月ネタを書いていましたが…
私は年が明けたなと感じるのはこちら!

写真①

写真②

『十日戎』ですね。
関西では年明けに無くてはならないイベントですが、
こんなに盛り上がるのは関西だけみたいですね!?

『十日戎』とは…

違う呼び名では『えべっさん』と呼ばれ、
1月10日の本戎とその前後で行われる祭事のことです。
七福神の一神であるえびす様(恵比寿神)に、
商売繁盛・家内安全・交通安全を願います。

写真③

写真④

えべっさんと言えば…
福笹!(写真を撮り損ねました…苦笑)
笹は「節目正しく真っ直ぐに伸び」
「弾力があって折れない」「葉が落ちず常に青々と茂る」
といった特徴から、家運隆昌・商売繁盛の縁起物となったそうです。
十日戎では、拝殿で福笹を授かり、
御札と吉兆と呼ばれる小宝を付ける風習が続いています。
吉兆は、銭叺・銭袋・末広・小判・丁銀・
烏帽子・臼・小槌・米俵・鯛等の縁起物から成り、
十日戎の参拝者は有償で吉兆を自由に選べ、
福娘による飾りつけを授与されます。

写真⑤

こちらは参拝の時の写真ですが、
境内には笹を持った人がたくさん!
商売繁盛・家内安全を願って
たくさんの飾りを付けている方が大勢いました。

もちろん、参拝の後は出店を楽しみました♪

さぁ、えべっさんにも行ったし今年も商売繁盛・家内安全間違いなしですかね!?笑


2017.01.13 11:30 category:お出かけ・旅行お料理趣味

小鹿田焼の里を訪ねて

今年のお正月はすっかり巣篭りしてしまったので
年末に訪ねた「小鹿田焼の里」のお話を。

2016年も押し迫った週末、福岡へ旅行することになりました。
全国の窯元を訪ね歩くのが大好きで
バイヤーの窯元訪問出張(たとえばこちら)が
うらやましいと思っている私は
この機会に小鹿田焼の里を訪ねることにしました。

ダブルデイでも人気の小鹿田焼が作られているのは
大分県日田市の北部の山深い地域。
細い山道に沿って車を走らせると
日本の原風景を思わせる小さな集落が現れます。
実際、小鹿田焼の窯元は十数件ほど。
しかも一子相伝という特殊な焼き物の里なんです。

IMG_9328

集落を散策しはじめると、どこからか「ぺったんぺったん」という音が聞こえてきます。
音をたどっていくと、大きな杵が土をついている音でした。
これは「唐臼(からうす)」と呼ばれる小鹿田独特の手法で、
小川の流れを利用した杵で陶土を粉砕しているそうです。
なんと2週間以上もつくのだとか。
集落のあちこちでこの音が聞こえるのどかな風景。
すっかり魅了されてしまいました。

さて、訪ねたのは夕暮れ時。
標高が高い山は日が陰ると急に冷え込み、
静かな集落が一層静かに感じられます。
そんな中、各窯元の直売所を見せていただき、
素敵な器を探し求めました。
もう、並んでいる器全部欲しい!と思うほど
素敵な器がたくさんあるなか、
吟味に吟味を重ねて小鹿田焼の特徴的技法である
「飛び鉋」の皿を数点。それに、全身黄色の蓋物も。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

産地を訪ねて製作者のお話を伺ったり、
作陶されている様子を見せていただくと
器への愛着も一層わいてくるもの。
この日は器の他にも、登り窯に火が入っている様子や、
60年ぶりに作っている新窯など、
普段はなかなか見ることができない光景にも出会えました。

あっという間に時間がたってしまい、
気づけば暗くなっていたほど。(そして寒かった!)

信楽のような大きな産地も楽しいですが、
生産者との距離の近さは小さな集落ならではの醍醐味ですね。

連れて帰ってきた器たちに
どのようなお料理を盛り付けようか・・・
2017年のお楽しみになりそうです。


2016.12.29 11:30 category:お出かけ・旅行お料理

はじめての台湾旅行

ずっと忙しく、まとまった休みを取ることが出来ていなかったのですが
思い切って連休をとり台湾旅行へ行ってきました。

画像①

一番楽しかったのは市場。
売っている物、働いている人、売り方、目に映るあらゆる物が
めずらしく、終始きょろきょろ&お店の人と話をするのにドキドキ。

画像②

印象に残っているのは、ベランダを
グリーンで飾っている住居が多いという事。
素敵なベランダがたくさんありました。

画像③

主な目的は「食べること」。
限られた時間の中、本当にたくさん食べました。

画像④

画像⑤

非日常を味わい、リフレッシュできました。
また、仕事がんばれそうです。


2016.12.22 11:30 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

湘南レポート~新年を迎える準備~

12月もあっという間。今年ももう終わろうとしていますね、本当に早いものです。
1年の締めくくりはみなさん何をされますか?

大掃除をしたり、食器やお箸を新たに買い揃えたり
皆さんそれぞれの決まりごとがありそうですね。
私は日課になっている朝ジョギングコースから見える
江の島と富士山に手を合わせて?(何かご利益がありそうなので・・・笑)
新年を迎えたいと思います!!

日の出に見える江の島と・・・

写真①

朝もやで霞む富士山・・・。

写真②

そして、もう一つ新年の準備と言えば、しめ縄です。
クリスマス用のリースとして購入していた
ダブルデイでも取り扱いのある作家さんのハンドメイドリース。
付属の水引を使ってお正月仕様に!!これで部屋もばっちり雰囲気が出ます。 

写真③

写真④

実は、最近奮発して購入した
一眼レフカメラを駆使した撮影写真はいかがでしょうか?

えーっと・・・まだまだ勉強が必要のようです。

湘南に引っ越して1年!!
関西弁が多少和らいではきてはいますが・・まだまだ行きたりない所ばかり。
来年はこの相棒のカメラを持ち出して、
湘南の素敵スポットを皆さんに今年以上にたくさんお届け出来ればと思っています。

皆様良いお年をお迎えください。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »
PAGETOP