Recommend

2018.01.16 09:00 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話ファッション

はじめての海外。 ~インド出張 最終章~

インド出張続編です。
前回・前々回のブログ内容はこちらから

今回はいよいよ商品企画についてです。
約4日間にわたり、インドメーカーを訪問していきます。

今回のインド出張でオリジナルウエアの企画が3つありますが、
その中の1つの企画をご紹介です。

インド出張2日目に訪問したメーカーがこちら。

見渡す限り生地の山です。
あまりの生地の多さに驚きを隠せないのと同時に、
この中から生地を選べるか不安になりました。

ちなみに、これはほんの一部で、
実際には画像の約8倍位の量がありました。

(メーカーによっては、お洋服のサンプルがたくさんあるところと、
今回のように生地がたくさん置いてあるところがありました。)

それでは、気合を入れて!早速生地選びスタートです。

インドメーカーの方と部屋中の生地を見てまわること約30分。
この大量の生地の山からひとまず選んだのが、こちらの生地。

柄物・タックの入った生地などを選定。

デザインはあらかじめ決めており、
イメージしていたデザインに近い現地のサンプル
を選び、修正箇所を伝えていきます。
(現地のサンプルは海外向けのサイズや、スタイリッシュさが強かったり
逆に民族調のテイストが強かったりするので、DOUBLEDAYのお洋服として、
お届けしたいデザインに変更していきます。)

ちなみに、今回依頼したのはこんな感じです。
全てはお見せ出来ないので、デザイン画像のところだけ。

慣れない言葉が飛び交う中で生地選定をし、
デザインの修正箇所を伝え終え、
サンプル依頼も無事終了です。

日本に戻り、サンプル確認・修正のやりとりをし、
オーダーを終えたのはインド出張から約半年後の8月でした。

そこから現地での生産がスタートし、
昨年12月末に商品が入荷しました。

楽しみに待っていた実際の商品がこちら。

トップス1型・ワンピース3型を作りました。
最終生地は、ピンタックデザインを選びました。
どの商品もイメージ通りに仕上がり大満足です。

春のおすすめコーディネートはPickupにて
ご覧いただけます。

まだまだ寒い日が続きますが、
DOUBLEDAYには春物のお洋服が少しずつ入荷しています。

今回のピンタックデザインの生地以外でも
オリジナルウエア企画があと2つあるので、
こちらは、また次回ご紹介しますのでお楽しみに。

そして、また来月2019年春のオリジナルウエアの企画の為
インド出張に行ってきます。

DAOUBLEDAYのお洋服をいつも見て下さる皆様へ、
素敵なお洋服がお届け出来るよう、、、
次はどんな生地・デザインでお洋服を作るかまた楽しみです。

今回のインド出張ではお腹が痛くなりませんように。


2018.01.09 15:59 category:DAY's事典お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

『和を楽しむ』

新年明けましておめでとうございます。
皆様、お正月はどの様に過ごされましたか?

田舎へ帰省されたり、初詣に出かけたり、
おせち料理に舌鼓したりと、お正月にしかできない
特別な事が沢山ありますね。

我が家では南天を水差しして正月気分を盛り上げました。
南天は「難を転ずる」ことから「難を転じて福となす」といわれ、
縁起物のようです。

その一方、常に満腹状態のお正月を過ごしたのですが、
毎年余ってしまうお餅を少しでも美味しく食べようと
ダブルデイでも定番の「九十金網のセラミック焼網」を使って
お餅を焼いてみました。

大阪府東大阪で作られているこの網焼きは、
セラミックがもたらす遠赤外線効果で
コンロの火が炭火焼のようになり
表面は香ばしくカリカリ、中はふっくらモチモチのお餅に。
満腹でもついつい食べてしまう焼き上がりでした・・・。

「大」と「小」の2サイズの展開ですが、写真は小サイズ。
お餅であれば4個程度、食パンだと1枚がちょうど収まるほどのサイズです。

焼きあがったお餅をどの器に入れようか迷いますが・・・

今回は、石川県加賀市にある九谷青窯の
「色絵花つなぎ」の器を選んで、お雑煮として美味しくいただきました。
口当たりがよく、見ているだけで華やかな気持ちになる器です。

新年は不思議と「和」を取り入れたくなります。
ダブルデイでは、日本各地の窯元の和食器や、
暮らしに役立つ道具を豊富に取り揃えております。

それでは、本年もDay’s仲間とともに皆様に
わくわく楽しんでいただける情報をお送りしたいと思います。

どうぞ宜しくお願いします。


2017.12.26 17:19 category:ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

『冬の防寒対策』

最近特に寒い日が続いていますね。
寒くて辛い日々を快適に過ごそうと思い、
ダブルデイで防寒グッズを新調したのでご紹介したいと思います。

まず一つ目にご紹介するのはダブルデイでも人気、
「merijakuu(メリヤクー)シルクレギンス」。

このアイテムに出会うまで
化学繊維を使用したインナー類を着ていましたが、
乾燥して痒くなっていました。

何かの記事で、敏感肌にはシルクがおすすめというのを知って、
早速使用してみると、軽くてなめらかな肌触りで
とても履き心地が良かったです!

パンツの中に合わせて愛用しています。

続いてご紹介するのは砂山靴下の
「2重編みケーブル柄手首ウォーマー」。

こちらは用途によって、向きを逆転させ
2wayで使用することができます。

本を読む際やパソコンを使用する際に特に重宝します。

最後に、
お家でリラックスして使うことが出来る
あったかアイテムを2つご紹介します。

裏はボア素材で軽くて暖かい「DAYS Blanket」。

去年は別の柄を買いましたが、
今年はチェック柄が欲しくて新調。
軽いので車の移動でもよく使用しています。

もう一つは、レンジで温める事で
繰り返し使用出来る「セラミックウォーマー」。

目元用・首元用と2種類あり、
私は寝る前に2つ同時に使用しています。

直接肌に当たる部分はタオル地のような優しい肌触りで、
とてもリラックス出来ます。

冬本番に向けて、これらのアイテムをフル活用し、
しっかり防寒対策したいと思います。

今回ご紹介したアイテムは
ダブルデイで販売しておりますので、ぜひご覧ください。


2017.12.12 11:00 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

『箸置き いろいろ』

12月も残り半分・・・
そろそろ、お正月に向けて準備をされている方も多いのではないでしょうか。

お正月用の食器を買い揃えるのは
いろいろと大変・・・と思われている方、
箸置きだけでもお正月仕様にしてみては?

こちらは色鮮やかな色絵が特徴的な
石川県の九谷焼のもの。

縁起物の獅子舞や犬張子などが描かれた箸置きは
遊び心があり、思わずクスッとするアイテムです。

こちらも色鮮やかな箸置きですが、
長崎県の波佐見焼です。

2018年の干支にちなんだ
可愛らしいこま犬の箸置きや
瓢箪・椿が描かれた少し大きめの箸置き。

カラフルな小花の箸置きは
わさびなどの薬味入れとしても使うことができ、
普段使いしやすいアイテムです。

ダブルデイでは陶器以外の箸置きもご用意しています。

水引の結びをモチーフにした
富山県高岡市で作られている錫製の箸置きです。

それぞれにおめでたい文様をかたどった箸置きは、
桐箱に入っており、引き出物や贈り物にもおすすめです。
これを着物の飾りとして使われる方もいらっしゃるそうです。

こちらはクリア素材に金箔が映え、
食卓を華やかにしてくれる箸置き。

アクリル樹脂の素材感を活かしながらも、
和の要素を大切にしたデザインで
マット加工を施した表面は、
磨りガラスのように上品に裏面の金箔を映してくれます。

1種類ずつ日本の自然をモチーフにしたデザインも魅力です。

もちろん、箸置き以外にも
ダブルデイではたくさんのお正月アイテムを取り揃えています。

今年のお正月は少し華やかなテーブルコーディネートに
チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


2017.12.05 13:00 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

柿の生ハム巻きとスリップウェア

この時期、美味しそうな柿を見つけたら、
必ず購入して生ハム巻きを作っています。

オリーブオイルとブラックペッパーをかけるだけで、
柿の甘みと生ハムの塩気が絶妙の組み合わせに。

サラダとしても、ワインのお供にしても、確実に美味しい一品です。
もうすぐ、食べ頃が終わるとなると、なおさら食べたくなりますね。
夏は、イチジクで同じことを思っていたような、、、

そんなこの時期に、わが家で活躍するのがスリップウェアの器たち。
スリップウェアとは陶器の表面に泥漿釉(でいしょうやく)をかけて
模様や装飾を施した器のことです。
年中使いますが、冬のお料理の温かみをさらに引き立たせます。

こちらは、ダブルデイでも一部の店舗で取り扱いのある
波佐見の紀窯のもの。
スリップに迫力があり、スクエアの鉢は深さもあるので大人数の料理にも最適です。

作家違いのものなど様々なスリップウェアを持っているのですが、
同じスリップウェアでも柄によって雰囲気が全然違い、
存在感のある民藝らしい柄から、
古いヨーロッパのイメージのものまで様々です。

洋風のスリップウェアの器に、
おでんを盛っても良いだろうなぁ、
なんて思いながら、、

和食・洋食関わらずお料理を引き立てながらしっかりとした存在感。
丈夫で使いやすいスリップウェアはこれからの時期に大活躍してくれます。


2017.11.29 11:30 category:その他ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

『冬の必需品』

ここ最近、ようやく冬らしい気温になってきたので
いよいよ冬の必需品の出番がやってきました。

冬の必需品と言えば、いろいろありますが
使い回し抜群で何かと重宝するアイテムといえば『ブランケット』です!
ダブルデイの冬の定番ブランケットといえば、
『THE DAYS BLANKET』。


定番の使い方の羽織バージョンも
ボタン付きで胸元で止めることができて、
両手が自由に使えます。

(ちなみにですが、我が家では洗濯物を干すときの定番のスタイルです。)

 

腰に巻き付けて使うパターンも暖かくておすすめです。

 

使わない時にソファーにバサッと掛けても様になります。

『THE DAYS BLANKET』以外にも
いろいろなブランケットをダブルデイでは取り揃えています。

ぜひ、お気に入りのブランケットを
見つけて寒い冬を暖かく乗り切って下さいね!


2017.11.21 12:00 category:その他ダブルデイグッズファッション

レザー小物

ダブルデイで発売当時から人気のレザーアイテム
『BRETAGNA(ブレターニャ)シリーズ』。
こちらに新色のグリーンが登場しました。

丁寧に鞣し・染色などの加工が施されたフランス産の原皮は
いくつもの工程を経て、美しい発色とほどよい張りがある革になります。

そんな革を使って作った今回の新商品は
使いこんでいくほどにつやと色の深みが増し、
ゆっくりと美しい経年変化を楽しめるので、
長く愛用していただける財布としておすすめです。


お札を折らずにしまえる“ラウンドファスナー長財布”


たくさんの収納ポケットが付いているので、
いろいろな種類のカードをしまうことができます。
実はこのポケットにはもう一つ秘密があり、
カードよりも一回り小さいサイズのポケットも作られているので
メモや切符なども収納できます。


手のひらサイズ、コンパクトでも必要なものは収納できる“二つ折り財布”


お札を入れる部分にも、仕切りを作っているので
種類を分けることができます。
さらに、仕切りにもポケットを付けているので、用途に合わせて大活躍です。

お財布は毎日使う物なので、
使いやすくて、長く愛用できるものが理想!

ブレターニャシリーズは他にもたくさんのカラーをご用意しています。

ぜひ、お店で実際に手に取って、
本革の上質な質感と使いやすさを実感してみてください。

・BRETAGNA(ブレターニャ) ウォレットはこちら


2017.11.14 11:00 category:DAY's事典TVで紹介ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

『今年のネックウエアは…』

9月に『今年のコートは…』というタイトルで
DOUBLEDAYおすすめのコートをご紹介しましたが、今回はネックウエアです。

お日様の出ている時は暖かく
日が落ちると一気に寒くなる、
寒暖差の大きい時期は
コーディネートを迷われる方も多いかと思います。

そんな時に大活躍なのが、ネックウエアです。

今回はいくつかのシチュエーションに合わせて、商品のご紹介します。

ジャケット・コートを着るほど寒くはないけれど、
夜の寒さが心配な時は少し厚手のマフラーがおすすめです。

こちらはSCOTTISH TRADITION(スコティッシュ トラディション)のマフラーです。

英国スコットランド・ロックスバーグシャーに工房を構える、
長年上品で美しい柄のスカーフ・ストールを作り続けているブランドです。

カラーによって印象が全然違うので、
様々なテイストの方に着ていただけるアイテムです。

次は、外はアウターがないと寒いけれど
電車や、駅・ショッピングモールの中は
暖房が効いていて、つけている厚手のマフラーを外すと、
荷物になる事もあるかと思います。

そんな時は、ウール素材の軽めのスカーフがおすすめです。

こちらは国内ブランドhint hint(ヒントヒント)のスカーフ。

「カテゴリーにとらわれず、自由に、楽しく、気ままに
ちょっとしたヒラメキやキラメキは ココに」をブランドテーマに
ネックウエアやバッグ、ポーチなどを展開しているブランドです。

このスカーフはウール100%なので温かいのですが
薄手なので、さっとカバンにかさばらずにしまう事ができます。

春先のまだ肌寒い季節にも
コットン素材のお洋服にもコーディネートできる
一枚あると便利なアイテムです。

最後にご紹介するアイテムは、
Odds(オッズ)から登場した
新しいデザインがポイントのフェイクタートルネックです。

「NATURAL BASIC」をコンセプトにかかげ、
主に自然素材の特性と風合いを生かした商品作りをし、
さらにミニマムでシンプルなデザインだからこそ、
シルエットやつけ心地を大切に考え、身に着ける人を選ばない、
日常的で自然体な心地よいアイテムを提案し続けているブランドです。

写真を見ていただくと
一見タートルネックのお洋服を着ているように見えますが、
実はこちらはネックウエアなのです。

先ほどのスカーフ同様、室内でパッと取れて
バッグにしまいやく、よりファッション性の高いデザインになっています。

その他にも、今年トレンドのチェック柄のストールなどもあり
どれもこれも迷ってしまうものばかりです。

まだ今年のネックウエアをお求めでない方は
ぜひお近くのDOUBLEDAYへお越し下さいませ。

みなさまのご来店心よりお待ちしております。


2017.11.07 11:00 category:AntiqueDAY's事典お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

『イギリス アンティーク家具 買い付け出張レポ』

先日、アンティーク家具の買い付けに
イギリスへ行ってきました。
昨今、海外では様々な事件や事故があり
緊張感をもって臨んだ出張。

イギリスまでヘルシンキ経由で10時間以上の長旅です。
家具の買い付けは郊外都市を訪問するため、列車での国内移動は必須。

 

 

ヨーロッパではペットも普通に歩いて乗車しています。
車窓からはのどかな田園風景が続き、いつの間にか緊張も解け、
アンティーク家具のハンティングモードに。

今回も朝から晩まで時間の許す限り買い付けです。

ダブルデイでも人気のG-Plan(ジープラン)を中心に
McIntosh(マッキントッシュ)のサイドボードなど
日本でも人気の高いアイテムが見つかりました。

 

 

G-Planの長方形天板に2本脚仕様のダイニングテーブル。
レアアイテムです!

他にもFresco(フレスコ)シリーズのスツールなどのアイテムも
久しぶりに多数購入できました。

 

今回はイギリスから買い付けをスタートし、
ロンドンを経由してベルギーへ移動する行程です。

経由地のロンドンは世界屈指のトレンド発信都市。

国全体はのどかな田舎風景のイギリスですが、
ロンドンだけは別格です。
街並みは適当に撮影するだけで絵になっちゃいます。

 

 

特におすすめなのは、トレンド発信地として
おしゃれなショップが集まる西ロンドン。

ショーディッジエリアです。
建物がかっこいいので、ただ人が立っているだけで
何だかアート写真のような感じに見えませんか?

 

 

 

ショーディッジは日本でも有名な
LABOUR AND WAIT(レイバーアンドウェイト)があったり、
今一番のトレンドのカフェ(散髪屋のモチーフ)があったり、
観光客も多いエリアですが、昨今の事件・事故の影響か
日本人観光客はあまり見ませんでした。

ともあれ、治安が悪く怖い目にあうとかもなく、
無事イギリスでのアンティーク家具の買い付けは終了しました。

 

では海の向こう側(フランス・ベルギー)へ、
次の家具を探して移動です!

G-Planのレアアイテムは
ダブルデイ箕面店へ11月後半に以降入荷予定です。
気になる方はぜひ店舗までお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

 


2017.10.31 11:00 category:お料理その他ダブルデイグッズ未分類

『我が家の台所事情』

使い勝手が良く機能的、
そしてデザインは出来るだけシンプルで、尚且つアクセントがあるもの。
というのが台所道具を揃える際の我が家のルールです。

そんな絶妙なルールを満たしてくれるのが
ドイツ製のweck(ウェック)のガラス瓶と、日本製の野田琺瑯です。

100年以上愛されている1900年創業のweck。
トレードマークのいちごの刻印が特徴的で、密閉保存容器の代名詞となっています。


毎日使う調味料は、片手でも取りやすいプラスチック製の保存容器に入れています。

挽いたコーヒー豆や梅シロップなど
密閉して保存したいものはシリコンパッキンとクリップ仕様の保存容器に入れています。


使い方によって仕様をかえたり、形や容量もが選べるのもweckの良いところです。

そして、もうひとつ。
80年以上琺瑯一筋で作り続けている野田琺瑯の保存容器です。

Day’sでも何度か登場しているこちらのアムケトルは、
台所道具の中でも長年愛用しているモノのひとつです。

蓋とハンドルの間が狭くなっていて注ぎやすく、
大きめの注ぎ口は傾け具合で少量ずつ注いだり、たっぷり注いだり調節ができます。

ハンドルが90度傾くので省スペースに収納でき
容量も2.0L入るとは思えないコンパクトさです。

そして、なによりも我が家の台所にアクセント加えてくれるこの青色と、
使い込むほどにでる風合い。
今後も長く付き合っていきたい道具です。

今回ご紹介した商品はお店でも、もちろんご覧いただけます。
weckや野田琺瑯は、形やサイズなど用途に合わせて選ぶことができるのはもちろん、
シンプルなデザインのフォルムの中に隠された
こだわりがある作り手の工夫が魅力的です。

ダブルデイでは、11/1(水)~11/30(木)まで期間限定で、
『野田琺瑯展』を開催します。
普段取り扱いのないアイテムもこの期間に合わせて限定販売いたします。
(※限定店舗での開催になります。詳しくはこちら

既にお持ちの方も、そうでない方も
せひこの機会に一度、見て・触れて・そして感じて下さい。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 14 15 16 »
PAGETOP