Recommend

2018.08.28 11:00 category:お料理キッチンダブルデイグッズ季節の愉しみ未分類

夏の終わりに食べたいもの

暦の上では、もうすぐ秋ですが、
まだ残暑が続きそうですね。

スーパーには、梨や秋刀魚が並び始め、
もう秋はすぐそこまできているんだな
と思いながらも、外に出ると汗がダラダラ。

“本当の”秋が待ち遠しい
今日この頃です。

こんな時期に、
我が家の食卓に登場するメニューをご紹介します。

少し夏バテ気味の身体に、
お酢(ワインビネガー・バルサミコ酢)の
疲労回復を期待して食べているのが、
キャロットラペ。
今回は、特別に巨峰入りです。

オリーブオイル・お酢・レモン汁・塩を混ぜるだけなので、
とても簡単に沢山にんじんが食べられます。

「木村硝子のコンパクトタンブラー」は、
グラスとしてだけではなく
食材を入れても使えます。

この時期が旬の食材として、
沢山食べたいのが桃とイチジク。

今回は、モッツァレラチーズと一緒にサラダに。

桃が甘くてとても美味しく、
気が付くと旦那がひとりで
完食しそうになっていました。

器は「トキノハの鉢」で、
深みがありとても使いやすいです。

最後に、
少し涼しくなってきた夜に
これから活躍するのが、「照宝のセイロ」です。

どんな野菜も蒸すだけで、
簡単に美味しく食べられます。

これから、秋の味覚がどんどん出てくるので、
食べ過ぎには注意しながら、
季節の味覚を楽しんでいきたいです。

DOUBLEDAYの店頭にも、
秋の新商品がどんどん入荷していきます。
ぜひ店頭でご覧下さいませ。


2018.08.21 13:27 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ

オールドキリムとギャベ

はるか昔から遊牧民の生活必需品として
織られてきたキリムとギャベ。

モチーフ(デザイン)に込められた
織り手の願いや祈りなど、
知れば知るほど惹きつけられるポイントが
満載のアイテムです!

◇オールドキリム

キリムとは毛足のない平織りの敷物のことで、
起源は4000年から5000年前とも言われ
高級な敷物として有名なペルシャ絨毯よりも
歴史が古いとされています。

オールドキリムとは
40~100年前に織られたものを言います。

広大な地域を移動する遊牧民の生活に
欠かせない敷物など様々な形で使われているだけでなく、
居住空間のテントの中に
彩りを与える装飾品の役割も持っていました。

ダブルデイでは敷物をリメイクした
クッションカバーを取り扱っています。

お部屋の中に一つ置くだけで
ガラッと印象を変える
存在感の強いクッションカバーは
ダブルデイおすすめのレザーソファとの相性も抜群です!

先日、メーカーさんに伺ったときに
撮影させていただいた画像です。
タイミング良くイランから商品が届いたばかりで
沢山のオールドキリムのクッションカバーを
見ることが出来ました!

じっくりと見せていただいたのですが、
一つとして同じ物がなく見応え満点でした。

◇ギャベ

イラン南西部の高原で遊牧生活をしている
カシュガイ族やルリ族などの部族によって
織り続けらている『毛足の長い絨毯』を指しています。

ふかふかでラフに織られたギャベは暖かく、
子供が描いた絵のようなギャベのデザインは
どこか懐かしい感覚を与えてくれます。

アートのようなカラフルなデザインは
以前から人気ですが、
ここ最近は染色した糸を使っていない
羊の毛色そのものを活かした
ナチュラルな感じのデザインも人気です。

織り手の個性が表れやすいギャベですが、
こちらも先日メーカーさんにお伺いした際に
んな珍しいモザイク調のものもありました。

オールドキリムもギャベも
世界に一つだけのアイテムです。

モチーフの持つ意味を調べたり、
気に入ったモチーフ(デザイン)を探して
お店巡りをするのも
オールドキリムやギャベを手に入れる一つの楽しみです。


2018.07.24 11:00 category:DAY's事典お出かけ・旅行ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

夏のオススメアイテム

夏本番、35℃超えの日も多く
毎日本当に暑いですね。
これから8月にかけて
まだまだ厳しい暑さが続きます。

そこでこの時期に
オススメのアイテムをご紹介します。

最初にご紹介するのは
「Encachette/アンキャシェット」の日傘。

「Encachette/アンキャシェット」は2006年設立。
ブランド名はフランス語の造語でこっそり、
ひっそりという意味が込められています。

持ち手がバンブー素材で、
UVカット率90%以上で機能性とおしゃれを兼ね備えた日傘。

シックな雰囲気で合わせるお洋服も選びません。
持っているだけで気分が上がります。
長傘以外に折り畳み傘もございます。

次にご紹介するのは
日差しが強いこの時期に必須アイテム、アームカバーです。

ダブルデイは2シリーズご用意しておりまして、
肌が弱い方は内側にシルク素材を使用した
「かぜまとう ふんわりガーゼの
アーム&レッグウォーマー」がおすすめ。

まとっているのを忘れる程やわらかく
自然な付け心地です。

またUV対策をしたい方におすすめの
「重ね着みたいなアームカバー」は
素材や製造方法、フィット感など細部にこだわり、
カットソーを重ね着しているように見え、
洋服に合わせやすいです。

最後にご紹介するのは
インドネシア発アロマオイルブランド「safe care」シリーズです。

ロールオンタイプとシートタイプがあり、
どちらも暑いこの時期に重宝するアイテム。

ロールオンタイプは眠気がある時や、
気分をすっきりさせたい時におすすめです。
こめかみや首筋に少量付けると
リフレッシュ出来ます。

「safe care」は
アロマテラピーに基づきながらも、
今までにない革新的な製品を作り続けており、
2012年には「TOP BRAND AWARD」、
2017年には「INDONESIA WOW BRAND 2017」において
金賞を受賞するなど輝かしい賞を受賞しています。

また、全ての商品は
Majelis Ulama Indonesiaから
ハラール認証を取得しています。

どちらも持ち運びに便利なサイズで
私も化粧ポーチに入れて愛用してます。

少しでも暑い夏を心地よく過ごす為にも
ご紹介したアイテムをぜひ店頭でご覧ください。


2018.07.10 11:00 category:AntiqueDAY's事典ダブルデイグッズ季節の愉しみ

ERCOLのクエーカーチェアとサーバー

天気が悪い日が続くと、
家具やインテリアを見直したり、
お手入れをして、より快適な
ライフスタイルにしたいと思う今日この頃です。

それでもシーズンやトレンド関係なく、
長くわが家で大切に使用している
ERCOL(アーコール)社のアンティーク家具を
ご紹介します。

まず一つ目が、
定番のクエーカーチェア。

すっきりとしたシルエットが綺麗で
木の質感も座り心地も良く、
4、5年前からダイニングチェアとして
使用しています。

久々に、オイルメンテナンスし、
改めて良いチェアだなと思いました。

一緒に合わせるテーブルは、
パイン材のビンテージテーブルです。

モロカンラグを合わせて、
異なるテイストとのMIXスタイルが
個人的には気に入っています。

家族でそれぞれ、お気に入りのチェアが違うので
色々なチェアを組み合わせて、楽しめるところも
ERCOLチェアの良いところだなと思います。

もう一つが、7、8年前に、
DOUBLEDAY箕面店で購入したERCOLのサーバー。

イギリスではダイニングテーブルの横に置いて、
カトラリーなどを入れて使用されていたそうです。

用途を深く考えず、
一目ぼれで購入してしまいましたが、
子どもが出来てからは和室に置いて
和食器の収納として使っています。

一期一会なのもアンティーク家具の良いところ。

良い出会いがありますように、
ダブルデイへご来店下さい。


2018.06.05 11:00 category:ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

夏支度・・・

梅雨の季節になりましたね。

このジメジメした気分を晴らすため、
夏に向けてダブルデイで
購入したアイテムをご紹介します。

まず初めにご紹介するのは、
最近お気に入りのブランド
「LUV OUR DAYS(ラブアワーデイズ)」のオールインワン。

「Stir up style」
女性の内面にあるものをかきたてるstanderd & vintage。

古き良き時代に作られたユニフォームをベースに
毎日を楽しく過ごす女性の為の飾らない日常着。
洗練されたデザインと肌心地の良い素材を使用して、
着る人の心を掴みます。
“今の時代を生きる女性の為に”というコンセプトで
生地や細かいディティールにもこだわったブランドです。

一見カジュアルなアイテムですが、
ラインがきれいで、合わせる小物次第で
大人っぽくコーディネート出来ます。
色違いも欲しいくらいお気に入りの一枚。

次にご紹介するのは
2018SSよりダブルデイでの取り扱いがスタートした
ニューヨーク、スタートの
カットソーブランド「handvaerk(ハンドバーグ)」のTシャツです。

デザイナー自ら調達したペルー綿を使用し、
紡績・編み立て・染色・縫製まで
全ての工程を一貫して自社工場で行うことで
非常に完成度の高い商品を展開しています。

「とにかく着心地が良い」の一言です。

私はフレンチ袖のTシャツを購入したのですが
袖のラインが絶妙で一度着るとやみつきになります。

次はアイテムが変わって
機能性靴下のご紹介です。

これからの時期、脚を出す機会が多くなるので、
むくみを解消する為に
砂山靴下の「休足レッグサポーター」を購入しました。

なめらかで肌触りの良いシルクを使った
段階着圧のレッグサポーター。

肌に触れる内側はシルク素材でムレにくく、
肌を乾燥から守ります。

よく売られている着圧ソックスは
ナチュラルなカラーが無いので
今回こちらを購入しました。

他にも同シリーズで2型展開ございます。
「かかと美容サポーター」と「着圧オーバーニーソックス」。

これからサンダルを履く機会も増えると思うので、
かかと部分に特殊保湿シートが付いた
「かかと美容サポーター」もおすすめです。

この他にも新商品続々入荷しておりますので
ぜひ、店頭にてご覧ください。


2018.05.29 11:00 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ

蕎麦猪口いろいろ…

だんだん、気温が高くなってきましたね。

そんな日はお蕎麦やそうめんなど
冷たいものが食べたくなる人が多いのでは?

そんな食卓を彩ってくれる
蕎麦猪口をご紹介。

蕎麦猪口といっても、
お蕎麦やそうめんを食べる時に使う以外でも
デザートカップや湯呑みとしてはもちろん、
植木鉢や小物入れでも使われる方がいるぐらい
様々な使い方ができる優れものです。

こちらの蕎麦猪口は
ダブルデイでも人気の九谷青窯さんの
4名の作家さんにご協力いただいたものです。

それぞれ違うお花の模様が
女心をくすぐり
どれを選ぶか悩みますよね。

ギフトとしても喜ばれること間違いなし!

こちらは九谷青窯さんと同じ
石川県で作られている
泰山窯(たいざんがま)さんの蕎麦猪口。

泰山窯さんの器は、
九谷の本流伝統といわれる色絵磁器を中心に、
現代のライフスタイルのなかで生きる器を
イメージして作陶されています。

1点1点丁寧に描かれた柄は、
ぜひ手に取ってご覧いただきたいアイテムです。

こちらもダブルデイでは人気の
安見勇人(やすみはやと)さんの器。

かぼちゃや蓮根、定番の野菜柄の他に
今回、ダブルデイで初導入のキノコ柄など
普段とは違う柄のラインアップで
お取り扱いしています。

陶器の温かみが感じられる
素敵な蕎麦猪口です。

最後に、ダブルデイで初の展開となる
美濃焼の産地、土岐市にある
山米路山窯(やまよねろざんがま)さんの蕎麦猪口。

他の蕎麦猪口より一回り程
小さく作られており
女性やお子様に持ちやすいサイズ感です。

全て1人で成形・絵付けをされており
1点1点、表情が違うのもおすすめポイントです。

今回ご紹介したアイテムは
ダブルデイの5店舗
(たまプラーザ テラス店・大船ルミネウィング店
・NU茶屋町プラス店・西宮ガーデンズ店
・アミュプラザ博多店)で開催している
『蕎麦猪口展』にて展開しているアイテムです。

6/17(日)までの開催となりますので
ぜひ、この機会に店頭に足を運んでみて下さい。

『蕎麦猪口展』の詳細はこちら


2018.04.24 11:00 category:ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

『今年のサンダルは…』

天気の良い日は汗ばむくらいの暑さで、
夏がすぐそばまできています。

DOUBLEDAYにも続々と夏アイテムが入荷していますが
今回はサンダルのご紹介です!

DOUBLEDAYでは定番のCalzanor(カルザノール)のサンダル

■ブランド紹介 Calzanor(カルザノール)

スペインの代表的なリゾートシューズメーカー。
スペイン北部とフランス国境近くのバスク地方「イルン」という
美しいリゾートタウンに工場を持っており、
ソールからアッパーまで一貫して自社工場で生産しています。

ソールの素材はジュート麻が原料で、それをひも状にしっかりと編んだものを
手作業で1つ1つの足型に作り上げ、底の部分をラバーソールで熱着させています。
また、ソールとアッパー部分の接合も手縫いで仕上げています。
ファッショナブルな感性を取り入れる一方で、
地元の伝統的な祭りの衣装に合わせたシューズも作っています。

履き心地の良さと、適度なヒールが足のシルエットを綺麗に見せてくれる所が特徴で、
リピーターになる方も多い人気のサンダルです。

続いてご紹介するのは、minorquines(ミノキネス)のサンダル

■ブランド紹介 minorquines(ミノキネス)

3代にわたり靴作りを続けているRIUDAVETS社に製造を依頼し、
スペイン・メノルカ島の乾燥した土地の農作業に適したサンダルを
現代的に改良したコレクションを展開しています。

現地でも軽さとフィッティングの良さが非常に支持され愛用されるサンダル。

甲部分が広めにデザインされたフラットタイプのサンダルは、
リラックスして履けるので旅行にもおすすめです。

この他にも様々なテイストのサンダルが入荷しております。

サンダル以外にもスリッポンタイプも人気です。

この夏おすすめのサンダルを多数ご用意しております。
ぜひ、お店でお試しください。


2018.04.17 11:00 category:お出かけ・旅行季節の愉しみ

『お花見』

今年は例年に比べ各地開花が早く、
お花見シーズンもあっという間に過ぎていきましたね。

開花のタイミングでは気温も暖かく
お出かけされた方も多かったのではないでしょうか。

私も3月末~4月初週の2週連続で
兵庫県夙川へお花見に行ってきました。

1回目は家族と、2回目は会社の方と。
一緒に行く相手が変わると同じ場所でも
違う楽しみ方・時間の過ごし方があり
春を満喫出来た2週間でした。

1回目に行った時はまだ五分咲き程。
愛犬の「福ちゃん」は生まれて初めて見る桜で
落ちてくる桜の花びらをパクパク食べていました。

2回目に行った時は満開で
夙川周辺お花見を楽しんでいる方が大勢いました。

お昼ごはんを食べた後、
ダブルデイ箕面店で買ったヴィンテージのトランプで
久しぶりに“神経衰弱”をしました。笑

ヴィンテージのトランプはデザインがとても可愛く、
遊んでいるだけでテンションが上がりました。
まだ他に何種類かあったので集めようと思います。

皆で食べたり、しゃべったりあっという間に楽しい時間は過ぎていきます。
帰り際に撮った写真・・・。

川面に浮かぶ桜の花びらもとても綺麗でした。

これからは新緑がきれいになってくる季節。
公園などにトランプを持って出かけてみてはいかがですか。


2018.04.10 11:00 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ

『九谷青窯展』

現在、西宮ガーデンズ店・たまプラーザテラス店・アミュプラザ博多店の
3店舗にて5/13(日)まで開催中している『九谷青窯展』。

私がバイヤーになった頃から
いつかやってみたいなと思っていた企画の1つで
今回、念願叶って開催させていただくことができました。

この企画をするにあたり
九谷青窯さんへお邪魔した時の様子を少しご紹介・・・。

このイベントにご協力いただいている4名の作家さんにお会いしてきました。

まずはDOUBLEDAYで定番にお取り扱いさせていただいている
作家の高原真由美さん。

高原さんの作られる器は染付や色絵のものなど
女性心を擽るアイテムが多く、
私もいくつか愛用させていただいています。

私、個人的には高原さんの作られる白磁のアイテムが好みで、
今回の九谷青窯展でもお願いして入れていただいています。
どれを買おうか迷い中・・・笑

こちらの器は高祥吾さんの器。
高さんご本人のお写真は撮れなかったのが残念・・・

高さんの器も定番でお取り扱いをさせていただいており、
DOUBLEDAYで人気の作家さんです。

草花をモチーフにした優しいタッチの柄が印象的で
控えめに描かれた草花がより一層お料理を引き立ててくれます。

私個人的には高さんが作られる
『色絵遊び葉』シリーズが好きで
今回、写真に写っている八角の長皿を狙っています。笑

DOUBLEDAYでは今回初めてお取扱いさせていただく、横井佳乃さん。

横井さんは大阪出身ということもあり、
勝手に親近感をもっていました。笑

2017年に九谷青窯さんに入社された新人の方なのですが、
とにかく柄のバリエーションが豊富!!

着物の刺繍や染色など様々なモノづくりに興味を持たれ、
いろいろなものからインスピレーションを受けて作られた器たちは
彼女にしか作れないアイテムばかりです。

横井さんと同じく2017年に九谷青窯に入られた堀畑蘭さん。

堀畑さんの作品を初めて見たとき、
水彩画のようなタッチの細かい絵柄に心を奪われました。

いろいろとお話をさせていただいたのですが、
すごく笑顔の素敵な方で優しい雰囲気が器にも表れているなと感じました。

私のおすすめは写真にも写っている桃の木がモチーフの器。
(九谷青窯展のポスターのメインにもなっています。)

写真に写っているもの全てをお取扱いしているわけではないのですが、
3店舗では40アイテム以上の商品を取り揃えています。

数量限定・期間限定のイベントとなりますのでぜひ、お店でご覧ください。

『九谷青窯展』の詳細はこちら


2018.04.03 11:00 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

春野菜と九谷焼

春のあたたかい陽射しを心待ちにしていたら、
急に初夏のような日があったり
季節の移り変わりは早いですが、
短い春本番を楽しみたいところです。

冬には温かい料理にあたたかみを感じる
陶器の器ばかり使っていましたが、
そろそろ涼しげに感じる磁器や
ガラスの器が活躍する季節だな、と食器棚の模様替え。
九谷焼の器をひっぱり出してきました。

この時期、スーパーでは旬の春野菜が目につきます。
菜の花、筍、新玉ねぎ、新じゃがいも、豆類など、沢山ありますが、
出来るだけ旬の味覚を味わうよう心がけています。
先日は、春野菜のサラダを作りました。

スナップエンドウ、絹さや、アスパラ、新じゃがいもなどを、
せいろで蒸して、オリーブオイルとチーズ・塩をかけるだけの本当に簡単料理です。
野菜それぞれの味が濃く感じられ、
とても美味しくびっくりしました。

器は、九谷焼の作家さん「樋山真弓(ひやままゆみ)さん」のもの。
呉須に濃い緑が映えます。

また、絵付けのないシンプルな九谷青窯の器は、八角形に彫りが入っているので
使い勝手が良く、フルーツを入れたり取り皿にしたりと活躍してくれます。

他にも、九谷青窯の「徳永遊心(とくながゆうしん)さん」 色絵つなぎ 飯碗や長角皿、
九谷焼 「陶房ななかまどさん」のパスタにちょうど良い深鉢・オーバル皿など
これから活躍してくれる器たちです。

ダブルデイでも、これから春夏の食卓を彩る器たちがたくさん入荷していきますので、
ぜひ店頭でご覧になって下さいね。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 14 15 16 »
PAGETOP