Recommend

2017.06.20 11:30 category:お出かけ・旅行その他季節の愉しみ未分類

玉ねぎ収穫

毎年この時期になると淡路島中が玉ねぎの収穫で大忙し。

私も祖父母が玉ねぎ農家の為、

助っ人を引き連れて収穫を手伝いに行って来ました。

 

今回の玉ねぎは「ターザン」という品種で

4月末~5月頭に収穫する新玉ねぎとは違い、

収穫後、玉ねぎ小屋で吊って熟成させると

より甘みが出て美味しくなります。

 

朝5:00に起き、玉ねぎの畑へ8:00に到着。

ひたすら玉ねぎを抜いていきます。

 

5月といっても炎天下の中、

たくさんの玉ねぎを抜いていくのはかなりの重労働。

これを94歳の祖父母が現役で行っていると思うとびっくりします。

 

方向を揃えて玉ねぎを抜いた後は、

8~9個をビニールテープで束にしていきます。

この作業がコツを掴むまで時間がかかり意外と大変。

束にした後は、トラックの荷台に積み少し離れた玉ねぎ小屋まで移動。

 

運んだ玉ねぎを皆で力を合わせて高い段から吊っていきます。

この作業を友人たちが頑張ってくれました。

 

そもそも何故、玉ねぎ小屋で保管するのかというと

玉ねぎは湿度に弱いため、湿度の高い場所で保存すると傷みが早くなります。

また暑い場所で保存するのもよくありません。

そこで玉ねぎ小屋で保存することによって、

日陰になり湿度と気温のバランスが良い為

美味しい玉ねぎを長い期間、食べることが出来ます。

 

昼過ぎに、やっと目途がつき作業を終えた頃には

汗だくで皆クタクタ。

この後採れたての玉ねぎをメインにBBQ。

採れたては甘みが増し、生でも食べれるくらいです。

改めて農業の大変さが身に染みた一日でした。

 

【続編】

農家に休みはありません。

翌週は「田植え」の準備を手伝ってきました。

稲の緑色が本当に綺麗でその色を見ると「生命力」を感じます。

 

関西から約2時間もあれば淡路島へお出かけ出来ます。

ご興味ある方はぜひ、遊びに行ってみて下さい。

次回は淡路島オススメスポットもご紹介させていただきますね。


2017.05.23 11:00 category:その他季節の愉しみ未分類

自然のちから

あたたかい日が続いていますね。

今回はわたしが目の当たりにした自然のちからをご紹介したいと思います。

 

先日、ある休日の昼下がり自宅の外で突然・・・

ボンッ!!と何かが破裂するような大きな音がしました。

 

その正体はこちら

何十年にもわたって成長し続けていた木の根がとうとう水道管を押し上げて

つなぎ目を外してしまったようです。

 

もちろん蛇口をひねっても水は出ません。

すぐに業者さんへ連絡をして修理に来ていただきました。

 

何とか水道管を別ルートでつないでもらい、

その日の夕方には無事、水が使えるようになりました。

 

新ルートがこちら

 

植木屋さんにも相談したところ、

このまま木の根を放置すると、いずれいろいろなところに障害が出てくるので

薬剤で根を枯らす必要があるとの事。

ここまで成長した木を枯らすなんて!と思ったのですが、

すでに地面を突き上げる勢いの木の根。

しかたなく薬剤を注入して、今は効いてくるのを待っている状況です。

 

今まで放置していたこの木ですが、無くなると思うと

玄関での存在感は大きかったなと・・・

これから夏に向けて、小さな植物でも代わりに植えていこうかなと思います。

 

 


2017.05.02 11:00 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズ季節の愉しみ未分類趣味

『湘南レポート!?改め…』

さぁ、湘南レポート!と、いきたいところですが

4月より再び関西に引っ越すことになりました。

『サーフィン体験レポート(仮)』が出来ず、

結局陸サーファー・・・

(ごくごく一部の湘南レポートファンの皆様にお詫び申し上げます。笑)

 

海の見える街から山の見える街、『北摂』へ大移動!

関西では聞きなじみのある地域の名称ですが

豊中市、箕面市、宝塚市など、

大阪府北部と兵庫県南東部の一部分の地域をそう呼ぶそうです。

 

今後は、関西ローカルの北摂レポートとして、

微力ながら街情報を発信していきたいと思います。

 

さて、新生活が始まった我が家の休日は

朝から新緑が気持ちよい緑地へ散歩。

 

 

そして午後からは、引越しを理由にサボっていた台所道具のメンテナンスをしました。

スキレットは油入れして、新聞紙で保管。

 

 

毎朝使うドリップ用のコーヒー道具は、分解してきれいに磨き上げ

 

 

長年愛用している琺瑯たちは重曹でピカピカに磨き上げました。

 

どれもこれも手間のかかる道具ばかりですが、毎日手に取り使うものばかり。

 

丁寧にドリップしたコーヒーは時間がかかりますが、

味わい深い香りを楽しめますし、

スキレットで焼いた目玉焼きとベーコンは熱々で、

まるでホテルの朝食です。

 

常備菜の保存には、匂いがうつりにくい琺瑯が衛生的。

熱伝導の良いケトルは経済的で、

まさに我が家の救世主です。

 

環境は変われども、いつまでも使う道具たちを手入れしていると

気持ちが落ち着きます。

 

引越しの荷物整理はそろそろ目途が付きそうなので、

ゴールデンウィークは北摂探検に出かけたいと思います。

 


2017.04.18 11:30 category:お出かけ・旅行その他季節の愉しみ未分類

入学のさくら 

先日、長女が小学校へ入学しました。

子供の成長の速さに驚くと共に、
自分が小学生の子を持つ親になったということにも驚くばかりです。

入学式といえば、桜の季節!
娘の小学校も例外なく桜があります。
「晴れの日」に桜の下で撮る記念写真。昔も今も変わらない日本の風景ですね。
入学式前日はあいにくの雨。
「晴れの日」ぐらいお天気になって欲しいと思う親心が通じたのか、
入学式当日は快晴とはいかなかったですが、曇り空のお天気となりました。

青空?ではないグレーの空と桜のピンクが少し寒々しい印象で、実際当日は少し肌寒い気温でした。
それでも子供達の明るく、はつらつとした笑顔を見ているとこちらも自然に暖かい気分になりました。

桜並木を家族で歩く帰り道。明日から始まる小学校生活を楽しみする娘と、心配ごとがつきない親。
毎年見ていた桜は今年違った記憶として残りました。

来年は快晴の空の下、お花見がしたいなと思う入学のさくらでした。


2017.04.04 11:30 category:お出かけ・旅行季節の愉しみ

Enjoy Colors!

さぁ、春です!今年の桜はちょっと遅めですね。

3月末に京都を散策しましたが
「開花まであともうちょっと」と言ったところで
桜には出会えませんでした。

その代りと言っては何ですが
寺社仏閣に生えている「苔」の
美しさに心を奪われました。

最近は苔玉作りなどが流行っているので
にわかに注目を集めているようですが、
そこはさすがに千年の都。
木立の足元に深い緑、明るい緑の様々な苔が
絨毯のように広がり斜面になっている様子は
いつまでも眺めていたくなる美しさです。

観光客目線になると、ついつい目立つ建物に注目してしまいますが
足元でも伝統を守り続けている人の努力があるんですね。

春は本当に色とりどり。桜色、菜の花の黄色、新芽の緑・・・
冬から春へ、日に日に暖かくなる季節は
見える景色が毎日変わりますね。
ダブルデイでも色とりどりの季節を楽しむ
「enjoy colors」なアイテムを多数ご用意しています。

ここ数年、桜の季節の京都は大混雑するので
出かけるのが億劫になりますが
やっぱり古都の桜を見ないと春が来た実感が持てないのが正直なところ・・・
美味しいお酒をいただきながら
桜を愛でたいな、と思う花冷えの夜でした。


2017.03.30 11:30 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話季節の愉しみ趣味

インテリアグリーン

もうすぐ4月だというのに、まだ少し肌寒い日が続いていますね。
そろそろ桜も咲きそうですが、
お部屋の中でいつでも楽しめるインテリアグリーンを
取り入れてはいかがでしょうか?

ただ今、NU茶屋町プラス店ではインテリアグリーンを
たくさんご紹介しています。
日本ではなかなか手に入らない
海外からの個性的な植物を中心に
陶器の鉢に入った葉物植物からハンギングできる
小ぶりの植物まで選べるラインアップ!

こちらはレザーのハンギングツールを使ってアレンジしたもの、
鉢との組み合わせでより雰囲気が出ますよ!

そして、壁にかけるだけでお部屋のイメージを変えることができる
ウォールアートもご用意しています。
植物のイラストとメッセージをアレンジした6種類。

NU茶屋町プラス店で絶賛販売中です!
植物は1点限定の商品も多数ありますのでお見逃しなく。
お早めのご来店お待ちしております!


2017.03.16 11:30 category:お出かけ・旅行季節の愉しみ未分類

湘南レポート~ひとあし早い春の訪れ~

先日のとある日の休日。
自宅から車で数時間、静岡県河津町という山間の街を訪れました。

目的は、桜!!

2月末なのに桜!?と、お思いの方もいるかも知れませんが、
日本一早く咲く桜として有名な「河津桜」は
全国的にも名が知れており、私もいつかの記憶の中に聞き覚えがあったこの桜を
いつかの節に観てみたいなと思っていました。

河津町は伊豆半島の南東部に位置する、
街の南北に河津川が流れる自然豊かな町。
都会の喧騒から少し離れ(そんなに都会には住んでないのですが・・・笑)、
綺麗な空気がとても癒してくれます。

その河津川沿いの絶景がこちらです!!

約1.3Kmに渡って続く桜並木はまさに圧巻!!
2月から3月上旬まで行われている「河津桜まつり」は
例年県内外のたくさんの人たちで賑っているとのこと。

桜の合間には、菜の花畑もありました。

並木沿いにはたくさんの屋台も出ていて
名物の「桜餅の鯛焼き」に、
伊豆といえば「金目鯛の煮つけ」

結局花より団子状態でしたが、
一足早い春を感じた素敵な休日。
4月になればまた桜が見られるなぁと
幸せをしみじみ感じながら、帰路につきました。
今年の春は2倍楽しめて、得した気分です。


2017.02.16 11:30 category:お出かけ・旅行お料理季節の愉しみ

冬の鳥取を訪ねて

冬の味覚を求め、年明け早々に鳥取へ行ってきました。
まず向かったのは、定番の“鳥取砂丘”!

画像①

定番だけれど、見渡す限りの砂と青空が本当にきれいで、
冬の冷たい風に吹かれていることも忘れてしばし景色を堪能しました~!
子供のころはもっと広いと思っていたのですが、意外にコンパクトで(笑)
日差しの加減でこんな景色も撮れました。

画像②

砂丘(dune)と砂漠(desert)は違うらしく、
砂丘は“風によって運ばれた砂が堆積してできた丘状の地形”だそうですよ。

さて、砂丘を後にして冬の味覚を堪能しに温泉街にある本日のお宿へ
蟹、カニ、かに尽くし~

画像③

その他にも焼きカニにカニの土瓶蒸しなどなど・・・
最後はもちろんカニ雑炊で〆でした!

画像④

おなかいっぱい、カニを堪能できました。

さてさて、翌日は倉吉市にある
“倉吉白壁土蔵群”へ

この地域は、昔からある白壁の土蔵や建物がカフェやセレクトショップ、
ギャラリーなどとして利用されており、
散歩しながらレトロな雰囲気が楽しめる地域です。
訪れた日はあいにくの雨でしたが、
雨もまたこの雰囲気に似合っていて、
少しほっこりしたお散歩が出来ました。

少し前に起こった地震の影響が残る地域もある中
鳥取の方々のあたたかさに触れ、土地ならではの景色、
お料理を楽しんだ二日間でした。

まだまだ寒い日が続きますが、
寒さを楽しむちょっとした旅を、皆さまも楽しんでみてはいかがでしょうか?


2017.02.10 11:30 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話ファッション季節の愉しみ

流行色と好きな色

毎年発表される“今年の流行色”。
流行色は二年前に国際レベルで決められているそうです。
…驚きです。

ちなみに2017年は、昨年よりエスニックカラーが多く、
得にオレンジ系の色が注目されています。
私も半年前からお洋服の展示会をまわる中で多く目にした色が、
ラベンダー・薄ピンク・ショッキングピンク・・・・
どれもこれも見ていて春を感じられる色ばかりでした。
(数年前の春夏はネイビー・イエローが流行色で、
ピンクがトレンドカラーで来るのがこんなに早いとは正直驚きです。)

ファッション好きな方は、既にこの春物アイテムにピンクやラベンダー色を
取り入れてる方多いのではないでしょうか。

流行色をご紹介しておいてですが・・・
私が好きな色は、アースカラーや黒白、
グレーや、カーキ・ネイビーといった
流行色とは程遠い色ばかりです。
実際身近に使用しているアイテムも
このように落ち着いた色のものが多いのです。

写真①

毎日、お弁当と一緒に持参しているボトルはシルバ―や、ネイビー。
美味しいコーヒーを入れてお昼に飲んでいます。
また、手帳に名刺入れも、御覧のように…

写真②

このほかに、バッグの中にはモノトーンなお財布やキーケース。

持ち歩くもの以外に、
お部屋の中に関しては、ベージュやグレージュといったアースカラーが多め。
この色達を勝手にリラックスカラーと勘違いしているのかもですが。
写真③
※因みに、ラグとマット・ブランケットはダブルデイ商品を愛用中。

そんな私が昨年の秋に出会ったのがこちらのスカート。

写真④

秋なのに気温が高く冬物を手に取るのも億劫な時期に、
ピンクのスカートに目が惹かれ購入しました。
実はこちらのスカート、購入してまだ一度も履いていません。
二月に入ってもまだまだ寒さ緩みませんが、アパレル店は春色です。
寒さが緩んできたら、カットソーや、ニットと合わせたいなぁと思っています。

好きな色は、変わらず落ち着いた色ですが、季節ごとに流行色にチャレンジして
オシャレも季節も二倍楽しむのもいいですね。

ダブルデイの店頭には春物のお洋服が続々と入荷しています。
是非お近くのダブルデイにて、御覧下さい。


2017.01.24 11:30 category:季節の愉しみ

みかんの木

毎日楽しんでいる隣家の貸農園の借景。
そんな貸農園が春から住宅地になることに。
ともて残念なのですが、地主さんのご厚意で
農園にあるみかんの木が1株
我が家にやってくることになりました。

みかん①

寒い冬空の下、さっそく庭への移設作業! 

みかん②

まずは穴掘りです。しっかり根付くように
穴を掘り下げる作業は結構大変。
でも子供は楽しいようでがんばってくれました。

1株が十分入る大きさの穴ができた次は、
腐葉土や肥料を投入。
腐葉土は貸農園の土を自由に使わせてもらえることに。
みみずも出てくる養分たっぷりの土を頂きました。

準備も整ったところで、みかんの木を植え込みます。

みかん③

みかん④

毎年、農園でたくさんの実をつけていたみかん達。
我が家では1株がスペース的にもせいっぱいなので、
少し寂しくなりますが、来年の冬には
甘くて美味しい実がなることを楽しみにしたいと思います。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 »
PAGETOP