Recommend

2017.06.27 11:00 category:Antiqueバイヤー裏話未分類

「デンマーク便り」

晴天に恵まれた入荷日和の5月某日。

デンマークからドイツのハンブルク港を出港し約2か月の航海。
神戸港に入港した20フィートのコンテナをトラックに積み替え、
陸走で大阪某所の倉庫へ到着しました。

今回はその裏側を少しお見せしたいと思います。

中々聞きなれない『フィート』という単位ですが、
分かりやすく比較するとこんな感じです。

年に数回しかないアンティーク家具の入荷。
コンテナには隙間なく積み込まれ、
いつもこの扉を開ける瞬間はワクワクと緊張の一瞬。


コンテナの中に、「異国の空気」も一緒に航海してきたと思うと、
マニアックなアンティーク好きには最高のひと時かもしれません。

大人数人がかりで、ひたすら1時間。
荷卸しを終え、家具が勢ぞろい。
こんなにたくさんの家具を見れるのは入荷のこの一瞬だけです。


その中に素敵な一品がありましたのでご紹介します。
それがこちらのソファー。

デンマークの家具デザイナー
「ハンス・J・ウェグナー」のデザインのソファです。

底面には刻印もあります。

実は背もたれがスライドでき、デイベッドにもなります。
ブランケットや本を入れるのにもおすすめです。

惚れ惚れと目移りばかりして、
なかなか商品の整理が進まないのもいつものこと・・・笑。

整理されたアンティーク家具は
コンディションを確認しながらメンテナンスなどを経てお店に並びます。

文章にすればあっという間なのですが、
皆様のお手元に届くまでに
長い物語があると思うと家具を使うのも
より丁寧な気持ちになります。

店頭にいらした際は、ぜひこのDAY’sブログを
思い浮かべながら商品をご覧ください。


2016.11.17 11:30 category:Antiqueその他趣味

湘南レポート番外編

湘南に移り住んでからちょうど1年が経ちました。
この街の夏も終わり、秋を楽しむ間も無く
冬がやってきました。
早くも来年の夏が待ち遠しいこの頃。

今回は番外編という事で、私が大切に使っている家具を紹介したいと思います。
それがこのダイニングテーブルです。

写真①

シンプルで、どこにでもありそうな形…
デザイナー家具やヴィンテージ家具とは程遠い普通のテーブル。
名前も不明です…。
実はこれ、祖父母が使っていたもので、
幼少期から一緒に暮らしていた実家で私自身も
当時から使っていたものです。

その後、祖父母から両親が譲り受けそして私も結婚を機に
自然と使う様になり、以来30年以上の付き合いになります。
よくよく見てみると傷だらけで、
小さい頃に張ったであろうシールの跡も…

写真②

ある意味、1点モノのヴィンテージ家具ですね(笑)
ダイニングテーブルとして使っていたものを
部屋のレイアウトを考慮し、ソファ用のリビングテーブルとして
DIYしました。(…とは言っても数センチ脚をカットするだけ。)
そしてもう一つはこのスツール。

写真③

デザインがなかなか気に入っているのですが、
祖父が盆栽置きとして、父が新聞置きとして…
私はベッドサイドの目覚まし時計置きとして、
様々な用途で活躍してきた、まさに我が家の万能スツールです。

どこで買ったかも分からない家具ですが、
経年による風合いや傷が、いつかの記憶を
ふと思い出させてくれる、
我が家にとっては成長を見守ってくれたとても大切なモノです。
いつか、娘が大きくなったら譲れる様に丁寧に使いたいと思います。
今度はもっと脚をカットしてコーヒーテーブルとして!?使えるかもしれませんね。

皆さんも何か大切にしているモノはありますか?


2016.09.16 11:30 category:Antiqueお出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズ

お宅訪問

残暑厳しいとはいえ、少しずつ秋の気配を感じるようになりましたね。

そんな秋の爽やかな風がそよぐ、9月に入ってすぐの週末、
スタッフのお宅にお邪魔することになりました。
以前もこのブログで、DAY’s仲間が紹介していたお宅なのですが
(そのブログはこちらから)
リノベーションの工夫があちこちに見え隠れする彼女の家には、
ダブルデイのアイテムがたくさん。

画像①

もはやダブルデイの定番となったERCOLのチェアは、
経年変化の過程が見えて、この家でも定番に。

画像②

2歳になる男の子の遊び場は、ギャッベの上。
少々飛び跳ねても、厚みのあるギャッベだと足音も吸収するようです。
もちろん、ウール100%で足触りも抜群。

画像③

DAY’s仲間のブログにも登場した、アンティークヤード西宮店で
購入したという木馬は、オブジェとして、
今はクマのぬいぐるみがお行儀よく座っています。

画像④

読谷の器とスリップウェアでまったりとお茶の時間。
秋の味覚の栗のお菓子と黒豆のおはぎを堪能。
天板がちょっと写っているだけですが、
これは伸長式のG-Planのダイニングテーブル。

本当はお昼にたこ焼きパーティー!ということで集まったのですが
、肝心のパーティーの様子は「焼き」と食べることに夢中になり過ぎて、
全く写真を撮ることを失念していました…
今度お邪魔する時は、料理もちゃんとカメラに収めるように!
忘れないでおきます。

ダブルデイ愛満載!!のお宅訪問レポートでした。


2016.06.21 11:30 category:AntiqueDIY・リノベーション季節の愉しみ趣味

WALL ART

季節の変わり目にお部屋の模様替えをして
気分をリフレッシュされる方も多いのではないでしょうか?
私も模様替えは好きなのですが、
家具の配置は回り回ってだいたい同じ位置に落ち着きます。
家具の配置を頻繁に変えるのは大変ですが、
壁の装飾ならわりと手軽に変えられて、気分転換もできるので、
今回はWALL ARTの入れ替えをしてみました。

以前購入したビンテージのバスの行き先表示サインを
どこかに吊り下げようと思い、家の中を右往左往。
すでにポスターやフレームなどが陣取っていて手頃やスペースが見つかりません。

WALL ART1

そもそも壁面の数に対して飾りたい物が多すぎる我が家、
何かを出せば何かを片付ける必要があるのです。
という事で、バウハウスのポスターを壁から外し、刺繍でお花が描かれた
アメリカのヴィンテージフレームを飾ってみました。

WALL ART2

今度はその刺繍フレームを飾っていた壁が空いたところに
やっとバスサインの出番です。
天井ギリギリのところから吊り上げたら
少し足元があいちゃいましたが、まぁ良しとします。
このバスサインはタイベックやリネン素材ではなく
コットンの基布にハンドプリントで行先が1つ1つ印字されてあり、
マニア心をくすぐる作りです。 
玄関とリビングの間にある壁なのであまり目立ちませんが、
良くも悪くも前からそこにあったかのように馴染んでくれました。

WALL ART3

WALL ART4

次はどのWALL ARTが入れ替えで片付けられる事になることやら・・・


2016.06.07 11:30 category:Antique趣味

Vintage雑貨

日本の骨董市や、海外の蚤の市が一番のご馳走の私ですが、
いつも古いパッケージにときめいてしまいます。

そんなパッケージが可愛い「Vintage雑貨」を少し紹介したいと思います。

Vintage1

これはベルギーのカフェやレストランなど、
至る所でディスプレイに使わていた国産(ベルギー産)の石鹸。
日本でいうところの花王の牛乳石鹸の古いパッケージ版みたいな物。
地元の人曰く、アトピーなどの敏感肌にお勧めだとか・・・。
当然中身の石鹸も当時ものなので、使う事に若干の
不安もありましたが、使ってみるとまったく問題なく使えました。
でも中身は正直入っていても、無くても大丈夫。
すべては見た目です(笑)

Vintage2

次は古い缶。これはおそらく、カメラのフィルムか現像に
必要な何かが入っていた容器だと思います。
中身が何だったかは重要視していないので、実際のところは不明です。
という事でこちらも見た目が気に入ったというだけの缶。
これはベルギー製のようですが、
ドイツやフランスの缶も可愛いらしいものが多いです。
そして結構高いものが多いです。

Vintage3

最後は古い押しピンの箱。
中身入りですが、たぶん使う事はないですね。
古いマッチ箱はコレクターも多く“メジャー”だとすると、
押しピン入れは“マイナー”なジャンルですね。
でもきっとディープなコレクターの方もいるのだと思います。
私はそこまでの知識はありませんので、
これまた見た目が可愛いければOKなんです。
一緒に写っているのは街のカフェにあったコースターを1枚もらったもの。
宇宙飛行士のイラストが可愛い紙製コースターで、
こちらはVintageではないですが、使い古された感じが
私にはすでにVintage雑貨な1点でした。

こうして、いまいち使い道のない雑貨がどんどん増えていきます。
そして使う事もなく、大半は飾ることもなく、缶の中などに入れられて
我が家であと四半世紀ほど?を過ごす事になるのだどろうと思います。
子供が大人になったら、実家の物置から見つけた父親の缶に入った雑貨達。
きっとその時はVintageからAntiqueの領域に入った頃だと、
そんな想像を楽しむのもVintage雑貨の楽しみ方の一つだと思います。


2016.05.27 11:30 category:Antiqueダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

白い靴をお手入れ

靴のはなしが続きますが(前回はこちら
からりと晴れた5月の休日。
青空の有効活用を!と思い立ち、
お庭で白い靴のお手入れをすることにしました。

お庭に道具を広げ、早速お手入れを開始。
去年ダブルデイで購入したミニサイズの
フォールディングスツールはこんな時にも役に立ちます。

1

まずはレザースニーカーから。
つま先の汚れが気になりますね。

2

ブラシでホコリなどを払落してから
クリーニング剤を歯ブラシにつけて優しくゴシゴシ。

3

4

こんなにキレイになりました!

続いては、ウィングチップシューズ。
こちらは今年の春にダブルデイで購入した
「la TENACE(ラ テナーチェ)」のもの。
ほどよいメンズライク感と細身のシルエットが
スタイリングを華やかにしてくれるので
大のお気に入り!その分、よく履くので汚れてしまうんです。

5

こちらも、同じようにやさしくお手入れすると
白さを取り戻したのでとっても満足。

最後は革に栄養を与えるクリームを塗って日陰で休ませれば
お手入れ完了です!

さて、お日様はまだ燦々と照っています。
ということで、ついでにG-PLANのネストテーブルもお手入れしちゃいました。

7

紫外線が気になる年頃ですが・・・太陽と仲良くできた1日でした。


2016.01.12 11:30 category:Antiqueお出かけ・旅行季節の愉しみ趣味

蚤の市で見つけたお気に入り

蚤の市に出かけることが好きな私。
昨年も、近場の蚤の市の開催日を
チェックしては出掛けていました。

一年振り返ってみると、
戦利品が至る所に。

以前「クリスマスのある風景」でご紹介した、
クリスマスカードを入れていたフレームは、
実はアクセサリー入れなんです。

格子状になったモダンなデザインが気に入り購入。
蚤の市で見つけたイヤリングも
一緒に入れて収納しています。

ビンテージの広告ポスターは、
殺風景な白壁に、ポストカードと
飾ってみたり。

そして今、一番のお気に入りはコレ!
小さなフラワーベースです。

ちょっとしたお花を飾るのにとっても便利。
今年は、これに季節の花々を飾って
季節の移ろいを楽しみたいものです。

蚤の市で出会うアイテムは、一期一会。

気に入ってしまうと
お家に持って帰らずにはいられなくなります(笑)

今年は、どんな素敵なアイテムと
出会えるか楽しみです。


2015.10.30 11:30 category:Antiqueダブルデイグッズバイヤー裏話

Vintage Step

マンション住まいの我が家には
まったく必要ないなと思いつつ…

「高い所が好きなニャンコたちは遊ぶだろうし、
まぁなにかしら用途があるだろう」と
思わず買ってしまった

イギリス製のビンテージのステップ。

あまり類を見ない木フレームの組み方や、
良い風合いに変化した側面の鉄パーツ、
パイン材の優しい木目や雰囲気に
一目惚れしました。

アンティークの買付けに行った際に、
同じデザインのものをたまに見つけるので、
それなりに有名なメーカーの物だと思います。

ニャンコたちが遊ぶことは無く、
昨年の年末の大掃除と
今年の夏のエアコン掃除に大活躍しました。

DIYする時の作業台代わりなど
意外にも使い道があるので
今後も使い込んで
より味わい深くなるように
磨きをかけていきたいと思います。

アンティークヤード西宮店には、
ビンテージのステップやハシゴなども販売していますので
ご興味があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね。


2015.08.18 11:30 category:Antiqueお出かけ・旅行バイヤー裏話

アンティーク買付け出張のひそかな楽しみ

アンティーク家具の買付け出張は、
基本一人旅。

買付け中は、
エージェントと一緒に行動しますが
終わると自由時間です。

といっても夕方で、
ほとんどのお店は閉店している状況。
街をただ散歩するしかなく…。

散歩はむしろ好きなのですが
ただ歩き回ることにも
だんだん飽きてきました。

そんな中、街中に
素敵な「数字」があふれていることに
気が付きました!

今では、出張の度に
数字を見つければ撮影しまくることに
はまっています。

自分の中のルールとして
できるだけ『数字の並び順に撮影していく』
というスタンスで撮りためていっているのですが

実まだ「4」を
まったく見つけることができず
揃っていません。

どこまで数字を集められるのか分かりませんが
出張に行くたびに、カメラを片手に街を練り歩き、
数字を見つけたいなと思っています。

たくさん撮りためた数字を
全部載せるわけにもいかないので、
今回はひとます3カットだけ。

いつか「4」を見つけられたら
他の素敵な数字とともに
またご紹介したいなと思います。


2015.06.16 11:30 category:Antique趣味

気づけば鳥好き?

先日、掃除をしながら、ふと思ったこと。
「ん?家には鳥がたくさんいるな…」

と、言っても「子供のころからインコを飼っています」
というような本物の?生きた鳥ではなく、
『鳥の小物のこと』なんですが…。

「名前の漢字の一部に鳥という字があるからかな?」
なんて根拠のないことまで思ったりするほど、
なぜこんなに鳥のものが集まってしまったのか、
自分でもよくわからず(笑)

気づけば、結構色々な鳥が家中にいました。

デンマークのものです。
10年くらい前に買ったと思います。
家にいる鳥の中で、一番大きい鳥。
鉄製の置物です。

玄関に飾っているこれは、真鍮。
背中に切り目が入っています。
多分、メモスタンド、
フランス(だったはず)の古いものです。

ガラスの箸置きなのですが、
他のガラスアイテムに合わせて
キャビネットの中に飾りながらしまっています。
これは先輩に頂いたもの。
箸置きですし、多分日本製です。

唯一、ちゃんと(?)羽のついた鳥。
15年くらい前に古道具屋で見つけたものです。

もともとは手前の鳥かごの下部に
陶器のオルゴールが付いていて、
鳥かごの中にいたこの鳥が音楽に合わせて回る
という中国の置物だったのですが…
オルゴールは愛猫に倒されて割れてしまい、
分解してそれぞれを残しました。

鳥が中に居たから、やっぱり猫は興味深かったようで…。
それ以降、この鳥はガラス器の中で守られています(笑)

そして、先日友人が営むアンティーク屋で
無意識に選んでいた鳥はツバメの陶器。
イギリスの古いものですが、
どこか和っぽい雰囲気も持ち合わせています。

…と、色々な鳥がいたことに改めて気づき
カメラに収め、ご紹介させていただきました。

まだまだ気づかず増えそうな気がします…。


1 2 3 »
PAGETOP