Recommend

2018.10.19 16:05 category:お出かけ・旅行キッチンダブルデイグッズ未分類

家事問屋ができるまで

新潟県のほぼ中央に位置する、
燕市と三条市を合わせて
「燕三条」と呼ばれる地域で
家事問屋の商品は作られています。

そんな燕三条にある工場に
初めてお邪魔してきました。

そもそもこの地域で
ものづくりが始まったのは江戸時代・・・

農村の副業として奨励された
和釘の製造だと言われています。

その後、近郊で良質な銅が産出したことから
キセル・鎚起銅器・利器工匠具など
様々な生活の道具を作り出し、
以来国内でも有数の金属製品産地として栄えてきました。

明治時代に入り、
文明開化によってそれらの道具が
徐々に衰退していくと、
それまでに培った様々な金工技術を土台として、
洋食文化の流行に合わせた
金属製洋食器(スプーン・フォーク)の生産を開始。

戦後、銅や鉄に替わる、
新素材のステンレス材料の加工に
国内ではいち早く取り組み、
洋食器・鍋・包丁・キッチンツールなどの調理用品から、
のこぎり・かんななどの作業工具、
散髪用ハサミや爪切りなど理美容具まで、
現在の暮らしに合わせた
金属製品の生産拠点として今に至ります。

燕三条では分業制が主流で、
産地問屋がメーカーへ商品の製造を依頼し、
その後「磨き・溶接・洗浄・曲げ・穴あけ・切断」など
工場ごとに得意とされている先へ、
外注されるシステムです。

今回は、数多くの工場に
お邪魔させていただきました。

家事問屋全ての商品に
人の手が加って作られていることに感動!!

産地で実際にお話を聞いたり、
作業工程を見たりと、
さらに家事問屋の商品に愛着がわきました。

また、シンプルな見た目ながら
実はすごく使いやすいように作られており
『こんなの探してた!!』という商品が沢山あります。

ダブルデイでは、箕面店以外の
全店でお取り扱いをしております。

11月以降は、新商品も入荷しますので乞うご期待!!
皆様のご来店をお待ちしております。


2018.09.05 11:00 category:キッチンダブルデイグッズ

まめざら・こざら展

9/30(日)まで開催中の
『まめざら・こざら展』。

昨年スタートし、
大好評だったので第二弾を開催しています!!

そんなパワーアップした
『まめざら・こざら展』の
バイヤーおすすめアイテムをご紹介します。

九谷青窯出身の
葛西国太郎(かさいくにたろう)さん・
内村七生(うちむらなお)さんのアイテム。

葛西さんのアイテムは
昨年も一部展開で導入させていただき、
瞬く間に無くなった人気アイテムです。

今回は全店に導入し、
バリエーションも増やしていただきました。
鮮やかな色味・華やかな形状が
女心をくすぐるアイテムです。

内村さんは、以前より一部店舗で
展開はしているのですが、
今回『まめざら・こざら展』のために
豆皿をいくつか作っていただきました。

1点1点描かれた、動物や植物の絵柄は
見ているだけで癒されます。
表情も1点ずつ違うので選ぶ楽しさもあります。

今回、初めて展開をする
信楽で作陶されている松本みほこさんのアイテム。

ドットやストライプなどのポップな柄ですが、
シンプルな色使いは温かみがあり
ほっこりする雰囲気のお皿です。

普段使いにもぴったりなアイテムです。

最後にご紹介するのは
個人的に一番好きな有田焼の六角小皿。

写真では分かりにくいのですが、
よく見るとイッチン描きという技法で
模様が描かれています。

イッチン描きとは
チューブ型・スポイト型の筒
(チョコペンをイメージしていただくと
分かりやすいかも・・・)に
泥漿や釉薬を入れて絞り出し
模様を描く装飾技法のことです。

触ると、表面の模様部分が
ぷくっと膨らんでいます。

写真のように、六角小皿を数枚くっつけて
少しずつお料理を盛り付け、
ワンプレートのような使い方もできるのでは?と思っています。

お好みの使い方をぜひ、試してみて下さい。

今回ご紹介したアイテム以外にも
全店で5,000枚以上の豆皿・小皿をご用意しています。

店舗によって取扱いアイテムが異なりますので
ぜひ、お近くのダブルデイSHOPへ足をお運びください!

※箕面店、マリノアシティ福岡店は開催いたしません。
※取扱いアイテムや在庫状況は店舗により異なります。


2018.08.28 11:00 category:お料理キッチンダブルデイグッズ季節の愉しみ未分類

夏の終わりに食べたいもの

暦の上では、もうすぐ秋ですが、
まだ残暑が続きそうですね。

スーパーには、梨や秋刀魚が並び始め、
もう秋はすぐそこまできているんだな
と思いながらも、外に出ると汗がダラダラ。

“本当の”秋が待ち遠しい
今日この頃です。

こんな時期に、
我が家の食卓に登場するメニューをご紹介します。

少し夏バテ気味の身体に、
お酢(ワインビネガー・バルサミコ酢)の
疲労回復を期待して食べているのが、
キャロットラペ。
今回は、特別に巨峰入りです。

オリーブオイル・お酢・レモン汁・塩を混ぜるだけなので、
とても簡単に沢山にんじんが食べられます。

「木村硝子のコンパクトタンブラー」は、
グラスとしてだけではなく
食材を入れても使えます。

この時期が旬の食材として、
沢山食べたいのが桃とイチジク。

今回は、モッツァレラチーズと一緒にサラダに。

桃が甘くてとても美味しく、
気が付くと旦那がひとりで
完食しそうになっていました。

器は「トキノハの鉢」で、
深みがありとても使いやすいです。

最後に、
少し涼しくなってきた夜に
これから活躍するのが、「照宝のセイロ」です。

どんな野菜も蒸すだけで、
簡単に美味しく食べられます。

これから、秋の味覚がどんどん出てくるので、
食べ過ぎには注意しながら、
季節の味覚を楽しんでいきたいです。

DOUBLEDAYの店頭にも、
秋の新商品がどんどん入荷していきます。
ぜひ店頭でご覧下さいませ。


PAGETOP