Recommend

2017.11.29 11:30 category:その他ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

『冬の必需品』

ここ最近、ようやく冬らしい気温になってきたので
いよいよ冬の必需品の出番がやってきました。

冬の必需品と言えば、いろいろありますが
使い回し抜群で何かと重宝するアイテムといえば『ブランケット』です!
ダブルデイの冬の定番ブランケットといえば、
『THE DAYS BLANKET』。


定番の使い方の羽織バージョンも
ボタン付きで胸元で止めることができて、
両手が自由に使えます。

(ちなみにですが、我が家では洗濯物を干すときの定番のスタイルです。)

 

腰に巻き付けて使うパターンも暖かくておすすめです。

 

使わない時にソファーにバサッと掛けても様になります。

『THE DAYS BLANKET』以外にも
いろいろなブランケットをダブルデイでは取り揃えています。

ぜひ、お気に入りのブランケットを
見つけて寒い冬を暖かく乗り切って下さいね!


2017.11.21 12:00 category:その他ダブルデイグッズファッション

レザー小物

ダブルデイで発売当時から人気のレザーアイテム
『BRETAGNA(ブレターニャ)シリーズ』。
こちらに新色のグリーンが登場しました。

丁寧に鞣し・染色などの加工が施されたフランス産の原皮は
いくつもの工程を経て、美しい発色とほどよい張りがある革になります。

そんな革を使って作った今回の新商品は
使いこんでいくほどにつやと色の深みが増し、
ゆっくりと美しい経年変化を楽しめるので、
長く愛用していただける財布としておすすめです。


お札を折らずにしまえる“ラウンドファスナー長財布”


たくさんの収納ポケットが付いているので、
いろいろな種類のカードをしまうことができます。
実はこのポケットにはもう一つ秘密があり、
カードよりも一回り小さいサイズのポケットも作られているので
メモや切符なども収納できます。


手のひらサイズ、コンパクトでも必要なものは収納できる“二つ折り財布”


お札を入れる部分にも、仕切りを作っているので
種類を分けることができます。
さらに、仕切りにもポケットを付けているので、用途に合わせて大活躍です。

お財布は毎日使う物なので、
使いやすくて、長く愛用できるものが理想!

ブレターニャシリーズは他にもたくさんのカラーをご用意しています。

ぜひ、お店で実際に手に取って、
本革の上質な質感と使いやすさを実感してみてください。

・BRETAGNA(ブレターニャ) ウォレットはこちら


2017.11.14 11:00 category:DAY's事典TVで紹介ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

『今年のネックウエアは…』

9月に『今年のコートは…』というタイトルで
DOUBLEDAYおすすめのコートをご紹介しましたが、今回はネックウエアです。

お日様の出ている時は暖かく
日が落ちると一気に寒くなる、
寒暖差の大きい時期は
コーディネートを迷われる方も多いかと思います。

そんな時に大活躍なのが、ネックウエアです。

今回はいくつかのシチュエーションに合わせて、商品のご紹介します。

ジャケット・コートを着るほど寒くはないけれど、
夜の寒さが心配な時は少し厚手のマフラーがおすすめです。

こちらはSCOTTISH TRADITION(スコティッシュ トラディション)のマフラーです。

英国スコットランド・ロックスバーグシャーに工房を構える、
長年上品で美しい柄のスカーフ・ストールを作り続けているブランドです。

カラーによって印象が全然違うので、
様々なテイストの方に着ていただけるアイテムです。

次は、外はアウターがないと寒いけれど
電車や、駅・ショッピングモールの中は
暖房が効いていて、つけている厚手のマフラーを外すと、
荷物になる事もあるかと思います。

そんな時は、ウール素材の軽めのスカーフがおすすめです。

こちらは国内ブランドhint hint(ヒントヒント)のスカーフ。

「カテゴリーにとらわれず、自由に、楽しく、気ままに
ちょっとしたヒラメキやキラメキは ココに」をブランドテーマに
ネックウエアやバッグ、ポーチなどを展開しているブランドです。

このスカーフはウール100%なので温かいのですが
薄手なので、さっとカバンにかさばらずにしまう事ができます。

春先のまだ肌寒い季節にも
コットン素材のお洋服にもコーディネートできる
一枚あると便利なアイテムです。

最後にご紹介するアイテムは、
Odds(オッズ)から登場した
新しいデザインがポイントのフェイクタートルネックです。

「NATURAL BASIC」をコンセプトにかかげ、
主に自然素材の特性と風合いを生かした商品作りをし、
さらにミニマムでシンプルなデザインだからこそ、
シルエットやつけ心地を大切に考え、身に着ける人を選ばない、
日常的で自然体な心地よいアイテムを提案し続けているブランドです。

写真を見ていただくと
一見タートルネックのお洋服を着ているように見えますが、
実はこちらはネックウエアなのです。

先ほどのスカーフ同様、室内でパッと取れて
バッグにしまいやく、よりファッション性の高いデザインになっています。

その他にも、今年トレンドのチェック柄のストールなどもあり
どれもこれも迷ってしまうものばかりです。

まだ今年のネックウエアをお求めでない方は
ぜひお近くのDOUBLEDAYへお越し下さいませ。

みなさまのご来店心よりお待ちしております。


2017.11.07 11:00 category:AntiqueDAY's事典お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

『イギリス アンティーク家具 買い付け出張レポ』

先日、アンティーク家具の買い付けに
イギリスへ行ってきました。
昨今、海外では様々な事件や事故があり
緊張感をもって臨んだ出張。

イギリスまでヘルシンキ経由で10時間以上の長旅です。
家具の買い付けは郊外都市を訪問するため、列車での国内移動は必須。

 

 

ヨーロッパではペットも普通に歩いて乗車しています。
車窓からはのどかな田園風景が続き、いつの間にか緊張も解け、
アンティーク家具のハンティングモードに。

今回も朝から晩まで時間の許す限り買い付けです。

ダブルデイでも人気のG-Plan(ジープラン)を中心に
McIntosh(マッキントッシュ)のサイドボードなど
日本でも人気の高いアイテムが見つかりました。

 

 

G-Planの長方形天板に2本脚仕様のダイニングテーブル。
レアアイテムです!

他にもFresco(フレスコ)シリーズのスツールなどのアイテムも
久しぶりに多数購入できました。

 

今回はイギリスから買い付けをスタートし、
ロンドンを経由してベルギーへ移動する行程です。

経由地のロンドンは世界屈指のトレンド発信都市。

国全体はのどかな田舎風景のイギリスですが、
ロンドンだけは別格です。
街並みは適当に撮影するだけで絵になっちゃいます。

 

 

特におすすめなのは、トレンド発信地として
おしゃれなショップが集まる西ロンドン。

ショーディッジエリアです。
建物がかっこいいので、ただ人が立っているだけで
何だかアート写真のような感じに見えませんか?

 

 

 

ショーディッジは日本でも有名な
LABOUR AND WAIT(レイバーアンドウェイト)があったり、
今一番のトレンドのカフェ(散髪屋のモチーフ)があったり、
観光客も多いエリアですが、昨今の事件・事故の影響か
日本人観光客はあまり見ませんでした。

ともあれ、治安が悪く怖い目にあうとかもなく、
無事イギリスでのアンティーク家具の買い付けは終了しました。

 

では海の向こう側(フランス・ベルギー)へ、
次の家具を探して移動です!

G-Planのレアアイテムは
ダブルデイ箕面店へ11月後半に以降入荷予定です。
気になる方はぜひ店舗までお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

 


PAGETOP