Recommend

2018.08.28 11:00 category:お料理キッチンダブルデイグッズ季節の愉しみ未分類

夏の終わりに食べたいもの

暦の上では、もうすぐ秋ですが、
まだ残暑が続きそうですね。

スーパーには、梨や秋刀魚が並び始め、
もう秋はすぐそこまできているんだな
と思いながらも、外に出ると汗がダラダラ。

“本当の”秋が待ち遠しい
今日この頃です。

こんな時期に、
我が家の食卓に登場するメニューをご紹介します。

少し夏バテ気味の身体に、
お酢(ワインビネガー・バルサミコ酢)の
疲労回復を期待して食べているのが、
キャロットラペ。
今回は、特別に巨峰入りです。

オリーブオイル・お酢・レモン汁・塩を混ぜるだけなので、
とても簡単に沢山にんじんが食べられます。

「木村硝子のコンパクトタンブラー」は、
グラスとしてだけではなく
食材を入れても使えます。

この時期が旬の食材として、
沢山食べたいのが桃とイチジク。

今回は、モッツァレラチーズと一緒にサラダに。

桃が甘くてとても美味しく、
気が付くと旦那がひとりで
完食しそうになっていました。

器は「トキノハの鉢」で、
深みがありとても使いやすいです。

最後に、
少し涼しくなってきた夜に
これから活躍するのが、「照宝のセイロ」です。

どんな野菜も蒸すだけで、
簡単に美味しく食べられます。

これから、秋の味覚がどんどん出てくるので、
食べ過ぎには注意しながら、
季節の味覚を楽しんでいきたいです。

DOUBLEDAYの店頭にも、
秋の新商品がどんどん入荷していきます。
ぜひ店頭でご覧下さいませ。


2018.08.21 13:27 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ

オールドキリムとギャベ

はるか昔から遊牧民の生活必需品として
織られてきたキリムとギャベ。

モチーフ(デザイン)に込められた
織り手の願いや祈りなど、
知れば知るほど惹きつけられるポイントが
満載のアイテムです!

◇オールドキリム

キリムとは毛足のない平織りの敷物のことで、
起源は4000年から5000年前とも言われ
高級な敷物として有名なペルシャ絨毯よりも
歴史が古いとされています。

オールドキリムとは
40~100年前に織られたものを言います。

広大な地域を移動する遊牧民の生活に
欠かせない敷物など様々な形で使われているだけでなく、
居住空間のテントの中に
彩りを与える装飾品の役割も持っていました。

ダブルデイでは敷物をリメイクした
クッションカバーを取り扱っています。

お部屋の中に一つ置くだけで
ガラッと印象を変える
存在感の強いクッションカバーは
ダブルデイおすすめのレザーソファとの相性も抜群です!

先日、メーカーさんに伺ったときに
撮影させていただいた画像です。
タイミング良くイランから商品が届いたばかりで
沢山のオールドキリムのクッションカバーを
見ることが出来ました!

じっくりと見せていただいたのですが、
一つとして同じ物がなく見応え満点でした。

◇ギャベ

イラン南西部の高原で遊牧生活をしている
カシュガイ族やルリ族などの部族によって
織り続けらている『毛足の長い絨毯』を指しています。

ふかふかでラフに織られたギャベは暖かく、
子供が描いた絵のようなギャベのデザインは
どこか懐かしい感覚を与えてくれます。

アートのようなカラフルなデザインは
以前から人気ですが、
ここ最近は染色した糸を使っていない
羊の毛色そのものを活かした
ナチュラルな感じのデザインも人気です。

織り手の個性が表れやすいギャベですが、
こちらも先日メーカーさんにお伺いした際に
んな珍しいモザイク調のものもありました。

オールドキリムもギャベも
世界に一つだけのアイテムです。

モチーフの持つ意味を調べたり、
気に入ったモチーフ(デザイン)を探して
お店巡りをするのも
オールドキリムやギャベを手に入れる一つの楽しみです。


2018.08.07 09:47 category:Antiqueダブルデイグッズ

ビンテージの丸テーブル

夏が本格的にはじまり、
気温が30度後半を示すのが
当たり前の猛暑が続いていますが
皆様いかがお過ごしですか?

暑さに負けず・・・
といいたいところですが、
あまり無理はせず
日中はお部屋にいることも
多くなりそうなこの時期。

今回は、
ビンテージのテーブルをご紹介します。

ダブルデイでは定番の、
「G-plan(ジープラン) EX Dining Table」です。

1960年代にイギリスで製造されたこのテーブル。
伸張式になっており、左右に天板を広げると
中に収納されていた天板が出てきます。

幅160cm程の大きさで
4人掛けが程よいサイズ感ですが、
天板を広げると幅2030cmほどに広がり、
8人掛けができる大きさに。

経年変化によってでる風合いや、
1点1点異なる木目の天板。

テーブル全体の雰囲気は、
製造から60年以上経っているからこそ出る
深い味わいが魅力です。

ダブルデイでは、
イギリスで買付したビンテージ家具を中心に
デンマークやドイツ等、
テイストの異なる家具や雑貨をセレクトしています。

ぜひ、各SHOPでご覧くださいませ。

※展示状況は店舗によって異なります。


PAGETOP