Recommend

2016.04.12 11:30 category:お出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

春のイベント

待ちに待った春がやってきましたね!

先日、といっても3月末の話なのですが
つくし狩りに行ってきました。

画像①

採ってきたつくしを新聞紙の上に広げて
付いている「はかま」をひとつずつ外します。

画像②

水に浸けてアクを抜き、いざ調理。
てんぷらや佃煮にしていただきました。

画像③

4月に入ってからは待ちに待ったお花見を。
天候が良かったので、大賑わいでした!

画像④

そしてもうすぐ、ゴールデンウィーク!
皆さまはどのように過ごされますか?

家族や友達とガーデンパーティーなんていかがでしょう!?

画像⑤

ダブルデイにはガーデンパーティーをしたくなる
グッズがたくさん揃っています!


2016.04.08 11:30 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話

毎日使うものだからこそ

散歩をしていると満開の桜が目に飛び込んできました。

①

季節はすっかり春だなぁと感じながら、春になれば欲しくなるのがバッグと財布。
実は少し前に、ダブルデイで財布を購入したところ。

これまで使っていた財布は色が剥げてきてしまっていたので、
新しい財布に替えたいなと思ってはいたものの、なかなか気に入るものに巡り会わず
気が付けば、かなり年月が経っていました。

ようやくこの春、ダブルデイで出会ったこの長財布にひとめぼれ。
Made in Japanブランドの「アートブラウン」のものです。

②

シンプルなデザインと抜群の収納力。
一つボタンと中のコインケースがさりげないポイントに。
革の質感・色合い・雰囲気が他のレザーよりも優れた〝セルバッジョ”を使用しているので
使い込むほどに味が出て表情が変わっていくのも楽しみの一つ。

③

担当しているバイヤーにひとめぼれしたことを話したところ・・・
かばんの中から取り出してきたのは、なんと10年間愛用しているという同ブランドの財布。

④

上が10年使いこんだもの。
はげることもなく、革が柔らかく馴染んだその財布からは
愛用している様子がにじみ出ていました。

出掛ける時には必ずと言っていいほど持ち歩くお財布。
毎日使うものだからこそ、飽きがこず気に入ったものを選びたいですよね。
これから変わっていく表情を楽しみながら大切に育てていきたい相棒です。


2016.04.05 11:30 category:お出かけ・旅行お料理その他

海の街でのあたらしい生活

4月に入って、新入生や新社会人の方々の
初々しい姿を目にする時期になりましたね。

いよいよ新生活!とわくわくされている方も多いのでは。
私の場合、ひとあし早く約半年前に住み慣れた関西から
海の見える湘南へ引っ越しをしました。

湘南の街並みにも少し慣れてきた今日この頃。
湘南とは、鎌倉や葉山そして茅ヶ崎などの神奈川県相模湾に面する
海岸沿いの総称をそう呼ぶのだそうですね。
そんな相模湾に面する私の住まいから歩いて5分でこの風景!
湘南の海が見渡せます。

写真①

初めての関東に、初めての街。
期待と不安の中始まった此処での生活は目新しいことばかりです。

この街ではサーフカルチャーが根付いているようで
ウェットスーツのままサーフボードが収納可能な
ビーチクルーザー(自転車の横にキャリーが付いて載せことの出来る優れもの!)に乗って、
朝は波乗りという風景をよく見ます。

季節はもちろん、老若男女も問わず、散歩に行くような感覚での波乗り。
憧れますね。

湘南では当たり前のようですが、
田んぼにコンバインの風景が染み付いている山育ちの私には
とても新鮮な風景なんです。

…というわけで、先日の休日はそんな私がこの街に早く慣れるべく、
家から自転車で30分のところにある江ノ島へ
“それっぽい”カフェにブランチを食べに来てみました。

写真②

写真④

ビーチスタイル満載の雰囲気の店内には、
朝から多くのサーファーのお客さんで賑わっていました。
それぞれにこだわりを持った個性的な人たちが
自由気ままに独自のライフスタイルを持っているんだなぁ、としみじみ。
関西独自の「タコ焼き片手にビール」なんて風景はしばらく
おあずけかもしれませんね。

そしてカフェの横にはサーフボードがこんなにも‼︎

写真③

朝からサーフィン⇨海を見ながらコーヒー片手にハンバーガー⇨ そのまま出勤。
なんていうルーティンを想像しながら江ノ島を後にしました。

只今絶賛湘南ライフ探検中‼
この街の魅力にどっぷりつかりそうな…予感です。


2016.04.01 11:30 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話

[野田琺瑯] 出張レポート(前編)

ダブルデイのお店でもブログ(たとえばこちら!)でも大人気の「野田琺瑯」。
今回、出張の際に野田琺瑯さんの工場を見学させて頂けることになり、
1月某日、まだまだ雪が残る栃木に行ってきました。

写真①

ダブルデイでも人気のホワイトシリーズやアムケトルなどの
製造現場が見られるということで、出張に行く数日前よりドキドキ・ワクワク!

そもそも、野田琺瑯さんとは・・・
昭和9年創業以来、80年以上も琺瑯づくりにこだわった老舗琺瑯メーカー。
琺瑯は鉄などの金属素材にガラスの釉薬でコーティングされており、錆びにくく・傷がつきにくい素材です。

また、鉄素材は熱効率が良く、直火の使用も可能で扱いやすく・機能的。
その琺瑯商品をシンプルでいておしゃれに製造されているのが野田琺瑯さんです。

まずはホワイトシリーズなどの基になる型を造る工場へ。

写真②

入ってすぐ目に入ったのが、ロール状の鉄板が
どんどんカットされて流れていく光景・・
(この時はバットが製造されていました。)
それを作業員の方が別の機械に運び、

写真③

金型が設置された機械へ通し、上から圧力をかけると、
すでにお店で販売されている、バットの形が露わに・・・
更に同じ作業員の方が隣の機械へ移動し、フチの部分のカットをします。

写真④

そして、別の作業員の方が流れてきたバットの型を先程の作業と同じように上から圧力をかける機械にセットし、フチの部分を内側に折り込むという工程を2回程繰り返します。

この作業を2回繰り返すことで、フチの部分がしっかり内側に入りフチの部分でケガをすることが無くなるそうです。

バットの型製造以外にもポトㇽの注ぎ口や持ち手を
接着する作業をされている方がいらっしゃり、
私がお伺いした時には4名ほどの方が作業されていました。
勝手な想像で何人もの方が作業されているのかと思っていたので、
思わぬ少人数にビックリしました。

続きはまた次回に。
後編では琺瑯がけの工場の様子をお伝えしたいと思います。


2016.03.29 11:30 category:お出かけ・旅行趣味

「猫まんま丼」と「猫ラーメン」

猫好きによる、猫のための、
イベントに行ってきました。

規模感や内容なども
まったく調べずに行った結果、
いきなりの大行列…。

自分も含め、最近の猫ブームを
改めて実感します。

画像 1

ペットフードの試供品配布や
主催している会社内で結成された「猫部」の活動の展示など、
猫好きにはたまらない内容。

ただ、『楽しみながら、猫助け』がテーマのこのイベント。
保護猫活動の展示など考えさせられる内容のものもありました。

猫グッズを販売しているブースの他、
食べ物のブースもあり、試しに
「猫まんま丼」を買ってみました!

画像 4

実際は、猫に人間のカツオ節や
トッピングされているネギは与えてはいけないので
「猫まんま」というのには昔から抵抗があるのですが…

人間用は別の話、
素朴な味わいで美味しかったです。

お土産に、愛知県にある
キリンラーメンとコラボした
「猫ラーメン」を1箱買って帰りました。

画像 5

お家に帰ってパシャリ。

猫好き用のラーメンなので
猫用の物ではありません。

パトラお前にはあげないよ。


2016.03.25 11:30 category:お料理季節の愉しみ

春分の日のお祝い

先日、母の誕生日会をしました。
20日が誕生日なので、毎年春分の日の祝日に
美味しいものを食べに行くのが恒例ですが、
今年は親戚や友人の方も集まって下さることになったので、
母が通っているお料理教室の先生にケータリングに
来ていただくことになりました。

「春分の日」は天文観測に基づいて、毎年2月に翌年の春分の日を定めるので年によって20日や21日になるようです。
「自然をたたえて、生物をいつくしむ」が趣旨の日で、この日を境に日照時間が長くなるそうです。確かに春をようやく身近に感じられるようになりますものね。

近所にもきれいなユキヤナギが咲いていました。

画像①

そして、我が家にも春の訪れが。
桜の枝をいただいたので活けると、家の中も一気に春めいて見えました。

画像②

母が料理教室で習ってきたレシピは、どれもこれも美味しく、
当日、先生自ら作っていただけることを楽しみにしていたら…
先生がダブルデイオリジナルのエプロンを
愛用して下さっていて感動!!

てきぱきと料理を作っていただき、
想像通り(それ以上に)美味しそうな料理が出来上がりました。
私も今度ぜひ習いに行きたいなぁと思います。

画像③

画像④

お天気もよく、家族みんなで集まっておいしいものをいただき、心地よく楽しく
お祝いができた春分の日でした。


2016.03.23 10:26 category:その他趣味

気の効いた贈り物と一緒に。

ラッピング好きな私。

自分で好きに包みを変えたり
あれこれアレンジを加えたりして、
ラッピングには、結構凝るタイプです。

以前、「Let’s wrapping!」の記事で、
同じくラッピング好きの友達からもらった贈り物を
ご紹介したことがありました。

先日も、その友達から
可愛らしいお菓子をプレゼントされました。

和菓子のセレクト上手な彼女らしい
気の効いた贈り物を、素敵にラッピングして。

画像①

ピーナッツ饅頭がかなりキッチュ!
味の方は本格的なピーナッツ味です。

いつも変わったパッケージを選んでくれますが、
そんなパッケージ選びも楽しいのだとか。

画像②

今回のラッピングは、渋い深緑の和紙に、
ミツバチがプリントされたメッセージカードが添えてありました。
カードを留めたクリップがポイント。
箱の柄は繊細な花柄です。

箱を開けての撮影中に邪魔者が…!!

中身には興味はないようで、
ずっとそっぽを向いてましたが、
「どいて!」とお願いしても、
ずぅーっと動かずに「一緒に撮って」と言わんばかり。

はい、はい。では、ご希望通りに。

画像③

今回のプレゼントも私好みのアイテム満載でした。


2016.03.18 11:30 category:ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

爽やかな白のコート

朝晩の寒暖差が激しく、
着る物を迷ってしまう時期ですね。

そろそろ「アウターも春物が欲しいな」と思い、
先日ダブルデイでコートを購入しました。

【ダブルデイオリジナル】のコート。
ベーシックなデザインですが
コーティング加工された張り感のある素材がポイントです。

画像①

ネイビー・ブルー・ナチュラル・ホワイトの全色試着し…、
迷いに迷ってホワイトを選びました。

コーティング加工している割には、生地が固すぎず
軽い素材感と、後ろのベルトのデザインが気に入っています。

画像②

寒さが残る3月は、
タートルやデニムを合わせて。
爽やかな白のコートで春らしくコーディネート。

画像③

気温がぐんとあがる4月は、
ノースリーブのワンピースに
シーズンアイテムの帽子やサンダルを合わせて。
気温の変化や、日差し除けにこのコートが大活躍しそうです。

画像④

また、着ていくうちに
少しずつ生地が馴染み、柔らかくなっていきます。
生地の表情が変化していくのも楽しみの一つです。

こちらのダブルデイオリジナルシリーズは、
コートの他にも、プルオーバー、パンツ、ワンピースの3型をご用意しています。

479.56cfefa84c91a.large_picture_name

482.56cff059b7bee.large_picture_name

481.56cff02f25ad8.large_picture_name

スタッフにも人気のシリーズです。

他にも、オリジナルのバッグや、サンダルなどの
春物アイテムが多数入荷中!

次は、どれにしようかな~。


2016.03.15 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

春のランチは、新しいお弁当箱で

新しいお弁当箱を買いました。

この春、ダブルデイに入荷した新商品。
今回、特に心をくすぐられる可愛いお弁当箱が多く、
悩みに悩んで買ったのが「豆型弁当箱」。

IMG_2852

豆型のカタチが何とも可愛くて、
実は入荷する前から、ひそかに狙っていたアイテムなんです。

以前DAY’sの「お気に入りのお弁当箱」という記事で
2段式の木のお弁当箱をご紹介したことがありました。

もちろん、こちらも絶賛愛用中!
ただ、2段式のため
ごはんとおかずを分けて詰めるので、
どうしても丼ぶり系の時などは、使いづらかったんです。

例えば、そぼろ丼のとき。

IMG_2849

一段のお弁当箱だと、
ごはんにのっけて盛り付けられます。
(旬のいちごと分葱のサラダを添えて。)

また、思いがけず
パスタランチの時も相性良し!

IMG_2836

仕切りがついているおかげで
ごはん、主菜、副菜、フルーツなどと分けて詰めやすいです。
(取りはずしできるから、邪魔な時は取ってもOK!)

IMG_2834

木のお弁当箱の利点は、
①木が余分な水分を吸ってくれるので
ごはんが冷めても美味しくいただけること。
②適当に詰めても、美味しく見えること。

茶色のおかずばかりになってしまった時でも
可愛く見えるから不思議です。

ランチタイムは、仕事の合間の一番の楽しみ。
見た目にも美味しさにも粋なお弁当箱に癒されています。

次は、おにぎりやサンドイッチ用のお弁当箱に
「竹カゴ」のお弁当箱が欲しいな〜。
まだまだダブルデイでお弁当箱を物色予定です。

もう少し暖かくなれば、サクラの下で。
花見に木のお弁当箱というのも乙なものですよね。


2016.03.11 12:00 category:季節の愉しみ

ミモザの季節

春になるとお花屋さんの軒先を飾る
可憐な黄色い花「ミモザ」。

イタリアでは春を告げる花として親しまれています。

画像①

3月8日はミモザの日でした。

国際女性デーであるこの日、
イタリアでは男性が日ごろの感謝を込めて
夫婦や恋人だけではなく、母親や職場の女性にも
ミモザの花を贈るそうです。

私も、お家で飾ろうと購入してきました。

画像②

こんな風に少しづつですが、
春を感じる瞬間が増えています。

先日もスーパーに行くと、
真っ赤なイチゴを見つけ、たくさんいただきました。

画像③

春が待ち遠しい今日この頃。

春服は何を買おう、お花見はいつにしよう、など
春の計画を練っています。


« 1 2 3 ... 7 8 9 10 11 12 13 ... 39 40 41 »
PAGETOP