Recommend

2016.02.19 11:30 category:その他ダブルデイグッズ

ECOVER Laundry Liquid

30年以上つづく、人と地球にやさしい
植物由来の洗剤シリーズ
「ECOVER(エコベール)」。

ダブルデイで販売しているものは、
できるだけ自分で買って使い心地を試そうと思い、
エコベールの柔軟剤を購入してみました。

DAY'S画像 ①

エコベールには、洗濯用洗剤や食器用洗剤など
いくつかのラインアップがあり、
商品によっては、フランス生産とベルギー生産に分かれています。

この柔軟剤は、フランスの工場で作られたものです。

 

今までの勝手なイメージで、
外国製の柔軟剤は、香りが必要以上にきつい!
と思っていたのですが、

エコベールは、予想に反して、
“嫌味の無いさわやかな香り”で
とても気に入りました!

また、柔軟剤と一緒に
ダブルデイで販売している「バスマット」も購入。

DAY'S画像 ②

エコベールで仕上げてみると、
今までの柔軟剤より
ハリと弾力が出たように思います。

DAY'S画像 ③

最初は香りに慣れなかったニャンコでしたが、
最近では、家族が身にまとっている香りにも慣れてきて…

撮影の邪魔をしに来た際にも、
エコベールのパッケージに「すりすり」していました。

1979年の創業以来、エコベールは
動物実験に反対し、一切行っていません。
動物にも優しいスタンスが
我が家のニャンコにも伝わったのかな…。


2016.02.16 11:30 category:その他ダブルデイグッズ

家具のメンテナンス

まだまだ寒い日もありますが、
立春も過ぎ、暦の上ではもう春。

衣替えには少し早いですが、
家具のお手入れには丁度良い時期です。

天気が良い週末にどこへも出かける予定がなく、
1日家にこもる日があったので、この機会にと、
カップボードのお手入れをすることに。

Hisilicon K3

まずはカップボードに入っている食器類を全て出します。
これが結構、重労働!
子供が近くを走り回るので、
割られないかとヒヤヒヤでした。

空っぽにしたところで、
扉も全部外しお手入れスタート。

今回使ったのは、ダブルデイで販売している
「Howard(ハワード) フィーデンワックス」。

本当は、ワックスの前に、
同じブランドの「オレンジオイル」も塗るつもりが、
いざ使おうと思ったら空っぽ。
前回使った時に、空になったことを忘れていました。

でもご安心を!

フィーデンワックスは、
ワックスとは言っても液体に近い粘度で、
伸びやすく広範囲のお手入れにも優れています。
これ1本でもメンテナンスOKなんです。

Hisilicon K3

Hisilicon K3

気が付けば、作業開始から
1時間近く経っていました。

いざ作業をし始めると、棚板1枚1枚や、
扉の小口などの細かい部分まで
ついつい念入りに拭きたくなる性分なので
若干やり過ぎ感のあるお手入れとなりました。

でもその甲斐あって、
家具は久しぶりに艶やかでしっとりした表情に。
ついでに不要な食器も片づけられて
整理整頓もできました!


2016.02.12 11:30 category:お料理季節の愉しみ趣味

体を温める活動

春のぽかぽか陽気が待ち遠しい
今日この頃。

ついつい家の中に
引きこもりがちになってしまいますが、
少しでも体を温めようと、
お休みの日に朝からホットヨガに行ってきました。

画像①

ホットヨガとは、
室温40度、湿度60%前後に保たれた
室内で行うヨガのこと。

この多湿な環境が
体を一番柔軟にするとされているようで、
発汗を促してくれます。

ヨガのゆっくりとした動きやポーズは、
自然に筋肉を伸ばすことや
インナーマッスルを鍛えることを目的とし、
体を内側から温め、血行を良くしてくれます。
冷え性や凝り症の方にもお勧めですよ。

朝から沢山の汗をかき、
体も温まったところで・・・

今度は辛いものを食べて
さらに体を温めようと
先日、テレビで紹介されていた
「台湾まぜそば」を食べに行きました!

台湾まぜそばとは、
愛知県名古屋市発祥のラーメンの一種で、
台湾ミンチ(鷹の爪とニンニクを効かせた醤油味のピリ辛ミンチ)を極太麺にのせた、汁無しのラーメンのこと。

早速お店に行ってみると、
お店の前には既に行列が出来ていました。
行列の長さに期待値も上がります!

こちらがその台湾まぜそば。
画像②

全体を綺麗にまぜていただきます。

画像③

ピリ辛で徐々に体が熱くなり、
食べ終わった後は、すっかり体もポカポカに。

寒い時期はついつい
お部屋に閉じこもりがちになりますが、
スポーツや食べ物で体を温めてみるのも良いものですね。

ダブルデイでは、「冷えとり靴下」を販売しています。
靴下を重ね履きすることで、
下半身を半身浴のような状態に保ち、
上半身と下半身の温度差による冷え対策をするものです。

スタッフにも愛用者多数!
ぜひご覧くださいね。
※販売していない店舗もございます。


2016.02.09 11:30 category:お料理季節の愉しみ

赤かぶを入手したので。

お気に入りの食品スーパーで見つけた
立派な赤かぶ。

色目にひかれて“ビジュアル買い”しちゃいました。
なんと、2個で100円!

1

買ったはいいものの、
赤かぶを料理したことが無い私は
レシピ検索から。

オーソドックスに、赤かぶの甘酢漬けを
作ることにしました。

葉っぱの部分を切り落とすと、
中からもこんな鮮やかな赤!
アントシアニンによる赤だそうです。

2

いちょう切りにした赤カブに
柚子の葉を加えて、甘酢液に漬けこみます。

「ここで活躍するのが野田琺瑯!」と
言いたいところですが、我が家には無いので
メイソンジャーで代用。

メイソンジャーの高い密閉度は、
甘酢漬け作りにピッタリです。

3

一晩置いた漬け上がり(?)はこちら。
椿のような鮮やかな赤になりました。

4

さて、漬ける前の赤カブで作ったもう一品。
洋風粥です。

5

赤かぶ・赤かぶの葉っぱ・芽キャベツ・柚子の皮を
ほんの少しのお塩と柚子のしぼり汁で味付け。

お米がほんのりピンクに染まって
思いがけず春を感じるお粥が出来上がりました。

旬の野菜を手軽に料理して楽しむ
季節の味が大好きです。

今年は野田琺瑯のタッパーを入手しなきゃ!!


2016.02.05 11:30 category:季節の愉しみ趣味

初春のスワッグ作り?

秋に大阪から福岡へ遊びに行った時、
途中立ち寄った蚤の市で
熊本の花屋さんが出店されていました。

予算に合わせて、その場で
“スワッグ(壁掛け式の花束)”を作ってくれるのですが、
それがどれも素敵。

画像①

画像②

大阪まで持ち帰るのが大変だなぁと思いつつも、
思わず購入してしまいました。

画像③

今ではドライになって飾られています。

画像④

「リースを作るよりも簡単そうだし、
自分でもやってみよう!」と思い立って
花屋に出向いたのですが

時期が早かったのか、目当てのミモザが無く、
代わりにユーカリとコデマリを購入して帰りました。

大振りのユーカリだったので、
半分はスワッグに。

画像⑤

半分はそのままフラワーベースに活けました。

画像⑥

やはり、プロが作ったスワッグとは
ずいぶん違いますね(笑)

次回は、リボンやミモザも使用して
もう少しボリュームのあるスワッグ作りに
挑戦してみます!


2016.02.02 11:30 category:お料理季節の愉しみ

寒い日には…

先日は強い寒波が来ましたね。

そんな寒い日には、
・冷え取り靴下
・冷え取り腹巻
・冷え取りスパッツ
という、3本柱は欠かせません。

そして、体の中から温まる
お鍋やお汁物が恋しくなります。

ということで、今夜のメニューは豚汁。
ダシをしっかり取って、具材をたくさん入れ込みます。

いつもは田舎から送られてくる
九州の麦みそを使用しているのですが、
今回は友人からいただいた
関西の白味噌を使ってみました。

①

口にふくんだ瞬間、
白みその甘さが口いっぱいに広がり
体の芯からじんわりと温まります。

九州の麦みそも甘口ですが、
こちらの白みそは、甘さの他に
まろやかな口当たりが印象的でした。

②

さて、明日はこれに
酒粕を入れて粕汁にアレンジ。
これまたあったまりそうで、今から楽しみです!


2016.01.29 11:30 category:ダブルデイグッズファッション

愛用品のお手入れに

新しい年になって早1ヶ月。
年末年始の休みにしようと思っていたことが、
まだ終わっていない私。

そのひとつが、
革バッグのお手入れです。

秋に、とあるショップで見つけた
ビンテージのショルダーバッグ。

①

海外で買付けて、
ようやくお店に届いたばかりのようで、
これからお店でメンテナンスをして
店頭に出すとのこと。

汚れやキズが目立つ状態だったんですが
一目惚れした私はそのまま購入。

「自分でお手入れすればいいや!」
と思い見つけたのが、

ダブルデイで販売している革製品のメンテナンス剤、
『Howard(ハワード)レザーコンディショナー』!

お手入れをするために用意するのは、柔らかい布のみ。

メンテナンス剤を少量布にとり、
伸ばしながらまんべんなく塗り込んでいきます。
その後、少し置いてなじませたら、
別の乾いた布で優しくふき取るだけ。

IMG_2700

オレンジオイルが配合されているので、
爽やかな良い香りが部屋にただよいます。

磨いているうちに
どんどん楽しくなってきて、
今年の冬の相棒、お気に入りのブーツも
磨いてしまいました!

②

ん〜、バッグのキズも
だいぶ 目立たなくなり満足。
今後もこまめにメンテナンスを
続けようと思います。

さぁ、お気に入りのアイテムで
どこへ出かけようかな!

③

「Horward(ハワード)」シリーズは、
今回のレザーコンディショナーの他に、

家具用のメンテナンス剤
・オレンジオイル
・フィーデンワックス

もあるので、ダブルデイをのぞいてみてください。


2016.01.26 11:30 category:お料理ダブルデイグッズバイヤー裏話

新年会で人気の一品は?

先日、わが家に
学生時代の友人+子どもたちが集まり、
新年会をしました。

みんなで食べ物を持ち寄り、
ワイワイ準備中です。

写真①

テーブルにのせきらないぐらいの
食べ物の量になりましたが…、
ちゃんと写真を撮る間も無く、
食べてしまいました。

私もはりきって
「リンゴと生ハムのサラダ」や、
写真②

「アクアパッツア」
写真③

パスタなどを作りました。

でも、一番みんなにレシピを聞かれたのが、
この「黒豆とクリームチーズのディップ」。

写真④

おせち料理の黒豆をアレンジしたものです。

食べ飽きて冷凍保存していた黒豆に、
クリームチーズと蜂蜜、生クリームを
少し混ぜただけなのですが、
これが大好評!

「お酒のおつまみにもなるね」
という声も。

また、普段は料理したら
すぐに食べるので気付かなかったのですが、

パスタを入れているお鍋を
テーブルに出してから1時間半ほど経っても、
まだ湯気が上がったままのお皿が。

写真4

中のパスタも温かく、
さらに底に付いた焦げがすぐに取れたので

「この鍋、ずっと温かい!」
「どうなっているの!?」「すごく良いね。」
とビックリされました。

DOUBLEDAYでは
一部の店舗にしか残っていないのですが、
【イタリアDESILVA社のテラコッタ製のお鍋】です。
日本の土鍋と同じような造りでできています。

「こんな風に商品の良さに
気付かされることもあるのだなぁ・・・」と
新しい発見をした新年会でした。


2016.01.22 11:30 category:季節の愉しみ

味のカレンダー ~食べること366日~

新しい年が始まり、あっと言う間に
1月が終ろうとしています。
本当に月日が過ぎるのは早いものですね。

「今年はこれをしよう!」「こんな年にしよう!」と
年始に思いをはせたことを実現して、
充実した良い一年にしたいとなぁと思う、今日この頃。

年末に一目惚れして買ったカレンダーを
使い始めました。

味のカレンダー2016 ~食べること366日~

素朴なイラストが素敵な
日めくりタイプのカレンダー。
日毎に季節の食材の紹介が載っていて、
簡単なレシピが書いてあることも。

「この日は何の食材だろう?」と
パラパラめくるのが楽しいカレンダーです。

1月は、おせちやお餅、鏡開き、七草粥など
馴染み深いラインアップ。

そんなカレンダーを眺めながら、ふと…

先日、住んでいるマンションであった
毎年恒例の「振る舞いぜんざい」で
鏡開きしたお餅のぜんざいをいただいたなぁと
思い出したり。

カレンダーのイラストを見て
食にまつわる思い出がよみがえることも。

もうすぐ2月。買い物に行くと、
早くも節分の豆や恵方巻き、
バレンタインチョコレートが並んでいます。

節分とバレンタインデーの日は、
「何の食材だろう?」と気になって
カレンダーをめくってみると…

節分の2月3日は「納豆」
(大豆にちなんで、ということでしょうか。)

納豆のイラストなのに「こんな形?」と
不思議に思って読んでみると、
実はコレ“納豆パイ”!!

納豆の名産地、水戸では納豆パイまであるそうな。
ちなみに、今年の恵方巻きの方角は「南南東」のようです。

バレンタインデーの2月14日は「酒粕」
(意外にも、チョコレートにまつわるものではないのが面白い。)

酒粕と言えば、
粕漬けや粕汁しか思い浮かばない私ですが、
カレンダーにのっていたレシピは、
レモン汁を入れてシャーベットにするらしいです。
不思議な気もしますが、おいしそうです!

「食」は生活に欠かせないものであり、
美味しいものをいただく時間は、
日々の中で幸福なひとときですよね。

忙しいと簡単に食事をすませてしまいがちですが、
今年は季節の食材を美味しくいただきながら、
「食」も充実した一年になれば良いなぁと思います。


2016.01.19 11:30 category:お出かけ・旅行

兵庫県 明石散策

関東から関西へ移り、
兵庫県の明石(あかし)に住んで、早3年目。

ゆっくり散歩したことがなかったので、
年末年始の休みにぶらりと散策してきました!

先ずは、明石の台所、
「魚の棚(うおんたな)商店街」へ。

師走の魚の棚には、たくさんの大漁旗が!
お正月用の買い物に大にぎわいです。

短い商店街の中には、
明石で取れた新鮮な魚介を中心に
八百屋や酒屋、漬物屋さんなど
たくさんのお店が軒を連ね、
食材の買い出しをするにはもってこいの場所です。

明石の名物といえば、明石蛸。
同じく名物である、明石の蛸を使った「明石焼き」も有名ですね。
ここ魚の棚商店街にも、お勧めのお店が数軒あります。

今回の一番の目的はその「明石焼き」ですが、
小腹がすいたので、まずは
明石っ子のソウルフードとも呼ばれる
焼きそばを食べに。

中華料理屋さんの焼きそばだけあって
麺が太く、もちもちの食感。
ソースはあっさりとして、
中華スープの風味が効いています。
チャーシューの切り落としが載っていて
食べ応え抜群でした。

次に、本命の「明石焼き」へ!
今回目指すお店は、
岩屋神社の近くにある名店です。

海沿いを歩き、目的の場所を目指して
明石と淡路島を結ぶ高速船
【淡路ジェノバライン】のターミナルの前を通過。

そのロータリーに
昭和21年創業の美味しいそうな食堂を発見!
悩んだ末、今回明石焼きをあきらめ、
ここで昼食を取ることに(笑)

程よく味わいある店内は、お客さんで一杯。
タイミング良く席につけましたが、
外を見ると行列ができていました。

名物の「蛸入り出し巻卵定食」を注文。
明石名物のアナゴ丼とも迷いましたが、
奥さんが代わりに注文し、分け分けして食べることに。

明石焼きは断念しましたが、
蛸と出し巻卵を一緒に食べると
結果的に、明石焼きと似たような味で満足。

写真では、蛸は少ししか映っていませんが
中にたくさん入っていて、食べごたえ十分でした。

その後も時間が許す限り、街中を散策して
最後は今日の最終目的地!
大正時代から続く甘味処で「ぜんざい」を堪能。

これまた店内はお客さんで一杯。
甘さ控えめで食べやすく、
大豆の歯触りと口どけも絶妙!
名店を発見してしまいました。

住んでいる明石の街に
素敵な景色や名店があることに気付けた
良い散策になりました。


« 1 2 3 ... 7 8 9 10 11 12 13 ... 38 39 40 »
PAGETOP