Recommend

2016.11.02 11:30 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズ季節の愉しみ

清水焼の郷まつり

写真①

先日、お休みを利用して京都に行ってきました。
久しぶりに訪れた京都は快晴!!
とても過ごしやすい気候でした。

京都駅周辺も多くの観光客で賑わっていましたが
今回、私が京都を訪れた目的は・・・

写真②

大陶器市『清水焼の郷まつり』です。

清水焼の郷(清水団地)とは、東山山麓東側の丘陵地に位置し
京焼・清水焼の卸問屋、窯元、作家、陶磁器原材料屋、
指物師、人形師、碍子など‟やきもの”に関する業社が軒を連ねる町なんです。
その協同組合が毎年10月の第3金曜日~日曜日の3日間、
年に一度行う大陶器市が「清水焼の郷まつり」です。

このお祭りの開催を知ったきっかけがこちら。

写真③

写真④

写真では分かりにくいですが、
ダブルデイで9月から取扱いを始めた「トキノハ」さんの
ホームページを見て、行ってみたい!と思ったからなのです。

お昼頃に着いたのですが、既にたくさんの方で賑わっており
行列ができているお店もちらほら・・・
近年の和食器ブームが伺えました。
また、海外からの観光の方も多く、大量に買われている姿も
見受けられました。

他にも地元の人が運営している屋台なんかも出ていたり、
陶芸体験もできる場所もあり家族で楽しめるイベントでした。
せっかく来たからには何か買わなきゃ!と意気込むも
何十件もあるお店、更に何百点もある和食器の中から
お気に入りの商品を見つけるのはなかなか大変・・・

何度も同じお店を回って吟味し、ゲットしたのがこちら・・・

写真⑤

こちらはトキノハさんで販売されていた和食器。
大きな片口は釉薬の具合が素敵で購入。
これからおでんや煮物などを盛りつけようと思っています。
更にダブルデイではお取り扱いのないサイズの小鉢もゲット。
こちらもこれからの時期、お鍋の取り皿にしようと思います。

写真⑥

こちらは最近結婚した友達への贈り物にと選んだもの。
すごくお茶目な表情がおかしくて購入。
友達がどんなリアクションをしてくれるか今から楽しみです・・・笑

予定ではもっと買うつもりだったのですが、
結構歩き回り疲れてしまったので退散・・・
今度はしっかり体力を温存して行こうと思いました。笑


2016.10.28 11:30 category:ダブルデイグッズ未分類趣味

ついつい買ってしまう手仕事アイテム

最近、雑誌やショップの店頭でも、
またまた民藝特集や手仕事アイテムを目にすることが増えたと感じます。
ブーム再来⁈となるとそれはそれで嫌だな…
なんて天の邪鬼なところが浮き彫りになるのですが、かく言う私自身も、
5月の「クラフトフェア松本」やその後のイベントなどで
民藝と手仕事熱が再燃したのは紛れも無い事実でして…
(松本の旅の様子はこちらから)

では、この3、4ヶ月でゲットした
手仕事アイテムの一部をご紹介します。

画像①

ここ最近買ったアイテムは割と渋めのものがメインです。
李朝風の作風の鉢物はもう一つ買っておけば…と後悔…

画像②

画像③

柿渋染の鍋敷き、漆の銘々皿。

画像④

宮崎県、高千穂で作られたお正月飾りの一つ。
後継者が少なく編める人はわずかだそうです。

画像⑤

飛びカンナの技法が有名な小石原でガラス作りを手がける作家さんの小鉢は
イベントで見つけたものですが、これはサイズ感もよく、とても使いやすい!
これも枚数、もっと欲しかったな…

画像⑥

最後に、この秋からDOUBLEDAYでもお取り扱いを
始めさせていただいた清水焼「トキノハ」さんの作品。
ブルーの釉薬と濃い釉薬の重なりの部分のもつ雰囲気が
オブジェ的表情です。

「トキノハ」さんのアイテムは、
NU茶屋町プラス店アミュプラザ博多店の限定で
取り扱っております。
定番の鉢物をDOUBLEDAYオリジナルでお願いし、
特別に配合した土で焼いていただきました。

…と、器を中心に、手仕事に目がない私。
器だけじゃなくて、布やカゴも例外でないので、
これがまた、タチが悪いんですよね…(笑)


2016.10.25 11:30 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ

少しずつ冬支度

10月ももう半ばを過ぎました。
通勤時、周囲の人をみると、コートやジャケットを
身に着けている人が増え
冬が近づいているのを感じます。
つい最近まで暑かった事もあり、
後回しにしていた衣替えに少しずつ手をつけ、
お部屋の中のファブリックも冬物へ。

コットンマットはウールマットへ。
サマーケットは、ブランケットへ。

ちょうど冬用のブランケットを新調しようと思っていたので
先日ダブルデイでこちらを購入しました。

写真①

リバーシブルで使える“Two-Side Blanket ”です。
画像では伝わりにくいですが、
150×210㎝のサイズは、身体全体を覆うボリュームで
肌触りもよく、チクチクしないのでお肌が弱い方や、
ウール素材が苦手な方にオススメです。
また、このブランケットにはデオドラント効果が
あるタグが付いているのも嬉しいポイント。

写真②

これからの季節、お家でゆっくりするときに使うのも良いですが、
休日ピクニックの時レジャーシートの上に
このブランケットを敷いてくつろぐのもいいですよね。
また、これからの秋キャンプでも大活間違いなしです。

サイズは大きいですが、
畳むと嵩張らないので、このように

写真③

スッキリと収納できます。
サイズ違いの100×75㎝も、オフィスや車の中で使いやすく
ギフトにもオススメです。

ちょうどこのブランケットを買いにお店に行ったときは、
店頭で“鍋提案”がされていました。

すっかりお鍋の季節ですね。
美味しいお鍋や綺麗なイルミネーション、
楽しみが沢山で、冬が待ち遠いです。


2016.10.20 11:30 category:ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

ちょっぴりコンサバ。ダブルデイコーディネート

暑さもようやく落ち着いて
秋のおしゃれを存分に楽しめる季節になりました。
ダブルデイにも秋冬のステキなお洋服が続々と入荷しています。
そんな中から、今日は“ちょっぴりコンサバ”テイストに
コーディネートしたダブルデイのお洋服をご紹介します。

ダブルデイのお洋服はカジュアルなイメージですが、
実はキレイ目コーディネートにも使えるアイテムが
たくさんあるんですよ。
ということで、コンサバ派も楽しめる
ダブルデイコーディネート♪

まずは、じわじわと“きてる”気配があるラインパンツを中心に
コーディネート。

画像1
(ダブルデイ取扱いアイテム:ライン入りパンツ、トートバッグ、ウィングチップシューズ)

こっくりとした色使い、光沢のある素材にベルベットのラインが
とっても華やか!
太めのシルエットがマニッシュでカッコいい!
白のプルオーバーとウィングチップシューズをコーディネートしてみました。
このシューズも、ダブルデイで購入した「la TENACE」のもの。(お手入れも入念に!
もちろん、今年人気の「チャンキーヒール」とも相性ピッタリだと思います☆

バッグには、マリンデイのレザートートを持たせてみました。
ダブルデイスタッフにも愛用者が多いマリンデイのバッグ。
ブログでも紹介していますよ(こちら

画像2

画像3

カジュアルコーディネートをワンランク上げてくれる
上質なレザーの風合いとクールなベージュ、程よくシェイプされた形、
とっても気に入っています。
細部までしっかりとレザーが使われていて、
このバッグは本当によく出来ているなぁ・・・と
持つたびに感心してしまうほど。

次は、レザーつながりで「レザーブルゾン」もご紹介。
昨年あたりから人気のライダースジャケット。
いかにもライダースなデザインもカッコいいですが、
ダブルデイでノーカラーのレザーブルゾンを購入。

画像4
(ダブルデイ取扱いアイテム:レザージャケット)

オーソドックスですが、人気の太めデニムとコーディネート。
レオパードやファーとも相性が良いですね。
靴はスニーカーでも、ヒールでもお好みで♪
(写真に入れるのを忘れました)
私は赤いヒールと合わせたいなぁ!

このレザーブルゾン、ディテールにもこだわっていて
“シンプルだけどカッコよく”見せてくれる要素がたっぷり。

画像5

他にもご紹介したいお洋服がたくさんありますが今日はこのくらいで。
ダブルデイのお店で、秋冬ファッションコーディネートを
楽しんでくださいね!

※ご紹介の商品は、店舗によって在庫状況が異なります。


2016.10.14 11:30 category:お出かけ・旅行趣味

スヌーピーが乗った阪急電車!

九州出身で、今は阪急沿線に住んでいる私は、
通勤や休日のお出かけに“阪急電車”を利用します。
九州から出てきて初めて阪急電車を見たのは5年前の事。
仕事で関西を訪れ、西宮市にある“阪急西宮ガーデンズ”に行く際に
阪急梅田駅で、はじめて阪急電車を見ました。

その時の感想は「渋い!レトロでかわいい!」
関西の方はご存知の方も多いかと思いますが、
阪急マルーンと言われる、茶色の塗装に
木目調のレトロな車内、座り心地も肌触りも抜群の緑色のシートは
とても上品な印象でした。

関西に来て数年、毎日通勤で利用していますが、
先日の仕事帰り、思わず足を止めて見てしまう阪急電車に遭遇しました。
それがこちら…

画像①

画像②

スヌーピーとその仲間達が装飾された
阪急電車「スヌーピー&フレンズ号」。

画像③

普段はあまりキャラクラー物に興味を示さない私でも、
この時ばかりは時間を忘れて見入ってしまいました。
どのデザインも阪急マルーンと合っていて、とてもかわいい!
「スヌーピー&フレンズ号」に遭遇した事で疲れも少し和らぎ、
ほっこりした気分で帰路につくことができました。

スヌーピーで有名なコミック「PEANUTS」と阪急電車の
コラボ企画は10月1日からスタートしていて、
ダブルデイ宝塚店ではコラボグッズも販売中。(※1)

「スヌーピー&フレンズ号」は、2017年1月9日まで運行(※2)する
ようです。

しばらくは、通勤時が楽しく過ごせそうです♪

(※1) 数量限定につき品切れの場合がございます
(※2) 詳しくはhttp://www.hankyu.co.jp/topics/details/545.htmlをご覧ください。


2016.10.11 11:30 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ

ハロウィンと冬支度

9/9にオープンしたダブルデイNU茶屋町プラス店は、
本社からほど近い場所にあるので
仕事帰りや休憩中にちょくちょく立ち寄っています。

画像①

店頭のディスプレイが少しだけハロウィン仕様になっていて
そういえば、今月末はハロウィンか・・と思い出しました。
近年では、仮装をして街に出て楽しむ人も増えていますが
お家でかぼちゃ料理(スープやキッシュなど?)を食べて
ちょっとだけハロウィン気分を味わうのも良いかもしれないな~
なんて思いました。

画像②

画像③

お店にはニットやブランケットなどの
暖かいアイテムもたくさん入荷しています。

画像④

ハロウィンが終われば11月。
すぐに寒い季節がやってきます。

そろそろ冬支度を始めようかなと思う今日この頃です。


2016.10.06 11:30 category:お出かけ・旅行趣味

湘南レポート〜雨の鎌倉散策〜

関西在住歴が長い私にとって
『歴史が残る街』といえば京都や奈良ですが…いえいえ、ここは湘南。
一千年の歴史があると言われる古都・鎌倉散策に出掛けました。

写真①

江ノ電の1日乗車券、『のりおりくん』を購入して
始発の藤沢駅から長谷駅へ、まずは鎌倉大仏を目指します。

写真②

写真③

当日はあいにくの雨でしたが、初めての江ノ電にワクワク!
江ノ島を車窓に観ながら、民家の間スレスレを走る線路に大興奮!!
長谷駅からはあえて細い路地を通り抜け…

写真④

辿り着いた先には、雨の中に佇む大仏様。
その姿は静寂さの中にも迫力を感じる姿でした。

写真⑤

写真⑥

大仏様を後にし、長谷駅から終着の鎌倉駅へ。
お土産屋さんや食事処が軒を連ねる小町通りをぶらぶら。

写真⑧

前回の湘南レポートでも夏カレーをご紹介しましたが、
カレーにハマり中の我が家!!
美カレーとコーヒーがおいしいと評判のお店で
少し遅めの昼食をとることにしましたが・・・なんと2時間待ち!!

絶品キーマカレーに舌鼓。

写真⑦

お店を出たところで、雨が一層激しさをまし、
今回の鎌倉散策は断念・・・。
次回に持ち越しとなりました。雨の鎌倉も魅力的でしたが、
次は晴れの日に出かけてみようと思います。


2016.09.30 11:30 category:未分類

食欲の秋

9月も下旬になり、ようやく秋の涼しさを感じる日が増えてきました。
食欲の秋到来です!  
先日、家具の国際見本市を訪ねて上海へ行ってきました。
上海は世界有数の大都市で、街中の人の多さに圧倒されます。
人々の活気や熱気に溢れる街なのですが、
気候は日本より少し涼しく一足先に「食欲の秋」がきていました。

上海といえば何が有名な食べ物?と考えてでてきたのは上海蟹!
でも蟹の季節ではないので食べられません・・・。
他には?と考えても特に思い浮かばず、適当な中華料理屋さんで
食事をすることにしました。

よくある雰囲気のお店だったのですが、
お店の人気商品というものがあるらしく、早速注文してみました。
やってきたのは、少し大きめの小龍包? とりあえず美味しそうです。 

食欲の秋①

まわりを見てみると地元のお客さんも、
ほとんどの人が同じ物を食べています。
いや、飲んでいます!

食欲の秋②

どうやら肉汁を飲んでから食べるらしく、
早速渡されたストローで飲むことに。

「激熱!」

ストローで熱い物を飲むとどうなるか? 
はい。絶対に火傷しますね。

実際、地元の人が何故平気な顔をしてストローで
飲めるのか不思議です。
ストローで飲むのを諦め、小龍包のように
レンゲに乗せて食べてみようと思い箸を伸ばしたのですが、
あれ?中身がないです。
そうなんです。これ食べ物でなく、スープ。
中身はめちゃくちゃあっさりしたスープが入っているだけで
具は入っていませんでした。
個人的には普通の小龍包の方が美味しいなぁ~と思いつつ
レストランをあとにしました。

翌日は大都市上海ならではの洋食にチャレンジしました。

食欲の秋③

NYのブルックリンテイストのハンバーガー屋さんを見つけました。
外観はそれなりにお洒落ですが、それなりに普通です。
不安半分、期待半分で中に入ってみると店内の壁には
ハリウッドの某有名セレブや著名人がこの店で撮った写真が飾られてあり、
期待が膨らみます。いざ注文!

食欲の秋④

期待以上のクオリティーのバーガーがでてきました!
味も最高に上手いです。
日本で食べたら¥3,000は超えそうなクオリティーに大満足。
さすが大都市上海、世界中から人、物、が集まる都市なんだなぁと
実感できた「食欲の秋」でした。


2016.09.27 11:30 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

石川出張レポート②

前回の更新より少し間が空いてしまいましたが・・・
石川出張の後半をお届けします。(レポート①はこちら

九谷青窯さんを後にし向かったのが、私がどうしても伺いたいとお願いしていた山中漆器の産地にある『我戸幹男商店』さん。

写真①

何故お伺いしたかったかというと、以前メーカーさんの展示会で
こちらの商品を拝見させて頂いたことがあり、
いつかダブルデイで展開したい!と密かに思っていたから。
個人的にとても好みのフォルムや色合いの漆器が多く、
また多くの商品がデザイナーさんが手掛けられていることもあり、
アイテム1つ1つに思いがあることにも魅力を感じたからです。

こちらが『我戸幹男商店』さんのショールームの一角です。

写真②

ショールームの周りはたくさんの緑に囲まれ、
マイナスイオンたっぷりの大変素敵な場所にありました。
メーカーさんの展示会で拝見した時よりもはるかに多いアイテム数にビックリ!!
1つ1つの商品の製作背景や企画意図を
社長さん自ら丁寧に説明して頂き、なかなかアイテムを絞ることが
できなかったのは言うまでもありません・・・笑

何とかアイテムを絞ることができ、社長さんの計らいで
製作現場を見せて頂けることに・・・
山中漆器の特徴は他産地の「横木取り」とは違い、
「縦木取り」を主流としているため
木の流れと同じ方向に作ることで、ゆがみや割れが少なく
精度の高い器ができます。
この工程を行うのが『生地師』と言われる職人さんです。
轆轤を使って、卓越した技術を用いることで
薄く更に素敵な形や模様、他産地ではなかなか作れない
高度な商品が生み出されているのです。

写真③

写真④

今ではかなり機械化が進み、作業も楽になったと
仰っていましたが微妙な薄さ調節や角度を付けるなどの工程・最後の仕上げは
やはり人の手が掛けられていました。

写真⑤

その後、『我戸幹男商店』さんの商品の特徴でもある、木目が美しい漆器。   その作業が行われている作業場にもお邪魔しました。
『拭き漆』と言われる製法で、
漆を塗っては拭き取る作業を何度も繰り返すことで、
透明感のある光沢が増し、木目を鮮やかに美しく浮かび上がらせて
くれるそうです。                             お邪魔した作業場ではとても素敵なご夫婦に迎えて頂き、
突然お邪魔したにも関わらず笑顔でいろいろと説明して下さいました。
何だか子供の頃に行った田舎のおじいちゃんのお家を思い出し、
ほっこりした時間を過ごせました。

今回、お邪魔した九谷青窯さん・我戸幹男商店さんもそうですが、
私が今までお邪魔した『日本のモノづくり』の現場に携わる人は
本当に素敵なお人柄な方ばかりでそれが作品や商品にも
表れているのだと改めて感じることができた出張でした。

『我戸幹男商店』さんのアイテムは
NU茶屋町プラス店・アミュプラザ博多店・大船ルミネウィング店で販売を開始しました!
九谷青窯さんの新アイテムも年内中には一部店舗へ入荷予定です。
是非、お店に足を運んで頂き実際に手に取って見て頂けると嬉しいです!

石川県・・・今度は泊りで訪れたいな~。笑


2016.09.21 11:30 category:お料理季節の愉しみ

食について考える

9月に入り、食欲が増す季節に突入しましたね!

規則正しい生活とバランスのよい食生活を毎日欠かさず続けたいところですが、
簡単なようで難しいですよね。
私自身も平日は外食も多く、家で食べるときも簡単なもので済ませてしまい、
野菜不足で偏食の日が少なくありません(泣)

そんな中、先日マクロビオティックのお料理教室に行ってきました。
マクロビオティックとはご存知の方も多いと思いますが、
玄穀物や野菜、海藻などを中心とした食事を摂ることにより、
自然と調和をとりながら、からだとこころのバランスと
リズムを取り戻す食事法と生活方法です。

まずは基本の玄米の炊き方と雪鍋の作り方を教えていただきました。
玄米はバットに広げて虫食いや欠けがあるものはよけて、
きれいに洗って圧力鍋で炊きます。
雪鍋は大根をやさしくおろして鍋に入れ、お豆腐と一緒に煮て、
最後に塩をひとつまみ入れるだけ。
どちらもやさしく丁寧に気持ちを込めて料理するのが基本です。
出来上がったものをいただくと、玄米の程よい食感と
噛むと広がる風味・大根の本来の甘さを感じるとてもやさしいお味でした。

9月画像①

帰って、もう一つ教わったスィートベジタブルスープを作ってみることに。
作り方は簡単で、同量の玉ねぎ、キャベツ、カボチャ、人参を細かく刻んで、
鍋に重ねて、丁寧に水を入れて煮るだけ。
9月画像②

9月画像③

20分ほど煮たら野菜をこしてスープだけをいただきます。
9月画像④

こちらも味付けはひとつまみの塩だけなのに
野菜のあまさとうまさが出たやさしいお味です。

早速、玄米を買い、お家での夜ご飯は玄米を食べ、
バタバタする朝も野菜ジュースを作るようにして、
少しずつでもバランスのよい食生活を心がけて
自分自身のこころとからだに向き合う機会を増やしたいなあと
思っています。


« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 40 41 42 »
PAGETOP