Recommend

2013.08.02 09:08 category:未分類

模様入りの光

子供のころに住んでいたのは、
天井ウラに青大将が棲みつく、当時で既に築100年近くの古家。
襖と障子、真壁造、漆喰や砂壁、板敷きの縁側、木の縦格子といった和風に、
昭和の生活様式を押し込んだような家でした。
今は国道になってしまって跡形もありません。

旅先で、そんな家を思い出すような
いろんな時代が相乗りした古家がありました。
特に”昭和”感を醸し出すのは、
模様ガラスを嵌め込んだ扉や木枠の引き戸。
アルミサッシが普及した現代家屋やマンションでは
めったに目にすることがなくなりました。

完全に仕切るわけでも見通せるわけでもない
程よい透け感と光の切り取り方に、
単に「懐かしい」だけではない趣と、
日本らしい空間感覚や、
時代との折り合いのつけ方の妙を感じます。

無くしてしまうのは惜しい工業品です。


PAGETOP