Recommend

2013.08.12 13:44 category:その他

日曜日の珈琲

 

子供の頃、祖母は京都の福知山駅前で喫茶店を営んでいました。
着物姿でカウンターに立ち、お婆ちゃんになっても、
みんながもう休んだらと言っても、
毎日毎日、朝早くからお店に立ってお客様を迎えていました。

 先日、両親が私の家に遊びに来たので、コーヒーを淹れました。

母はケメックスに興味深々。
「何これ~、実験道具みたいね」
そう、これはアメリカでドイツ人の化学者が三角フラスコとロウトから
70年前に考案したコーヒーメーカー。
ガラス・木・皮紐から成るデザインは、シンプルながらも優しく、
簡単にコーヒーを淹れることができる優れものです。

巷では、今コーヒーのサードウェーブがきているようで、
豆の生産方法から、流通、焙煎方法にまでこだわり、
美味しいコーヒーを淹れる個人のお店が増えているのだとか。
そんなプロにも絶大な支持を得ているのが、HARIOのV60シリーズです。

 

「挽き立て、淹れ立てのコーヒーはほんまに美味しいわぁ。器も素敵で、幸せ~」

こんな一言が聞きたくて、みんなを笑顔にする喜びで
祖母はお店に立っていたのかな、とふと思った日曜日の午後でした。


PAGETOP