Recommend

2013.08.14 15:05 category:未分類

ウール、コットン、ジュートのラグ。

 

夏の敷物と言えば竹やい草を思い浮かべがちですが、
裸足で歩き回る時の足触りの優しさは断然、天然繊維に限る!

写真の左足は北欧のジュート素材、
右足はインドでヨーロッパに向けに生産されたコットンとウール素材の
ラグに触れています。

両方とも元々靴を履いて生活する国の人達の為のものなので
密度が高くしっかりと織られていますが、
使用開始から5年程経過してウールやジュートの
ざらつきも無くなりほどよい柔らかさに変化しました。

裸足で歩き回るとき左足の感触はざっくりだけどさらり、
右足の感触は少ししっとりとしてひんやり(私の個人的感想です)。
両足の感触の違いに萌えます・・・。

画像の敷物は全て私の自宅に敷いてあるもので
色はご覧の通り赤を基調にしていますが
購入した当時に比べると陽にあたって程よく褪せたことにより
フローリングの茶色い床によく馴染んできて
益々愛着を感じるようになりました。

長く使える家具やインテリアは、
人が使って部屋に馴染み始める頃に
グッと輝きを増してくるのが楽しみですね。


PAGETOP