Recommend

2013.10.21 11:00 category:未分類

港町の本屋さん

神戸・元町商店街の老舗書店が先日閉店しました。

中学生のときに初めて立ち寄って以来、
元町方面に行く機会があるときは(年に数回程度ですが)、
ここにフラリと立ち寄って時間を過ごすのが
楽しみの一つになっていました。

いかにも神戸らしい「海」や「船」関連の圧倒的な品揃えのほか、
あちこちで店員さんとお客さんが長い時間談笑しているとか、
児童書のところで本を見ている子供たちが妙に多いとか、
サイン色紙が何枚も貼り出してあるとか、
何か独特の雰囲気がある、穏やかで居心地のよい書店でした。

地元の方のように頻繁に利用していたわけではなく、
店員の方と親しくしていたわけでもありませんが、
そんな私でも、なぜか「ここにはとてもお世話になった」感があります。

「時代の流れ」で片付けてしまうにはあまりに惜しいですが
新聞で特集の連載記事が掲載されるなど
大勢の人に惜しまれながらの閉店となったのが
せめてもの救いだったかもしれません。

閉店が迫った先月下旬、この場所では経験したことのない大混雑のなか、
神戸本と船関連本を購入しました。

ブックカバーをコレクションする趣味はありませんが
これと栞は大事に置いておこうと思います。


PAGETOP