Recommend

2013.10.23 11:00 category:未分類

片口に魅せられて

和食器の中でも、とりわけ好きなのは片口。
使い勝手がいいからとか
用途にあわせて…
というよりも何ともこの愛嬌のあるカタチがたまらず、
ついつい買ってしまいます。

この花模様の片口は、ずいぶん以前にダブルデイの店頭に
並んでいた波佐見焼で、オリジナルの柄。
これは布を押し付けて模様を描く変わった技法のものです。
花びらの部分をよく見ると、その技法の様子が伺えます。

これもお店に入って来た読谷の器。
読谷は柄行きが大胆で同じものは2つとないのが魅力。
それで片口と来たら、手に入れずにはいられません。

そして、これはほうじ茶を煎れる時に使っている急須代わりのもの。
フチが欠けてしまっているのは、地震の時に食器棚の中で転がってしまったせい。
でも、どうしても捨てられず使い続けています。

実はつい先日もガラスの片口を見つけ、購入しようかどうしようかと思案中。
ちょっと高価なモノだったので即決できなかったのですが、
そのガラス器の口元(?)を思い浮かべると、やっぱり欲しいな…
と思ってしまう今日この頃です。


PAGETOP