Recommend

2019.07.12 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ趣味

カレーのための器

ジメジメした日が続きますね…

梅雨が明ければ本格的な夏到来!!
夏に食べたくなるものと言えば
冷たいものを想像しがちですが
暑いからこそカレーを食べて暑い夏を乗り切りましょう!
ということで…カレーにぴったりな器をご紹介。

まず、三重県で作陶されている濱口公佑さんの器。

今回の「カレーのための器展」で初めてお取り扱いさせていただく作家さんです。
カレーにぴったりなオーバル型に鮮やかな色合いが素敵な器。
薄くて軽いのも普段使いにぴったりでおすすめポイント!

次に、新潟の燕市で作られているステンレスのカレー皿。
カレーのためだけに作られた器は、ステンレスの表面を
ダメージ加工した上に、更に黒染めすることで使い古した風合いを出しています。

レトロな喫茶店で使われていそうなカレー皿で
ノスタルジックな食卓を演出してみては??
同じ加工が施されたスプーンもありますよ。

次に、お店のポスターでカレーを盛り付けている
縁のフリルが素敵な波佐見焼の器。

器全体はシンプルなホワイトとグレーなので、カレーが映えます。
大きめの8寸皿なので、カレー以外にもパスタやワンプレートなど
いろいろ使えるのも嬉しいポイント。

▼フリル8寸皿の詳細はコチラ

最後に、岐阜県土岐市で作られている美濃焼の器。

三彩という多色の釉薬をかけ分ける技法を使った大皿は
中央部分にカレーを盛り付ければ、縁まわりの模様がお料理を引き立ててくれます。
1点1点、釉薬の流れ方やかすれ具合が異なるので
お好きな柄を選ぶのも楽しいかもしれませんね。

▼正陶苑 三彩流し大皿の詳細はコチラ

暑くなるとお料理をするのが億劫になってしまいますが
カレーだと簡単なので暑い夏も乗り切れちゃいますね。

※「カレーのための器展」は店舗によって開催時期が異なります。

▼カレーと器、さらに詳しく!


PAGETOP