Recommend

2019.10.22 11:00 category:Antique家具趣味

北欧デンマークのソーイングテーブルたち

ようやく日中の暑さが落ち着き
朝晩は寒さを感じるようになってきました。

スズムシやコオロギなど秋に鳴く虫たちの
演奏会があちこちで聞こえてきます。

今回は数あるデンマークのアンティーク家具から
ソーイングテーブルたちを、なかでも特徴ある
個性的なものをいくつかご紹介します。

ダブルデイにある、ミッドセンチュリー期の
デンマーク家具は、デザインのみならず仕掛けが面白く
なかでもソーイングテーブルはとてもユニークで
ほとんどが一点ものばかり。

まずはこちら。
お裁縫(ソーイング)をするためのテーブル。
縫い針やハサミ、糸や生地などを収納するため
引き出しの中は細かく仕切られているのが特徴です。

次に、ソーイングワゴン。
天板がテーブル並みに大きいので
テーブルとしても使うことができます。

中に仕切り棚があったようなのですが、、、
…それもアンティークならではですね。

最後にこちら。
天板が左右にスライドするのも珍しいですが
収納部分がプラスチック素材なのもまた面白い。
プラスチックなのでとても軽く
女性や子供でも、簡単に持ち運ぶことができます。

そもそもは、お裁縫用のテーブルとして作られていますが
お化粧品や腕時計、お子様のお絵かき道具なども
収納できるので、多種多様です。

アンティーク家具にある面白い仕掛け、
ぜひ探してみてください。


PAGETOP