Recommend

2019.12.24 11:00 category:Antiqueその他家具

ERCOL ドロップリーフテーブル

今年も残すところ、あと一週間。

暖冬と言われていますが
いよいよ冬本番……やっぱり寒いです。

あたたかいお部屋でビール片手に
お鍋をつつきたくなりますね。

2019年、最後のアンティーク家具の
ご紹介は、ERCOLのドロップリーフテーブルです。

ダブルデイではお馴染みのブランド「ERCOL」。
「曲げ木」の技術によって作られた、
チェアが有名なのは言わずもがな、
テーブルも合わせてとても人気があります。

数あるERCOLのテーブルの中でも
入荷するたび、予約殺到するドロップリーフテーブル。

1960年代後半から1980年代初めにかけて
多く造られ販売されてきました。

日本の住居スペースにも合わせやすいサイズ感と
シンプルなデザインに備わった無駄のない
機能性が人気たる所以です。

片側を上げて壁面に寄せれば
3~4人用のカフェテーブルに。

両側を上げて部屋の真ん中に置けば、
4~6人用のダイニングテーブルになります。

ドロップリーフテーブルはさまざまなシーンで
多用途に合わせることができ、
繊細な見た目ながら、丈夫な構造です。

ぜひ、ご自宅のお部屋にいかがでしょうか。


PAGETOP