Recommend

2021.02.09 11:00 category:バイヤー裏話ファッション季節の愉しみ

着心地の良い服をまとう~SETTO~

日によって
春の陽気を感じる季節になってきました。
いつもよりお出かけは減っているとは言え、
新しい洋服も欲しくなる気分。

お出かけ回数が少なくなっている
今だからこそ
着心地の良いもの
永く使えるものを
身に纏いたいです。

今回はダブルデイでも定番人気、
「SETTO」の新作をご紹介します。

「SETTO」は国内外ブランドへの
素材提供で知られる
岡山県・児島のテキスタイルメーカー
株式会社コレクト(現・株式会社ジャパンブルー)より、
2014年にカジュアルウェアブランドとして
誕生しました。

素材の開発からがデザインと捉え、
テキスタイルの企画・販売で得たノウハウをもとに
糸・生地・色・形にこだわった商品を
「SETTO」というブランドを通じて、
瀬戸内海の町から提案しています。

服を永く付き合うパートナーと考え、
生活することを軽く見ない、
そこにこそ驚きや発見の喜び、
楽しさを見つけようとする姿勢を貫きたい。

本質を重んじ、ひとつの妥協も無く、
ただ実直にものづくりを続けています。

最初にご紹介するのは、
「SETTO」と言えばデニムの
次に人気のアイテム「MIDJK」。

シーズンによって素材や色を変えて
展開しているのですが、
今回は綿麻キャンバス素材を使用したジャケット。

キャンバス素材と聞くと
ガシッとしたイメージが湧きますが、
実際はソフトな質感で着心地も良く
素材に麻が入っていることでより風合いが出ます。

着れば着るほどなじみ、
デザイン自体身幅もゆったりしているため
今の時期はニットやインナーダウンを合わせることで
長いシーズンご使用いただけます。

次にご紹介するのは今年の新アイテム、
クレンゼ加工という抗ウイルス加工を
素材に施したダブルガーゼシャツです。

ガーゼ素材のため、
肌に優しい質感で
夏場でも着用できるアイテム。

Vネックの首元のデザインが特徴で、
インナー次第でも色々な表情を楽しんでいただけます。

いつもお洋服のみの展開ですが、
今季はSETTOオリジナルファブリックを使用した
コットンスウェードキャンバスのショルダーバッグも登場。

こちらは構想より約5年と
素材にこだわりぬいたアイテムです。

ベーシックな帆布に変化を持たせるべく
今回の素材が登場。

そもそも帆布は規格があり、
通常は設定通りに織られています。
その上でSETTOは基本的な
企画は変えることなく
表情に変化を持たせることに成功。

使いやすい10号帆布を基に、
経糸には10番双糸、
緯糸には意匠糸とも言える、
ループしている4.5番の糸を
紡績工場と開発し打ち込むことで、
類を見ないSETTOオリジナルの
スウェード調帆布が完成。

デザインはシンプルで持ちやすいかたち。
内ポケットもついているため、
機能性もばっちりです。

その他にもストライプのスカートや
シャツ見えカットソーなど新作が続々登場。

現在ノベルティプレゼント企画も実施中です。
※無くなり次第終了です。一部店舗では実施しておりません。

このノベルティのハンカチは
ダブルデイのために
特別にご用意いただきました。
SETTOのシャツ生産時に出る
生地の残布を使用している
サスティナブルなノベルティ。

柄が可愛いので
デニムの後ろポケットに入れたり、
バンダナ感覚で使用したりと
素敵なアイテムです。

シンプルでベーシックなアイテムだからこそ、
素材にこだわっているSETTO。

お家時間が増えている今でも
着やすいものがたくさんございます。

着心地のよいもの、
永く使えるものを見つけてみられてはいかがですか。


PAGETOP