Recommend

2021.06.11 11:00 category:お料理季節の愉しみ趣味

“涼”を感じる食卓に

梅雨の不安定な天気が続きますが、
晴れの日は真夏のような日差しですね。

八百屋さんには夏野菜も出回り、
いよいよ夏が近づいているのを感じます。

これからの季節の食卓を少しでも
涼しく、美味しく、楽しめるアイテムを
ご紹介します。                                                      

https://doubleday.jp/img/topic/649.609c76db20ec1.large_picture_name.jpg

“涼”といえばの、ガラスの器。
津軽びいどろの器やグラス、酒器など、
どれも少しぽってりと安定感があり、
綺麗な色目が特徴です。

https://www.onlineshop.doubleday.jp/d_images/goodspage-banner/d53-0830-a/4.jpg?releaseVer=1.4

光に当たるととても綺麗ですね。

こちらは、長野県の吹きガラス工房 橙の
「くるみガラス」。

くるみガラスは長野県東御市特産の胡桃を使って作られています。
胡桃の殻を燃やした灰をガラスの原料と混ぜ溶かして使うと
懐かしい淡い緑色に発色します。

手仕事のぬくもりを感じ、和食器との相性もとても良いです。

波佐見焼の長十郎窯の5寸皿、飯碗。
フリーカップもあります。

どれも、民芸の手法を取り入れた、職人さんの手仕事の器です。
陶器と磁器の土を混ぜているので、
あたたかみがありながら、薄くて丈夫。

お酒のおつまみや、〆のご飯にぴったりです。

こちらは、美濃焼の窯元のボウルとビアカップ。
表情のある釉薬が特徴で、
取り鉢にも飯碗にも使えます。

自宅での日々の食卓でお使いいただける、
使い勝手の良いものを揃えました。

やはり、ひとつ布ものがあると、それだけで雰囲気が変わります。

リネン素材なので、涼しげな生地感で
夏にぴったりのテーブルクロス.。
(テーブルセンターもあります)

毎日の食卓を少し変えるアイテムを取り入れ、
ぜひ楽しい夏の食事時間をお過ごし下さい。


PAGETOP