Recommend

2021.11.09 11:00 category:ファッション季節の愉しみ

今年のダブルデイおすすめアウター Vol.2

前回に続きダブルデイおすすめアウターをご紹介します。
以前ご紹介した際にも登場した
バイヤーPush Brand「lelill」の
ウールシルクスタンドリバコート。

「lelill」のコンセプトは
『道具服』猛暑や豪雨、
今なお変化を増していく
日本の気候に寄り添う機能性と

その日の気分に正直に寄り添える
着心地よさが同居した、
まるで毎日使う道具の様に体に馴染む日常着。

着心地の良い天然素材、
時と共に変化を楽しむデニム、
そしてどんな天候でも快適さを失わない高機能素材。

この3つを軸に着心地良く快適で、
ちょっと気持ちを高揚させる
そんなベーシックウェアを提案しています。

前回ご紹介したコートはナイロン素材の機能性アウターでした。
今回はウールシルクを原料に織り上げて
贅沢な素材を使用したロングコートです。

おすすめポイントとしてはリバーシブルで着用でき、
表側はラグランスリーブなのに、裏面はセットインスリーブと
こちらのコート1枚で2つのシルエットを楽しめて
コーディネートの幅が広がります。
長年愛用間違いなしのアイテムです。

また素材は厚みがあるのにも関わらず、
しなやかで軽い着心地も魅力な一着。
シーン問わずご使用いただけます。

次にご紹介するのは「LE GLAZIK」のリバーシブルコート。
「LE GLAZIK」は1928年に
フランス・ブルターニュ地方の港町カンペールで誕生した
マリンウェアブランド。

“le glazik / ルグラジック” Glazikは
ブルトン語で「リトルブルー」を意味します。

港町で、麻や綿のキャンバス地で
作業服を作るところからはじまり、
さらにウールを取り入れ、衣類の範囲を広げていきました。

現在では、老舗マリンウェアブランドとして 男女問わず、
季節ごとのコレクションを展開しており、
海を中心とした独自のアイデンティティと高い品質で愛され続けています。

こちらのコートは毎シーズン人気シリーズで
今年もご好評いただいています。

ふんわりと滑らかな肌触りが魅力で、
軽やかなウールナイロン混素材を
モッサで仕上げた生地を使用しており、
ウールの風合い豊かな仕上がりながら
軽量な着心地となっています。

リバーシブルで着用でき、
その日のコーディネートに応じてイメージを変えられるため
一石二鳥の素晴らしいアイテム。
ノーカラーのデザインで飽きが来ず、長く愛用いただけます。

次にご紹介するのは「LONDON Tradition」ポンチョコートです。

とにかく見た目が可愛いデザイン。
ダブルデイではピスタチオカラーを展開。
一見派手な色に思いがちですが、
実際は上品に一枚でサマになるアイテムです。

滑らかなタッチと上品な艶を湛えた
上質感漂うメルトン素材を使用しており
どんなボトムにも合わせやすいよう
シルエットはコンパクトに仕上がっております。

今年ですと、人気のアームウォーマーや
ロングブーツを合わせてスタイリングするのもおすすめです。

最後にご紹介するのは
ダッフルの形と言えばこちらのブランド「Gloverall」。

英国で1951年に創業された「Gloverall」は、
ダッフルコートのトップブランドとして
現在までその地位を守り続けてきました。
かつては英国国防省の委託を受け、
第二次世界大戦の終戦により不要品となった
英国海軍用のダッフルコートや
手袋を販売していた同社ですが、
後に自社製ダッフルコートの生産を開始。

最高クラスの素材と英国職人の技術を駆使して、
それまで防寒着としか見られていなかったダッフルを
ファッションアイテムとして昇華させ、
世界的な支持を得ることに成功しました。

設立から70年以上を経た今も、
真摯な物作りを続けている歴史あるブランドです。

ダブルデイではこちらのキャメル1色のみの展開ですが、
飽きの来ない様々なコーディネートで合わせやすいお色を選びました。

始めはガシッとした固めの素材感ですが、着るたびに馴染んできます。
またその経年変化をお楽しみ頂けると長く愛用いただけるかと思います。

着ていて高揚感が上がり、愛着のわく
素敵な一枚を見つけてみてください。


PAGETOP