Recommend

2021.09.17 11:00 category:お出かけ・旅行ファッション

今年の秋冬はグレーを合わせるのが気分

今年の秋冬トレンドカラーは
イエローやグリーンをよく目にしますが
差し色コーデに欠かせないのが、
コーディネートを中和してくれるグレー系のお洋服。

皆さま、何かしらグレー系のアイテムは
お持ちかと思いますが、色のトーンや素材が違うと
同じグレーでも全く違った印象になります。

グレーを使ったおすすめコーディネートをご紹介します。
最初にご紹介するのはダブルデイオリジナル、
「ブロックプリントワンピース」を使用し
差し色にマスタードのレザーバッグを合わせたコーディネート。

「ブロックプリントワンピース」の
ブロックプリントとは、 手彫りの木版を使って
布にインクを押していくインドの伝統工芸手法で、
幾重にもインクを重ねていくため、
その作業工程は果てしなく、
その分、機械では出せないハンドメイドならではの
優しい風合いが生み出されます。

主にインドジャイプール近郊でつくられています。

手仕事アイテムのワンピースに、
裾がラウンドした「maomade」ニットを合わせ
首元にはカシミヤストールを。
足元はロングブーツが今の気分です。

次にご紹介するのは先程と同じ
「ブロックプリントワンピース」を使用し、
上にESTOROISLOSEの裏毛ロングカーデを合わせ、
カシミヤピンクストールを差し色にしたコーデ。

ワンピースの素材は綿で、
ニットや羽織など様々なアイテムを合わせることで、
シーズンレスで着用できます。
タイツや靴下の合わせも相性抜群です。

こちらはダブルデイでも人気のブランド
「lelill/レリル」ハイテク素材を使用した
ボーダーカーディガンです。

とにかくストレッチが効いており、
ストレスフリーに着用いただけます。

おしりも隠れる丈感で、
一枚で羽織として合わせるのよし、
この上からコート着るのもよしで
一枚あるととても重宝する一枚です。

最後にご紹介するのは
「odour/オウダー」のキルティングコート。

odour =【香り】のように自然に纏う服。
気が付いたら手に取っている。
凛としてしなやか、端正でいて品のある服。

​おしゃれであるよりもセンス良く、
背伸びをするよりも背筋が伸びるような。

自然にいつも身につけてしまうような、
1枚でスタイルの完成するアイテムを
取りそろえるブランドです。

キルティングと聞くとカジュアルなイメージが多いですが、
こちらのコートは表面に程よい光沢感が有り、

裾もスッキリ見えるシルエット。
きれい目に合わせても〇。

分厚すぎないため、
来月早々には着ていただけるかもしれません。

寒くなったら中にニットを合わせて
首回りストールを合わせると
冬場でも活躍いただけます。

このように差し色コーデの際は
グレーを上手く使って
ファッションを楽しんでみてください。


2021.06.15 11:00 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズ季節の愉しみ

暑さ対策に便利な扇子

最近気温の高い日が続いていますね。

外を歩くときには暑さ対策が必要。
ということで扇子をご紹介します。

便利なだけでなく、
使うときにも気分が上がるデザインです。

コンパクトなサイズ感とレース模様が涼しい印象。

色によって柄の印象が変わる、
かわいらしいシリーズです。

こちらはリバティ柄の布を使ったシリーズ。
同じ布の袋が付いているのでバッグに入れておいても
形が崩れにくいのがうれしいですね。

ボックスに入っているのでギフトとしてもおすすめです。

そして、少し大人っぽいシックなシリーズ。

布部分と本体部分がバイカラーになっているので
シンプルでも明るいカラーがポイント。

西川庄六商店 バイカラー扇子の詳細はこちら

要部分には大ぶりなタッセルが付いているところが
全体を少しかわいい印象にしています。

最後に、刺繍がデザインポイントのこちら
毛鞠がほどけて転がっていく様が
刺繍でデザインされています。

西川庄六商店 けまり扇子の詳細はこちら

鞠部分は京組紐を使用するなど
細部にまでこだわった扇子です。

使うときに目に入りやすい扇子。
ぜひ、お好きなものを探してみてください。


2021.06.08 11:00 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズ家具趣味

シュミット・ヘルムートガーデンチェア

気温が上がり、暑く感じる日も増えてきました。
天気がいい日は、アウトドアに出かけたくなりますね。
今回は、お家でも屋外でも使用できる
ガーデンチェアのご紹介です。

◇シュミット

座面と、背もたれに少し張りがあるチェアです。

◇ヘルムート

シュミットと比較すると、沈み感があるチェアです。
天気のいい日は、近くの公園でバーベキューや、ピクニックもいいですね。

シュミットと、ヘルムートと合わせてオススメなのがこちら。

◇グランドシート

裏面は、防水加工が施されており、
さらに四隅にはハトメがついているので、
固定に便利なレジャーシートです。

◇フォールディングスツール

重量が約630グラムと軽く、
さらに持ち運び用のバッグがついているので
ピクニック以外でも、花火大会などに持っていくのも便利です。

シュミットと、ヘルムートはお家の中でも使用でき
広めのベランダであれば、
気分展開にベランダピクニックするのもおすすめです。


2021.06.01 23:00 category:お出かけ・旅行ファッション季節の愉しみ

憂鬱な雨の日に使いたくなるアイテム

今年の梅雨入りは早く、
個人的に一年で一番苦手な季節がやってきました。

そんな憂鬱な気分を変えるためにも
レインアイテムを新調しようと思う今日この頃。
おすすめのアイテムを紹介します。

最初にご紹介するのは、
新色が出たパッカブル仕様のレインブーツ。

くるくると丸めて持ち運び出来る
パッカブル仕様の本格レインブーツで、
履き口のドローコードで水の侵入を防ぎ
好みの位置に合わせることも可能な
機能性たっぷりなアイテム。

専用袋がバックタイプになり、
より持ち運びしやすくなりました。

次にご紹介するのは
「視覚・聴覚・視認性」をサポートしつつ
雨から守ってくれるバイシクルレインポンチョ。

首の動きに合わせてフードが左右に動く
特殊仕様になっていたり、
付属クリップを使用することで両サイドの
生地バタ付き防止など機能性抜群のアイテム。

付属のバッグも大きめなので、
ショルダーバッグやリュックごと収納することもできます。

また夜間走行時、車のライトに反射して
視認性向上を図る総柄リフレクトプリントも
おすすめポイントの一つ。

次はhintihintメッシュ素材の
ナイロンバッグのご紹介。
毎シーズン気軽に持ちやすい
ナイロンバッグに定評のあるhinthintバッグは、
色もカラフルで憂鬱な梅雨の時期にぴったりです。

サイズは大小2つで、しっかりとした素材で軽く、
大きい方はお買い物バッグとしてもおすすめ。
プレゼントにも喜ばれます。

最後にご紹介するのは
oddsの洗える帽子のランドリーハット。
梅雨の時期湿気で髪型が決まらない日に
帽子スタイルがおすすめです。

専用のネット袋がついており、
お家で洗えるのが何といってもおすすめポイント。

どうしてもお化粧していると
おでこに接する部分が汚れがち。
また汗をかく季節なので洗えるのは便利ですよね。

雨の日を少しでも楽しく過ごせるよう、
お気に入りのレイングッズを見つけてみては?


2021.03.23 11:00 category:お出かけ・旅行ファッション季節の愉しみ

今ある服に買い足したいもの

暖かくなってきたものの、朝晩は寒く
春物は欲しくても、
まだ何を買おうか迷う時期ですね。

今あるお洋服に
ワンアイテムプラスすることで
気分も変えられるようなアイテムを
ご紹介します。

始めにご紹介するのは
個人的にも大好きなブランド
「LUV OUR DAYS」のレースシリーズ。

2014年からスタートし、
ブランドコンセプトは《 Stir up style 》

女性の内面にあるものを掻き立てる
『 Standard/Vintage 』。

古き良き時代に作られたユニフォームをベースに、
毎日を楽しく過ごす女性のための飾らない
デイリーウエアを展開しています。

レースシリーズはシャツとエプロンの
2型を展開。

ビンテージの雰囲気に仕上げるため
膨らみを持ったウールの
トーションレースを3種類使用して
全て手作業でパッチワークしたもの。

ウールと聞いてびっくりしたのですが、
触ると柔らかく風合いのある素材感で
定番アイテムのデニムやシャツ、
カットソーなど
シンプルなアイテムにプラスすることで
普段のお洋服のイメージが変わります。

次にご紹介するのは
「ESTROISLOSE」人気シリーズのベスト。

毎シーズンミラノリブを使用した
カーディガンが好評なブランドで、
21年の春夏はベストが登場。

こちらもシンプルなTシャツに合わせるだけで
いつもと違うコーディネートに。

インナーに長袖やシャツなど
合わせ方次第で季節関係なく使用できます。

サイドにデザインポイントがあり
一枚見えするトップスで
これからの時期にも大活躍です。

最後にご紹介するのは「hinthint」のスカーフ。

毎シーズンスカーフは展開しているのですが、
シーズンによって柄が違い
個人的にも毎回楽しみなシリーズです。

首に巻くのはもちろんですが、
手首や頭に巻いてもコーディネートのポイントに。
アクセサリー感覚で使えます。

本格的に暖かくなるまではもう少しかかりそうですが、
今回ご紹介したプラスワンアイテムを使用して
気分を高めていきましょう。


2020.12.25 11:00 category:お出かけ・旅行ファッション季節の愉しみ

本格的な冬に備えて・・・

12月に入り急に寒くなりましたね。
11月後半はあんなに暖かかったのに・・・。


何を着ていいか分からない内に急に寒くなり
慌てて防寒アイテムを引っ張り出してきました。

そんな寒い冬におすすめのアイテムをご紹介します。

最初にご紹介するのは
ORCIVALキルトダウンジャケット。


ミリタリーライニングをモチーフにした
ノーカラーのダウンジャケットです。
表地には奥深い光沢のある色合いが絶妙な
「リモンタ社」のナイロン素材を使用。

国内の工場で独自の加工技術により
シワ感とハリ感を加え、
90/10のホワイトダックダウンを内蔵。

細部までこだわったディティールで
軽くて暖かい一枚です。
冬のホワイトコーデにもおすすめ。

次にご紹介するのは
「hands of creation」の
衿付きキルティングコート。

こちらは中綿仕様ですが、
丈感が長く胸周りは少しゆったりめで、
中に分厚いニットも合わせていただけます。

デザインのポイントにもなっている、
ボア素材の大きめ衿が特徴。
ボア部分取り外し可能なため、
コーディネートの幅が広がります。
中にパーカーを合わせても可愛いです。

次にご紹介するのは
お家時間が多くなっている今、
活躍間違いなしのアイテム、
「FALKE」ルームソックス。

上質なメリノウールで仕立てられた
ルームソックス“COSYSHOE”。
内側には温かみののあるパイル生地を使用し
足元を優しく包んでくれます。

足底はシリコンの滑り止め付きで、
歩きやすさにもこだわっています。
暖かいだけでなく機能性にも優れた靴下。
ギフトにもおすすめです。

外でもお家でも防寒必須な今日この頃。

今年の年末年始は
お家で過ごされる方も多いかと思いますが、
巣ごもり前に食材の買い出などで外出される際には、
あったかアウターに、帽子、
マフラーと冬ならではのアイテムを取り入れて
寒いながらもおしゃれを楽しんでみてはいかがですか?


2020.12.04 11:00 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ趣味

なかなか会えない大切な方へ、クリスマスの贈り物

毎年楽しいお出かけや、
みんなでパーティーなど
イベントが盛りだくさんの時期。

今年はコロナでそのようなイベントが
できなくなり、寂しい冬の予感がします。

私はそんな中でも楽しく過ごせるよう、
クリスマスプレゼントを
大切な方へ送って
リモートクリスマスパーティーを
やってみようと思っています。

個人的におすすめのギフトを
いくつかご紹介します。

最初にご紹介するのは
「Dono/ドーノ」三つ折り財布。

上質なイタリアンレザー
“セルバッジョ”を使用した
コンパクトなお財布で、
お札・小銭・カードと
小さいながらも機能的な
ミニ財布。
洋服のポケットにも入るサイズ感。

これ一つでお出かけでき
私も普段愛用しております。

使い込むと艶が出てきて、
革も柔らかくなり
どんどん風合いが出てきます。

使っていて変化していくので
持っていても楽しいアイテムです。

《上/NEW 下/半年使用》

次にご紹介するのは
「hinthint/ヒントヒント」モヘアニット手袋。

「カテゴリーにとらわれず、
自由に、楽しく、気ままに 
ちょっとしたヒラメキやキラメキはココに」

というコンセプトで
キャッチーな小物を中心に
展開しているブランド。

ダブルデイでは3色展開ですが、
その中でも個人的には
パープルがおすすめ。

アウターを着る時期になると、
全体的に暗くなってしまいがちなので
このようなパープルを差し色に入れていただくと
コーディネートのポイントになります。

こちらは同じブランドのトートバッグ。
merciと刺繍で書かれたロゴがポイントで、
裏返しにするとチェック柄のバッグになり
お洋服やその日の気分によって変えて頂けます。

次にご紹介するのは
「MANTAS EZCARAY/マンタス エスカライ」の
モヘアマフラー。

1930年、CECILIO VALGANON氏によって
創業したスペインのテキスタイル会社
HIJOS DE CECILIO社の老舗ブランド。
高級繊維モヘヤやウールなど、
天然繊維を使用した高品質のテキスタイルは
世界でもトップクラスとされ、
ハイブランド製品にも使われています。

製品になるまでの全てのプロセスを
職人的な技巧で手掛け、
独自の技術で、他にはない
鮮やかな発色を実現させています。

最後にご紹介するのは、
お家時間が増えているコロナ禍におすすめの
ルームソックス「働く足にやさしい靴下」。

特許技術の特殊クッションを使用しており、
奈良県の靴下職人が作り上げています。

足裏部分に特許技術を使った
特殊クッションが仕込まれていて、
足の負担を軽減させてくれます。

私はお家以外で出張など
たくさん歩く時にも使用しているのですが、
最初の履いた瞬間は不思議な感覚でしたが
一日歩き回った後の、
足の疲れ具合が全く違い
びっくりしたくらいです。

幅広い方にご使用いただけるので
贈り物にもぴったりです。

またここからは少し話はそれますが、
皆さま贈り物をする際
ラッピングはどのようにしていますか?

私は自分でラッピングをするのが好きで
贈り物をする際は、
余程大きいものでない限り
自分でアレンジします。

身近にあるもので簡単にできますので
2パターンご紹介します。

2パターン共に出てくる英字新聞と
麻ひもは大体家にストックしています。
英字新聞はコンビニで、
麻ひもは100円均一で簡単に手に入ります。

~フレグランスやワインなど縦に長いアイテムのラッピング例~

柄のハンカチで
包装紙を巻くように包み、
その上から英字新聞をカットし
麻ひもで巻きました。
最後にクリスマスを意識した
ドライを差してみました。

~ストール+アロマスプレーなど異素材のラッピング例~

こちらは最初に新聞で巻いてから、
お家にあった布の端切れを割き
上に巻いてから同じ麻ひもを今度は
一色で巻いてみました。

最後にお気に入りのポストカードを付けて完成。

ポイントは英字新聞を巻く前に
必ずわざとクシャクシャにしてあげると、
雰囲気が出ます。

贈り物を渡す相手のことを
思い浮かべながら、
プレゼントを選んだり
自分でラッピングしたり
それだけでもワクワクします。

なかなかお出かけしづらい今年こそ、
特別なギフトを選んでみてください。


2020.10.30 11:00 category:DAY's事典お出かけ・旅行キッチンバイヤー裏話季節の愉しみ

信楽 古谷製陶所・巌陶房 訪問記

10月中旬、信楽を訪問し、
作家さん・窯元さんと今後の打合せをしてきました。

滋賀県甲賀市の「信楽」は、
京都から電車と車で45分ほどの、
日本六古窯の1つである信楽焼の産地です。

山に囲まれ自然豊かで、空気も美味しく、
秋晴れのとても良い日でした。

まずは、古谷浩一さんの工房
“古谷製陶所”を訪れました。

こちらは、職人さん10名ほどのとても大きい工房です。

工房を拝見させていただき、
今後の導入商品の候補をピックアップ。

新しい形や色みにどんどんチャレンジされていて、
これからの展開がとても楽しみです。

ダブルデイのお客様にはどれがふさわしいかな、
どんな風にお披露目しようかな、と
色々考えています。

全て手仕事で、素材の良さを残しながら、
2回窯で焼くのでとても丈夫というのがポイントです。
アイテムによって、職人さんが作るもの、
古谷浩一さんにしか作れないものがあるそうです。

素敵なショールームも併設されており、
私が行った時もお客様がいらっしゃいました。

いくつかの打合せの後、
最後に訪問したのが“巌陶房”さんの工房です。

ちょうど、ダブルデイ用の商品が
窯から出てきたところでした。
11月開催、芦屋モンテメール店の展示用・
全店の迎春提案用の器たちです。

その時、ピン、ピン、ピン、ピン、ピン、ピン!と、
楽器のような小さな鐘のような
無数の音が工房中に響いていました。

これは、窯から出た器が収縮する時に
素地と釉薬の収縮の違いにより
貫入(ヒビ)が入るのですが、
その貫入が出来る時の音だそうです。

とても綺麗な音で、不思議と癒され、
びっくりしました。

巌陶房さんは、信楽の山間の工房で
お父様の紅色の釉薬を引継ぎ、
兄弟でされている窯元さん。
この秘伝の紅色が他の窯元さんでは、
できないものだそうです。

あたたかみがあり、
これからの季節におすすめな信楽焼の器たち、
たくさんの方々へお届けできればと思います。


2020.10.20 11:00 category:お出かけ・旅行バイヤー裏話ファッション季節の愉しみ

今年のアウターはちょっと違ったものが欲しい気分

日中も涼しい日が増えてきましたね。
皆さま、今年のアウターはお決まりでしょうか?

個人的に今年は
定番でシンプルなものというよりは
少しデザイン性のあるものや
素材感のあるものが欲しい気分。

定番コートは持っていて
少し気分を変えたいという方に
特におすすめのアウターをご紹介します。

最初にご紹介するのは、
チェック柄の色の組み合わせが可愛い
「john branigan(ジョンブラニガン)」のガウンコート。

とにかく色が可愛い一着。展示会で見た瞬間一目惚れでした。

john braniganはアイルランドでも有名な
糸織りの町、ドロヘダにある
上質なツイード素材を使用しており、
1989年設立のアイリッシュツイードや
ニットの老舗ファクトリーです。
風合いのある独自の編み方と、
フォークロアな雰囲気が魅力。

伝統的なアイルランドのイメージを守りながら、
色やデザインに
トレンド感を盛り込んだアイテムが
人気のブランドです。

チェック柄ですが、ガウン型なので
きれいめなワンピースと合わせても良いですし、
カジュアルにデニムと合わせても相性抜群です。

次にご紹介するのは
「bon vieux temps(ボン・ヴュー・タン)」の
チェックチェスターコート。

ツイードのチェックがシックで
ON/OFF両方に合わせやすい一着。
他では見ない生地感で
人と被りたくないという方にもおすすめ。

リバーシブルではないですが
裏の柄も可愛いので
袖を折り返して柄を見せても素敵です。

次にご紹介するのは
「LONDON TRADITION(ロンドントラディショナル)」の
変形ダッフルコート。

ダッフル好きで、
定番の形は持っているけど
という方には本当におすすめです。
今年また再燃してきたロングブーツとの合わせも◎。

LONDON TRADITIONは、
老舗衣料品メーカー出身のロブ・ハドソン氏と
マームン・チョードリー氏によって2000年に設立。

ロンドン郊外に工場を持ち、
熟練の職人たちと共に英国ブランドらしく
「Made in England」にこだわる
世界最高峰のファクトリーブランドです。

ベーシックでありながら
モダンで洗練されたシルエットの
ダッフルコートなど
イギリスの伝統的な製品を生産。

クオリティ、デザイン性、
着心地の良さで
世界中から高い評価を得ています。

最後にご紹介するのは
度々好きなブランドの一つとしてご紹介する
「LUVOURDAYS(ラブアワーデイズ)」の
ガウンジャケット。
こちらも展示会で見た瞬間一目ぼれ。

オリジナルで作られたブランケットを
リラックス感あるガウン型に。
ベルトは取り外した際にベルトループに
収納できる仕様になっており
細部までこだわった一着。

とても軽く暖かいので、
インナー次第で着る期間も長く
この秋冬活躍しそうです。

最近コーディネートがマンネリ気味、
という方には特におすすめです。

ぜひ、お気に入りの一着を見つけてみてくださいね。


2020.09.29 11:00 category:お出かけ・旅行バイヤー裏話ファッション季節の愉しみ趣味

秋のワンマイルウエア

だいぶ涼しくなりましたが
昨年までのように気軽にお出かけは
躊躇してしまう今日この頃。

とはいえ、新しい洋服を着て
気分を変えたくなりますよね。
お家でも外でも、気軽に取り入れやすい
ワンマイルウエアをご紹介します。

「ワンマイルウエア」とは
「家から1マイル(約1.6キロ)ぐらいの範囲で着る服。
ホームウエアとタウンウエアとの中間的な服のこと。」
を意味します。

ダブルデイでは4年程前から、
リラックスウエアと題して、
“お家で着れて外でも着れる”をキーワードに
程よく力を抜いてリラックスして着用できる
着心地の良い服を提案しています。

今年の秋冬はナチュラルカラーをベースに
差し色でマスタードをテーマカラーとして
構成しました。

はじめにご紹介するのは毎回人気のベスト。
毎シーズンデザインは少しずつ変わるのですが
入荷のたびにすぐ完売するダブルデイでも人気のアイテム。

朝晩は涼しく、日中は暑い日もあるので、洋服選びが難しい時期。
ベストであればシャツの上やカットソーの上に合わせ、
上に羽織も着やすいため、
お家ではトップス+ベストのコーディネート、
外ではこの上に羽織を着て重ね着を楽しんでいただけます。

次にご紹介するのは切り替えのデザインが可愛いワンピース。
ダブルデイオリジナルカラーで作ってもらいました。

衿元の切り替えがポイントで、一枚で様になるアイテム。
素材も柔らかく着心地が良いです。

お出かけの際ファー小物や、タイツの合わせで秋の装いにもぴったり。
同シリーズでトップスもございます。

こちらは、ぷくぷくとした素材の表情がおもしろいシャツ。
うっすらチェック柄でこちらも一枚で様になるアイテムです。

洗濯してもシワを気にせず着られるので、
お家でも外でも着ていただきやすい一枚。
同じブランドのカーディガンと合わせるのもおすすめです。

最後にご紹介するのは素材がミックスされていて、
どの巻き方でも様になるストール。

お家の中では肩にかけてショール風に、
お出かけの際は写真のように
無造作に巻くだけでコーディネートのポイントに。

お出かけの回数が少なくなった方も、
ワンマイルウエアでおしゃれを楽しんでみてはいかがですか?


 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 14 15 16 »
PAGETOP