Recommend

2014.08.26 11:30 category:Antiqueお出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

アンティーク買付-England2014.06

ベルギーでのタイトな買付を終え
すぐにイギリスへ移動。(ベルギー編はコチラから)

前回はユーロタスでベルギーとイギリス間を移動したのですが、
今回は、LCCのライアンエアーで移動。

空港から電車で1時間30分。
いつものアンティークディーラーの
ウエアハウスにそのまま移動。
ちょうど、ディーラーがアンティークフェアで買付した商品が
届いていました。

イギリスでは今回、アンティーク雑貨を大量に購入しました。
1950年代の雑誌広告・工具類・小物入れ、などなど。

そして今回の買い付けの一押しは
比較的古い年代に作られた“チャーチチェア”です。
座面が低く、背もたれが長め。
見た目の可愛さだけでなく、座り心地もお勧めです。

買付と夕食を終え、ホテルに帰ってきましたが
ベルギーでもイギリスでも、
夜9:00になっても、まだこの明るさ。
夏前後に出張にくると
体内時計がやっぱり狂ってしまいます・・・。


2014.08.15 11:30 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

有田訪問記Ⅱ~MADE OF PAPER~

5月のDAY’Sで有田訪問記と題し
ダブルデイオリジナルの紙製収納企画のお話をしておりました。

今回はその完結編として、続報をお届けいたします。
(第一弾はコチラから)

「焼き物」ではなく「紙もの」を作りに有田へ行ってきた訳ですが、
試行錯誤の末に『MADE OF PAPERシリーズ』が完成しました。

全ての工程を1点1点職人さんが丁寧に仕上げてくれています。
芯材には丈夫でECOなリサイクル素材の硬質紙を使うこだわり。
本当にしっかりしているので、スタッキングして使うことで
ちょっとした衣装収納家具としても使えます。

日常生活で雑誌や書類などを収納しておくときに
「シンプルだけど上質感があって長く使いたいと思える
ような収納が欲しい」と企画を進めた訳ですが、
製品が実際に店に並びお客様へ商品としてご提供させて頂ける日が来た事に
バイヤーとしては感慨深い気持ちになります。

「製造現場で感じた『MADE IN JAPAN』 ならではの

物づくりの感動を、オリジナルの商品を通してお客様にも共感して頂ける」

なんて事を想像しながら完成した商品『MADE OF PAPER シリーズ』
使って頂いた方に満足して頂ければいいな~と思う、今日この頃でした。

『MADE OF PAPERシリーズ』絶賛販売中です! ぜひ、お店でお手に取ってみて下さい。


2014.07.16 11:00 category:Antiqueお出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

アンティーク買付-Belgium2014.06

イギリスからスタートしてベルギーに移動した前回と違い、
今回はベルギーからスタート。
乗り継ぎ時間を入れて、14時間以上のフライトは
毎回疲れます。

ブリュッセルから電車とタクシーで
さらに2時間の移動。
この時期のヨーロッパは、20:00でもこの明るさ、
早くも体内時計が狂い始めます。

今回も早朝スタートで、20:00までみっちり買付。
写真のような場所を3日間、合計4か所回ります。
8月上旬から中旬には、アンティークヤード西宮店、箕面店
宝塚店を中心に、買付商品が並ぶ予定です。

下の画像は他のバイヤーに先に購入されてしまっていた
古い「WECK」のキャニスター。
買付できなくてとても残念だけど、
こういった運やタイミングに左右されるのが、
アンティーク買い付けの醍醐味です。


2014.07.09 11:00 category:お出かけ・旅行その他

K-MART

先日アメリカの生活雑貨店、K-Martに行ってきました。

食料品から衣料品、玩具、インテリア雑貨まで幅広い品揃えで、
大きな通路や大きなショッピングカートは“ザ・アメリカ”のイメージにぴったり。

私が特に惹かれた売り場は、
工具やアウトドア用品などの日本でいうホームセンター的な売場です。

まず気になったのが、ペットフードのような袋がずらっと陳列された棚。

 

実はこれ、BBQ用の燃料。
BBQが日常茶飯事のお国柄ならではの商品です。

パッケージデザインに惹かれつつも、購入するには大きすぎるし重いし。。
もちろん断念。

次に目を惹かれたのは、ずらっと陳列された工具箱達。

これなら持って帰れる?と思うも、
工具箱が複数自宅にある事が頭をよぎり、断念。

未練を感じつつ、次の売り場へ足を進める事に。
そして見つけた手ごろなサイズ、重さ、
アメリカらしい手土産がSTANLEYのカッターナイフと作業用手袋でした。

無骨な素材感とアメリカMADEのブランド(STANLEY)は、
日本のホームセンターでも売ってます。はい、日本でも売っています。

でも日本で良く見かけるのは現行品のメジャー類で、
このカッターは日本では探すのは困難なはず!と思う事にして次の売り場へと進みます。

そして、家具・家電コーナーで惹かれたのが冷蔵庫!
Simple is Best! たぶん機能もシンプルなんでしょうが、
日本製にはないかっこよさが満載の冷蔵庫たちがずらりと並んでいます。
自宅に欲しい~ってもちろん持って帰れるわけもなく、
ただただ・・・眺めてきました。

結局、広い店内を隅々まで物色し購入したのは
子供用のサンダルと、牛乳、そしてカッターナイフと手袋のみ。
まぁこんなもんでしょう~。

他にもどこに置く?というような巨大子供プールや
激安のアメリカ製扇風機など、アメリカらしさを感じる売り場を楽しみました。

海外の量販店やホームセンターへ行くといつも思う事が、
「自宅の近くにあれば色々買うのになぁ~」
なんですが、きっと本当に自宅の近くにできれば、
「いつでも買えるし」「誰でも持ってるし」となり、結局買わないんだろうなぁ・・・。


2014.05.16 11:00 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

有田出張記

先日、有田焼きで有名な国内屈指の焼き物の里「有田」を訪問してきました。

福岡県の博多駅から電車に揺られること約2時間、
車窓からののどかな風景を満喫したころに、小さな駅に到着。

駅の手すりが陶器でできており、さすが焼き物の里といった雰囲気です。 

それではいざ窯元へ! といきたかったところですが、
実は今回有田を訪れた目的は「焼き物」ではなく「紙もの」が目的です。 
ダブルデイオリジナルの紙製の収納製品を作るために製造メーカーを訪ねる旅が、
今回の有田出張なのでした。

何故に有田で紙製品?と私も初めは疑問でしたが、訪問先の製造ラインを見て納得。

実はこれ、焼き物を納品する際に割れないように梱包する紙箱達です。
この箱作りのノウハウを活かしてインテリア性の高い良質な紙製の収納製品が作れるというわけです。

ん~楽しみです! 
物作りの現場が見れて、そこで作りたい物が作れる。
バイヤーの一番の楽しみと言っても過言ではないと思います。

今回製作中の製品はまだサンプル段階のため、
お披露目できる写真はありませんが、秋からダブルデイで販売予定です。
また別の機会にご紹介したいと思います。


2014.04.23 11:58 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

アンティーク買い付け出張 ~ ベルギー ~

ベルギーにアンティーク買い付け出張の際、
アンティークディーラーの都合で出発が遅くなったので
朝7:00にブリュッセルの町並みを散策。
目的地はアンティーク蚤の市。

どこを切り取っても絵になる町並み。

しばらくすると、リノベーションアイテムの専門店に遭遇。
早朝すぎてまだ営業していないので、ウインドウ越しに撮影。
この店は様々な商品がそろっていて、端から端までじっくり見てると時間を忘れるぐらい。
子供向けの家具も品揃え豊富。

置き去りにされている自転車のベルがすごく可愛く、思わず撮影。

ガイドブック片手に1時間くらいかけて歩き、
目的の蚤の市会場に到着。

しかし、残念ながら雨のせいでほとんどの露店がまばらで、
魅力ある商品は見つからず。
雨の中、成果は無し。
ざっと見て回った後、同じ時間かけてホテルに帰りました。


 « 1 2 3 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
PAGETOP