Recommend

2019.03.29 11:00 category:お出かけ・旅行キッチンダブルデイグッズ季節の愉しみ

ピクニックアイテム、いろいろ。

すっかり春の陽気ですね。
お花見やピクニックを
計画されてる方も多いのでは?

前回のDAY’sで、ピクニックにおすすめの
お弁当箱をご紹介したので
今回は、水筒など合わせて
持ちたいアイテムをご紹介。

まず最初は、タブルデイでは
昨年の春から展開している
『トラベルタンブラー』。

こだわりを持ちながらも
柔軟なライフスタイルをおくる人に向けて
作られたタンブラー。

真空二重構造により優れた
保温保冷効果を発揮し、
シングルオリジンのコーヒーやティー、
ミネラルウォーターなど、ドリンク本来の風味を
長く愉しむことができます。

飲み物が勢いよく出ることを防ぐ構造で、
最後までストレスなく飲みほすことができます。

私も昨年から使っている
おすすめのタンブラーです。

次にご紹介するのは
『デイオフタンブラー』。

こちらはリラックスしながらも、
自由でアクティブに休日を過ごしたい人に向けて
企画されたタンブラー。

真空二重構造により、
ドリンクの温度や風味を
長くキープしてくれます。

握りやすい丸みのあるハンドルによって
持ち運びがしやすく、散歩や遠出に
持ちたくなるデザインです。

小さなお子様やご年配の方は、
タンブラータイプはあんまり・・・という方には
コップで飲むタイプの水筒『ヘリオス エレガンス』。

ドイツ製のガラスの魔法瓶で
保温効力は、目安として約45℃以上なら24時間、
約60℃以上なら10時間キープしてくれる
頼れる性能。

オシャレな色味もおすすめポイントです。

最後にご紹介するのは『HINZA BAG』。
1950年代のスウェーデンで、
主にショッピングバッグとして
使われていたプラスチックバッグです。

レジ袋の普及に伴い、60年代半ばには
生産を終了していましたが、
2008年に復刻されました。

お部屋の収納としてはもちろん、
水洗いができるのでピクニックや
ビーチのお供にぴったりです。

◆HELIOS エレガンス (500ml)の紹介はこちら

お弁当箱と揃えてお出かけしてみては?


2019.03.26 11:00 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズファッション

今年のストール ~made in India~

3月も後半に差し掛かり、
街中では桜のつぼみが膨らみはじめてきました。
桜満開が楽しみな今日この頃です。

今回は、インドで作られたストールのご紹介です。

それでは、さっそく。

不揃いなドットモチーフは、
手仕事の風合いが出ていて
シックなお洋服にさっと掛けても、
しっかり存在感がでます。

こちらのストールは、二か所にフリンジが付いていて
画像のように、肩を覆うように掛けると
フリンジが目立ち、シンプルなワンピースコーデが
一気にオシャレに。

このように、シンプルに肩掛けするのもおすすめです。
スクエア型のストールは、
程よいバランス感で使いやすいアイテムです。

こちらは、青の発色がきれいなストール。
肌触りもさらっとしていて、一枚あると便利です。

フラットシューズと同色に揃えた
コーディネートもおすすめです。

デニムや、白のパンツをボトムに合わせてもGOOD。

先月、インド出張に行った時に、
このストールを生産したメーカーを訪れ、
2020年春のストールの企画をしてきました。

そこのメーカーの方が、素敵なインド衣装を
着ていらっしゃったので、
一緒に写真を撮らせてもらいました。

ワンピースにパンツ・ストールと、
全て異なった柄でありながら
色のトーンを揃えている事で、
全体的にまとまっています。
なんと素敵な!!

ちなみに、私が着ているクリーム色の
ワンピースとパンツは
2018年2月のインド出張で企画した
DOUBLEDAYのオリジナルウエアで、
お店にも並びはじめていています。

クリーム色以外にも、
ブルー・ブラックをご用意しています。

今回ご紹介した、ストールとの相性もバッチリです。
『made in India』の通気性が良く、
着心地の良いお洋服とストールで、
快適に夏のおしゃれを楽しんで下さい。

次回こそ、インドの街並みをご紹介したいと思います。
お楽しみに。


2019.03.05 11:00 category:お出かけ・旅行お料理キッチンダブルデイグッズ季節の愉しみ

お弁当箱、いろいろ。

日中はポカポカ陽気な日も多くなってきました。
春もすぐそこまで♪

暖かくなってくるとお外でのランチや
ピクニックを計画される方も多いのでは??
そんな時にピッタリなお弁当箱をいくつかご紹介。

まずは毎年人気の木製のお弁当。

こちらは木をくり抜いて作られた
ころんとしたフォルムが可愛らしいお弁当。

木製のお弁当箱はお手入れが…と
思われている方も多いようですが、
こちらのお弁当箱はウレタン塗装がされているので
無塗装のお弁当箱に比べると使いやすく、
洗ったあとも風通しの良いところで乾かすだけ。

何よりもおかずを詰めると、普段のお弁当が
格段に美味しそうに見えるのは良くないですか??笑

↓木製のお弁当箱の詳細はこちら↓
・小判弁当(白木/スリ漆)
・柳杉 小判入子弁当箱 (ナチュラル/スリ漆)
・杢 小判弁当箱 (小/大)

それでも木製のお弁当箱は…という方にはこちら。

蓋部分は天然木・本体は
ステンレスでできたお弁当箱です。

蓋部分は木製なので、曲げわっぱのお弁当箱と同様
ご飯の水分をほどよく保ってくれます。

また、本体はステンレスなので、
丈夫でお手入れしやすく、長く使えるのが嬉しいポイント。
良いとこ取りのお弁当箱です。

最後に紹介したいお弁当がこちら…
「GEL-COOL(ジェルクール)」です。

GEL-COOLのお弁当は
蓋の内側部分が保冷剤と一体化した優れもの。

保冷剤が破れてしまったり、グニャリと曲がったまま
凍ってしまって使いづらいなどのストレスを解消。

お弁当を詰める前日の夜に
蓋を冷凍庫に入れるだけでOK!!
お子様のお弁当箱にピッタリです。

↓GEL-COOLの詳細はこちら↓
・GEL-COOま (ツインズ)
・GEL-COOま (ボス)
・GEL-COOま(メス)
・GEL-COOL square SGサイズ
・GEL-COOL square Lサイズ
GEL-COOL square Sサイズ

一部店舗では、期間限定で普段取り扱いのない
カラーバリエーションでご用意しています。
カラフルなお弁当箱が揃っています。

ピクニックやお花見などお気に入りの
お弁当箱を持ってお出かけしてみては??


2019.03.01 11:00 category:お出かけ・旅行お料理バイヤー裏話

インド出張 ~インドの食べ物ご紹介~

先日、三度目のインド出張に行ってきました。

年に一度ですが、回を追うごとに
少しずつ慣れてきて、カレーも(辛くないモノ)は
食べられるようになってきました。

今回は、あえてカレー以外の
インドの食べ物をご紹介です!

まずは朝食から。

こちらの丸く膨らんだ食べものは、
バトゥラと言います。

ナンの生地を油で揚げたパンで、
豆カレーとよく合います。

次にご紹介する朝食は、パオバジです。

パオ(パーオ)がパン、
バージー(バジ)は野菜や野菜のおかずという意味で
一般にサブジとも呼ばれます。

煮込んだバジと呼ばれる野菜煮込みに、
パオと呼ばれる四角いパンを添えて食べます。

ほんのりニンニクと唐辛子が効いた
煮込みソースの味は
塩気も少なめで割とさっぱり。

ジャガイモのまろやかな口当たりと、
トマトの酸味が爽やかで、
野菜の優しい甘みが口の中一杯に広がる
庶民派料理です。

次は、お口直しの
フェンネル(ヒンディー語でソーンフ)です。

この二つを手のひらの中で混ぜて、
一気に口の中に入れます。

味は少し苦手でしたが、試した後は
カレーを食べた後とは思えないほど
口の中がスッキリしました。

最後は、デザートのご紹介。
こちらは、クルフィというアイスです。

インドのアイスクリーム、クルフィは
エバミルク(無糖の練乳)にお砂糖を加え
カルダモン、サフラン、ドライフルーツなどを入れて作ります。

通常、アイスクリームは
マイナス10度程度に冷やして固めますが、
クルフィはもっと低温カチカチに冷やすのが特徴。

暑いインドでは、人気のデザートのようです。

2月末のインドは20度位でしたが、
日によっては30度近くまで気温が上がっていました。

次回は、インドの街並みなどご紹介していと思います。
お楽しみに。


2019.02.20 15:00 category:お出かけ・旅行その他バイヤー裏話

パリの展示会 メゾン・エ・オブジェ

先月、パリで開催されたインテリアの展示会
MAISON&OBJET(メゾン・エ・オブジェ)に行ってきました。

インテリア業界の「パリコレ」とも呼ばれ、
年2回開催される展示会で、世界中から
インテリアデザイナー・建築家・バイヤーが訪れます。

いくつか、写真をご紹介します。

日本の展示会ではなかなか見られないもの、
ディスプレイが素敵なものなど、
とても見応えのある展示会でした。

また、商品やコンセプトを大切にしている
ブランドが多いと実感しました。

展示会以外では、
初めて訪れたパリの街並みに驚きました。

黒い窓枠のクラシカルな建物が
どこまでも続く歴史のある美しい街並み、
本当に統一感がすごい!
景観を乱すものが、何ひとつありません。

インテリアショップや百貨店は、
デザイン・色がきれいで、アンティーク家具と
インドのファブリック、天然素材のランプなど
MIXスタイルが多く、「どれもこれも欲しい!」。

カフェやレストラン、街行く人々に見とれては
ため息をついたり、きょろきょろしたり、
今すぐに飛んでいきたいぐらい、魅力的な街でした。

古き良きもの大切にしながら、
今のトレンドが上手く取り入れられていて、
長い歴史の中で深く浸透しているものではないかな、
と短いパリの日々で実感しました。

そういったマインドを大切に、
また、改めてMADE IN JAPANの良いところを
今よりもっとお伝えしていければ、と思いました。

今後のDOUBLEDAYの展開に、
活かしていければと思っています。


2018.10.19 16:05 category:お出かけ・旅行キッチンダブルデイグッズ未分類

家事問屋ができるまで

新潟県のほぼ中央に位置する、
燕市と三条市を合わせて
「燕三条」と呼ばれる地域で
家事問屋の商品は作られています。

そんな燕三条にある工場に
初めてお邪魔してきました。

そもそもこの地域で
ものづくりが始まったのは江戸時代・・・

農村の副業として奨励された
和釘の製造だと言われています。

その後、近郊で良質な銅が産出したことから
キセル・鎚起銅器・利器工匠具など
様々な生活の道具を作り出し、
以来国内でも有数の金属製品産地として栄えてきました。

明治時代に入り、
文明開化によってそれらの道具が
徐々に衰退していくと、
それまでに培った様々な金工技術を土台として、
洋食文化の流行に合わせた
金属製洋食器(スプーン・フォーク)の生産を開始。

戦後、銅や鉄に替わる、
新素材のステンレス材料の加工に
国内ではいち早く取り組み、
洋食器・鍋・包丁・キッチンツールなどの調理用品から、
のこぎり・かんななどの作業工具、
散髪用ハサミや爪切りなど理美容具まで、
現在の暮らしに合わせた
金属製品の生産拠点として今に至ります。

燕三条では分業制が主流で、
産地問屋がメーカーへ商品の製造を依頼し、
その後「磨き・溶接・洗浄・曲げ・穴あけ・切断」など
工場ごとに得意とされている先へ、
外注されるシステムです。

今回は、数多くの工場に
お邪魔させていただきました。

家事問屋全ての商品に
人の手が加って作られていることに感動!!

産地で実際にお話を聞いたり、
作業工程を見たりと、
さらに家事問屋の商品に愛着がわきました。

また、シンプルな見た目ながら
実はすごく使いやすいように作られており
『こんなの探してた!!』という商品が沢山あります。

ダブルデイでは、箕面店以外の
全店でお取り扱いをしております。

11月以降は、新商品も入荷しますので乞うご期待!!
皆様のご来店をお待ちしております。


2018.10.09 11:56 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

中国国際家具展示会 2018

先日、中国国際家具展示会に
行って来ました。

海外への出張は初めてだったので、
緊張とワクワクの中、上海へ向かいました。

上海 東浦空港から、
タクシーで高速道路を乗り継ぎ会場入り。

160を超える世界各国の企業やメーカーが
2,000程のブースにわかれて出展しており、
ミラノサローネなどの有名な家具展示会につぐ
10万人もの人が訪れる
世界でも最大規模の展示会です。

各国のバイヤー達が、
トレンドのデザインや家具を視察に訪れ
買い付けを行います。

一般のお客様も入場可能で、
会場内はまるで、コンサート会場のような賑わいでした。

今回見た家具が
ダブルデイの店頭に並ぶ日も近いかもしれません。


2018.07.24 11:00 category:DAY's事典お出かけ・旅行ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

夏のオススメアイテム

夏本番、35℃超えの日も多く
毎日本当に暑いですね。
これから8月にかけて
まだまだ厳しい暑さが続きます。

そこでこの時期に
オススメのアイテムをご紹介します。

最初にご紹介するのは
「Encachette/アンキャシェット」の日傘。

「Encachette/アンキャシェット」は2006年設立。
ブランド名はフランス語の造語でこっそり、
ひっそりという意味が込められています。

持ち手がバンブー素材で、
UVカット率90%以上で機能性とおしゃれを兼ね備えた日傘。

シックな雰囲気で合わせるお洋服も選びません。
持っているだけで気分が上がります。
長傘以外に折り畳み傘もございます。

次にご紹介するのは
日差しが強いこの時期に必須アイテム、アームカバーです。

ダブルデイは2シリーズご用意しておりまして、
肌が弱い方は内側にシルク素材を使用した
「かぜまとう ふんわりガーゼの
アーム&レッグウォーマー」がおすすめ。

まとっているのを忘れる程やわらかく
自然な付け心地です。

またUV対策をしたい方におすすめの
「重ね着みたいなアームカバー」は
素材や製造方法、フィット感など細部にこだわり、
カットソーを重ね着しているように見え、
洋服に合わせやすいです。

最後にご紹介するのは
インドネシア発アロマオイルブランド「safe care」シリーズです。

ロールオンタイプとシートタイプがあり、
どちらも暑いこの時期に重宝するアイテム。

ロールオンタイプは眠気がある時や、
気分をすっきりさせたい時におすすめです。
こめかみや首筋に少量付けると
リフレッシュ出来ます。

「safe care」は
アロマテラピーに基づきながらも、
今までにない革新的な製品を作り続けており、
2012年には「TOP BRAND AWARD」、
2017年には「INDONESIA WOW BRAND 2017」において
金賞を受賞するなど輝かしい賞を受賞しています。

また、全ての商品は
Majelis Ulama Indonesiaから
ハラール認証を取得しています。

どちらも持ち運びに便利なサイズで
私も化粧ポーチに入れて愛用してます。

少しでも暑い夏を心地よく過ごす為にも
ご紹介したアイテムをぜひ店頭でご覧ください。


2018.04.17 11:00 category:お出かけ・旅行季節の愉しみ

『お花見』

今年は例年に比べ各地開花が早く、
お花見シーズンもあっという間に過ぎていきましたね。

開花のタイミングでは気温も暖かく
お出かけされた方も多かったのではないでしょうか。

私も3月末~4月初週の2週連続で
兵庫県夙川へお花見に行ってきました。

1回目は家族と、2回目は会社の方と。
一緒に行く相手が変わると同じ場所でも
違う楽しみ方・時間の過ごし方があり
春を満喫出来た2週間でした。

1回目に行った時はまだ五分咲き程。
愛犬の「福ちゃん」は生まれて初めて見る桜で
落ちてくる桜の花びらをパクパク食べていました。

2回目に行った時は満開で
夙川周辺お花見を楽しんでいる方が大勢いました。

お昼ごはんを食べた後、
ダブルデイ箕面店で買ったヴィンテージのトランプで
久しぶりに“神経衰弱”をしました。笑

ヴィンテージのトランプはデザインがとても可愛く、
遊んでいるだけでテンションが上がりました。
まだ他に何種類かあったので集めようと思います。

皆で食べたり、しゃべったりあっという間に楽しい時間は過ぎていきます。
帰り際に撮った写真・・・。

川面に浮かぶ桜の花びらもとても綺麗でした。

これからは新緑がきれいになってくる季節。
公園などにトランプを持って出かけてみてはいかがですか。


2018.03.07 11:00 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

『インド出張~オリジナルウエアとクルタ~』

2月末、2019年春のお洋服を作りに
インド出張へ行ってきました。

極寒の日本を飛び出し、
飛行機で9時間半でインドに到着です。

この頃のインドの気温は27度!!
もう日本では夏位の気温ですね。
日中は眩しい日差しで、目も開けられないほどでした。

今回は、昨年インド出張時に企画した
DOUBLEDAYオリジナルのお洋服を持っていきました。

コットンの柔らかい素材に、
イカット柄のプリントを施した生地を使い、
3型デザインしました。

インド出張の初日に着たのが、こちらのパンツ。

湿度の低いインドでも、
日中は太陽の日差しで少し汗ばむほどの暑さ。

風通しの良いコットン生地でとても履き心地がよかったです。

インドっぽい建物の前で撮影してみました(笑)

小柄な私で裾ギリギリの長さになりますが、
生地が柔らかいのでまったく暑さを感じず快適です。

合わせているインナーは、
昔DOUBLEDAYで購入したリネンのタンクトップ。

足元はお気に入り過ぎて2足目を購入した、
Fabioのフラットシューズを。

この靴も、もちろんDOUBLEDAYで購入したものです。

2日目に行ったメーカーの方の、
お洋服がとても素敵だったので撮影させていただきました。

クルタに透け感のあるストールを肩に掛けたコーディネート。

(※クルタとは、パキスタンからインド北部に位置する
パンジャブ地方で着用される男性用の伝統的な上着。
細目の立ち襟と、プルオーバータイプのネックラインで、
長袖、着丈は長くゆったりとしたシルエットになっており、チュニックと同じような形。
風通しがよく、全体が覆われる割に涼しく快適に過ごせるようにできている。)

ボトムとサンダルの色が黒とゴールドで、
刺繍のデザインと合っていてとても素敵です。

そして私が3日目に着たのが、こちらのノースリーブワンピース。


(この日は一日移動が多く、屋外での撮影が出来ず室内で自撮りになってしまいました。)

本当に暑くて、ノースリーブでも平気なくらいの陽気。

コクーンシルエットで、
ネックデザインがあき過ぎていないところがお気に入りです。

この翌日、お伺いしたメーカーの方が着ていたクルタも素敵だったので、
またまた撮影させていただきました。

この生地はデニム素材で、胸元と腰まわりにはダメージ加工がされていて、
インドの民族衣装が今っぽいデザインになっています。

この方もストールと、ボトムの色、さらには腕時計まで
白で合わせていて全体的にまとまっていますね!素敵です。

今回ご紹介した方々は、アパレルメーカーの方という事もあって、
みなさんクルタコーディネートがとても素敵でした。

今回ご紹介したオリジナルウエアは3月末頃お店に並びます。
ぜひ、お近くのDOUBLEDAY各店で素材の柔らかさをお試し下さい。


 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 13 14 15 »
PAGETOP