Recommend

2016.08.16 11:30 category:お出かけ・旅行お料理バイヤー裏話

中華料理

海外出張で一番行く回数が多い国、中国。 

展示会や工場訪問と回を重ねるごとに街並みや人々の佇まいにも慣れ、慣れないのは言葉だけになってきました。
・・・と、思っていたのですが、先日の中国出張で食した料理を
思い出し、食べ物、料理の奥深さには毎回驚かされている事に
気付きました。

一言に中華料理といって、四川料理や広東料理など地域ごとに
大きく異なるうえに、同じ地域でも地元民向けだったり、
旅行客向けだったりと見た目も味も全然違ってきます。

先日は「最近新しくできた人気レストラン」があるので
今晩はそこへ行こうというメーカーさんのアテンドで
地元民に人気のレストランへ行ってきました。

中華①

入り口には分かりやすい写真入りの看板です。
だいたい察しはつきますね。

店内は工場の居ぬき?という感じで、とても高い天井に
殺風景な床や壁。
新品と思われる椅子も、プラスチック製のいかにも中国ローカルな
雰囲気です。

中華②

で、料理ですが、ガチョウの紹興酒鍋! そう鳥鍋です。
料理自体はそんな複雑な物ではないのですが、
熱く熱した鍋に紹興酒を入れ、蒸気が噴出したところで火を着けます。

中華③

鍋全体が炎につつまれるダイナミックな料理は
エンターテイメント的な物でもあるようで
地元のお客様に大人気との事。
よくみると結構熱気が上にまであがっていきます。
そう、天井が高いにも理由があったんですね。
普通の天井高なら確実にスプリンクラーが作動して
水浸しになる勢いの炎でした。

待つこと、なんだかんだと30分ぐらい。 
構待ち、やっと完成です!

中華④

見た目は茶色一色の地味な感じでしたが、
紹興酒で煮込む事で肉が柔らかく、
見た目に反して薄味であっさりした中に、
鳥殻スープの奥深い味が染みていてとても美味しい料理でした。
中華料理のすごいところは、
見た目や具材は想像を超える物が多いのですが、
味もまた想像を超えた美味しい物が多いところだと思います。
次回は、どんな中華と出会えるかな~。


2016.08.10 11:30 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

石川出張レポート①

もはや私のDAY’Sは出張報告ばかりですが・・・
今回はこちら!

写真①

7月某日、石川県に行って来ました。
蒸し暑い大阪に比べ、こちらは暑すぎない気温で
たまに吹く風がとても心地良いお天気でした。
今回、石川県を訪れた目的は、ダブルデイでも人気の九谷青窯さんに新商品の選定を兼ねて視察へ。
DAY’s仲間も愛用している様子はコチラ!)

写真②

九谷青窯さんは、従来の九谷焼の伝統的な技術を
活かしながらも一線を画し、
全国から集まった十数名の若き陶工さんたちが、自らろくろを回し、
手書きで絵付けをし『常用』の器を作り続けている窯元です。

九谷焼の産地は信楽や波佐見などの産地と違い、
窯元が密集しておらず住宅街や工業地帯の中に突如出てくるため、
初めて行く方は大抵迷われるそう・・・
九谷青窯さんも同じように住宅街の中にぽつんとありました。
ただ、住宅街の中にも関わらず敷地の周りや中は緑に囲まれ
とても自然が多い環境でした。

写真③

綺麗にお手入れされた中庭では器の乾燥をしていたり、
写真には納めていないのですが器を鉢代わりにお花を植えたりなど
素敵な空間に終始きょろきょろしてしまいました。

写真④

作業場にお邪魔するとダブルデイでもお取り扱いしている、
『色絵花つなぎ』の作家さんである<徳永遊心さん>や
『色絵レモンの木』の作家さん<米満麻子さん>など数名の作家さんが製作されており、少しお話をさせて頂くこともできました。

みなさん、すごく気さくで素敵な方ばかりでそのお人柄が
作品にも表れているのだなと感じました。

こちらの写真は米満さんが色絵レモン木の絵付けをされており、
たった数分でスラスラとこの枚数を書き上げていました。
米満さんのデスク周りの作業道具(釉薬を入れる器や筆を洗う器など)は焼き上がりが気に入らなかった器を使われていました。
贅沢な使い方ですよね・・・笑

その他、作業場のあらゆる所に販売しない器がたくさん!
私には宝の山にしか見えませんでした。笑

写真⑤

最後にショールームを見せてい頂いたのですが、
棚一面に作家さんのこれまでの作品がずらり。
こんなに九谷青窯の器が並んでいる所は、
なかなかお目にかかれないので大興奮!
この中からダブルデイでお取り扱いさせて頂くアイテムを選ばせて頂いたのですが、選ぶのに一苦労・・・
いろいろとアドバイスを頂き、何とか選ぶことができました。

今回選んだ作品は年内中には店頭に並ぶ予定です。
その際は是非、手に取って頂き手仕事の温かみを感じて頂ければと
思います。

次回は九谷青窯さんの後にお邪魔した山中漆器の産地について、
お届け致します。
こちらも日本の手仕事のすばらしさを体感することができました。
乞うご期待!!


2016.08.05 11:30 category:お出かけ・旅行季節の愉しみ趣味

自然に触れる

8月に入りいよいよ夏本番。
今年から8月に「山の日」の祝日が増えましたね!
海も山も大好きな私ですが、山の日が増えたことにちなんで
山で出会った素敵な景色のご紹介を…。

まずは初めて行った富士山の雲海に映る富士山

7月画像①

当然の事ですが、富士山に登っているので、
あの優美な姿は見ることは出来ませんが、影になってみると改めて大きさを感じます。
そして御来光。

7月画像②

待ちわびたあとに見るご来光は言葉には出来ない感動です。

富士山とは違った魅力がある日本アルプス。
それぞれの山の力強さを感じます

7月画像③

新緑がどこまでも続く夏の高原の景色も目に優しいです。

7月画像④

木々の緑を見ると
「日常の目の疲れをいやさなきゃ」といつも思います(笑)

遠くて高い山に行かなくても、身近な六甲山にも
素敵な景色はたくさんあります。
遠くの明石海峡大橋がきれいです。

7月画像⑤

自然に触れると、その大きさと力強さを感じて、
元気になりリフレッシュ出来ますよ。
今年こそは富士山の近くの山から富士山を望みたいと思います。


2016.07.28 11:30 category:お出かけ・旅行趣味

民藝の街へ

5月の最終週の土日は「クラフトフェア松本」の開催日。
兼ねてよりとても気になっていましたが、
なかなか行く機会のなかった信州松本へ、念願叶って行って参りました。

そう!念願の「クラフトフェア松本」にとても心弾んだ私は、
いつものことながら舞い上がり、会場では物探しにまっしぐらでして…
写真を一枚も撮っておらず…。
〔人が多過ぎて写真どころではなかったというものありますが〕

戦利品に関しては後日ご紹介するとして。
泊まったホテルのオーナーが集めたという、
素晴らしい民藝品はしっかりカメラに収めてきました。

画像①

最近リオープンしたホテルのロビーには
民藝品をより際立たせる内装が施されています。

画像②

民藝家具の応接のコーヒーテーブルには、
あけびカゴに雑誌「民藝」が。うん!さすが!
バーナード・リーチや濱田庄司の作風に影響を受けたと思われる
大胆且つ繊細な絵付けや技法のアイテムが並んでいました。
やっぱり、伝わり続ける手仕事は、本当にいいものです。

画像③

画像④

信州松本に訪れたのに、なんとお蕎麦も逃すほどのタイムスケジュールで
瞬く間に終わった今回のクラフト巡り旅行のシメは、
バタバタとお土産を買って乗り込んだ「特急しなの」の中での駅弁。
プチワインも添えて大変おいしくいただきました!

画像⑤

もちろん、この後は電車で爆睡‼でしたが…(笑)

ゲットした手仕事の数々のご紹介、お楽しみに。


2016.07.05 11:30 category:お出かけ・旅行趣味

浅草観光

先日、久しぶりに浅草に行ってきました。
浅草駅から浅草寺へ向かって歩いていくと、
目に入ってくるのがこの景色。

画像①

スカイツリーとちょっと個性的なビルのコラボレーション。
こちらは某ビールメーカーの本社ビル。琥珀色のガラスと頭頂部の白い外壁で
「泡のあふれるビールジョッキ」をイメージし、
そのとなりの金色のオブジェは「燃え盛る炎」をデザインしたものだそうです。
隅田川越しにこの景色を眺めれば、川にはいくつかの水上バスが走っていました。
今回は水上バスには乗りませんでしたが、
以前お台場から浅草まで乗ったことがあります。
川から東京の景色が見られてこちらもおススメです。

浅草寺に着くと、どうやらお祭りがあったようで
(浅草駅についた時からすごく人が多いなと思ったのはお祭りの影響でした)
いくつかの御神輿が歩いていくのを見ることが出来ました。

画像②

その後は仲見世通りを散策。

今回浅草に来た目的は、行きたいグラスのお店があり、
当初はグラスを見にいくだけで考えていたのですが、
場所を確認するのに調べてみると「江戸切子」体験というのがある模様。
せっかくなので体験してみることに…
「江戸切子」とは江戸末期に江戸(現在の東京)で始まった
カットグラス工法のガラス工芸・ガラス細工で、伝統工芸に認定されおり、
矢来・菊・麻の葉模様など、着物にも見られる身近な
和の文様を繊細に切子しているのが特徴です。

切子グラスといえば、色のグラスに繊細なカットをイメージしていたのですが、
初心者にはカットしていく際に柄が見えにくく難しいとのことなので、
クリアのガラスを選び、いざ挑戦!

まずは十字にカットをする練習をするのですが、
まっすぐにカットしようとするのも、カットの場所が決まったら力をかけていって、深く切り込んでいくのが思った以上に難しい。
少しコツがつかめてきてカットは出来ても
当初想像していたように複雑なカットをするのは難しく、
簡単な柄をつけたものタイムアウトでした…。

せっかくなので、上からと横からの写真撮影

画像③

画像④

思ったようにうまくは出来ませんでしたが(笑)伝統工芸に触れ、
奥深さを感じられ、良い体験が出来ました。
次回は、事前に自分の技量の中でもう少しデザインをイメージして
挑戦したいなと思います。


2016.06.30 11:30 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

窯元レポート!

前回の野田琺瑯さんへの出張レポートに続き、
今回は窯元への出張レポートを・・・

写真①

先日、ダブルデイでも人気の「波佐見焼」「有田焼」の
メーカーさんを訪ねて九州へ。
移動中も、あらゆる所で焼き物の産地を感じることができました。

写真②

こちらの大きな窯は智恵治窯という、江戸時代の連房式登窯の形式を残している
備前地区で唯一の窯です。
カメラに収まらないほどの窯は圧巻!
昭和27年まで使用され、その時は窯室が5室あったそうです。
現在は、一部取り壊され3室になってしまいましたが、
伝統ある登窯として国内で現存するものの中でも
大変貴重なものだそうです。

写真③

こちらは川沿いを歩いている際に撮った1枚。
良く見ると橋の手すりに波佐見焼のあらゆる柄のデザインがされたタイルが・・・
1枚ずつ全く違うデザインなので、
目を奪われ足がぜんぜん進みません。笑
その他に奥に見える大きな壺が等間隔に置かれており、
こちらも素敵なものばかり。

そうそう、本来の目的の窯元さんにもしっかりお邪魔しました。

写真④

こちらは絵付けの作業中。
下書きなしで筆の迷いも無くすらすらと描かれている姿には感動!
手作業の為、微妙に1点1点違いはあるのですが
出来上がりを並べてみると絵の大きさや位置などほとんど同じ。
日本の職人さんのすばらしさを、また新たに肌で感じることができました。

写真⑤

そんな職人さんの横にはこんなかわいらしい方が・・・
机の下で控えめにしてらっしゃいますが
職人さんたちにとても可愛がられていました。
この方も陰で日本の伝統を支えているのかもしれませんね。

今月・来月は信楽・九谷青窯の出張を計画中・・。
またこちらで日本のモノづくりのすばらしさを
お伝えできればと思います。


2016.06.24 11:30 category:お出かけ・旅行お料理

コト・モノ求めて広島へ ~宮島編~

久々にゆとりが持てた休日。
“コト”と”モノ”を求めて一泊二日広島方面の旅に
出かけました。

広島市内へは商談で幾度となく
訪れていたので
今回はまず、宮島を目指すことに。

画像①

本土と宮島をつなぐフェリーは
JRと私鉄が運営していて、今回はJRで。

あまり乗りなれないフェリーですが
風が気持ちよく、仕事でたまった疲れも
そのまま風とともに流してくれるよう・・・

ついて早速、鳥居へ向かいましたが
潮の満ち引きを、全く調べていなかったので
近くまで歩いて見に行くことはできませんでした。

画像②

お昼にはまだ少し早い時間だったのですが
観光客で混みあった中でのランチを避ける為
少し早めにお目当てを目指します。

商店街をぬけたその先にある
お目当てのお店、有名店の名物穴子丼です。

画像③

兵庫県明石市に住んでいる私としては
明石の穴子との食べ比べ。

宮島の穴子は、蒸している為
ふっくらとしていて味付けも優しく、
明石の焼いた香ばしい穴子とはまた
違ってとてもおいしかったです。

画像④

何かモノも求めてきたのですが
民芸品店では、コレ!と思うモノに出会えず
宮島では、島を散歩しロープウェイに乗ったり
おいしいご飯を食べて終了。

島の所々に気持ちよさそうに寝ている鹿の
優しい表情が気持ちを和やかにしてくれました。

画像⑤

続きはまた今度!


2016.06.16 11:30 category:お出かけ・旅行バイヤー裏話趣味

街角のサイン

海外へ行くと景色や人、建物など、
目にする全てが異文化で新鮮に映ります。
そんな中でも特に気になるのが街角のサイン。
サインといってもお店の看板から駅の標識まで様々ですが、ジャンルを
問わずセンスを感じる事が多いです。

そこで、先日アンティーク家具の買い付けで行ったベルギーの
気になるサイン達を少し紹介したいと思います。

まずは街への玄関口でもある駅のサイン。

Sing1

ブリュッセル中央駅のサインです。
シンプルですが、洗練されたデザインのフォントが印象的でかっこよく、お気に入りです。
次は、場所は忘れましたが街角で気になった住所の標識です。

Sign2

レンガの壁との対比がイイですね。
ちなみになんて読むかは全く知りません(笑)。
最後は工事中のフェンスに仮で設置された道路標識。

Sign3

正式な意味は知りませんが、たぶん歩行者渡ってOKって感じと、
自転車こっち→ みたいな意味ですかね?
自転車のイラストと矢印のデザインが
目に留まりとりあえず写真を撮りました。

こんな感じで、いつもサインに目を取られるあまり
有名な観光名所などは結構スルーしちゃっています。
観光名所はガイドブックでもネットでも素敵な写真がありますので、
わざわざ素人の私が写真を撮るまでも無いという事にしています。
そもそも仕事で海外出張に行くと、訪れる場所は倉庫や、事務所なんで
観光地でない事が大半なんです。 
それでもその土地の空気感は看板や標識をみるだけでも十分楽しめるので
出張中はいつも回りをキョロキョロしています。

次はどの街でどんな看板に出会えるか楽しみです。


2016.06.02 11:30 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズ季節の愉しみ

川を泳ぐ鯉のぼり

五月になると、家近くの川に鯉のぼりが泳ぎはじめます。

画像①

見てください、気持ちよさそうに風に吹かれる姿は、まるで
川を泳ぐ魚のようです。

画像②

この鯉のぼりについて調べたところ、毎年こどもの日にちなんで飾りつけがされ
今ではすっかりこの町の風物詩になっているそうです。

半月程前、地元のみなさんが飾りつけをされているところを偶然見かけ、
出来上がりをひそかに楽しみにしていました。
空高く泳ぐ鯉のぼりも良いですが、目線と同じ高さでみる鯉のぼりも
迫力があってまた良いものです。

あ~ほんとに気持ちよさそう…としばし、鯉のぼりを眺めていました。

画像③

あ、ちなみに私が持っている白い傘は、ダブルデイオリジナルの晴雨兼用傘。

画像④

画像⑤

この日は、日差しが強くとても暑い日だったので、この傘が大活躍!
晴れの日、雨の日両方で使える傘、
これから毎日持ち歩く事になりそうです。

鯉のぼりの話から少しそれてしまいましたが、
ダブルデイでも大変人気商品です。
気になった方は是非、お近くの店舗で手に取ってみてください。


2016.05.06 11:30 category:お出かけ・旅行バイヤー裏話

バイヤー出張レポート “香港”

灼熱のインド(こちら!)を飛行機で飛び立ち
約5時間かけて到着したのは香港。
(余談ですが、深夜便での移動は身体にこたえます・・・)

香港もまた、インドとは違った活気に溢れる街ですね。
狭い土地に密集したビル群はいつ見ても圧倒されます。
溢れた活気はインドと同じなのですが、香港は世界有数の大都会。
おしゃれなカフェやレストランがたくさん
あるのも魅力の一つです。

ipp

ipp

インドで美味しいコーヒーに飢えていた私は
朝食を兼ねてカフェへ。

「THE COFFEE ACADEMICS」は
香港に数店舗あるカフェ。
什器やインテリアが素敵なお店です。
インダストリアルやブルックリンテイストに
香港らしさをMIXさせたおしゃれカフェ。

インドでカレー三昧だった胃が少しほっとしています。

香港②

香港③ (1)

インドも香港も共通して言える事は「英語が通じる」ことです。
街の標識や看板は、インドでは英語とヒンズー語、
香港なら英語と漢字。
海外出張で一番のストレスは言葉なんですが、
英語なら中学校と高校の英語力で十分理解できます。
もちろん流暢に話せるにこした事はないですが、単語でも戦えます。

ipp

ipp

香港に来ると、漢字と英語のMIX表記がなぜかいつもクールに感じます。

そんな香港はストレスフリーで滞在できる都市なのですが、
明後日には中国へ移動です。

そこはもう英語が通じない世界。いざ大陸へ!


 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 13 14 15 »
PAGETOP