Recommend

2022.09.02 11:00 category:お料理キッチン

秋を感じる食卓に 小鹿田焼・美濃焼 錆かいらぎ

まだまだ日中は暑いですが
朝晩は少し涼しく、秋の気配を感じる今日このごろ。

スーパーの店頭に梨、無花果、
葡萄といった秋の果物が並ぶと、
秋だなぁと感じますね。

食卓も秋に合う器に模様替えし、
雰囲気を上げてみませんか。

そんな時におすすめの器をご紹介します。

まずは、「小鹿田焼」です。

季節問わず年中、どんな料理にも合いますが、
素朴で力強さや温かみのある雰囲気が
秋の食卓にぴったり。

小鹿田焼は、大分県日田市から車で30分ほどの
山中の小さな集落で焼かれています。

江戸時代に小石原焼の技法が伝わり、
ほとんど同じ技法で、一子相伝で伝統を守りながら
焼き続けているそう。

シンプルで丈夫で使いやすく、
ずっと自宅でも愛用中です。

続いて、美濃焼の
「兵山窯 錆かいらぎ」などをご紹介します。

表面がザラっとした梅花皮(かいらぎ)。
あえて、貫入の入る釉薬で
表面に貫入で柄を施しています。

一枚ずつかいらぎの入り方や色が違うため、
とても表情のある器。

錆かいらぎ以外にも、
黒や彫りの入った柄のものなど、
どれも渋く料理を引き立てる器ばかり。

飲食店のSNSなどで、
ワインと一緒に出す料理に
錆かいらぎの器が使われているのも
度々目にするので、
洋食に使うのも良いなと思います。

同じ料理でも器によって、
見た目も気分もとても変わりますね。

こだわりの器で秋の食卓を
楽しんでみてはいかがでしょうか。


2022.07.15 11:00 category:お料理キッチン

涼し気な磁器の器 九谷焼樋山真弓さん

蒸し暑い日が続きますね。
暑い季節の食卓には、
涼し気なガラスや磁器の器が活躍します。

そんな時におすすめの
九谷焼 樋山真弓さんの器をご紹介します。

わが家でもだいぶ前から活躍している
樋山さんの器。

長い間、変わらずずっと好きで、
その時々で自分の中で好きな器のテイストがあったりも
するのですが、そういったことに関係なく、
ずっと好きな作家さんです。

ひとりで作られているので毎年少ししか入荷しませんが、
お店で同じものを長く変わらず、
取り扱いできているのはすごいことだなと思っています。

樋山真弓さんは「九谷青窯」で修業後
独立され、現在は石川県能美市で作陶されています。
呉須をはじめ、九谷五彩と呼ばれる緑や黄、
赤の釉薬をほどこした、得意の絵付けで
仕上げる伸びやかな作品が魅力です。

「この器で食べたら美味しい。この器で呑むと旨い。使って楽しい。」

そんな器を目指して
作陶するという樋山真弓さん。

工房にお邪魔すると、
いつもとてもすっきりと整えられた工房で、
家具なども古いアンティークのものや
花器がセンスよく置かれています。

お人柄も、自然体の落ち着いた
女性らしい、かわいらしい方で、
器の雰囲気そのままの女性です。

そういったところも、
長く愛される理由だろうなと思います。

これからの季節、食卓を華やかに、
でも涼し気に演出してくれるおすすめの器です。


2022.06.10 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ

夏のエスニックな食卓

梅雨入りもまだですが、
日差しが強く、暑い日が増えてきましたね。
暑い夏に食べたくなるものといえば、エスニック料理。

そんな、エスニック料理にも、
涼を感じる冷たい麺類や和食にも、
夏の食卓を楽しめるアイテムをご紹介します。

こちらは、波佐見焼の窯元 翔芳窯さんで
作っていただいたダブルデイオリジナルの
「呉須飴」シリーズ。

一つ一つ手描きで描かれた、
筆の跡を感じる躍動感のある絵付けがポイント。

どんな料理にも合わせやすく、
料理を引き立てながら、
絵柄がポイントになりワンランクアップの食卓に。

半磁器で、電子レンジ・食洗機OKの
使い勝手も良い器です。

こちらも、波佐見焼の窯元 一誠陶器さんで
作っていただいたダブルデイオリジナル。

一見ビンテージの器や
ベトナムのバッチャン焼のような風合いがあり、
そこにシンプルな青の柄が
不思議な魅力を醸し出しています。

窯元さんに伺った際、
新形状の八角皿をご紹介いただき、その時、ふと
シンプルなラインやドット柄だったら
かわいくなるかもしれない、と思いつき
作っていただきました。
個人的にもとても気に入っている器です。

こちらは、再生ガラスで作られたグラスやボウル。

ベトナムの熟練の職人さんにより、
一つ一つハンドメイドで作られています。

ハンドメイドならではの、表面に生まれる
わずかな“しわ”や小さな気泡、
繊細な表情の違いがあり、
大量生産には無い風合いのあるグラスです。
また、吹きガラスの特徴でもある、
やや薄くて軽い作りも魅力のひとつです。

こちらも、ベトナムの水牛の角カトラリー。
自然素材ならではの
美しい透明感は水牛の角ならでは。

風合いのある陶磁器や
ガラスの器にとても良く合います。

こちらも、個人的にとても好きな素材で、
ずっとデザインも良く手軽に購入できる価格の
水牛の角のカトラリーを探していました。

これから来る暑い夏を、
料理や器で食事時間を楽しく、乗り切りましょう。


2022.05.24 11:00 category:お料理キッチンバイヤー裏話趣味

心が明るくなる「やちむん」”一翠窯”

初夏のような日差しの日もありますが
もうすぐ梅雨入りですね。

ジメジメした日が続くと、気持ちも落ち気味に。

そんな時は、パッと目を引く
色鮮やかでモダンなデザインが特徴の
”一翠窯(いっすいがま)”の器がおすすめです。

https://doubleday.jp/img/topic/758.625facf40d690.large_picture_name.jpg

沖縄の読谷村にある一翠窯は、
陶芸作家「高畑伸也」さんによる「やちむん」の窯です。

私自身、沖縄はとても好きで、
何度も訪れたことがあるのですが、
あの青い空と海、カラッとした空気感や
色鮮やかな南国の文化・沖縄の風土・料理の中で
「やちむん」が生まれたんだなと実感していました。

その「やちむん」の伝統的な技術を、
今時のモダンなデザインにアレンジした一翠窯の器は、
ふだんの食卓にもピッタリです。

「どんな料理に合うかわからない」という
お声もあることをお伝えしたところ、
高畑さんが料理と合わせた写真を送ってくださいました。

とても美味しそうで、素敵です。

鮮やかなデザインの皿に、
あえて色鮮やかな食材を合わせるのも
パワーを感じて良いですね。

一度、一翠窯の工房にもお伺いしてみたい
と思いながら、まだ実現していません。。

いつか必ず、伺いたいと思っています。

年に一度の「一翠窯展」の時にだけ作っていただく
丸皿は、とてもかわいくレアな商品。

https://p1-e6eeae93.imageflux.jp/issuipottery/7e7e78eadf7a70e0f068.jpeg

入ってくる数量がとても少なく、
お店に残っていたら買いたいなと思っている器です。

以前、高畑さんとお話させていただいた時に
「いろんなことに興味をもって面白いこと
楽しいことを見つけてワクワクしていたいと思います。
あとはいい景色を観たり、芸術作品に触れたりして、感動することも。
そうやって感じたことすべてが作品作りに繋がるのだと思います。」
とおっしゃっていたことが、とても心に残っています。

そんな風に、日々楽しく過ごしていきたいですね。


2022.04.19 11:00 category:お料理キッチンファッション

”母の日に” 気持ちのスイッチを入れる日本製エプロン

母の日に、エプロンの贈りものを
検討されている方もいらっしゃるかと思います。

もちろんご自身用にもですが、
料理を作る時・作業をする時に、
気持ちのスイッチが入る、
楽しい気持ちになるエプロンが1つあると良いですね。

今回は『SUNNY LOCATION』という
エプロンブランドのご紹介です。

こちらは、「エプロンコート」という名前の割烹着。
割烹着タイプが、袖まで覆うので嬉しいけれども、
あまりオシャレなものが無い・・・
と嘆かれていた方にぜひ!!

前と後ろを逆にして着ることもできます。
ちょっとした外出のアウターとしても。

『SUNNY LOCATION』は
生地の調達から縫製まで、
全てall made in JAPANに
こだわった物作りをされています。

こちらのコットン生地は、
天然素材の持つ豊かな表情や
特徴を表現できるよう、
染色方法にこだわり、天日干しにして、
ユーズド感のある深い色合いになっています。

こちらは、とても柔らかいデニムです。

デニムでありながら
しっとりとしたタッチ感で光沢があり
上品な表情です。

また、着るだけでカジュアルなドレスのような、
まさに気持ちのスイッチが入るエプロンです。

こちらは、表情豊かな色ムラやアタリ、
色のネップなどあえて素材の特性として残したリネン。

乾燥には自然な表情をいかすため天日干しで仕上げています。

最後に、エプロンがタオルにもなる、
表面にはリネンのワッフル織、
裏面はコットンのガーゼを組み合わせた2層のワッフルガーゼ。

リネン素材のワッフル織は吸水速乾性に優れ
繊維自体に抗菌性があり衛生的、

また裏面のコットンガーゼは通気性に優れ、
とても柔らかな風合いとなっています。

お家でも、お気に入りの洋服を着た時のような
ワクワク感を、是ぜひ味わってみて下くださいね。


2022.02.25 11:00 category:お料理キッチン

大阪発の日本の道具 『さささ和晒』

「SDGS」と良く耳にしますが、
自分にできることって何だろう、
と思われている方も多いのでは?

そんな時に出会ったのが、こちらの「さささ和晒」。

使い捨てのキッチンペーパー、
一度の料理にどれだけ使っているんだ、、、
と罪悪感を感じていたところ
「和晒を使う」それなら私にもできる!と思いました。

さささの和晒ロールに使われている和晒とは、
織りあがった生地の汚れや不純物を取り除いた
さらしのことで、キッチンペーパー以上の
仕事をこなしてくれます。

熱に強く、破れたりせず、
煮沸消毒などをして洗って繰り返し使える点が
キッチンペーパーとの違いです。

生地は手ぬぐいにも使われる
目の細かいしっとりとした薄手の岡生地を使用。

風合いがよく、乾きが早いため、毎日気持ちよく使えます。

清潔で調理や人肌に触れても
安心・安全な和晒を創業以来1世紀以上に渡って
大阪は和泉の地で生産している
武田晒工場が立ち上げたブランドです。

ロール状になった和晒しを
必要な分だけカットして手にするだけで、
料理職人にでもなった気分に。

野菜や豆腐の水切り、出汁濾し、
蒸し器やせいろの敷き布、食器拭き、
台拭きや手拭き、固く絞ったさらしに
ごはんを包んでおにぎりを握ったり、
コーヒーフィルターとしても使えます。

真っ白なおろしたては食品まわりに、
クタクタになってきたら掃除まわりに、
これ一つでキッチンまわりのことが
全てできると言っても過言では無いぐらいの万能さ。

エコで見た目も素敵で、便利。
これから長く愛用していきたいです。


2021.12.07 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ

迎春のお重と器

早いもので、もうすぐ年の瀬です。
少しずつ新しい年を迎える準備を始めませんか?

次のお正月も、家族や
身近な仲間と過ごす方が
多くいらっしゃると思います。

穏やかな日常を過ごせている事に
感謝をしながら、
新しい一年に希望を込めて、
一年に一度だからこそ、
大切にしたいお正月の食卓を彩る
器や道具をご紹介します。

まずは、おせち料理といえばの「お重」です。

こちらは、和歌山県の老舗メーカーが作る漆のお重。

蓋部分は、「紀州漆器」の
伝統的な漆の技術を用いながら、
モダンなデザインに、
本体部分の檜は、
世界遺産の熊野の間伐材を使用した、
木の素材感のある環境に配慮されたものに。

一番最初にこちらのお重を見た時、
フワッと香る檜の香りと、
木と漆の質感に感動しました。

また、今は”漆器”を使用しない方も増えてきているので、
漆器を広く使用してもらうために、
普段の食卓でも使えるようなお重を開発されたそうです。

自宅の食卓をグレードアップしたい時にも、おすすめです。

続いて、ダブルデイオリジナルの波佐見焼をご紹介します。

一番上の、人気の「紅い実」シリーズに加え、
カラフルな抽象模様の「色彩」シリーズや
「紅い花」など、素晴らしい絵付けで
ハレの食卓をパッと華やかにし、
また普段使いにも使える器たちです。

こんな器が作りたい、とご依頼すると、
必ずそれ以上のものを作って下さる窯元さん、

他には無いオンリーワンの器ですが、
料理を引き立ててくれる主張しすぎない柄が
絶妙だなと思っています。

お店での展開に間に合わせるために、
休み返上で生産いただいたそうで、
沢山の方の手元に届くよう願っています。
ハレの日も、普段の生活も豊かにするアイテムを、
ぜひダブルデイで見つけてくださいね。


2021.11.02 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ

冬のおもてなし~信楽焼 古谷浩一さん~

急に冬が近づいてきましたね。
防寒グッズを出したり、
しまい込んでいた土鍋を出したり、
冬支度をされている方も多いかと思います。

緊急事態宣言は解除され、
まだまだ気を緩めることはできませんが、
家族でホームパーティや
少人数のおもてなしをする機会も出てくるのでは。
そんな時に、気持ちもホッとあたたかくなる、
おすすめの商品をご紹介します。

まずは、信楽焼の古谷浩一さんの器です。
信楽で粉引と言えば、の古谷さん。

あたたかみがあり、シンプルで、
料理を引き立ててくれるので人気です。

コンポート皿や高台小鉢は、とても人気で、
普段の食卓で季節の果物をのせたり、
おもてなしの時は料理をのせたりと、幅広く活躍してくれます。

和食器ですが、リムボウルなど洋食器の形状も多く、
八角形のケーキ皿はクッキーをのせたり、
取り皿としてお使いいただけます。

粉引以外に、グレー釉もありシックで大人っぽいテーブルに。

続いて、オリーブのカッティングボードです。

北アフリカのチュニジアで、
古木のオリーブを利用して作られたカッティングボード。

自然木を生かした美しい形で、
そのままテーブルに出せるまな板です。

木目やサイズが一つ一つ異なり、味わいがあります。

わが家でも、サイドボードの上に
インテリアとして置いています。
素材感と存在感がとても良いです。

ネパールで職人さんが一つ一つ手作業で作った
フェルトのコースターは、
普段はマグカップに、おもてなしの時はワイングラスにと、
まるまるしていてとてもかわいいです。

これからの寒い冬を楽しく乗り切る
お気に入りのアイテムを
ぜひ、ダブルデイで見つけてみて下さいね。


2021.10.15 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ趣味

秋のごはんを美味しく・楽しく

まだまだ10月とは思えない
まぶしい日差しの日もありますが、
秋の味覚や新米を楽しみたい季節になりました。

美味しいパンやパスタもたくさんありますが、
それでもやっぱり「米」。
炊き立てごはんにかなうものはありません。

そんなごはんの道具や器など、
おすすめの商品をご紹介します。

まずは、「かもしか道具店の盤古焼 ごはん鍋」です。

なにより、美味しいごはんが炊ける鍋です。
吹きこぼれしにくく、
蒸気の穴を無くす事でごはんがふっくらに。
ごはんが炊き上がったら、そのまま食卓へ。
おひつ代わりにもなります。

続いて、同じく盤古焼の
「羽釜一合ごはん鍋」「手付きパン」です。

盤古焼は、耐熱性が高く、
丈夫で保温性・保湿性に優れています。

どちらも、見た目がかわいいので、
あるだけで嬉しくなります。

アウトドアでも使用されるそうです。

次に、ごはんといえばの飯碗です。
こだわりのマイ飯碗で、
ごはんの時間の満足度がUPしますね。

こちらは、美濃焼 正陶苑の
「へなりの飯碗」です。

土の風合いや釉薬で、
うまく現代のライフスタイルに
マッチさせる器を多数企画されている
正陶苑さん。

こちらは、手に持った時の
ジャストフィットを目指し、
「落っことしにくい」が自慢の飯碗です。

飯碗といえば、汁椀。
こちらは、山中漆器 我戸幹男商店の
ダブルデイオリジナルの汁椀です。

「我戸幹男商店」は
受け継いできた伝統をふまえ、
熟練の職人による高いろくろ挽きの技術をいかした
スタイリッシュな漆器を開発されています。

軽くて口当たりも良く、毎日のお味噌汁がワンランク上に。

そして、こちらは調理の時にあると便利なアルミのボウル。
表面に加工が施されており、
傷が付きにくくなっています。
軽くて扱いやすく、丈夫で持ち運びもできます。

直火可能なので、ちょっとしたものの温めにも。

この秋は、美味しく楽しいごはんの時間を、
ぜひぜひお過ごしください。


2021.09.10 11:00 category:お料理バイヤー裏話季節の愉しみ趣味

秋の食卓を彩る、美濃焼 錆かいらぎの器

少しずつ秋の気配を感じるようになりました。
スーパーや八百屋さんにも秋の味覚が並び始め、
食いしん坊にはこれから楽しみな季節です。

私もイチジクや梨など、秋の果物は大好きです。
これまで毎日のようにアイスクリームを食べていたのに、
秋の果物や美味しいコーヒーが飲みたくなったり、
少し気温が下がるだけで食べたいものも変わりますね。

そんな時におすすめなのが、美濃焼の錆かいらぎの器たちです。

美濃焼の兵山窯という、
織田信長にも器を献上されたとされる
歴史ある窯元で作られている、
わざと釉薬で貫入が入ったような仕上げの
とても雰囲気がある器です。

以前からとても好きで使っていましたが、
渋いのであまり万人受けはしないものでした。

ところが、最近若い方にも人気が出ているとのこと。
業務用にも出ているそうです。

ひとつひとつに手作業で釉薬や化粧土をかけているので、
釉薬が垂れていたり、焼きムラ、色ムラがあったり、
表情豊かで他には無い器です。

最後の仕様をマットにするか、ツヤ有りにするか、とても迷いました。

ツヤ有りの方が染みは入りにくいのですが、
より雰囲気が良くなるマットな仕様で
仕上げていただきました。

温度や湿度、窯内での置き場や日の当たり加減など、
その時その時で焼きあがりが変わるそうですが、
今回お店に入れてもらったものを見ると
少し白く、それがより洋にも和にも
マッチする雰囲気になっており、とても気に入っています。

どんな料理とも相性の良い、不思議な器です。
ぜひぜひ、秋の食卓を楽しむお供に、錆かいらぎの器をどうぞ。


 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 13 14 15 »
PAGETOP