Recommend

2015.10.16 11:30 category:お出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

秋のおしゃれピクニック!

10月の休日、
“大人のおしゃれピクニック”を開催しようと
いうことになり、数人が集いました。

当日は最高の晴天!絶好のピクニック日和!!

大きな木の下にちょど良い木陰ができていたので
ラグを敷いて、早速セッティングを開始です。

今回、“大人のピクニック”というテーマにこだわって
紙皿や紙コップは一切使わず、
食器やカトラリーを各自が家から持ち寄りました。

おかげで荷物は、相当な重さ!!! でしたが、
お料理の見え方が全然ちがいます。

一層美味しそうに見えませんか?!

そこで感じたのは、
「アウトドアにウッドの食器はやっぱり便利!」ということ。
軽くて割れにくいアカシアの食器たちは大活躍でした。

DURALEXのグラスも活躍。
持ち運ぶには少し重いですが、
強化ガラスで割れにくく
プラカップでは味わえない雰囲気がでます。

ひとしきり、飲んで食べた後には
お待ちかねの珈琲タイム。

珈琲はHARIOを使って
(もちろん、これも持参!)
本格的にドリップ。

気候の良い日に、緑に囲まれた場所で食事をすると
本当に美味しく感じますね。

涼しい木陰でゆっくり食事をしながらお喋りをし、
小さなゲストともたわむれ、癒された一日でした。

次はクリスマスパーティかな~(笑)


2015.10.13 11:30 category:お料理季節の愉しみ

ある朝の収穫

爽やかな秋晴れの休日。

朝から散歩に出掛け、
帰り道にお気に入りのパン屋さんへ。

美味しそうなパンをたくさん手に取り、
お会計をしていると…

「ぶどうとクリームチーズのパンが焼きあがりました~」という声が聞こえ、
焼き立てのパンたちがオーブンから出てきました。

思わず、「あれもください!!」
となったのは、言うまでもありません。

その後、果物屋さんの前を通ると…
今度は大振りの実がぎっしり詰まった
“ピオーネ”が目に入り。

吸い寄せられるようにお店に入って、
これも収穫。

「朝ごはんは散歩前に食べたなぁ」と思いつつも、
焼き立てのパンを後で食べる。なんてことはできません!

コーヒーを淹れ、
さっそく「いただきまーす!」

ふかふかもちもちの生地に、
ぶどうの甘さとクリームチーズのほのかな酸味の組み合わせが絶妙!

それから3時のおやつには、
ピオーネ。

ぎゅっと引き締まった実から溢れ出す果汁と甘さが
これまたたまりません!

予想外の収穫物に心を弾ませた1日でした。


2015.10.09 11:30 category:お料理季節の愉しみ

祖母から受け継がれる味 おはぎ

すっかり秋めいてきましたね。

お花屋さんにも秋の花々が
色とりどりに並んでいて、
思わず手にとってしまいました。

「何か秋らしいことがしたいな」と思い立ち、
秋分の日に、はじめておはぎを作ってみました。

まず小豆を煮て、粒あんを作っていきます。
煮立ったら差し水をし、再度煮立ったらざるにあげて。
それを何度かくりかえして

鍋でコトコトコトコト
じっくり時間をかけて煮ていきます。

ほんのり甘い粒あんができました。

次に、もち米を炊いていきます。

水につけ置きしていたもち米を
我が家ではまず、少量の水を入れて鍋で煮ます。
(十分にもち米の中に水分を閉じ込めるためです。)

そして、我が家の長年の相棒
“蒸し器”で炊きます!

この方がもっちり美味しくできるんです。

そして待つこと、数十分…。
ほわほわに炊き上がりました。

ちょっと味見。これでも十分美味しいです。

すり鉢に取り出して、すりこ木で
もち米の粒が半分残る程度につぶしていきます。

最後に、もち米とあんこを
さらしのふきんにとって、やさしく丸めれば

完成!

粒あんと、きなこと、こしあんと
(こしあんは、冷蔵庫にのこっていた市販のあんこを使って)
3種類を作りました。

今回実は、叔母に教わりながら
手を借りて作りました。
祖母もよくこうやって作ってくれたそうです。

次からは全部一人で作れるかな…。


2015.10.02 11:30 category:お出かけ・旅行お料理趣味

神聖なる場所で Vol.3~宮島にて~

『今年は神社を巡る旅行がしたい!』
と年始に思ったことを実現した旅の第3弾。

・第1弾はこちら
・第2弾〈出雲〉はこちら

言わずと知れた、広島の宮島に建つ
“厳島神社”へ行って来ました。

人の少ない時間にゆっくり楽しみたかったので、
朝8時前にはフェリーを降りて島に降り立ちました。

宮島は昔から「神の島」として崇められていたことから、
御神殿を、海水がさしひきするこの地に建てられた
といわれています。

朱色と水面の色のコントラストが
何とも美しく目を奪われます。

水と光が織りなす、幻想的な景色。

宮島に鹿がいるのは知ってましたが、
思いの外、たくさんいてびっくり。

でも、仔鹿は石垣の上だけにしかおらず、
親鹿に守られている感じ。

はぁ〜とため息が出るほど
美しい建造物を一通り堪能し、9時半。

もうひとつの楽しみを目指します!

最後は食い意地が勝り、風情が台無し…
といった感じでしたが

広島に来て牡蠣を食べずに帰るなんて
もったいなさ過ぎ!ですよね。
『神聖なる場所』も「食い気」には敵いませんでした。

こちらも存分に堪能し、お腹いっぱいで
帰りのフェリーに乗り込みました。

うーん!おいしかった〜!(笑)
いい旅でした。


2015.09.15 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

堂本正樹さんの和食器で夕食を

神戸市にある板宿の市場で、
キレイな茄子を見つけました。
(4本で100円!?)

いつも買い物をする近所のスーパーマーケットより
「良い買い物ができた」と満足。

茄子は夏野菜のイメージですが、
晩夏から初秋は秋茄子の旬になります。

翌日、夕食のおかずにしました。

先日、朝食で使用した
「堂本正樹さんの器」に盛り付けます。
(⇒朝食の時の記事はこちらから。)

<夕食の献立>
・茄子のレンジ蒸し(薬味たっぷり)
・モズク酢
・鶏手羽と舞茸の炒めもの
・いわしの丸干し
・なめこ

食欲の秋到来です。
秋の食べ物は美味しくて、
ついつい食べ過ぎてしまいますね。

「早く、さんまと栗ごはんが食べたいな~」
と思う、今日この頃です。


2015.09.08 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

お気に入りのお弁当箱

9月に入り、だんだんと
気候も過ごしやすくなってきましたね。

真夏の間は避けていたお弁当作りも
そろそろ再開しようかな〜と思い、
取り出してきました。

ダブルデイで見つけた
木のお弁当箱。

これを買ってから
お弁当作りが格段に楽しくなりました。

ご飯をいれるところは「木」で
おかずをいれるところは「プラスチック」の
お弁当箱。

木のお弁当箱の良いところは、
木がご飯の余分な水分も吸収してくれるので
“お米が美味しくいただける”ことです。

またこういう木のお弁当は、
電子レンジで温めができないとこが玉にキズですが、
こちらだとおかずは温められるので
重宝しています。

和のお弁当箱には、
和風のおかずが良く合います。

ご飯にも梅干しとごまだけ。
ちゃっちゃっと適当に作ったものも
このお弁当箱に詰めるだけで
なんだか可愛くみえてしまうから
不思議です。

もう、プラスチックのお弁当箱には
戻れません!

そして、お弁当を作るようになって
集めだしたのが“包み袋”。

一番愛用しているのが
もういつのものだったか忘れてしまった
ダブルデイのノベルティ。

最近は、至る所でお弁当箱にあいそうな
手ぬぐいや布ものを物色しています。

スイカや夏みかんが並んでいた
我が家の食卓にも、秋の訪れが…。

梨と無花果、秋の味覚です。

さて、一番好きな秋の季節、
今年はどう楽しもうかな。


2015.08.25 11:30 category:お出かけ・旅行お料理季節の愉しみ

CAMP OUT!

先日、滋賀県の琵琶湖北端にある
余呉高原にキャンプへ行ってきました。

子供を連れての泊りキャンプは初めてなので、
今回はテントキャンプではなく、
バンガロー泊のキャンプ場を選びました。

山あいの静かな森の中にあるバンガローで
各小屋の前に備え付けのBBQ炉があり、
手軽にBBQが楽しめます。

今回はダッチオーブンで作るパエリアと、
ピザを作ることに。

子供達はピザ生地作りに大はしゃぎ!
私は真夏の炎天下の中、黙々と
炉の火起こしです。

悪戦苦闘の末、
ピザもようやく良い感じで火が通り、
夕食の準備が整いました。

でもその頃には
子供達はお手伝いにすっかり飽きたようで、
バンガロー内で走り回っていました。

日帰りのデイキャンプも楽しいですが、
どうしてもゆっくりくつろぐ時間がないのがネック。

でも今回は泊りなので子供達を寝かしつけた後、
大人だけでゆっくり星を見ながらの晩酌です。

バルコニーから星が見えたので
持参したハンモックに寝ころがってくつろぎました。

翌朝、朝から元気な我が子はパジャマ姿で
バルコニーに設置したままのハンモックでゆらゆら~。
気持ちよさそうでした。

自然に触れ合い、非日常を満喫できるのが
キャンプの魅力ですね。

今回はバンガロー泊でしたので、
来年はテントキャンプできるかな~。


2015.08.11 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

堂本正樹さんの和食器で朝食を

普段は控えめな朝食で
パンとコーヒーで済ませることが多いのですが、
今日は久しぶりに朝から野菜やフルーツも
しっかりいただきました。

私の仲間内では、ひそかにキウィフルーツが流行っており、
今日も朝からキウィフルーツを丸ごと一個。
ビタミンCが豊富に含まれているのだとか。

朝食に使用したのは、堂本正樹さんの和食器。
信楽焼の素朴でほっこりしたイメージとは少し違う
モダンな佇まいが素敵です。

どこかアンティークの洋食器のような雰囲気もあって
洋食とも好相性です。

質感と形から温かさがにじみ出ていて
黄みがかった粉引きや青緑の釉薬も素敵。
個人的にはザラつきのある手触りが好きです。

朝が苦手な私には、
朝食を毎日しっかり食べることは難しそうですが…

せめて休みの日くらいは
バランスの取れたメニューを素敵な器に盛りつけて、
ゆっくり朝食を楽しみたいな~と思います。


2015.08.07 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

夏の1日

暑中お見舞い申し上げます!

暑い!毎日うだるような暑さが続きますね。
こう日射しが強いと、ついつい木陰を探してしまいますが
木々の緑と青空のコントラストにも目を奪われます。

さて、暑い日は食欲もなくなりがち。

夏の定番「そうめん」も、
大好きな“安見 勇人さんの器”に盛り付けて
少しでも涼を感じる食卓に。

ちょっと変形になっている「6寸鉢」は、
一人分のそうめんを盛り付けるのに
ちょうど良い大きさです。

そういえば、今日は地元の花火大会。
浴衣を着ようかな…?と思い立ち、
和箪笥から引っ張り出してみました。

帯に「帯留め風」の小鳥柄が描かれているのが気に入って
同じ柄の浴衣と合わせて購入したものの、
1度きりの着用で眠らせていた浴衣。

久々に着てみようと思い立ったものの、
これまた猛暑を理由に
心が折れて結局着ませんでした。

地元の花火大会は、小ぢんまりしていますが
人混みが苦手な私にはこれくらいで充分。

今年の夏も半分以上は満喫したかな?!


2015.07.22 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

トウモロコシのおすそ分け

7月の初めに、母の友人から
収穫したてのトウモロコシを
たくさんいただきました。

毎年この時期、
甘くてぷっくりした
立派なトウモロコシのお届けが、
年に一度の楽しみになっています。


早速、茹でて食卓に出すと
「ハムスターがひまわりの種にかじりつくような形相」で、
旦那がトウモロコシにかぶりついていて、びっくり。
あっという間に完食していました。

トウモロコシってこんなに甘いものだったのか、
と驚く美味しさです。

毎日飽きることなく食べ続け、
最後はサラダに。

おまけに、実家の庭に育つ梅を使った
父の「自家製梅干し」もおすそ分けしてもらいました。

夏野菜の素揚げに梅肉ソースをかけて、
いただきます。

もらってばかりでなく、
私も喜ばれるおすそ分けをしていこうと
心に誓う今日この頃です。


 « 1 2 3 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 »
PAGETOP