Recommend

2015.02.24 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

LODGEで春野菜のグリル

春一番が吹きましたね!

八百屋さんの店頭にも、
菜の花、新玉ねぎ、春キャベツ、
新じゃがいも、アスパラガスと春野菜が並びはじめ
「春が近いんだな」と感じさせられます。

芽キャベツが冬の野菜だったとは、
先日のDAY’s仲間のブログで初めて知った私。
なんとなく春のイメージですね。

そんな春野菜を使って
休日のランチに野菜のグリルを作りました。

グリルに使ったのは“LODGEのフライパン”

オリーブオイルを入れ、ただ焼くだけの簡単料理で、
味付けは塩だけ。野菜の旨味が感じられます。

ハンバーグも焼く時に水を入れなくても、
ふんわり美味しくできます。
(少し焦げてしまいましたが…)

私が使っているのは少し大きめサイズですが、
お店には初めて使う方にも挑戦しやすい
ミニサイズのものを揃えています。
テーブルウェアとしても使える便利なサイズです。

次は、春野菜のピクルスを作ろうかな。

「春はもうすぐ」と
心待ちにする時間も楽しみたいものですね。


2015.02.20 11:30 category:お料理ダブルデイグッズバイヤー裏話

撮影現場の裏話

恒例になりつつある撮影現場の裏話。
今回は、撮影現場での“苦労話編”です。

【その① 気温と天候】

撮影時は、風で商品が揺れたりしないよう
空調を止めたりするので
夏は汗だく、冬は極寒になることもしばしば。

そして、撮影担当の中に
究極の『台風女』と『雨女』がいるため、
撮影の日はいつもお天気が不安定。

今回の撮影の日も、大阪でも雪が舞うくらい極寒の日でした…。

【その② 空腹】

このシーンを撮影していたのは、お昼時間をとっくに過ぎた14時前。
実はこの日、トラブルがありスケジュールが押してしまったため
14時前でも昼食がまだでした。
美味しそうな料理を目の前に撮影メンバーは全員腹ペコ状態。

『このカットが終わったらお昼ご飯。…でもお腹すいた…限界だ…』と

あちこちでつぶやきながら、このカットを乗り切りました。

【その③ カメラマン】

今回は、いつもより荷物が多く
現場は逃げの場所が全くない状態。

そんな中でも、私たちが
『もっと引いてほしい!』とか
『こっちのアングルで!』と

あれこれ注文をつけるものだから、
カメラマンさんはカメラ位置の確保が大変。

家具の中に入り込んだり、かなりきつい中腰になったり…
いつもありがとうございます…。

そんな苦労を乗り越えて、皆様に春のイメージを
お伝えできる日を迎えた撮影担当たちは
喜びもひとしお!店頭やホームページでぜひご覧ください。


2015.02.13 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ趣味

MYくらしの定番

ダブルデイの店頭では、2015年春のテーマである
「ダブルデイくらしの定番」がスタートしました!

『流行に左右されないデザイン』
『丈夫だから永く使える』
『くらしの中にいつもある』

そんな”ずっと使い続けたいもの=定番アイテム”を
集めてご提案しています。

今回は、「くらしの定番」アイテムの中から
普段私が愛用しているものをご紹介します。

まず1つ目は「LODGE(ロッジ)スキレット」

一昨年前くらいに購入したのですが、なかなか重宝しています。
最初は慣れなくて、食材がこびりついて黒焦げになることもありましたが
近ごろお肉を焼く際は、大体このスキレットで調理しています。
肉汁が外に逃げず、旨みが閉じ込められて美味しいのです。

鉄のフライパンは、重いし錆びると敬遠されがちですが
食材を美味しく調理してくれるだけでなく、
お手入れすれば長い間使用することができます。
鉄分も摂取できて、一石三鳥です。

2つ目は「アカシアウッドの器」

以前に購入したものなので、今季の新しい型ではないですが
トレイにしたり器にしたり使用頻度はかなり高め。
自然な木目が美しく、植物油などでお手入れするたびに
味わい深い表情になっていきます。

最近、アカシアウッドのトレイや器は流行していますが
流行に関係なく、きっと飽くことなく使い続けるだろうな…
と思います。

丈夫で流行に左右されないシンプルなデザインのものは
多少高額だったとしても、様々なシーンで使え
飽きも来ず永く使えるので、結果得をするように感じます。

今日のご飯は、この2アイテム使っていただきました。


2015.02.03 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

ホットワインとアロマとキャンドル

明日は立春。暦の上では早くも“春”ですが
もう少し厳しい寒さが続きそうですね。

寒くて家を出る気にならない日や
なかなか寝付けない夜。
そんな時は本を片手に
ちょっとキャンドルを灯して
ホットワインを楽しんでいます。

赤ワインにシナモンやクローブなどのスパイスと
オレンジやレモン、ブルーベリーなどのフルーツで香り付けされ
少し砂糖が入ったドイツの伝統的なグリュー(ホット)ワイン。

温めると香りが引き立ち、ほのかな甘みでホッとします。
体もあたたまって、リラックスしてよく眠れます。

最近、増えたお供がもうひとつ。

一昨年ぐらいにダブルデイで購入した
“アロマディフューザー”。
ここ一年程しまいこんで忘れていたのを
年末の大掃除で見つけました(笑)

久しぶりに使いだし
アロマの香りに癒やされています。

同じくダブルデイで購入していた
ライムとベルガモットのエッセンシャルオイル。

こちらは、少しお風呂に垂らしてアロマバスに。
どちらも爽やかな柑橘系の香りで気分もリフレッシュします。

また少しアロマにハマりそうです。


2015.01.30 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

冬の間に食べておかなきゃ気が済まないもの

まもなく立春。
ダブルデイにも春の新商品が入荷する季節です。

断じて冬が好きなわけではありませんが、
冬の間に食べておかなくては
気が済まない食べ物がいくつか…。

まずは「芽キャベツ」。
春キャベツと雰囲気が似ているので
春の食べ物と思われがちですが
実は冬が旬の食べ物。

かわいらしい見た目、歯ごたえのある食感、
甘みのなかにあるほろ苦さが好きなんです。
下ゆでして使うことが多いですが
ゆでずに弱火でじっくり火を通してみました。

ベーコンを一緒に焼き、
粒マスタード&ハニーソースで味を付けたシンプルな炒め物。
粒マスタードの酸味も効いてやみつきになる味です。

次は「チーズ」。
チーズって年中出回ってるけど…?!と
思いますが、チーズにも旬があるそうで。
冬が旬の白カビ系高級チーズはなかなか手が出ませんが
手軽に購入できるカマンベールで
簡単なフォンデュをするのが冬の楽しみです。

チーズと野菜をオーブンであたためるだけの超簡単フォンデュ。
とろけたチーズと野菜の組み合わせは最高です。

残り少ない冬、もう少し満喫しなきゃ!


2015.01.13 11:30 category:お料理季節の愉しみ

七草粥を食べて、健康祈願

1月7日の朝に、春の七草をお粥に入れて食べる習わしは
「1年の邪気を払い、万病を除くため」や、
「お正月に食べ過ぎて弱った胃を休めるため」
とも言われていますね。

今年は、私もチャレンジ!

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、
ほとけのざ、すずな、すずしろが入った
「七草セット」を購入し、七草粥を作りました。

七草の他にお餅と塩が入っただけのシンプルなお粥ですが、
子供の頃からこのお粥が好きです。

人参やごぼうが入る地方や、
四国では七草を和えものやお浸しにして
食べる所もあるそうです。

まだまだ寒い日が続きますが、
少しだけ春を感じることができました。


2015.01.08 11:30 category:お料理季節の愉しみ

寒い冬の夜は・・・

冬になるとわが家の晩ごはんは、鍋の回数がぐんと増えます。

とある日は、牡蠣の味噌鍋。

また、別の日は鶏鍋。

簡単で美味しく、野菜をたくさん食べることができ、
身体も心もあたたまります。

まずは鍋を楽しんで。
次の日はラーメンを入れてなど
二度楽しめるのも鍋の良いところ!

さらに別の日は、水炊きにキムチ鍋と鍋が続き…
とうとう飽きて、

先日は牛スジカレーを作りました。

飴色になった玉ねぎとすりおろしたリンゴを炒め、
隠し味にトマトとにんにくを入れて、
じーっくり時間をかけてトロトロ煮込んだルーは
とても美味しかったです!

まだまだ寒い冬が続きますが、身体が喜ぶものを食べて、
みなさまが今年も一年、元気に過ごせますように…。


2014.12.25 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ

琺瑯のミルクパン

ダブルデイでこの秋から取り扱っている、
イギリスDexam社の「Vintage home」という琺瑯シリーズ。

名前の通り、ぽってりとした形や
少し懐かしいような色合いが特徴です。

このぽってり感は、より耐久性を高めるために
釉薬を二度掛けしているからだそうで、
かわいいだけじゃない、実力派なのです。

私はミルクパンを購入しました!
容量約670mlと小振りで、
食べる分だけ温め直したり、
卵を一つ二つ茹でたりするのに
ちょうど良いサイズ感です。

このパンを買って一番よく作るようになったのが、お味噌汁。

いつも2杯分で作るのですが、
少量なので5分くらいで沸き、
15分とかからず具にも火が通ります。

少し遅くなって疲れて帰宅しても、さっと作れるので
作りたてのお味噌汁をほぼ毎日飲むようになりました。

いつもの家事が少しでも簡単になると、
嬉しくて毎日使いたくなってしまいますよね。

私にとってこのミルクパンはそんな道具の一つです。


2014.12.23 11:30 category:お料理季節の愉しみ

ぜんざい

師走も半ばが過ぎ、今年も残りわずか。
週を追うごとに冷え込む日が増えてきましたね。

寒くなると無性にぜんざいが食べたくなるのですが、
市販のあんこは甘すぎて苦手。
今年は初めて小豆を煮るところから挑戦してみました。

水から煮て沸騰したらゆでこぼす、を4回繰り返し
砂糖を入れ、さらに小一時間。

火が立ち消えないよう時々気にかけながら、
雑誌をめくったり、考え事をしたり。

それでも待ちきれず火がちゃんと通っているか、
焦がしてないか…
途中、心配でそわそわ何度も蓋を開け、
豆を触って…としてしまいましたが
コツはかなりの弱火でじっくり煮て、
気長に気長に待つことにあるようです。

煮ること2時間弱。
ふっくら、ほんのり甘く仕上がりました

たまには時間をかけて料理を作るのも良いな
と思った休日の午後でした。


2014.12.18 11:30 category:お料理季節の愉しみ

朔旦冬至

今年の冬至は、12月22日。
今回は19年に一度の珍しい
「朔旦(さくたん)冬至」らしいです。

冬至は、1年で最も日が短い日。
翌日から日が長くなっていくということで
古くから冬至は

“太陽が生まれ変わる日”と

捉えられているそうです。

「朔旦冬至」は、新月(朔)と冬至が重なる希少な日のこと。
“月の復活と太陽の復活が重なる日”ということで、
大変おめでたい日なんだとか。

冬至といえば、かぼちゃと柚子湯ですよね!
叔母から柚子をおすそ分けしてもらいました。

たくさんあれば柚子湯にしたいところですが、
今回は、ゆずジャムを作ってゆず茶にでも
しようかなと思います。

冬至に柚子湯に入ると
風邪を引かないといいますが…

ここ数年我が家の風邪予防はこちらの
「金柑の甘露煮」

いつも知り合いの方からいただくのですが
数が数だけに種子を取る作業が大変なのだとか。
とても美味しくて、毎年この季節になると
今か今かと待ち遠しくなります。

実よりも甘いお汁が大好きで、止まらくなくてついつい…
先に汁だけが減り、よく怒られています(笑)

山茶花も花を咲かせはじめ
庭に彩りを添えています。

寒さが本格的になってきましたが
美味しい栄養補給で乗り切りたいですね!


 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 »
PAGETOP