Recommend

2016.09.21 11:30 category:お料理季節の愉しみ

食について考える

9月に入り、食欲が増す季節に突入しましたね!

規則正しい生活とバランスのよい食生活を毎日欠かさず続けたいところですが、
簡単なようで難しいですよね。
私自身も平日は外食も多く、家で食べるときも簡単なもので済ませてしまい、
野菜不足で偏食の日が少なくありません(泣)

そんな中、先日マクロビオティックのお料理教室に行ってきました。
マクロビオティックとはご存知の方も多いと思いますが、
玄穀物や野菜、海藻などを中心とした食事を摂ることにより、
自然と調和をとりながら、からだとこころのバランスと
リズムを取り戻す食事法と生活方法です。

まずは基本の玄米の炊き方と雪鍋の作り方を教えていただきました。
玄米はバットに広げて虫食いや欠けがあるものはよけて、
きれいに洗って圧力鍋で炊きます。
雪鍋は大根をやさしくおろして鍋に入れ、お豆腐と一緒に煮て、
最後に塩をひとつまみ入れるだけ。
どちらもやさしく丁寧に気持ちを込めて料理するのが基本です。
出来上がったものをいただくと、玄米の程よい食感と
噛むと広がる風味・大根の本来の甘さを感じるとてもやさしいお味でした。

9月画像①

帰って、もう一つ教わったスィートベジタブルスープを作ってみることに。
作り方は簡単で、同量の玉ねぎ、キャベツ、カボチャ、人参を細かく刻んで、
鍋に重ねて、丁寧に水を入れて煮るだけ。
9月画像②

9月画像③

20分ほど煮たら野菜をこしてスープだけをいただきます。
9月画像④

こちらも味付けはひとつまみの塩だけなのに
野菜のあまさとうまさが出たやさしいお味です。

早速、玄米を買い、お家での夜ご飯は玄米を食べ、
バタバタする朝も野菜ジュースを作るようにして、
少しずつでもバランスのよい食生活を心がけて
自分自身のこころとからだに向き合う機会を増やしたいなあと
思っています。


2016.09.16 11:30 category:Antiqueお出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズ

お宅訪問

残暑厳しいとはいえ、少しずつ秋の気配を感じるようになりましたね。

そんな秋の爽やかな風がそよぐ、9月に入ってすぐの週末、
スタッフのお宅にお邪魔することになりました。
以前もこのブログで、DAY’s仲間が紹介していたお宅なのですが
(そのブログはこちらから)
リノベーションの工夫があちこちに見え隠れする彼女の家には、
ダブルデイのアイテムがたくさん。

画像①

もはやダブルデイの定番となったERCOLのチェアは、
経年変化の過程が見えて、この家でも定番に。

画像②

2歳になる男の子の遊び場は、ギャッベの上。
少々飛び跳ねても、厚みのあるギャッベだと足音も吸収するようです。
もちろん、ウール100%で足触りも抜群。

画像③

DAY’s仲間のブログにも登場した、アンティークヤード西宮店で
購入したという木馬は、オブジェとして、
今はクマのぬいぐるみがお行儀よく座っています。

画像④

読谷の器とスリップウェアでまったりとお茶の時間。
秋の味覚の栗のお菓子と黒豆のおはぎを堪能。
天板がちょっと写っているだけですが、
これは伸長式のG-Planのダイニングテーブル。

本当はお昼にたこ焼きパーティー!ということで集まったのですが
、肝心のパーティーの様子は「焼き」と食べることに夢中になり過ぎて、
全く写真を撮ることを失念していました…
今度お邪魔する時は、料理もちゃんとカメラに収めるように!
忘れないでおきます。

ダブルデイ愛満載!!のお宅訪問レポートでした。


2016.09.13 11:30 category:お出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ未分類

残暑厳しい折・・・

今年も暑い夏でした。
いくぶん過ごしやすくなったとはいえ、
残暑はもう少し続きそうでしょうか・・・

さて、DAY’sでは夏の思い出話がたくさんあがりましたが、
うつりゆく季節の名残を惜しんで
わたしも夏の思い出を。

DAY’s仲間は、スパイスの効いた食べ物を堪能したようですが
わたしは、この夏「トマトのはちみつ漬け」にはまりました。

1

湯むきしたプチトマトを、はちみつとレモン汁で漬けるだけの
超簡単レシピですが、フルーツのような味わいが楽しめる
夏の味として、2~3日おきくらいで作っていたように思います。

2

3

大きめの野田琺瑯より、小ぶりなWECKのほうが
はちみつ液がよく浸透しておいしく作れました。

もう夏休みも終了間近の頃、通りすがりに出会った盆踊りで
縁日のなつかしさに誘われてヨーヨー釣りをしてみたり。
ノスタルジックな色合いでしょ。

5

秋の気配がほんの少し顔を見せる頃、大好きないちぢくを発見!
待ちに待った、いちぢくさん!(笑)

4

さて、今年も食いしん坊の秋を満喫するのが楽しみです。


2016.08.30 11:30 category:お出かけ・旅行お料理季節の愉しみ趣味

夏の思い出~横浜旅行~

八月も残り二日。
猛暑日が続いた今年の夏。(まだまだ暑い日は続きそうですが)
みなさん、「夏の思い出」は沢山出来ましたでしょうか。
私は山や海・川には行っていませんが、今年も綺麗な花火を見に行きました。

写真①
 
残念ながら浴衣は着ていないのですが、
ビールを飲みながらの花火鑑賞は最高でした。
花火の話はさておき、本題の横浜旅行の話へ…

友人が、好きなアーティストのライブがあるという事で
ある週末、新幹線に乗り横浜まで行ってきました。
付き添い気分で行ったのですが、
夕方から夜にかけての野外ライブは、開放感と、時折吹く風が心地よく
最高のロケーションで、想像以上に楽しめました。
その日は、横浜で一泊。
ちょうど海側のお部屋で窓からの眺めも良好。

写真②

次の日は朝から天気が良く、まだ八時台というのに
ちょっと歩くだけで汗が出ます。
昨日ホテルの窓から見た景色を別の角度から…

写真③

散歩がてら、前から少し気になっていた赤レンガ倉庫へ行ってみました。

写真④

まだお店も開店前という事と、あまりの暑さに
ぐるりと見て終了というあっけない結果に(笑)
気を取り直して、向かったのが横浜中華街。

写真⑥

写真⑦

神戸や、長崎の中華街とはやはり大きさが違うなと思いながら
歩いていると、あちこちからいい香りが。
私たちは「中国世界チャンピオン 世界一の肉まん」という
いかにも観光客が入りそうなお店で、肉まんを食べ
少し歩いたところのお店で小籠包を食べました。

写真⑧

お店のおじさんが小龍包を渡すときに
火傷するからと、グサッとフォークを差したのに
少し衝撃を受けながらも美味しく頂きました。

もっと時間があれば、台湾ちまきやゴマ団子・台湾かき氷と
沢山食べたいものがありましたが新幹線の時間も迫っていたので、
バタバタと帰路に着きました。

炎天下の中歩き回ったので、疲れもピークに新幹線には乗車後ものの数分で
眠りにつき、横浜から大阪までがあっという間に着きました。
今回の横浜旅行は、野外ライブと、美味しいごはんを堪能出来、
最高の「夏の思い出」となりました。

九月もまだまだ暑い日が続きそうです。
みなさん、お出かけの際は程よい休憩と水分補給を忘れずに。


2016.08.25 11:30 category:お出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

2016年の夏

最近、四季を楽しもうと心掛けているので
今年は夏らしい事がいつもよりたくさん出来たように思います。
出来るだけ家に籠らず、暑くても休日は予定を立て
バーベキューや川遊びをしたり、花火を見に行ったりしました。

そんな今年の夏よく食べたのがスパイスの効いた料理と冷たい麺。
どちらも夏に食べたくなるメニューです。

韓国冷麺
画像①

トムヤムクン
画像②

カレー
画像③

この3つはこの夏本当によく食べました。

元々スパイス好きなのですが、夏はより一層スパイスを欲します。
韓国冷麺にはお酢をたっぷり入れて。

カレーはダブルデイでも販売しているので
気になる方は是非試してみてくださいね。

今年は何年かぶりに、ちゃんと花火を見ましたが
迫力があって綺麗で、やっぱり良いものですね。
来年もたくさん夏を感じられますように…

画像④

秋も「秋らしい事」をするつもりです。
友人が松茸バーベキューをしてくれるそうですが
実現するのでしょうか…


2016.08.19 11:30 category:お出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

湘南レポート ~夏を2倍以上楽しむ

この街で初めて迎える夏。
年中夏気分!?の、湘南街全体が待ちにまった8月。
待望の夏本番がやって来た嬉しさに包まれています。

写真1

この夏のハイライトと言えば海上花火。
サザンビーチから富士山をバックに打ちあがる花火に酔いしれ…

写真2

「どっこいどっこい」という掛け声と共に、
海の中で神輿を担ぐ姿に大興奮‼︎こちらは茅ヶ崎の浜降祭。

写真3

湘南の地元で採れた野菜を使って…

写真4

野菜たっぷり夏野菜カレーを堪能‼︎
ダブルデイでも取り扱いのある、
英国王室御用達のシェアウッドカレーソースと夏野菜を
大原拓也さんの9寸皿に添えて夏バテ解消。

写真5

今までの何倍も楽しさを詰め込んだ
湘南のひと夏に出会えて、少し苦手だった
この季節がとっても好きになりました。

…次回はいよいよ、初体験サーフィン編…を
お届けできるのでしょうか!?
この夏乗らなきゃいつ乗るの!?乞うご期待。


2016.08.16 11:30 category:お出かけ・旅行お料理バイヤー裏話

中華料理

海外出張で一番行く回数が多い国、中国。 

展示会や工場訪問と回を重ねるごとに街並みや人々の佇まいにも慣れ、慣れないのは言葉だけになってきました。
・・・と、思っていたのですが、先日の中国出張で食した料理を
思い出し、食べ物、料理の奥深さには毎回驚かされている事に
気付きました。

一言に中華料理といって、四川料理や広東料理など地域ごとに
大きく異なるうえに、同じ地域でも地元民向けだったり、
旅行客向けだったりと見た目も味も全然違ってきます。

先日は「最近新しくできた人気レストラン」があるので
今晩はそこへ行こうというメーカーさんのアテンドで
地元民に人気のレストランへ行ってきました。

中華①

入り口には分かりやすい写真入りの看板です。
だいたい察しはつきますね。

店内は工場の居ぬき?という感じで、とても高い天井に
殺風景な床や壁。
新品と思われる椅子も、プラスチック製のいかにも中国ローカルな
雰囲気です。

中華②

で、料理ですが、ガチョウの紹興酒鍋! そう鳥鍋です。
料理自体はそんな複雑な物ではないのですが、
熱く熱した鍋に紹興酒を入れ、蒸気が噴出したところで火を着けます。

中華③

鍋全体が炎につつまれるダイナミックな料理は
エンターテイメント的な物でもあるようで
地元のお客様に大人気との事。
よくみると結構熱気が上にまであがっていきます。
そう、天井が高いにも理由があったんですね。
普通の天井高なら確実にスプリンクラーが作動して
水浸しになる勢いの炎でした。

待つこと、なんだかんだと30分ぐらい。 
構待ち、やっと完成です!

中華④

見た目は茶色一色の地味な感じでしたが、
紹興酒で煮込む事で肉が柔らかく、
見た目に反して薄味であっさりした中に、
鳥殻スープの奥深い味が染みていてとても美味しい料理でした。
中華料理のすごいところは、
見た目や具材は想像を超える物が多いのですが、
味もまた想像を超えた美味しい物が多いところだと思います。
次回は、どんな中華と出会えるかな~。


2016.06.24 11:30 category:お出かけ・旅行お料理

コト・モノ求めて広島へ ~宮島編~

久々にゆとりが持てた休日。
“コト”と”モノ”を求めて一泊二日広島方面の旅に
出かけました。

広島市内へは商談で幾度となく
訪れていたので
今回はまず、宮島を目指すことに。

画像①

本土と宮島をつなぐフェリーは
JRと私鉄が運営していて、今回はJRで。

あまり乗りなれないフェリーですが
風が気持ちよく、仕事でたまった疲れも
そのまま風とともに流してくれるよう・・・

ついて早速、鳥居へ向かいましたが
潮の満ち引きを、全く調べていなかったので
近くまで歩いて見に行くことはできませんでした。

画像②

お昼にはまだ少し早い時間だったのですが
観光客で混みあった中でのランチを避ける為
少し早めにお目当てを目指します。

商店街をぬけたその先にある
お目当てのお店、有名店の名物穴子丼です。

画像③

兵庫県明石市に住んでいる私としては
明石の穴子との食べ比べ。

宮島の穴子は、蒸している為
ふっくらとしていて味付けも優しく、
明石の焼いた香ばしい穴子とはまた
違ってとてもおいしかったです。

画像④

何かモノも求めてきたのですが
民芸品店では、コレ!と思うモノに出会えず
宮島では、島を散歩しロープウェイに乗ったり
おいしいご飯を食べて終了。

島の所々に気持ちよさそうに寝ている鹿の
優しい表情が気持ちを和やかにしてくれました。

画像⑤

続きはまた今度!


2016.05.19 11:30 category:お料理季節の愉しみ趣味

湘南レポート ~朝食編~

湘南生活も7ヶ月目に突入。
波デビューには未だ至っていませんが、
居心地の良い毎日に夏が待ち遠しいこの街での生活です。

江ノ島が見えるここからの眺めがとても好きです。
季節ごとに変わりゆく潮風は日を追うごとに
夏を感じさせるものになって来ています。
本格的なシーズンを前に、サーファーの人たちで
いつもより賑わってきた海岸通り。

写真①

そんな休日の土曜日の朝。
家から歩いて5分…散歩途中に土曜日の午前中だけ
開かれているという朝市を偶然発見!!

鎌倉や藤沢で採れた野菜が並び、
朝から沢山の人で賑わっていました。
(興奮のあまり朝市の写真を撮り忘れました…)
なんとか野菜の詰め合わせをゲットして、
朝食のメニュー決定!!

写真②

“地産地消”という言葉がありますが、
その土地で採れたものを食すと、
食材が新鮮なのはもちろん、身体の中から
この街に馴染めるような気になりますね。

近所の散歩コースにパン屋さんとコーヒー屋さんがあるのも好都合!!
新たな発見があった素敵な朝でした。

写真③

さぁ…波に乗れる日は、本当にやってくるの?!
次回の湘南レポートもお楽しみに。
波乗り編はいつになることやら・・・。


2016.05.13 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ

空豆と九谷焼

少し前の休日、足を延ばして森林浴に。
小鳥の鳴き声、小川のせせらぎ、森林の香り、ここちよい風・・・。
全てが新鮮で、体いっぱいに自然を感じることができました。

①

帰り道、八百屋さんで売られていた美味しそうな空豆を収穫。

②

どの器に盛り付けようかと考え選んだのは、九谷焼です。

③

この器をダブルデイで取り扱いはじめた頃に
関東の店舗へ出張に行った際に即買いし、割れないように大事に持ち帰った
思い出の器たち。

上絵装飾が特徴で、企画デザインから最終チェックまでを一人で行う、
というこだわりを持って作陶されています。
“伝統を継承しながらも、現代に合った器づくり”
そんな新しい感覚で提案された「普段使いできる九谷焼」は、
我が家の食卓にもヘビロテで登場します。

どんな調理をしようかなと迷ったのですが、そのまま焼くのが一番でしょ!

④

素材本来の美味しさを堪能しました。

五感で自然を満喫した1日。
次は、九谷焼のマグが欲しいな・・・


 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 12 13 14 »
PAGETOP