Recommend

2016.05.10 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ

Aladdin(アラジン)トースター

先日、我が家で長年愛用していたトースターが壊れてしまったので、
ダブルデイで今季から取り扱いが始まり、
前々から欲しいな~と思っていたAladdin(アラジン)のトースターを
この機会に購入しました。

新しく我が家に仲間入りしたトースターがこちら

画像①

Aladdin(アラジン)といえば石油ストーブが有名で
お使いの方も多いかと思いますが、
トースターもストーブ同様にノスタルジックなデザインが特徴的です。

デザインに加えて機能も優れていて、
「遠赤グラファイト機能でわずか0.2秒で発熱し、庫内の温度を高くします。
高温で一気に焼き上げることで、外はこんがり、中は水分が残っているので
モチモチのトーストを焼くことができます。」

という説明どおり、スイッチをいれると驚く速さで発熱してびっくり…。

また、専用容器がついていて
「焼く」「あぶる」「蒸す」「温める」など多彩な調理が可能なのです!!

画像②

画像③

さっそく、ベーシックな朝ごはん=トースト&目玉焼きをつくろうと
フライパンに卵を落としたらなんと!双子の卵が出てきて、
1個の卵からまさに「目玉焼き」が出来上がり、朝からなんだか
うれしい気分になりました(笑)

肝心のトーストも早くおいしく焼き上がりました。

画像④

「あぶる」「蒸す」機能にはチャレンジ出来ていないので、
近々試してみたいと思います。

※ダブルデイでは一部店舗での取り扱いとなります。


2016.04.29 11:30 category:お出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズバイヤー裏話

バイヤー出張レポート ”INDIA”

まだ朝晩が少し肌寒い、そんな季節の日本を飛び出して
インドへやってきました。
暑いだろうな~と、想像はしていたものの実際に来てみると
肌がジリジリと熱を感じます。

インド①

インド②

それもそのはず、気温は44度!
日本ではニュースになる暑さですが、
インドでは50度を超える時期もあるので、
「そこそこ暑い日」って事になるみたいです。
でも温度以上に気になるのが「ほこり」って天気予報。
今日は”晴れのちほこりです”なんていう予報があるんですね。

このインドの暑さにぴったり合うものと言えばカレーです。
当然ですが、毎日カレーです。
色々な種類のカレーがあって、どれもほんとに美味しいのですが、毎日です。
昨日も今日も明日も・・・・・・

インド③

インド④

首都デリーがあるインド北部はナンの食文化圏で、
バターを練りこんだ濃厚なバターナンが
キーマカレーやマトンカレーによく合います。
でも高カロリーなので食べ過ぎに注意!そう、太るのです。
気付けば、お腹回りが少しふっくらしてきなような。。。

それにしもてインドの活気にはいつも圧倒されます。
道を行きかう人々、自転車、バイク、車、リキシャ、牛。
そう、なんでもありです。信号もほとんどありません。
あっても守りません。
町中は渋滞&ホーンの嵐。インドの活気は夜になっても
冷める事なく街を熱し続けます。

インド⑤

6泊7日のインド出張も今日で終わり!
ブロックプリントのファブリックや
刺繍やプリント物など、今回もインドならではの素敵な
アイテムにたくさん出会えました。
ダブルデイの店舗に並ぶまで仕入れ部隊は走り続けます!!

明日は灼熱のインドから脱出して、いざ香港へ。
お楽しみに。


2016.04.22 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ趣味

コツコツ集めた道具を使って

湘南に移住してからあっという間に半年が過ぎ、
ますますこの街に魅了されていますが・・・
まだまだ陸サーファーの私です。
(夏までにはサーファーデビュー計画中です!!)

最近は、独身時代からこつこつと集めていた
食器や台所道具をメンテナンスしながら、
湘南の雰囲気を醸し出す料理作りを楽しんでいます。

休日の午前中は食器を綺麗に磨き上げ、
中華蒸籠は日当たりのよいところで風を当ててあげます。

写真2

そして、午後からは台所でのんびりと料理。
そして作ったパンケーキタワーがこれ!!
(形がいびつなのと味は補償できません、ご了承ください・・・)

写真1

道具たちがそのいびつなパンケーキをごまかして?
いえ・・・演出してくれます。

爽やかなブルーカラーの野田法琺瑯ケトルに、
波を思わせるキッチンクロス・・・。
窓を開けると、夏を前にまだひんやりとした潮風が
湘南の海から漂い、CHEMEXでドリップしたコーヒーの
少し苦い香りが部屋全体に広がります。

台所道具も、その時の気分や場所で
色やモノを選ぶといつもの食卓が特別な空間になりますね。
これで、湘南サーファーデビューに一歩近づいたかも!?


2016.04.15 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

器×春サラダ比較!

サラダが大好きな私。
週末の楽しみは、色々な食材を買い込んでサラダを作ること!と
言っても過言ではないほど。
ふと「サラダが映える器はどんなの?」と思い、自宅の器を総動員して「器×サラダ」を比べてみました。
比較しやすいように、サラダの中身はほぼ同じに。
「緑の葉っぱ、赤いもの、ホタルイカ」の春サラダです。

まずは、アカシアプレート。

1

アカシアの木目と敷き詰めた鮮やかなリーフ類が、春の草原のように見えませんか?!
いきなり大袈裟な表現をしてしまいましたが、次。

2

ターコイズのオーバルはダブルデイでもお馴染みのAwabi ware、黄色は丹波焼です。
ターコイズは見た目の格を上げてくれる色ですね。
黄色は食材の色が馴染みすぎるかと思いましたが、意外と華やか。

さて、次。

3

奥の白は島根県の石見焼(いわみやき)、手前右の茶色は波佐見焼、手前左の黒は再びAwabi wareです。
さらに、丹波焼の片口にも盛り付けてみました。こちらは生ハム使用。

4

サラダって、ガラスの器に盛ってしまいがちですが
組み合わせる器によってこれだけ見え方が変わるんだ、ということに改めて気づかされました。
それと、もう一つ。大事なことに気づいたのですが…それは…
「ホタルイカは辛子酢味噌で食べるのが一番美味しい」ということ!!

5

春のダブルデイには、サラダが映える器がたくさん揃っていますので
お気に入りのサラダにピッタリの器を探しに来てくださいね。


2016.04.12 11:30 category:お出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

春のイベント

待ちに待った春がやってきましたね!

先日、といっても3月末の話なのですが
つくし狩りに行ってきました。

画像①

採ってきたつくしを新聞紙の上に広げて
付いている「はかま」をひとつずつ外します。

画像②

水に浸けてアクを抜き、いざ調理。
てんぷらや佃煮にしていただきました。

画像③

4月に入ってからは待ちに待ったお花見を。
天候が良かったので、大賑わいでした!

画像④

そしてもうすぐ、ゴールデンウィーク!
皆さまはどのように過ごされますか?

家族や友達とガーデンパーティーなんていかがでしょう!?

画像⑤

ダブルデイにはガーデンパーティーをしたくなる
グッズがたくさん揃っています!


2016.04.05 11:30 category:お出かけ・旅行お料理その他

海の街でのあたらしい生活

4月に入って、新入生や新社会人の方々の
初々しい姿を目にする時期になりましたね。

いよいよ新生活!とわくわくされている方も多いのでは。
私の場合、ひとあし早く約半年前に住み慣れた関西から
海の見える湘南へ引っ越しをしました。

湘南の街並みにも少し慣れてきた今日この頃。
湘南とは、鎌倉や葉山そして茅ヶ崎などの神奈川県相模湾に面する
海岸沿いの総称をそう呼ぶのだそうですね。
そんな相模湾に面する私の住まいから歩いて5分でこの風景!
湘南の海が見渡せます。

写真①

初めての関東に、初めての街。
期待と不安の中始まった此処での生活は目新しいことばかりです。

この街ではサーフカルチャーが根付いているようで
ウェットスーツのままサーフボードが収納可能な
ビーチクルーザー(自転車の横にキャリーが付いて載せことの出来る優れもの!)に乗って、
朝は波乗りという風景をよく見ます。

季節はもちろん、老若男女も問わず、散歩に行くような感覚での波乗り。
憧れますね。

湘南では当たり前のようですが、
田んぼにコンバインの風景が染み付いている山育ちの私には
とても新鮮な風景なんです。

…というわけで、先日の休日はそんな私がこの街に早く慣れるべく、
家から自転車で30分のところにある江ノ島へ
“それっぽい”カフェにブランチを食べに来てみました。

写真②

写真④

ビーチスタイル満載の雰囲気の店内には、
朝から多くのサーファーのお客さんで賑わっていました。
それぞれにこだわりを持った個性的な人たちが
自由気ままに独自のライフスタイルを持っているんだなぁ、としみじみ。
関西独自の「タコ焼き片手にビール」なんて風景はしばらく
おあずけかもしれませんね。

そしてカフェの横にはサーフボードがこんなにも‼︎

写真③

朝からサーフィン⇨海を見ながらコーヒー片手にハンバーガー⇨ そのまま出勤。
なんていうルーティンを想像しながら江ノ島を後にしました。

只今絶賛湘南ライフ探検中‼
この街の魅力にどっぷりつかりそうな…予感です。


2016.03.25 11:30 category:お料理季節の愉しみ

春分の日のお祝い

先日、母の誕生日会をしました。
20日が誕生日なので、毎年春分の日の祝日に
美味しいものを食べに行くのが恒例ですが、
今年は親戚や友人の方も集まって下さることになったので、
母が通っているお料理教室の先生にケータリングに
来ていただくことになりました。

「春分の日」は天文観測に基づいて、毎年2月に翌年の春分の日を定めるので年によって20日や21日になるようです。
「自然をたたえて、生物をいつくしむ」が趣旨の日で、この日を境に日照時間が長くなるそうです。確かに春をようやく身近に感じられるようになりますものね。

近所にもきれいなユキヤナギが咲いていました。

画像①

そして、我が家にも春の訪れが。
桜の枝をいただいたので活けると、家の中も一気に春めいて見えました。

画像②

母が料理教室で習ってきたレシピは、どれもこれも美味しく、
当日、先生自ら作っていただけることを楽しみにしていたら…
先生がダブルデイオリジナルのエプロンを
愛用して下さっていて感動!!

てきぱきと料理を作っていただき、
想像通り(それ以上に)美味しそうな料理が出来上がりました。
私も今度ぜひ習いに行きたいなぁと思います。

画像③

画像④

お天気もよく、家族みんなで集まっておいしいものをいただき、心地よく楽しく
お祝いができた春分の日でした。


2016.03.15 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

春のランチは、新しいお弁当箱で

新しいお弁当箱を買いました。

この春、ダブルデイに入荷した新商品。
今回、特に心をくすぐられる可愛いお弁当箱が多く、
悩みに悩んで買ったのが「豆型弁当箱」。

IMG_2852

豆型のカタチが何とも可愛くて、
実は入荷する前から、ひそかに狙っていたアイテムなんです。

以前DAY’sの「お気に入りのお弁当箱」という記事で
2段式の木のお弁当箱をご紹介したことがありました。

もちろん、こちらも絶賛愛用中!
ただ、2段式のため
ごはんとおかずを分けて詰めるので、
どうしても丼ぶり系の時などは、使いづらかったんです。

例えば、そぼろ丼のとき。

IMG_2849

一段のお弁当箱だと、
ごはんにのっけて盛り付けられます。
(旬のいちごと分葱のサラダを添えて。)

また、思いがけず
パスタランチの時も相性良し!

IMG_2836

仕切りがついているおかげで
ごはん、主菜、副菜、フルーツなどと分けて詰めやすいです。
(取りはずしできるから、邪魔な時は取ってもOK!)

IMG_2834

木のお弁当箱の利点は、
①木が余分な水分を吸ってくれるので
ごはんが冷めても美味しくいただけること。
②適当に詰めても、美味しく見えること。

茶色のおかずばかりになってしまった時でも
可愛く見えるから不思議です。

ランチタイムは、仕事の合間の一番の楽しみ。
見た目にも美味しさにも粋なお弁当箱に癒されています。

次は、おにぎりやサンドイッチ用のお弁当箱に
「竹カゴ」のお弁当箱が欲しいな〜。
まだまだダブルデイでお弁当箱を物色予定です。

もう少し暖かくなれば、サクラの下で。
花見に木のお弁当箱というのも乙なものですよね。


2016.03.04 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ趣味

ハンドドリップコーヒー

少し前の休日、
「ハンドドリップコーヒーの教室(初級編)」に行ってきました。

今まで『何となくこんな感じの淹れ方かな…』と思いながら、
自己流で淹れていたので、一度キチンと基礎を知りたくて。

教室で学んだことを、さっそく家で実践です!

教室では違うコーヒー器具を使ったのですが、
我が家の愛用品は、ダブルデイでもお馴染みの“ケメックス”。
シンプルで、お部屋にすんなり溶け込んでくれるデザインです。

①

まず、コーヒーフィルターをセットします。

②

豆を入れたら、山にならないように
軽くたたいて平らにします。

次にお湯の用意ですが、ここでポイント1。
「深煎りの豆を使う場合は、熱湯を入れないこと。」

お湯の温度が高すぎると、酸味が強く出てしまうそうです。
お湯の温度を80~85℃くらいに下げてから注いでいきます。

ここで、ポイント2。
「お湯は、最初から最後まで豆の中心部分に注ぐこと。」

④

1回目は少量注ぎ、豆を蒸らします。
じんわりとコーヒーが落ちてくるまでじっと我慢。

③

蒸らしが終われば、
次も豆の中心部分に適量のお湯を注ぎます。

豆がカップケーキのように膨れ上がった後、
中央がへこんでくるので、
へこみ過ぎないくらいのタイミングで、次のお湯を注ぎます。

これを一定量まで繰り返した後、
最後はフィルターになみなみお湯を注ぎます。

全てのコーヒーが落ちていなくても、
人数分の量になったらフィルターを取り外します。

これで出来上がり!

同じ方法で淹れても、
注ぐお湯の量・お湯を注ぐタイミングで
コーヒーの味はさまざま。

教室でも8人ほどいて飲み比べをしたのですが、
人によって個性が出ていました。

ちなみに、今回教室で学んだ内容は
そこで使っていた器具に合ったドリップ方法だそうです。

器具やコーヒー豆によってもドリップの方法はさまざま。
また、濃さや酸味の好みは人によって違うので、
『自分好みの淹れ方を見つけてください!』と講師の方がおっしゃっていました。

ハンドドリップコーヒーの世界は奥深いですね。


2016.03.01 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ

美味しい朝ごはん <トースト編>

朝食はトースト派の
我が家に新しく仲間入りしたのは、
「セラミック板焼き網」。

トーストを理想の焼き上がりにしてくれる、
美味しい朝ごはんにはかかせない道具です。

①

セラミックの遠赤外線効果で
外はカリッと、中はモチっと仕上げてくれます。
こんがり美味しそうな格子模様の焼き目が付いて
ん~食欲をそそります。

トーストなら、意外と早く焼き上がるので、
忙しい平日の朝でも重宝していますよ。

マグカップに、ドリップしたコーヒーを
たっぷり注いで、朝ごはんの完成です。

②

「トーストを焼く、焼き網が欲しいな」と
思っていた頃に、ちょうどダブルデイに入荷し、
値段もお手頃だったので購入しました。

取手が付いていない分、隙間にスッと直せるので、
収納の邪魔ならないのもお気に入りのポイントです。

ときには、イングリッシュマフィンを焼いて
IMG_2809

お弁当に。
③

ウインナーやカマンベールチーズも
横で焼いてみました。
わざわざフライパンを使わなくて済み、
何と楽なことか…!!

お餅や魚、野菜なども
ふっくらジューシーに焼けるそうなので、
しばらくは、色々なものを焼いて
焼き網ライフを楽しんでみたいと思います。


 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 12 13 14 »
PAGETOP