Recommend

2016.02.09 11:30 category:お料理季節の愉しみ

赤かぶを入手したので。

お気に入りの食品スーパーで見つけた
立派な赤かぶ。

色目にひかれて“ビジュアル買い”しちゃいました。
なんと、2個で100円!

1

買ったはいいものの、
赤かぶを料理したことが無い私は
レシピ検索から。

オーソドックスに、赤かぶの甘酢漬けを
作ることにしました。

葉っぱの部分を切り落とすと、
中からもこんな鮮やかな赤!
アントシアニンによる赤だそうです。

2

いちょう切りにした赤カブに
柚子の葉を加えて、甘酢液に漬けこみます。

「ここで活躍するのが野田琺瑯!」と
言いたいところですが、我が家には無いので
メイソンジャーで代用。

メイソンジャーの高い密閉度は、
甘酢漬け作りにピッタリです。

3

一晩置いた漬け上がり(?)はこちら。
椿のような鮮やかな赤になりました。

4

さて、漬ける前の赤カブで作ったもう一品。
洋風粥です。

5

赤かぶ・赤かぶの葉っぱ・芽キャベツ・柚子の皮を
ほんの少しのお塩と柚子のしぼり汁で味付け。

お米がほんのりピンクに染まって
思いがけず春を感じるお粥が出来上がりました。

旬の野菜を手軽に料理して楽しむ
季節の味が大好きです。

今年は野田琺瑯のタッパーを入手しなきゃ!!


2016.02.02 11:30 category:お料理季節の愉しみ

寒い日には…

先日は強い寒波が来ましたね。

そんな寒い日には、
・冷え取り靴下
・冷え取り腹巻
・冷え取りスパッツ
という、3本柱は欠かせません。

そして、体の中から温まる
お鍋やお汁物が恋しくなります。

ということで、今夜のメニューは豚汁。
ダシをしっかり取って、具材をたくさん入れ込みます。

いつもは田舎から送られてくる
九州の麦みそを使用しているのですが、
今回は友人からいただいた
関西の白味噌を使ってみました。

①

口にふくんだ瞬間、
白みその甘さが口いっぱいに広がり
体の芯からじんわりと温まります。

九州の麦みそも甘口ですが、
こちらの白みそは、甘さの他に
まろやかな口当たりが印象的でした。

②

さて、明日はこれに
酒粕を入れて粕汁にアレンジ。
これまたあったまりそうで、今から楽しみです!


2016.01.26 11:30 category:お料理ダブルデイグッズバイヤー裏話

新年会で人気の一品は?

先日、わが家に
学生時代の友人+子どもたちが集まり、
新年会をしました。

みんなで食べ物を持ち寄り、
ワイワイ準備中です。

写真①

テーブルにのせきらないぐらいの
食べ物の量になりましたが…、
ちゃんと写真を撮る間も無く、
食べてしまいました。

私もはりきって
「リンゴと生ハムのサラダ」や、
写真②

「アクアパッツア」
写真③

パスタなどを作りました。

でも、一番みんなにレシピを聞かれたのが、
この「黒豆とクリームチーズのディップ」。

写真④

おせち料理の黒豆をアレンジしたものです。

食べ飽きて冷凍保存していた黒豆に、
クリームチーズと蜂蜜、生クリームを
少し混ぜただけなのですが、
これが大好評!

「お酒のおつまみにもなるね」
という声も。

また、普段は料理したら
すぐに食べるので気付かなかったのですが、

パスタを入れているお鍋を
テーブルに出してから1時間半ほど経っても、
まだ湯気が上がったままのお皿が。

写真4

中のパスタも温かく、
さらに底に付いた焦げがすぐに取れたので

「この鍋、ずっと温かい!」
「どうなっているの!?」「すごく良いね。」
とビックリされました。

DOUBLEDAYでは
一部の店舗にしか残っていないのですが、
【イタリアDESILVA社のテラコッタ製のお鍋】です。
日本の土鍋と同じような造りでできています。

「こんな風に商品の良さに
気付かされることもあるのだなぁ・・・」と
新しい発見をした新年会でした。


2015.12.22 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ

クリスマスパーティーと思いきや…

先日、友人宅にお邪魔してきました。
久々の集合なので心弾ませながら、友人宅に到着。

すぐに、ダブルデイでも扱っている器たちに盛られて
美味しそうなお料理が次々にテーブルに並びました。

パーティには欠かせない!?生ハムとチーズ。

樹齢200~300年の厳選されたオリーブウッドで
ハンドメイドされたカッティングボードにのせて。

次に、鯛のアクアパッツァ。

インパクトのある柄でありながら
どんなお料理にも合わせやすい
沖縄の読谷焼にのせて。

今が旬!カブのサラダ。

土作りから独自でされている
作家・古谷浩一さんの
温かみのある粉引きのお皿にのせて。

こだわりの器たちで、
お料理も一段と美味しく見えます。
用意ができたところで…、乾杯!!

ちなみにチラッと横を見ると
ここにもダブルデイ色が!

アーコールチェアに積まれたストールや
ブランケットの中にはツイードミルも。
冬の必需品ですね。

ほろ酔い気分で至福の時間を過ごしていると、
何やらキッチンから
美味しそうなおダシの香りが。

出てきたのは何と、大根ごはん!
おだしと大根の味がしっかりついたご飯に
ゆずの香りがアクセント。

はじめて出会った味でしたが、すっかりトリコになりました。
近々、我が家の食卓にものること間違いなし。

お腹いっぱいで、余韻に浸っていると…

何と、最後にバースデーケーキが登場!
サプライズで私のお誕生日祝いも企画してくれていました。
感動は頂点に。

美味しいご飯と素敵な友人に囲まれた
幸せな一日でした。


2015.12.08 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

湯豆腐は不満!?

気温が下がり肌寒い夜は、
体の温まる鍋料理が多いわが家。

「いつもとは違う鍋を」と思い、
湯豆腐に3種類のつけダレを作りました。

ニラとネギのピリ辛ダレ、
挽き肉のタレ、ぽん酢です。

しかし、旦那には湯豆腐は物足りないようで、
「豆腐はいらない」とのこと…。
美味しいのになぁ〜。

せっかくのつけダレがもったいないので
土鍋で蒸し野菜を作りました。

野菜の水分を活かしてじっくり蒸すと、
野菜や肉の旨味がギュッと詰まって
とっても美味しい!!

こちらは、満足してもらえたようです。

ちなみに、つけダレには
ダブルデイで販売している
「岩井の黒胡麻油」「燻製醤油」を使いました。

深いコクがある香味抜群の「黒胡麻油」は、
後味がすっきりしているのが特長。
純正の胡麻を使用しているから、
そのまま飲むことができるぐらいのものだとか!

醤油を直接スモークした「燻製醤油」は
とても美味しかったのですが、
タレに使うより、卵ごはんやサーモンなど
醤油本来の味を感じるものにかければ良かったなと
ちょっぴり後悔。

いつもの料理を一味違ったものにしてくれる「こだわりの調味料」で、
今年の冬は、マンネリを防ぐ
色々な料理に挑戦したいなと思いました。


2015.11.13 11:30 category:お料理季節の愉しみ

秋の食材でお昼ごはん

先日、先輩にお子さんが産まれたので
お邪魔してきました。

楽しみにその日を待っていたのに、
雨女の宿命で当日はもちろん雨。
気を取り直してお出かけしました・・・

それぞれ食材を持ち寄り、
お昼ご飯のクッキングタイム!

秋と言えば「新米」。
美味しそうな鯛めしの素を持ち込んで、
ル・クルーゼのお鍋でコトコトぐつぐつ。
「できたよ~!」の声がかかったので
キッチンを覗きに行くと、
美味しそうなダシの香りが押し寄せてきました!

蓋を開ける瞬間のシャッターチャンスを
逃してしまいましたが…

ふっくら美味しそうな
鯛めしのできあがりです。

続いて、秋と言えば「柿」。
先輩指示のもと、
ルッコラ、サラダほうれん草、
小かぶを混ぜ合わせ、
柿と生ハムを加えれば秋のサラダが出来上がりました!

オリーブオイル・バルサミコ酢・粒マスタードでいただきます。
ルッコラの苦味と柿のさっぱりした甘さ、
バルサミコ酢の酸味が、絡み合い…。
柿をサラダに入れるとこんなに美味しいなんて!

満腹になった後は、
生後2ヶ月のおチビちゃんのかわいらしさに癒され、

秋の食材と新生児の愛くるしさを
堪能した1日でした。


2015.10.27 11:30 category:お料理趣味

クセになる美味しさ、ベトナムコーヒー

先日、ベトナムのコーヒーセットを
いただきました!

ベトナムコーヒーは、深めに煎った豆を
フランス式のフィルターで抽出し、
コンデンスミルクを加えて飲むのが一般的。
濃厚な味わいが特徴です。

では、早速淹れてみようと思います。

まずは、フィルターにコーヒーをセットします。

中ふたを閉め、

コンデンスミルクをセットしたマグに
フィルターを置き、お湯を注いでいきます。
ここで上ふたを閉め、20秒ほど蒸らします。

再度お湯を注いだら、ふたを閉め
コーヒーが落ちきるのを待ちます。

抽出が終われば、上ふたを裏返して
その上に使用したフィルターを置き、

あとはコンデンスミルクとコーヒーを
よく混ぜ合わせれば出来上がりです。
コーヒーのいい香りが部屋一体に広がります。

飲んでみると、コーヒー豆の味わいのある苦味に
コンデンスミルクの甘さがクセになるおいしさです。

普段はブラックコーヒーが多い私ですが、
寒い季節は甘いコーヒーでほっこり温めるのもいいなと、
この冬はベトナムコーヒーにはまりそうです。

今度は天気の良い午後に、
アイスコーヒーも試してみようと思います。


2015.10.23 11:30 category:お料理ダブルデイグッズバイヤー裏話季節の愉しみ

秋の味覚 Vo.2 “ 秋刀魚ご飯”

先日のDAY’S仲間に続いて、
私も秋の味覚を堪能中です。

(⇒「秋の味覚とAwabi ware」はこちら。)

まずは、土鍋で作る「秋刀魚ごはん」。

しまい込んでいた土鍋を出してきて、
秋刀魚を焼き、土鍋でお米と一緒に炊くだけ
の簡単料理です。

ですが…、味見をしてびっくり!
秋刀魚の臭みもなく、
秋刀魚の出汁がご飯にしみて、
本当に美味しい!!

土鍋で炊くご飯は、やわらかく甘みがあり、
ジャーのご飯とは全然違います。

ダブルデイにも土鍋の産地
『三重県伊賀焼の土鍋』が入荷しています!!

伊賀焼の土鍋は、
お鍋の中で食材を包み込むようにゆっくり火を通すことで、
野菜や魚、お米など素材のもっている甘みや旨みを十二分に引き出し、
ふっくらとした味に仕上げるのが特徴です。

新米が美味しい季節なので、
土鍋でごはんライフも良いかもしれませんね。

続きまして「柿と野菜のグリルサラダ」です。

柿のグリルは初めてで、
どんな感じになるのかなと思いましたが、
オリーブオイルとも合いますね。

オリーブオイル+ハチミツ+ワインビネガー+バルサミコ酢のドレッシングで、
野菜の味を生かしたサラダです。

最後は「かぼちゃの鶏そぼろあんかけ」。

かぼちゃやさつまいもは、
甘くて美味しいので食べ過ぎ注意です。

秋が終わる前に、
まだまだ食べたいものが盛りだくさんです。


2015.10.20 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

秋の味覚とAwabi ware

実りの季節がやってきました!
我が家も早速、栗を購入。

ツヤツヤの大粒栗、
さて、どう調理しようと考えて、
“茶巾”にすることにしました。

まずは栗をゆでまして…

ぐつぐつ茹でること40分。
ほっくりゆであがった栗は、
このまま食べても充分美味しい!

中身をかきだして、裏ごしし
和三盆を混ぜ合わせて
栗の形に絞ります。

最後に焼き色を付けて出来上がり。
簡単!

さて、この茶巾が出来た頃に
ちょうど来客が。

こんな時に持ってこいなのが
「Awabi ware(アワビウェア)」です。

アワビウェアに茶巾を載せると、
まるで老舗和菓子店のお菓子のように(笑)

Awabi wareの器は和洋問わず、
お料理はもちろんお菓子や果物にも
本当にしっくりはまってくれます。

特にこの黒の長方形はとても便利なんですよ。

あと、お気に入りはこのターコイズ。

季節の味覚とAwabi wareの組み合わせを堪能し、
たくさん作った栗の茶巾は
ほとんど全て自分の胃袋に収まりました!


2015.10.16 11:30 category:お出かけ・旅行お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

秋のおしゃれピクニック!

10月の休日、
“大人のおしゃれピクニック”を開催しようと
いうことになり、数人が集いました。

当日は最高の晴天!絶好のピクニック日和!!

大きな木の下にちょど良い木陰ができていたので
ラグを敷いて、早速セッティングを開始です。

今回、“大人のピクニック”というテーマにこだわって
紙皿や紙コップは一切使わず、
食器やカトラリーを各自が家から持ち寄りました。

おかげで荷物は、相当な重さ!!! でしたが、
お料理の見え方が全然ちがいます。

一層美味しそうに見えませんか?!

そこで感じたのは、
「アウトドアにウッドの食器はやっぱり便利!」ということ。
軽くて割れにくいアカシアの食器たちは大活躍でした。

DURALEXのグラスも活躍。
持ち運ぶには少し重いですが、
強化ガラスで割れにくく
プラカップでは味わえない雰囲気がでます。

ひとしきり、飲んで食べた後には
お待ちかねの珈琲タイム。

珈琲はHARIOを使って
(もちろん、これも持参!)
本格的にドリップ。

気候の良い日に、緑に囲まれた場所で食事をすると
本当に美味しく感じますね。

涼しい木陰でゆっくり食事をしながらお喋りをし、
小さなゲストともたわむれ、癒された一日でした。

次はクリスマスパーティかな~(笑)


 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 »
PAGETOP