Recommend

2016.03.25 11:30 category:お料理季節の愉しみ

春分の日のお祝い

先日、母の誕生日会をしました。
20日が誕生日なので、毎年春分の日の祝日に
美味しいものを食べに行くのが恒例ですが、
今年は親戚や友人の方も集まって下さることになったので、
母が通っているお料理教室の先生にケータリングに
来ていただくことになりました。

「春分の日」は天文観測に基づいて、毎年2月に翌年の春分の日を定めるので年によって20日や21日になるようです。
「自然をたたえて、生物をいつくしむ」が趣旨の日で、この日を境に日照時間が長くなるそうです。確かに春をようやく身近に感じられるようになりますものね。

近所にもきれいなユキヤナギが咲いていました。

画像①

そして、我が家にも春の訪れが。
桜の枝をいただいたので活けると、家の中も一気に春めいて見えました。

画像②

母が料理教室で習ってきたレシピは、どれもこれも美味しく、
当日、先生自ら作っていただけることを楽しみにしていたら…
先生がダブルデイオリジナルのエプロンを
愛用して下さっていて感動!!

てきぱきと料理を作っていただき、
想像通り(それ以上に)美味しそうな料理が出来上がりました。
私も今度ぜひ習いに行きたいなぁと思います。

画像③

画像④

お天気もよく、家族みんなで集まっておいしいものをいただき、心地よく楽しく
お祝いができた春分の日でした。


2016.03.15 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

春のランチは、新しいお弁当箱で

新しいお弁当箱を買いました。

この春、ダブルデイに入荷した新商品。
今回、特に心をくすぐられる可愛いお弁当箱が多く、
悩みに悩んで買ったのが「豆型弁当箱」。

IMG_2852

豆型のカタチが何とも可愛くて、
実は入荷する前から、ひそかに狙っていたアイテムなんです。

以前DAY’sの「お気に入りのお弁当箱」という記事で
2段式の木のお弁当箱をご紹介したことがありました。

もちろん、こちらも絶賛愛用中!
ただ、2段式のため
ごはんとおかずを分けて詰めるので、
どうしても丼ぶり系の時などは、使いづらかったんです。

例えば、そぼろ丼のとき。

IMG_2849

一段のお弁当箱だと、
ごはんにのっけて盛り付けられます。
(旬のいちごと分葱のサラダを添えて。)

また、思いがけず
パスタランチの時も相性良し!

IMG_2836

仕切りがついているおかげで
ごはん、主菜、副菜、フルーツなどと分けて詰めやすいです。
(取りはずしできるから、邪魔な時は取ってもOK!)

IMG_2834

木のお弁当箱の利点は、
①木が余分な水分を吸ってくれるので
ごはんが冷めても美味しくいただけること。
②適当に詰めても、美味しく見えること。

茶色のおかずばかりになってしまった時でも
可愛く見えるから不思議です。

ランチタイムは、仕事の合間の一番の楽しみ。
見た目にも美味しさにも粋なお弁当箱に癒されています。

次は、おにぎりやサンドイッチ用のお弁当箱に
「竹カゴ」のお弁当箱が欲しいな〜。
まだまだダブルデイでお弁当箱を物色予定です。

もう少し暖かくなれば、サクラの下で。
花見に木のお弁当箱というのも乙なものですよね。


2016.03.04 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ趣味

ハンドドリップコーヒー

少し前の休日、
「ハンドドリップコーヒーの教室(初級編)」に行ってきました。

今まで『何となくこんな感じの淹れ方かな…』と思いながら、
自己流で淹れていたので、一度キチンと基礎を知りたくて。

教室で学んだことを、さっそく家で実践です!

教室では違うコーヒー器具を使ったのですが、
我が家の愛用品は、ダブルデイでもお馴染みの“ケメックス”。
シンプルで、お部屋にすんなり溶け込んでくれるデザインです。

①

まず、コーヒーフィルターをセットします。

②

豆を入れたら、山にならないように
軽くたたいて平らにします。

次にお湯の用意ですが、ここでポイント1。
「深煎りの豆を使う場合は、熱湯を入れないこと。」

お湯の温度が高すぎると、酸味が強く出てしまうそうです。
お湯の温度を80~85℃くらいに下げてから注いでいきます。

ここで、ポイント2。
「お湯は、最初から最後まで豆の中心部分に注ぐこと。」

④

1回目は少量注ぎ、豆を蒸らします。
じんわりとコーヒーが落ちてくるまでじっと我慢。

③

蒸らしが終われば、
次も豆の中心部分に適量のお湯を注ぎます。

豆がカップケーキのように膨れ上がった後、
中央がへこんでくるので、
へこみ過ぎないくらいのタイミングで、次のお湯を注ぎます。

これを一定量まで繰り返した後、
最後はフィルターになみなみお湯を注ぎます。

全てのコーヒーが落ちていなくても、
人数分の量になったらフィルターを取り外します。

これで出来上がり!

同じ方法で淹れても、
注ぐお湯の量・お湯を注ぐタイミングで
コーヒーの味はさまざま。

教室でも8人ほどいて飲み比べをしたのですが、
人によって個性が出ていました。

ちなみに、今回教室で学んだ内容は
そこで使っていた器具に合ったドリップ方法だそうです。

器具やコーヒー豆によってもドリップの方法はさまざま。
また、濃さや酸味の好みは人によって違うので、
『自分好みの淹れ方を見つけてください!』と講師の方がおっしゃっていました。

ハンドドリップコーヒーの世界は奥深いですね。


2016.03.01 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ

美味しい朝ごはん <トースト編>

朝食はトースト派の
我が家に新しく仲間入りしたのは、
「セラミック板焼き網」。

トーストを理想の焼き上がりにしてくれる、
美味しい朝ごはんにはかかせない道具です。

①

セラミックの遠赤外線効果で
外はカリッと、中はモチっと仕上げてくれます。
こんがり美味しそうな格子模様の焼き目が付いて
ん~食欲をそそります。

トーストなら、意外と早く焼き上がるので、
忙しい平日の朝でも重宝していますよ。

マグカップに、ドリップしたコーヒーを
たっぷり注いで、朝ごはんの完成です。

②

「トーストを焼く、焼き網が欲しいな」と
思っていた頃に、ちょうどダブルデイに入荷し、
値段もお手頃だったので購入しました。

取手が付いていない分、隙間にスッと直せるので、
収納の邪魔ならないのもお気に入りのポイントです。

ときには、イングリッシュマフィンを焼いて
IMG_2809

お弁当に。
③

ウインナーやカマンベールチーズも
横で焼いてみました。
わざわざフライパンを使わなくて済み、
何と楽なことか…!!

お餅や魚、野菜なども
ふっくらジューシーに焼けるそうなので、
しばらくは、色々なものを焼いて
焼き網ライフを楽しんでみたいと思います。


2016.02.12 11:30 category:お料理季節の愉しみ趣味

体を温める活動

春のぽかぽか陽気が待ち遠しい
今日この頃。

ついつい家の中に
引きこもりがちになってしまいますが、
少しでも体を温めようと、
お休みの日に朝からホットヨガに行ってきました。

画像①

ホットヨガとは、
室温40度、湿度60%前後に保たれた
室内で行うヨガのこと。

この多湿な環境が
体を一番柔軟にするとされているようで、
発汗を促してくれます。

ヨガのゆっくりとした動きやポーズは、
自然に筋肉を伸ばすことや
インナーマッスルを鍛えることを目的とし、
体を内側から温め、血行を良くしてくれます。
冷え性や凝り症の方にもお勧めですよ。

朝から沢山の汗をかき、
体も温まったところで・・・

今度は辛いものを食べて
さらに体を温めようと
先日、テレビで紹介されていた
「台湾まぜそば」を食べに行きました!

台湾まぜそばとは、
愛知県名古屋市発祥のラーメンの一種で、
台湾ミンチ(鷹の爪とニンニクを効かせた醤油味のピリ辛ミンチ)を極太麺にのせた、汁無しのラーメンのこと。

早速お店に行ってみると、
お店の前には既に行列が出来ていました。
行列の長さに期待値も上がります!

こちらがその台湾まぜそば。
画像②

全体を綺麗にまぜていただきます。

画像③

ピリ辛で徐々に体が熱くなり、
食べ終わった後は、すっかり体もポカポカに。

寒い時期はついつい
お部屋に閉じこもりがちになりますが、
スポーツや食べ物で体を温めてみるのも良いものですね。

ダブルデイでは、「冷えとり靴下」を販売しています。
靴下を重ね履きすることで、
下半身を半身浴のような状態に保ち、
上半身と下半身の温度差による冷え対策をするものです。

スタッフにも愛用者多数!
ぜひご覧くださいね。
※販売していない店舗もございます。


2016.02.09 11:30 category:お料理季節の愉しみ

赤かぶを入手したので。

お気に入りの食品スーパーで見つけた
立派な赤かぶ。

色目にひかれて“ビジュアル買い”しちゃいました。
なんと、2個で100円!

1

買ったはいいものの、
赤かぶを料理したことが無い私は
レシピ検索から。

オーソドックスに、赤かぶの甘酢漬けを
作ることにしました。

葉っぱの部分を切り落とすと、
中からもこんな鮮やかな赤!
アントシアニンによる赤だそうです。

2

いちょう切りにした赤カブに
柚子の葉を加えて、甘酢液に漬けこみます。

「ここで活躍するのが野田琺瑯!」と
言いたいところですが、我が家には無いので
メイソンジャーで代用。

メイソンジャーの高い密閉度は、
甘酢漬け作りにピッタリです。

3

一晩置いた漬け上がり(?)はこちら。
椿のような鮮やかな赤になりました。

4

さて、漬ける前の赤カブで作ったもう一品。
洋風粥です。

5

赤かぶ・赤かぶの葉っぱ・芽キャベツ・柚子の皮を
ほんの少しのお塩と柚子のしぼり汁で味付け。

お米がほんのりピンクに染まって
思いがけず春を感じるお粥が出来上がりました。

旬の野菜を手軽に料理して楽しむ
季節の味が大好きです。

今年は野田琺瑯のタッパーを入手しなきゃ!!


2016.02.02 11:30 category:お料理季節の愉しみ

寒い日には…

先日は強い寒波が来ましたね。

そんな寒い日には、
・冷え取り靴下
・冷え取り腹巻
・冷え取りスパッツ
という、3本柱は欠かせません。

そして、体の中から温まる
お鍋やお汁物が恋しくなります。

ということで、今夜のメニューは豚汁。
ダシをしっかり取って、具材をたくさん入れ込みます。

いつもは田舎から送られてくる
九州の麦みそを使用しているのですが、
今回は友人からいただいた
関西の白味噌を使ってみました。

①

口にふくんだ瞬間、
白みその甘さが口いっぱいに広がり
体の芯からじんわりと温まります。

九州の麦みそも甘口ですが、
こちらの白みそは、甘さの他に
まろやかな口当たりが印象的でした。

②

さて、明日はこれに
酒粕を入れて粕汁にアレンジ。
これまたあったまりそうで、今から楽しみです!


2016.01.26 11:30 category:お料理ダブルデイグッズバイヤー裏話

新年会で人気の一品は?

先日、わが家に
学生時代の友人+子どもたちが集まり、
新年会をしました。

みんなで食べ物を持ち寄り、
ワイワイ準備中です。

写真①

テーブルにのせきらないぐらいの
食べ物の量になりましたが…、
ちゃんと写真を撮る間も無く、
食べてしまいました。

私もはりきって
「リンゴと生ハムのサラダ」や、
写真②

「アクアパッツア」
写真③

パスタなどを作りました。

でも、一番みんなにレシピを聞かれたのが、
この「黒豆とクリームチーズのディップ」。

写真④

おせち料理の黒豆をアレンジしたものです。

食べ飽きて冷凍保存していた黒豆に、
クリームチーズと蜂蜜、生クリームを
少し混ぜただけなのですが、
これが大好評!

「お酒のおつまみにもなるね」
という声も。

また、普段は料理したら
すぐに食べるので気付かなかったのですが、

パスタを入れているお鍋を
テーブルに出してから1時間半ほど経っても、
まだ湯気が上がったままのお皿が。

写真4

中のパスタも温かく、
さらに底に付いた焦げがすぐに取れたので

「この鍋、ずっと温かい!」
「どうなっているの!?」「すごく良いね。」
とビックリされました。

DOUBLEDAYでは
一部の店舗にしか残っていないのですが、
【イタリアDESILVA社のテラコッタ製のお鍋】です。
日本の土鍋と同じような造りでできています。

「こんな風に商品の良さに
気付かされることもあるのだなぁ・・・」と
新しい発見をした新年会でした。


2015.12.22 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ

クリスマスパーティーと思いきや…

先日、友人宅にお邪魔してきました。
久々の集合なので心弾ませながら、友人宅に到着。

すぐに、ダブルデイでも扱っている器たちに盛られて
美味しそうなお料理が次々にテーブルに並びました。

パーティには欠かせない!?生ハムとチーズ。

樹齢200~300年の厳選されたオリーブウッドで
ハンドメイドされたカッティングボードにのせて。

次に、鯛のアクアパッツァ。

インパクトのある柄でありながら
どんなお料理にも合わせやすい
沖縄の読谷焼にのせて。

今が旬!カブのサラダ。

土作りから独自でされている
作家・古谷浩一さんの
温かみのある粉引きのお皿にのせて。

こだわりの器たちで、
お料理も一段と美味しく見えます。
用意ができたところで…、乾杯!!

ちなみにチラッと横を見ると
ここにもダブルデイ色が!

アーコールチェアに積まれたストールや
ブランケットの中にはツイードミルも。
冬の必需品ですね。

ほろ酔い気分で至福の時間を過ごしていると、
何やらキッチンから
美味しそうなおダシの香りが。

出てきたのは何と、大根ごはん!
おだしと大根の味がしっかりついたご飯に
ゆずの香りがアクセント。

はじめて出会った味でしたが、すっかりトリコになりました。
近々、我が家の食卓にものること間違いなし。

お腹いっぱいで、余韻に浸っていると…

何と、最後にバースデーケーキが登場!
サプライズで私のお誕生日祝いも企画してくれていました。
感動は頂点に。

美味しいご飯と素敵な友人に囲まれた
幸せな一日でした。


2015.12.08 11:30 category:お料理ダブルデイグッズ季節の愉しみ

湯豆腐は不満!?

気温が下がり肌寒い夜は、
体の温まる鍋料理が多いわが家。

「いつもとは違う鍋を」と思い、
湯豆腐に3種類のつけダレを作りました。

ニラとネギのピリ辛ダレ、
挽き肉のタレ、ぽん酢です。

しかし、旦那には湯豆腐は物足りないようで、
「豆腐はいらない」とのこと…。
美味しいのになぁ〜。

せっかくのつけダレがもったいないので
土鍋で蒸し野菜を作りました。

野菜の水分を活かしてじっくり蒸すと、
野菜や肉の旨味がギュッと詰まって
とっても美味しい!!

こちらは、満足してもらえたようです。

ちなみに、つけダレには
ダブルデイで販売している
「岩井の黒胡麻油」「燻製醤油」を使いました。

深いコクがある香味抜群の「黒胡麻油」は、
後味がすっきりしているのが特長。
純正の胡麻を使用しているから、
そのまま飲むことができるぐらいのものだとか!

醤油を直接スモークした「燻製醤油」は
とても美味しかったのですが、
タレに使うより、卵ごはんやサーモンなど
醤油本来の味を感じるものにかければ良かったなと
ちょっぴり後悔。

いつもの料理を一味違ったものにしてくれる「こだわりの調味料」で、
今年の冬は、マンネリを防ぐ
色々な料理に挑戦したいなと思いました。


 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 »
PAGETOP