Recommend

2020.04.07 11:00 category:Antiqueその他ダブルデイグッズバイヤー裏話季節の愉しみ家具趣味

新たなスタート

4月になり、新しい環境で
生活をはじめられた方も多いことと思います。
期待と不安の入り混じったこの季節。

私も4年前からこのブログに携わり
『湘南ライフ』をテーマに
当時住んでいた海辺での暮らしを思い出していました。

転勤して関西に戻ってきてからは
私が携わった家具を、バイヤー修行日記として
珍道中をお恥ずかしながら見守っていただきました。

時にはダブルデイで少しずつ集めた
自宅のキッチン用品や雑貨、
ヴィンテージ家具をご紹介してきました。

使い勝手の良さや、洗練されたデザイン。

作り手の想いを感じることのできる
それぞれの商品の奥深さに魅了され
見ているだけで心が満たされる感覚。

ダブルデイはそんな商品で満ち溢れています。

モノに溢れ、便利なモノはすぐに手に入る世の中ですが
使い捨てではなく、この先、何年も大切に使っていきたい
モノたちに出会う事ができました。

私も節目の季節に、新たな気持ちを持って春を迎えたいと思います。


2020.03.27 11:00 category:お料理キッチンダブルデイグッズバイヤー裏話季節の愉しみ未分類

春野菜いろいろ 〜信楽の器〜

まだまだ肌寒い日もありますが、桜も開花し始め
春を感じるあたたかい日差しの日も出てきましたね。

スーパーに春野菜が並ぶのを見ると、季節の変わり目を感じます。
そんな春野菜を使ったレシピをいくつかご紹介します。

ホタルイカと菜の花のガーリック炒め。
シンプルですが、旬の食材でお互いの旨味を
引き立てあって、とても美味しかったです。
白ワインが飲みたくなりました。

器は、信楽で作陶されている堂本正樹さんのものです。

先日、信楽の作家さん、窯元さんにお伺いしてきました。
皆さん誠実に器作りに取り組まれている姿を拝見し、とてもパワーをもらいました。
そんなご縁があったのと、信楽の器はあたたかみがあり
春野菜と相性が良さそうと思い、合わせてみました。

特に粉引きの器は、春野菜の彩りを引き立ててくれるので、おすすめです。

スナップエンドウや絹さや、エビなどのレモンドレッシングサラダ。

器は、信楽で作陶されている古谷浩一さんのもの。
古谷さんといえば…の粉引きですが
粉引き以外の色目も色々作られておりました。

最後に、もうすぐ旬が終わる金柑を。
旬の時期、朝ごはんに食べています。

今のうちにコンポートを作れば年中食べることが出来るなぁ
とも思いますが、やはり旬の時期に
生のものを食べるのが一番美味しいですね。

こちらは、堂本正樹さんの器です。

季節の移ろいを感じながら
それにふさわしい器を選ぶのもとても楽しい時間。

昨今、色々不安な事もありますが
家の中でも季節を感じて乗り越えていきたいですね。


2020.03.24 11:00 category:Antiqueダブルデイグッズバイヤー裏話家具

イギリスからきたアンティーク家具たち

慌ただしく、落ち着かない日々の中
季節は着々と進み、ようやく春めいてきました。

厚手の上着はもう出番がなさそうですね。

前々回ご報告しました、
イギリスより入荷のアンティーク家具の中から
数回に分けて少しづつ、家具たちをご紹介いたしております。

今回はテーブルです。

まずはG-Planのダイニングテーブルです。
ダブルデイお馴染みのアンティーク家具ブランドの珍しい商品が入荷しました。

ラウンド(丸型)のエクステンション(伸長式)テーブルは有名ですが
レクタングル(長方形)はイギリスでも集めるのが困難な商品です。

それが今回複数台入ってきましたので、ぜひとも見比べてください。

つぎもお馴染みのERCOLです。
これも希少な商品、レクタングルのドロップリーフテーブルです。
ラウンドは幾度となく入荷し、よくお目にかかれるのですが…

そして引き続きERCOLのコンパクトなテーブルです。
スクエアとラウンドの2型入ってきました。画像はスクエアです。

天板の下にはラックがあり、これもまた珍しくなかなか入荷困難です。

今回はコンテナで入荷してきたテーブルたちをご紹介しました。

これ以外にも海外から入荷してきた家具たちは
たくさんございますので、ぜひ実物をご覧くださいませ。


2020.03.13 11:00 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話ファッション季節の愉しみ趣味

DOUBLEDAYのクッションカバー~made in India~

インドから、クッションカバーが入荷しました。

柄・色ともに目を引くデザインが好評で毎年人気です。
今年は、こちらの9柄をつくりました。

昨年の2月にインドへ行き、膨大な数のデザインの中から選定した子達。
オリジナルで色を変え、作り上げたクッションカバー。
遠いインドから、届くのを楽しみにしていました。

デザイン性があることで、家具に合わせにくいのではないか…。
と、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と合わせやすい!

ダブルデイでも取り扱いのある、ラタン素材の家具との相性も良く
クッションを置くだけで、雰囲気が変わります。

ナチュラルテイストが、JUTEの雰囲気とばっちりです。

こちらもDOUBLEDAYオリジナル、ラウンドのJUTEラグに合わせて。

北欧テイストの、ファブリックソファに合わせても…?

しっくりと馴染んでいますね。
様々なテイストに馴染むクッションカバーです。

まだ寒さが残り、暖かいブランケットに包まっていたい時期ですが
お部屋の雰囲気だけでも、春らしく模様替えをしてみてはいかがでしょうか。


2020.03.10 11:00 category:その他バイヤー裏話季節の愉しみ家具趣味

ふれていたいテーブル

新生活の準備は進んでいますか?

今日ご紹介するのは、広島県で作られているLISCIO Dining Tableです。

イタリア語で「なめらか」という意味のLISCIO(リッショ)は
その名の通り、ずっと触れていたくなるようななめらかな曲線と
ビンテージのデンマークデザインを彷彿とさせる
スタイリッシュな作りが特徴です。

熟練された職人の手作業によって
仕上げられる曲線はまさに匠の技です。

サイズは幅850㎜とコンパクトで
限られたスペースでも置きやすいサイズです。

また、LISCIOシリーズは、付属の六角レンチを使用して
組み立て・分解が可能なノックダウン方式を採用しています。

引越しの多いこの季節、そういった使い勝手の良さからも
家具を買う決め手にしてみては?

ずっとふれていて時が経つのを忘れてしまいそうなほど
なめらかな曲線美に惚れ惚れしてしまいます。


2020.02.28 11:00 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話家具

ダブルデイオリジナルソファ

暦の上では立春を過ぎ…。
暖冬の今年は寒いと感じる日が少なかったですが
春を迎える準備は皆さん進んでいますか?

新しい季節に向けて、新商品が続々とお店に入荷しています。

バイヤー修行中の私ですが、オリジナルソファの開発も5作目
・・・そろそろ見習いなんて言ってられません。

そんな5作目のオリジナルソファは
1960年代のビンテージソファのデザインをイメージした
MILLIE Sofa(マイリーソファ)です。

見た目にも特徴的な背もたれは
座ると包み込まれるような感覚で落ち着きます。

座面もやや硬めで、身体を預けて長時間座っても
しんどくならない仕様になっています。

背もたれのボタンを留めるか迷いましたが
(実はボタンがないサンプルも作成しましたが、失敗でした…)
デザイン的なアクセントだけでなく
ボタンで引き込むことにより腰と肩甲骨にフィットする
立体構造を生み出す役割もあります。
腰が浮いてしまう場合も、付属のトスクッションを
腰に当てて奥行きを調整することができます。

2トーンにこだわった生地が、ビンテージの雰囲気を演出してくれます。
(こちらも生地の色目を違うものにしてサンプルを……失敗しました…)
もちろん生地1色のみもオーダーで作ることができます。

次に作るダブルデイのオリジナル家具は
サンプルの失敗作を出すことなく
そろそろ一人前デビューしたいところです。


2020.02.21 11:00 category:Antiqueバイヤー裏話季節の愉しみ家具趣味

とっておきのチェア kibiroiラタンチェア

これからの時期、新生活を迎えられる方
お部屋の模様替えをお考えの方も多いことと思います。

何か新しいものを暮らしに取り入れたいとき、
大きな家具の購入…は気軽に、とはいきませんよね。
もう少し手が出しやすい家具…おすすめはチェアです。

私が一目惚れして愛用しているダイニングチェアをご紹介します。

インドネシアでラタン家具の職人さんが手作業で作られているもので
オランダのビンテージチェアをもとに
バランスを見てダウンサイジングされたそうです。

アンティークの家具が好きで
椅子も古いものを探していましたが、初めての新しい椅子です。
これから、ビンテージになるぐらい長く使っていこうと思っています。

チークの木目とラタンの柔らかい曲線、
シャープな黒いスチールのバランスがとても気に入っています。

ダイニングチェアとして使っていますが
リビングやデスクでも使用できます。

我が家はダイニングテーブルが大きく
くつろぐ時間もすべてダイニングテーブルで過ごすので
リラックスできるこちらのチェアがとても合っています。

背もたれや座面が丸みを帯びており
体にフィットしてとても座り心地が良く
また軽いので持ち運びも楽にできます。

人が座っているのを見ても見とれてしまうぐらい
シルエットが綺麗で、後ろから見た形も素敵です。

これから春が近づいてきて、気持ちを新たにしたいとき
インテリアに新しいお気に入りを取り入れてみてはいかがでしょうか。


2020.02.18 11:00 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話ファッション季節の愉しみ家具未分類趣味

Emma QUILT ~DOUBLEDAYオリジナル~

DOUBLEDAYの店頭はすっかり春になってきております。
今回はDOUBLEDAYオリジナルキルト“Emma QUILT”のご紹介です。

昨年の春に販売していたLily QUILTに続いて
今回も海外で人気の女の子の名前をヒントに名付けました。

春らしい、可愛いピンク。

優しい印象の、イエロー。

ベーシックな、グレー。

無地とストライプ柄のリバーシブルなので
気分によって表に出す柄を替えられます!

3サイズご用意しており、シーンに合わせてお好みのサイズをお選びください。
(サイズ:130-190㎝ 190-190㎝ 190-240㎝)

ベッドカバーやソファカバーのほかに、ラグとしての
ご利用も多いキルトは、ギフトとしても大変おすすめです。

ベーシックなこちらのソファに ↓

Emma QUILTを掛けると… ↓

雰囲気が一気に変わります!

写真のように、可愛らしい柄のクッションを合わせると華やかになります。

寒い日々ももうすぐ終わります。春の模様替えにEmma QUILTいかがでしょうか。


2020.02.14 11:00 category:Antiqueバイヤー裏話家具趣味

イギリスからきたアンティーク家具たち

たんぽぽが開花したり、梅の花が見頃だったり…
少しずつ春の訪れを目にするようになりましたね。

前回ご報告しましたイギリスより入荷のアンティーク家具から
数回に分けて少しづつですが、家具たちをご紹介します。

今回はチェアです。

まずはチャーチチェアとチークチェア。

その名のとおり、当時教会で使われていたチャーチチェア(左)が同型、
チークチェア(右)が複数型、どちらも多数入荷しました。

つぎはお馴染みG-PLANたち。

品薄でなかなか数が集まらないラダーバックチェア(左)や
フレスコシリーズのチェア(右)が入ってきました。
ほかにも、ダイニングチェアやアームチェアなどがあります。

次に、どちらも人気のロイドルームチェアとERCOL。

アメリカで開発され、その後イギリスで作られたものが
有名になったロイドルームチェア(左)。
防水性が高いので部屋内はもちろん
お庭やテラスなど外でも使えて、多用途でおすすめです。

そしてERCOLスティックバックチェア(右)です。
これは背もたれが高いハイチェアーですが
背もたれが低いデザインやその他のチェアも揃っています。

コンテナで入荷してきたチェアたちを少しずつご紹介しました。

これら以外にも、インポート家具たちはたくさんございます。
次回は、少しづつではありますが、テーブルをご紹介していきます。


2020.02.11 11:00 category:お出かけ・旅行バイヤー裏話ファッション季節の愉しみ趣味

春に着たいお洋服〜続編〜

前回「春に着たいお洋服」をご紹介しましたが
今回は続編ということで、個人的にSSシーズンで欲しいなーと
思っているおすすめアイテムをご紹介します。

最初に、大好きなブランド「LUV OUR DAYS」のデニム。
デニムはいっぱい持っていますが似たような感じでも
色や加工、形、一つ一つ違いがあり、ついつい買ってしまいます。
このデニムもその一つ。

ラインはクロップドで、股上深め。ビンテージ加工で色も絶妙。
脇線が少し前に振ってあり、ラインが綺麗に見えます。
バックスタイルは、ポケット位置やヨーク位置など
細部までこだわっており、お尻がキュッと見えるところもポイント。

またなんとも可愛いバッグ付き。これだけでも使えちゃいます。
テンションの上がるアイテムです。

次に、こちらも大好きなブランド「BASISBROEK」のオールインワン。
展示会で見た瞬間、一目惚れ!絶対欲しいアイテムの1つ。

「BASISBROEK」はベルギーのブランドで
ほぼ全てのアイテムがユニセックス仕様です。

デザインは、ミリタリー、ワーク、スポーツ、ユニフォームなどが多く
シルエットや機能性、着心地を大切にしており、素材の特徴を
活かした加工によって、着る人の個性を高めるデイリーウェアが中心です。

このオールインワンはとにかく大きいシルエット。
ウエストを絞ると、バランスが取りやすく
シャツとパンツが合体したようなデザイン。
とても軽く着心地が良いので、暑い時期でも一枚でサマになるアイテム。
上の部分を折って、腰に巻くと下の写真のように着用でき、一着で2度楽しめます。

最後に、「lelill」の羽織り。
「lelill」は今年の春からスタートした、現代のライフスタイルに
寄り添い「1日の気分を体にデザインする服」をテーマにしているブランドです。

季節の移ろいや、さまざまなライフスタイルに寄り添うため
自然由来の素材を使った「ホワイトライン」
機能性素材を採用した「ブラックライン」
デニムアイテムの「カーキライン」の3つのラインで構成されています。

こちらの羽織りは「ホワイトライン」の一着。
前のボタンを全部閉めるとワンピースとして使えます。

まだまだ欲しいものがいっぱいで、おすすめしたいアイテムも
たくさんあるのですが、また今後ご紹介していこうと思います。

もう少し寒い時期を我慢して、春のお洋服を楽しみましょう!


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 »
PAGETOP