Recommend

2015.10.23 11:30 category:お料理ダブルデイグッズバイヤー裏話季節の愉しみ

秋の味覚 Vo.2 “ 秋刀魚ご飯”

先日のDAY’S仲間に続いて、
私も秋の味覚を堪能中です。

(⇒「秋の味覚とAwabi ware」はこちら。)

まずは、土鍋で作る「秋刀魚ごはん」。

しまい込んでいた土鍋を出してきて、
秋刀魚を焼き、土鍋でお米と一緒に炊くだけ
の簡単料理です。

ですが…、味見をしてびっくり!
秋刀魚の臭みもなく、
秋刀魚の出汁がご飯にしみて、
本当に美味しい!!

土鍋で炊くご飯は、やわらかく甘みがあり、
ジャーのご飯とは全然違います。

ダブルデイにも土鍋の産地
『三重県伊賀焼の土鍋』が入荷しています!!

伊賀焼の土鍋は、
お鍋の中で食材を包み込むようにゆっくり火を通すことで、
野菜や魚、お米など素材のもっている甘みや旨みを十二分に引き出し、
ふっくらとした味に仕上げるのが特徴です。

新米が美味しい季節なので、
土鍋でごはんライフも良いかもしれませんね。

続きまして「柿と野菜のグリルサラダ」です。

柿のグリルは初めてで、
どんな感じになるのかなと思いましたが、
オリーブオイルとも合いますね。

オリーブオイル+ハチミツ+ワインビネガー+バルサミコ酢のドレッシングで、
野菜の味を生かしたサラダです。

最後は「かぼちゃの鶏そぼろあんかけ」。

かぼちゃやさつまいもは、
甘くて美味しいので食べ過ぎ注意です。

秋が終わる前に、
まだまだ食べたいものが盛りだくさんです。


2015.09.29 11:30 category:お出かけ・旅行バイヤー裏話

インド出張レポート(前編)~ピンクシティー~

涼しくなり始めた日本から
飛行機で約8時間。

連日37℃と、まだまだ暑いインドへ
ラグやクッションなどの
ファブリック類の仕入れに行ってきました。

1日目は、首都デリーから郊外へ
車で2時間ぐらいのドライブです。

目的地は織物の産地。
敷き物を作るメーカーが集中しています。
さっそく数社を回り商品企画スタートです。

・・・と、
いつの間にか気づけば夕方に。
良い商品にも巡り会え大満足!
お待ち兼ねのカレーを食べに
来た道を一路車でひた走ります。

と、突然「バン!!」という破裂音ともに
嫌な感じの振動がお尻の下から伝わってきました。

はい。パンクです。
というかバースト(破裂)です。

舗装状態の良くないインドではよくある光景のようですが、
乗っている車がバーストしたのは初めての経験で、少しワクワクしちゃいました(笑)

車を降りてみると、前輪が完全にアウト!
デリーまではまだ1時間以上はあるローカルエリア。

“さぁ~どうしましょう。。。”
という空気が流れ、その場で一番若かった私が
「私がタイヤ交換しますね。」と申し出ました。

その時、ふと周りをみると
ガードレールの向こう側に「車屋さん」を発見!!

気づいたインド人の運転手さんがすぐに声をかけ、
ガードレール越えの出張作業に来てもらえました。
手際よくタイヤ交換も終わり、運転手さんがお金を渡していました。

「いくら払ったんですか?」と聞くと
『100ルピア』とのこと。

「えっ?100ルピアって約¥200なんですけど、そんなに安いの??」
自分で交換しなくて良かったです。ほんと。

その後はトラブルもなく順調にデリーへ戻り
お楽しみのカレーをいただきました。
インドは鳥がほんとに美味しくて、
チキンカレーやタンドリーチキンは絶品です。

2日目はいよいよ、今回のメイン
“JAIPUR(ジャイプール)”へ向けて出発です。

首都のデリーから飛行機で約40分程の内陸に位置し、
手作業で作られる伝統的な「ブロックプリント」が盛んな街。

世界遺産の『ハワー・マハル(別名:風の宮殿)』がある
観光名所としても有名な街です。

通称“ピンクシティー”とも呼ばれています。

(移動中に車の中から辛うじて撮影することができました!)

町のほとんどの建物がピンク色。
活気のある街並みが続きます。

つづきまた次回に。後編でお届けします。


2015.09.25 11:30 category:お出かけ・旅行バイヤー裏話

ヨーロッパ早朝散歩

アンティーク買付け出張中、
ベルギーの街で一泊した早朝。

中途半端な時刻に目覚めた私は、
アンティークディーラーに行くまで
時間に余裕があったので、
眠い頭をシャキッとさせようと
早朝の街へ散歩にでかけました。

この日の朝はすっきりと
晴れわたっていたのですが…

実は深夜26:00くらいから
拳大ぐらいの「雹(ひょう)」が降り、

何事かと思うくらいの
轟音、落雷、ガラスの割れる音が響きわたっていました。
結局おさまるまでの2~3時間は
生きた心地がせず、全く眠れずにいました。

朝食の時にホテルの方に話を聞くと
この地域では結構、雹が降るとのこと。

雹が降った影響なのか
朝、街には人の気配は無く
出会ったのは素敵な白黒の猫だけ。

人が全くいないので
ここぞとばかりに、遠慮なく
町並みの撮影を開始。

今回は素朴でシンプルな扉が目に留まり、
パシャパシャ。

日本ではあまり見ない雰囲気のものが多く、

塗料やコーティングのマットさや
風合いの良いオイルステイン、
重すぎない鉄枠の雰囲気など素敵な扉ばかり。

「日本の住宅扉も
もう少しセンスが良くならないものかな…」
とぼやきつつ。

いつか自分がなにかしら建築に関わる際の参考にと
たくさん撮りためました。

雹と落雷でまったく眠れませんでしたが
結果、色々と収穫があった早朝散歩でした。


2015.09.04 11:30 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話

CAMP OUT & FEEL WARMS ができるまで

現在、ダブルデイではキャンプグッズを数多く取り揃えております!


(⇒詳しくはこちら。)

ホームページなどで使っている
このイメージ画像。今回は、こちらの撮影裏話をご紹介。

記憶を遡ること6月。
梅雨真っ只中に、撮影が行われました。

いつも撮影の日はお天気が心配ですが
今回はいつも以上にアウトドアな撮影なので
天気予報のチェックに余念がありません。
当日の予報は「曇り時々雨」。あ、あめ・・・?!

雨の前に撮影を終わらせようと、
現地に到着するや、さっそく準備開始です。

キャンプの一番仕事と言えばテント設営!
メンズ3人が汗を流しながら頑張ってくれていました。

テント設営を横目に画面をチェックしたり・・・
それぞれ大忙しです。

そんな時、オレンジの大きなハチが
目の前を横切って行きました。

『すずめバチ!?』

少々の虫は覚悟していたのですが、
すずめバチが登場とは思いも寄らず…

すずめバチに襲われないように見張る担当まで出るはめに。

もう、ここまで来ると本格的なキャンプを
している気分です。

虫やお天気に右往左往させられましたが、
頑張ったおかげで今回も無事撮影を終えることができました!

「大人もしっかり楽しめるキャンプグッズ」を

取り揃えていますので、ダブルデイ各店へ
ぜひいらしてくださいね。


2015.08.21 11:30 category:お出かけ・旅行バイヤー裏話

出張レポート @高松

先日、香川県の高松市へ出張に行ってきました。

大阪の梅田から高松まで、
高速バスで行く日帰り弾丸出張です!

片道3時間のバスの旅は途中、
明石海峡大橋を超え、次いで鳴戸大橋を渡るコースで
車窓からは淡路島の豊かな自然を楽しめる工程です。

というのは出張前の想定で、
現実は往復6時間のバス監禁。
なかなかハードな出張でした。

さてさて、梅田を出発したバスは
一旦、淡路島でトイレ休憩です。

海が綺麗!!
でしたが、とにかくその日は暑かった。
体感で40度ぐらいありそうでした。
さっさとバスに乗り込み休憩終了。

なんだかんだで取引先の工場に到着。

今回は、今でも国内に縫製のラインを持っておられる
MADE IN JAPANのニット工場を視察してきました。

ずらっと並んだ糸が綺麗に整理整頓されています。

縫製ラインでは、ベテランの職人さん達が黙々と作業中。
じゃましないように静かに見学です。

一見すると単純で簡単そうな作業にみえますが、
実際はニットひと目ひと目に
くるいなく針を入れていく様子はまさに職人技!
素人には絶対にできない類の作業でした。

まさに物作りの現場。いや~楽しかった。
昨今、海外での物作りのコストが高くなる中、
改めて国内生産品が見直されてきています。
なので、この工場も当面受注がいっぱいでフル稼働とのこと。

私も一日本人としてなんだか勝手に
誇らしく思ってしまいました。

そうそう香川と言えば「うどん」ですよね。
せっかく出張で来たからには、もちろん
お昼は「うどん」をいただきました。

地元のローカルチェーンのお店で
セルフ式のうどん屋さんへ連れていってもらいました。

味はもちろん「絶品」です。
麺の腰が最高にいい塩梅!

出し巻きたまごの天ぷらも
最高においしかったです。

そんな弾丸出張も順調に商談を終え、
後は予定通り、バスに乗り込み帰るだけ。

帰り道。
行きに休憩でよったサービスエリアで
夕焼けに出会いました!

少し疲れが癒された瞬間でした。
でも次は泊りがいいなぁ。


2015.08.18 11:30 category:Antiqueお出かけ・旅行バイヤー裏話

アンティーク買付け出張のひそかな楽しみ

アンティーク家具の買付け出張は、
基本一人旅。

買付け中は、
エージェントと一緒に行動しますが
終わると自由時間です。

といっても夕方で、
ほとんどのお店は閉店している状況。
街をただ散歩するしかなく…。

散歩はむしろ好きなのですが
ただ歩き回ることにも
だんだん飽きてきました。

そんな中、街中に
素敵な「数字」があふれていることに
気が付きました!

今では、出張の度に
数字を見つければ撮影しまくることに
はまっています。

自分の中のルールとして
できるだけ『数字の並び順に撮影していく』
というスタンスで撮りためていっているのですが

実まだ「4」を
まったく見つけることができず
揃っていません。

どこまで数字を集められるのか分かりませんが
出張に行くたびに、カメラを片手に街を練り歩き、
数字を見つけたいなと思っています。

たくさん撮りためた数字を
全部載せるわけにもいかないので、
今回はひとます3カットだけ。

いつか「4」を見つけられたら
他の素敵な数字とともに
またご紹介したいなと思います。


2015.07.14 11:30 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話季節の愉しみ

出張レポート @湘南

先日、湘南にある照明器具メーカーさんの
事務所を訪問しました。

江ノ島電鉄に乗って
最寄り駅の「稲村ヶ崎駅」に向かう道中、
気がつけば周りは観光客だらけ。

商談に行くのに、まるで観光旅行気分。
どうやら湘南ロケの映画の影響で人が多いようでした。

最寄駅から雰囲気のある小道を歩くこと10分弱、
小高い丘の上にある事務所に到着です。

通された部屋からはベランダ越しに江ノ島が見え、
湘南感満載の立地。

流れている空気感もなんだかゆっくりで、
“サーフカルチャー”って感じの心地よい空間です。

室内の照明は、間もなく発売される予定の
商品サンプルがイイ感じで吊ってありました。

こちらは壁掛けのウォールランプを
テーブルランプとして使っている商品サンプルです。

秋口の発売なのでまだ日本にはこの1個しかありません。
そんな商品サンプルをいち早く手にとって見ることができるのは
バイヤーの醍醐味ですね~。

これらの照明、ダブルデイでも販売予定なんですよ!
お楽しみに!

事務所での商談も一通り終え、
せっかくなので外の景色も楽しむことに。

訪ねたのは6月中頃で、アジサイの季節。
近くにはアジサイで有名な長谷寺もあるエリアだけあって
至るところにアジサイが咲いていました。

アジサイ越しの江ノ島!
(島がちょっと遠くて分かりにくいですが)

庭先にサーフボードを発見です。
「どなたのでしょうか?」と訪ねると
「僕のです。」と担当者さん。

毎週2~3回は出社前に
ひと波乗ってから出勤らしいです。
ん~羨ましい限り。

聞くと、社長を含め社員の方数名はサーファーで、
湘南ライフを満喫されていらっしゃいました。

こちらのメーカーさんが作られている照明器具は
確かに全てアメリカ西海岸の匂いがします。

そう“サーフカルチャー”です。

私は海がまったく似合わない山派ですが、
「サーフィンもいいかも…」と
ちょっとだけ思った出張でした。


2015.07.07 11:30 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話ファッション

縫わないニット“NUONE”

シンプルで薄手のニット素材が好きなのですが
気になるのが着心地。
そんな中、近頃ダブルデイで取り扱っている
「NUONE(ぬわん)」という名のニットの
着心地にはまっています。

日本のメーカーさんによって“ホールガーメント”という、
縫い目が出ない特殊製法で
立体的に編み上げて作られているニットで、
縫い目がないことから生まれる
“美しいフォルム”と“なめらかな着心地”が特徴です。

 

立体的に編み上げらることにより
今までにない「自由なフィット感」と
「美しいシルエット」が得られます。

さらにジャパンメイドだからこその
「上質な肌ざわり」と「軽やかな着心地」で
一度袖を通すと手放せなくなる気持ち良さです。

ダブルデイでは
“1、2、3”の3サイズを取り扱っています。
体にフィットするサイズ感で、インナーにはもちろん、
少しゆったりサイズを一枚で着ることもできます。

私は“1”のサイズを愛用しています。
幅広く使えるNUONEは着心地だけでなく、
実用性にも優れているところがおすすめ!

たとえば、冷えとり靴下と合わせて
シルクのキャミソールや腹巻きと同じように
“インナー”として着たり。

 

一枚の“トップス”として
シルエットを活かし、白のパンツとパンプスで
少し大人っぽいコーディネートで合わせてみたり。

 

パッケージもひと工夫!
ただの袋ではなく、“洗濯ネット”として使える
メッシュ素材になっていているんです!!

商品名は
ホールドガーメント製法で、縫い合わせがないことから
“縫わん”が由来で「NUONE」になったそう。

NUONEのロゴは、
ロゴのちょうど真ん中にくる
“O”の一文字のみを赤色にしています。
日本の国旗“日の丸”モチーフに
『ジャパンメイド』ということを
表しているそうです。

この夏、希少な「海島綿」を使用した半袖のNUONEも入荷します。
縫い目がなく、立体的に裁断されたニットの着心地のよさを
ぜひお近くのダブルデイでお試しください!
(お取扱いの無い店舗もございます)


2015.06.05 11:30 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

Factory Tour

海外出張レポート。
今回の訪問先は、中国の大手“掛け時計工場”です。

日本の大手時計メーカーや
アメリカの時計メーカーの製品を
製造している工場に行ってきました。

掛け時計を作るすべての工程が
この工場で見られるのですが、
巡回中に時計以上に気になる物に出会いました。

工場内で工員さん用に設置されている
業務用の扇風機。
文字通り「インダストリアル(工業的)」な
テイスト感満載でカッコイイんです。

でも、私が嬉しそうに扇風機の写真を撮っているのを見て、
工場の社長は不思議そうなご様子。

中国ではどの工場でも
当たり前のように使われるいる扇風機なので、
どうしてこんなものに興味があるのかといった様子でした。

実際、工場の周りでは至るところで
同じような扇風機が売られています。

実は、この手の工業用扇風機を
リモデル・リサイズした物が
ダブルデイで販売中の「BRICK FAN」なんです。

工場で使われている物だとさすがに
一般家庭には大きすぎるのでコンパクトにし、
よりシンプルに作り直した扇風機です。

話は中国に戻りまして…

工場視察も一通り終わりかけた頃
工場の担当者が移動を急かしてきました。

「何を焦っているのか?」と思って歩いていると
何やら前方から青い集団が…!

気づけば工員さん達の波の中でした。

12時ちょうどに一斉に食堂へ移動する工員さん達の
波に飲み込まれる前に通路を通り抜けようと
移動を急かしていたという訳。

さすが時計メーカーだけあって
「時間には正確!」と思いましたが
自分の腕時計を見ると、まだ12時数分前。
みなさんフライングでした(笑)。

工場でのお話しはこのぐらいにしておいて、
最後に“香港話”を少し。

今回、香港へは飛行機の経由地として入国したのですが、
いつも中国から香港へ入るとほっとします。

というのも、中国は基本英語が通じない。
一方香港は英語で生活できる国なので
中国語がまったく分からない私には
英語が通じる香港はストレスフリー!

いつも香港はほっとできます。

また、イギリス文化の香港は
車も左側通行で日本と一緒!(中国は右側通行)
道路の横断も自然と「右みて左みて渡る」で行けるのです。

中国だと逆な上に、
そもそも車が止まってくれない。
信号もほとんどないので
道路の横断は命がけです。

といったわけで
「香港なら住めるな~」と思ったのですが
“家賃が世界1~2番目に高い”ので
実際には住めませんね。

やっぱり「日本人は日本が一番住みやすい」
と思う今日このごろでした。


2015.04.24 11:30 category:Antiqueダブルデイグッズバイヤー裏話

売れ残りでも愛着がある Vintage Item

久々にダブルデイで取扱っている家具の製造元を
訪ねててきました。
その際の製造現場や製造工程などを、
DAY’sでご紹介しようと準備をしていたのですが…

誤って画像を全て消してしまった!!

という始末。情けない。

ということで、またまた
「自宅にあるダブルデイにまつわる小物」紹介です。

今回もお付き合いください。

これは何でしょう?

一見するとまったく何かわかりませんが

これは、1900年代前半
船に使用されていたボルトを
上からカバーするために使われていた部品です。

なぜ買ったのか?

ダブルデイで販売するために
仕入れてきたのですが
2年経つのに1つも売れなかったため、
自分で購入しました(笑)

ただし、
嫌々購入したのではなく

本当は、マンチェスターの
アンティークマーケットで一目惚し、
自分用に購入して帰ろうと試みたのですが、
重くて断念。

であれば、バイヤーの自分の直観を信じ
売れるであろうと仕入に切り替えた結果、
まったく売れず。

博多店で眠っていた最後の1点を
先週の九州出張の際に、購入してきました。

真鍮の雰囲気がすごく良く
当時のフォントで作ったロゴが素敵なのですが
なかなかお客様に
めぐりあえなかった残念な子。

今後、我が家で
ステショナリーホルダーや小物入れとして
活躍してくれるでしょう。


 « 1 2 3 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 »
PAGETOP