Recommend

2022.07.01 11:00 category:ファッション

暑さ和らぐ服えらび

今年の梅雨は一瞬で終わり、
7月入ったばかりですが「夏本番」到来で
毎日お洋服選びも困りますよね。

そんな暑い毎日を少しでも涼しく過ごせる
「夏の洋服選びのおすすめ」をご紹介します。

暑いときの服選びに是非
ポイントにしていただきたい内容は2つ。

①ふわっと広がるシルエットのものを選ぶ(通気性)
②素材と色選びにこだわる

上記のポイントを踏まえて
おすすめアイテムをご紹介します。

最初にご紹介するのは
通気性、吸湿性に優れた
「リネン素材」とコットンを使用した
HAVA(ハーヴァ)ピンタックシャツチュニック。

HAVA(ハーヴァ)は
2022SSからスタートしたブランドで、
素朴で美しいインドの
マテリアル(オーガニックコットン・麻など)や
温かみのある伝統的な手仕事・
繊細なテクニックなどを
賛沢に紡いだブランドです。

胸元のピンタックのデザインが
とにかく繊細で、見惚れるほどの美しさ。

シルエットはゆったり目なので、
通気性もよくさらっと着やすい
一枚でサマになるアイテムです。

中に合わせているインナーも
おすすめなので合わせてご紹介します。

インナーはtumugu(ツムグ)の
コポリフライスタンクトップを使用。

コポリフライスとは
コットンとポリエステルの略で、
ポリエステルが入ることにより洗濯に強く、
ふくらみがある素材感で
伸縮性がたっぷりあるため、インナーに最適。
全く窮屈感なく着ていただけます。

また縫い目を無くし、
肩と背中部分のみに仕立てており
上から着るお洋服にもひびきません。

程よい開きが絶妙で、
首回りすっきり見えつつ、
下着が見えにくい仕様。

V開きのお洋服にも
このようにぴったり合います。

次にご紹介するのは綿麻素材を使用した
「hands of creation(ハンズオブクリエーション)」の
ボーダーとシャツ素材が
切り替わっているデザイン。
こちらも一枚見えするアイテムです。

画像はイエローとグレーのボーダーで、
他にオフとブラックのボーダーをご用意。

ボトムは清涼感のある
綿麻素材のパンツを合わせてさわやかに。

カットソー後ろのデザインもとても可愛く、
おしりが軽く隠れる丈感でタックのデザインが
ワイドすぎないシルエット。
ワイドパンツなど太めのシルエットから
幅広くご使用いただけます。

暑さはまだまだこれから続きますが、
毎日のお洋服えらびが
少しでも楽しく・快適に過ごせるよう
素材やシルエットにこだわっていきましょう。


2022.06.17 11:00 category:ファッション

一枚でサマになるカットソー

急に暑くなり、今から着回しのできる
トップスが欲しくなる季節ですよね。

ダブルデイでは今季ロゴTシャツも
豊富に取り揃えております。

一部ですがご紹介します。

初めにご紹介するのは
「miller/ミラー」カットソーです。

個人的にも2色買いした
とてもおすすめのアイテムです。

「miller」独自の技術、
針抜き仕様“パネルリブ”を採用した
最高の着心地を叶えてくれる一枚。

程よいフィット感があり、
ボディラインを綺麗に見せてくれる
シャープなシルエットで
インナーでも一枚でも
とにかく毎日のように着たいカットソーです。

次にご紹介するのは
「Nouvelles du paradis LAITERIE/ヌーヴェル ドゥ パラディ レイトリー」
メッセージプリントTシャツです。

入荷してすぐとにかく人気のアイテムで、
くったりとした風合いで心地よい肌触りの素材は、
コットン100%。

シンプルで主張しすぎない、
英語の手書き水彩風プリントはさりげないポイントになります。

シルエットはワイド目で体のラインも出ず、
暑い夏に活躍間違いなしのアイテムです。

こちらは同じブランドから
オーガニックコットンを使用した
英文の文字が書かれたTシャツです。

プリントはモノトーンの配色なので
より大人っぽく着用でき、
さりげなくロゴTを取り入れていただけます。

ストレートシルエットで
どんなボトムにも相性の良いTシャツです。

袖口を一折しても可愛く
素敵に着用いただけます。

まだまだご紹介したいものは
たくさんございます。

お店には無地で着回しできるカットソーや、
シャツ素材と切り替わったカットソーなど
これから続いていく暑い夏に
少しでもおしゃれが楽しめるように、
お気に入りの一枚を見つけて見られては?


2022.05.31 23:00 category:ファッション

外出のお供に、気軽に持てるバッグ

電子マネーなどが普及し、
どんどん持つバッグが小さくなってきたなぁと
個人的に感じる今日この頃。

とは言え、レジ袋有料になり
小さいバッグだけでは
ちょっとしたお買い物をした時のためにも
普段サブバッグを持ち歩いています。

今回はご紹介するのは、
サブバッグはもちろん、
普段使いの気軽なバッグとしておすすめの
アイテムをご紹介します。

最初にご紹介するのは
ダブルデイ別注で依頼した「tie」の刺繍バッグ。

柄は3種類の2色展開で、
それぞれお花いやメッセージをモチーフに
刺繍してもらいました。

バッグの素材はとても軽く
光沢感があり、刺繍が入っていても
大人っぽく持っていただけます。

また今回一番こだわったのは
2通りの持ち方ができるように、
別の持ち手を付属で付けてみました。

何もつけないときは手持ちスタイルで、
付属を付けると肩掛けもでき、
手を放したいという時にとっても便利です。

数がそこまで多くないので早い者勝ちです。

次にご紹介するのは
刺繍バッグと同じブランドの「tie」から
ビニールバッグのご紹介です。

メッシュのビニール素材で、
サイズは大小、カラーは
ブルー/オレンジ/モカ/シルバーの4色展開です。

ビニールなので多少水に濡れても
拭くだけで扱いもしやすく、
こちらも軽くて持ちやすいです。

ブラジルのお守りといわれる
リボンがついており、
カラフルなのでそのまま付けて持っていただいても
差し色になって可愛いですよ。

最後にご紹介するのは
「Maison Bengal」の刺繍入りトートバッグです。

こちらは何といっても色が可愛く、
これから夏に向けても持ちたくなるアイテムです。

「Maison Bengal」は
バングラディッシュの貧困と戦うため、
イギリス人のSheenaghDayが
2004年に設立したフェアトレードカンパニー。

手工芸品の生産に関する技術を提供することで
バングラディッシュ国内女性の
2千人上の財政的支援を可能にしました。

バングラディッシュの伝統的な技法や
職人技、環境に配慮した天然素材を用いたものづくりを
追求しているブランドです。

そういったブランドの背景を知ったうえで
モノを買うとまた愛着も変わってきますよね。

このようなサブバッグは何個持っていても欲しくなりますよね。
お気に入りのバッグを見つけてみてください。


2022.05.13 11:00 category:お出かけ・旅行ファッション季節の愉しみ

梅雨時期にそなえて・・・

沖縄は梅雨入りしたようで、
今年も憂鬱な季節がもうすぐやってきます。

憂鬱な気分を晴らすためにも、
デザインが可愛くて、機能性を兼ね備えたアイテムを
コーディネートに取り入れて気分転換してみませんか?

今回は雨が多くなるこれからの時期に
おすすめの商品をご紹介します。

はじめにご紹介するのは
毎年好評いただいている「KiUレインポンチョ」。

ペイントしたようなカモフラ柄が
目を引き、機能性も抜群。

フード部分はツバ付き、
ハイネック仕様で調節可能なドローコード付き。

収納袋もついているため
濡れた際はこのバッグに入れて持ち運び可能です。

長時間雨の中でも対応でき、フェスやイベントにも便利。

次にご紹介するのはセルビアの人々に愛され
登場から四半世紀以上ほとんど形を変えていない
「OPANAK/オパナック」シューズ。
革製の時代に、天然ゴム製のシューズを
開発するというのは当時画期的でした。
水を防いで手入れ簡単、
そして滑りにくく、セルビアの「農夫靴」として
国民的ブランドに成長しました。

個人的に先日購入し早速はいてみました。

雨の日に少しルーズなパンツがはきたくなって、
レインブーツだと合わないなというときに
「OPANAK」を合わせました。

パンツ、スカート関係なくコーディネートしやすく
これから活躍間違いなしな予感です。

次にご紹介するのは、
湿度が上がると髪型が決まりにくくありませんか?

そんな時は帽子がおすすめ。

お家で洗っていただけるハットで、
専用のネット袋がついておりこの中に入れて
手洗いしていただけます。

帽子をかぶるとどうしても
ふちの裏側にお化粧品がついてしまうことありませんか?

手洗いできるのは汗をかく真夏も便利。

いろいろご紹介しましたが、
先日雨の中音楽イベントに行った際に
コーディネートを楽しみながら過ごせたので
個人的におすすめアイテムをご紹介しておきます。

w.p.cモッズコートは軽くて
普段のお洋服にも合わせやすいレインコート。

ウエストを絞ってシルエットを変えてもよし、
万能アイテムです。

またMARINEDAYのS-HELMETバッグも
ナイロン素材を使用しているため
多少の雨ははじきます。

梅雨が始まる前に
気分展開できるアイテムを
見つけてみてはいかがですか?


2022.04.26 11:00 category:お出かけ・旅行ファッション

お出かけ服を着まわそう

気温が暖かくなり、
各地イベントの開催も盛りだくさんのようで
週末はお出かけになられる方も多いのでは?

ゴールデンウィークも近いですし、
着回しのできるシャツワンピースを使用した
コーディネートを3パターンご紹介します。
※店舗によって取り扱い無い商品もございます

今回使用するワンピースは
「KELENギャザースリーブシアーワンピース」です。

シアー感があり軽やかに着用いただけるワンピース。

最初にご紹介するコーディネートは
お友達とのお食事や、京都散策など
日差しが強くなるこれからの時期に
おすすめのコーディネート。

ワンピースですが前開きなので、
軽めの羽織として合わせるのもおすすめです。

中にリネン素材のボーダーカットソーを入れ、
ベーシックなデニムと合わせて
小物は素材感のあるアイテムをチョイス。

長時間歩いても楽ちんな
サンダルでお出かけも楽しくなります。

後ろ姿もとても軽やかな印象で
ギャザー部分が可愛いですよね。

次にご紹介するのは、
ワンピースメインでコーディネートしました。

ベルトをすることで、
スカート部分にボリュームが出て
よりフェミニンな雰囲気に。

小物と肩掛けカーディガンは
ブルー系で統一することでまとまった印象に。

カーディガンはUV加工施しており、
お出かけには活躍間違いなしです。

最後にご紹介するのは
行楽地や少し遠出も想定したコーディネートです。

柄物のボトムを合わせ、
インナーは差し色のロイヤルブルーを合わせてみました。

帽子はクルッとたたむことができ、
バッグはリュック型にしているので
邪魔にならず機能性も考えたコーディネートです。

MARINEDAYのリュックは
個人的にも愛用しておりまして、
とにかく軽く、様々な
コーディネートに合うバッグを
ラインアップしております。

このように一つのアイテムで
様々なコーディネートを楽しんでいただけるので
シャツワンピースは特に今の時期おすすめです。

他にも違うブランドの
シャツワンピース色々ございますので
自分に合った一着を見つけてみてください。


2022.04.19 11:00 category:お料理キッチンファッション

”母の日に” 気持ちのスイッチを入れる日本製エプロン

母の日に、エプロンの贈りものを
検討されている方もいらっしゃるかと思います。

もちろんご自身用にもですが、
料理を作る時・作業をする時に、
気持ちのスイッチが入る、
楽しい気持ちになるエプロンが1つあると良いですね。

今回は『SUNNY LOCATION』という
エプロンブランドのご紹介です。

こちらは、「エプロンコート」という名前の割烹着。
割烹着タイプが、袖まで覆うので嬉しいけれども、
あまりオシャレなものが無い・・・
と嘆かれていた方にぜひ!!

前と後ろを逆にして着ることもできます。
ちょっとした外出のアウターとしても。

『SUNNY LOCATION』は
生地の調達から縫製まで、
全てall made in JAPANに
こだわった物作りをされています。

こちらのコットン生地は、
天然素材の持つ豊かな表情や
特徴を表現できるよう、
染色方法にこだわり、天日干しにして、
ユーズド感のある深い色合いになっています。

こちらは、とても柔らかいデニムです。

デニムでありながら
しっとりとしたタッチ感で光沢があり
上品な表情です。

また、着るだけでカジュアルなドレスのような、
まさに気持ちのスイッチが入るエプロンです。

こちらは、表情豊かな色ムラやアタリ、
色のネップなどあえて素材の特性として残したリネン。

乾燥には自然な表情をいかすため天日干しで仕上げています。

最後に、エプロンがタオルにもなる、
表面にはリネンのワッフル織、
裏面はコットンのガーゼを組み合わせた2層のワッフルガーゼ。

リネン素材のワッフル織は吸水速乾性に優れ
繊維自体に抗菌性があり衛生的、

また裏面のコットンガーゼは通気性に優れ、
とても柔らかな風合いとなっています。

お家でも、お気に入りの洋服を着た時のような
ワクワク感を、是ぜひ味わってみて下くださいね。


2022.04.08 11:00 category:ファッション

カラフルを身にまとう

春になると色ものや柄ものが店頭に並び、
見ているとワクワクしてきますよね。

今年は特にピンクをはじめ、
グリーンにブルーなど様々なカラーのお洋服や
雑貨類が目を引きます。

今回はそんな見ても楽しい、
着るとテンションの上がるお洋服をご紹介します。

最初にご紹介するのは
ヨーロッパの生地や、レース、リボン、
そしてアンティークの付属をこだわって使い、
独特な世界観のある服を生み出す
“Bon Vieux Temps”から
ボタニカルプリントが素敵なブラウスです。

首元は開きの調節が可能な紐がついており、
気分やコーデに合わせて
開きの深さを変えていただけます。

また袖口にもゴムが入っており
画像のようにまくしあげてボリュームを出して
着ていただいても可愛いです。

何といってもあまり他では
見たことのない柄が目を引きます。

次にご紹介するのは”Le GLAZIK”から、
毎年人気のバティック柄シリーズのご紹介です。

既に店舗によっては完売している柄もあるほど
人気なシリーズで、
アフリカンバティックから着想を得て、
日本人に合わせやすい色合いや柄で仕上げられた
オリジナルプリントが印象的です。

生地はしなやかで適度なハリ感のある
高品質なコットンブロードを使用し
さらっと肌あたりも抜群です。

ワンピース、スカート、パンツと揃えております。
次にご紹介するのは”O’Neill”の
リネンチェックスカートです。

もう毎シーズンの定番アイテム
といっても過言ではないスカートで
シーズンによって色合いが違うため、
毎年楽しみにしてくださっているお客様もおられます。

1850年代からアイルランドの首都
ダブリンで民族衣装である
キルト製品を作り続けている
名門ファクトリーブランドです。

春夏は清涼感のあるリネン素材を使用し、
コーディネートのポイントになるアイテムです。

最後にご紹介するのは”LE MELANGE”から
マルチストライプ柄が目を引くワンピースをご紹介。

コットン100%ボイル素材に
インクジェットでプリントし
風合い良く仕上がっています。

中にペチコートも付くため、
夏場は1枚でサンダル合わせでも可愛いですし
前開きなのでパンツスタイルに
軽く羽織って合わせて、
様々なコーディネートで着用いただけます。

見ているだけでワクワクしますが、
着るともっと気分が上がるアイテムばかりです。

普段色や柄が苦手な方も、
今年は特に色々なテイストの柄物をご用意しております。
お気に入りの一枚を見つけてみてください。


2022.03.22 11:00 category:ファッション季節の愉しみ

季節の変わり目はシャツが相棒

3月に入り急に暖かくなりましたね。
とは言え朝晩はまだ肌寒く、たまに寒い日もあり
何を着てよいか難しい季節・・・。

そんな時は一枚でも、
羽織としても万能に着回しがきく
シャツやブラウスがおすすめ。

今回はシャツ特集でお送りします。

最初にご紹介するのは
「GYMPHLEX」ブロードシャツ。

ワイドシルエットのボタンダウンシャツで、
前からの見た目ももちろんですが
後ろも可愛いこだわりシャツ。
ヨークを少し幅広くとっており、
ほどよいギャザーになっているところもポイント。

画像のように前を開けてパサッと羽織ってもよし
ボタンをすべて留めて上にコートを合わせてもよし
シャツ素材でシーズンレスに着まわせるのも
活躍間違いなしですね。

次にご紹介するのは「hands of creation」の
セーラーカラー風ストライプシャツです。

見た目通りとにかく衿のデザインがポイントの一枚見えするシャツ。

袖口はほんのりギャザーが入っており、
ボタンが見えない比翼仕立てになっているため
甘くならず大人っぽく着用できます。

ベージュ寄りのピンクで春らしい一枚。
今くらいの気温ですと、
コットンニットやジャケットに合わせても可愛いです。
特にニットですと衿を出したコーディネートもおすすめです。

最後にご紹介するのは
「KELEN」デザイントップスです。

程よいシャリ感とハリ、
ストレッチ性とおすすめポイント満載な
こちらも一枚見えするトップスです。

後ろのヨーク部分にはタックが入り、
袖口にもシャーリングゴムが施されていることで
女性らしく上品に着用いただけます。

今の時期ですと、オケージョン用に
お洋服を探されている方にもおすすめです。

こちらでしたら普段使いにも使用できるため、
コーディネートの幅が広がります。

また何といってもしわになりにくいところもおすすめ。
毎日気温差がある不安定な時期なので
お洋服選びが億劫になっていませんか?

着回しのできる
お気に入りのシャツを見つけてみてください。


2022.03.04 11:00 category:ファッション

春のお洋服

寒さは残りますが、
街中のお店を見ると
きれいな色のお洋服が出ており
少しウキウキした気分になります。

ダブルデイにも
続々と春服が入荷しております。

今回は一部ですが
届いたばかりのアイテムをご紹介します。

「毎日を楽しく過ごす女性のための飾らない日常着」
を提案する「LUVOURDAY」から
バサッと軽くシャツのように羽織ると
様になるコートのご紹介です。

東レのポリエステル機能糸
「エアファイン」を使用した
機能性素材で、経糸にコットン糸を使用し
ナチュラルな風合いに。
イージーケアなのでお家でお洗濯もできます。

前を開けて軽く羽織のももちろんですが、
ボタンを留めて
ドレスのように着用するのもおすすめ。
後ろのデザインもこだわっていて、
ヨークが深めなところがポイント。

一つのコートで様々なコーディネートを楽しんでいただけます。

次にご紹介するのは、
LUVOURDAYSでは定番の
リブカットソー素材カーディガン。

ブランドオリジナルの素材で、
糸工程からつくり特殊編機で編みたてたあと、
仕上げ加工されたリブ。

程よい肉感と、
カジュアルになりすぎないツヤ感が特徴で、
季節関係なくご使用頂けるアイテム。

シーズン毎にお取り扱いカラーが変わるのですが、
毎シーズンリピートしてくださるお客様も
おられるほど定番人気なアイテムです。

こちらのくすんだブルーも素敵な色合いですよね。

最後にご紹するのは
「自然にいつも身につけてしまうような、1枚でスタイル完成するアイテム」に

定評のある「Odour」から
触って来ていただくと素材の良さと、
着心地の良さに感動するカーディガンです。

シルクが入っているため、
程よく滑らかで軽く、
一度着ると手放せなくなってしまうほど
わたくしは気にいってしまいました。

少し大きめのボタンも表情があり、
裾だけ開けて画像のように着用すると
スカートやワイドパンツなど
ボリュームあるものにもバランスよく合わせていただけ、
こちらもシーズンレスでご使用いただけます。

袖口にもボタンがついているため、
シャツカフスのように
折り返して着ていただくのもおすすめです。

今回だけでは紹介しきれませんので、
次回続編でご紹介したいと思います。


2022.02.15 11:00 category:ファッション

今年気になっている小物

まだまだ寒さは続きますが、
春アイテムが続々と入荷しております。
今年欲しいな、と気になっているものをご紹介します。

最初にご紹介するのは
展示会からすでに買う気満々だった
「MARINEDAYヘルメットバッグ」に
小さいサイズが登場。

素材は強度に優れ、
軽さと耐久性も兼ね備えた66ナイロンを使用。

オックス調に編み立てた生地は
ツヤがあり、大人っぽい印象に。

お財布、スマホ、手帳など
コンパクトながら必要最低限の荷物を入れても余裕の大きさ。

ショルダーの長さを短めにし、
少し上の位置で持っていただくのがおすすめ。

カラーは2色展開です。

フロント部分には縦長のポケットが2つ付いており、
よく出し入れするものを収納するのにとても便利です。

肩掛け、ななめ掛け、手持ちと
様々な持ち方でご使用いただけます。

次にご紹介するのは、熟練の靴職人が多い
スペインのブランド「MOHI」のグルカサンダルです。
ここ数年トレンドでもあるグルカサンダル。

MOHIから届いたこちらは
ツヤがあって、メンズライクになりすぎないのがおすすめポイント。

靴下合わせもとっても可愛いため、
様々なコーディネートを楽しんでいただけます。

最後にご紹介するのは、
こちらも昨年からトレンドのかたちでもある、
紐付きハット。
「ORCIVAL」の帽子が届きました。

取り外し可能な共生地のストラップがついており、
ツバが深めで、日除けもしっかりでき、
この夏活躍間違いなしです。

素材は超長綿とリネンを交織した
ツイル素材を使用しており、
程よいハリ感があります。

シンプルな作りで、お洋服を選びません。

今の気分にあった小物を取り入れてみてはいかがですか。


 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 »
PAGETOP