Recommend

2019.09.13 11:00 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズファッション季節の愉しみ

秋に着たい洋服

朝晩は少し涼しく、夜は鈴虫の鳴き声も
聞こえるようになり、少しずつですが秋を感じますね。

とは言え、日中はまだ暑い日もあり、
毎日何を着ていいのか困る時期です。

リネンやコットンを使用した、今から着れる秋のお洋服と
秋口使いやすい軽めの羽織をご紹介します。

最初に、リネン混のチェック柄で、羽織としても
着用可能なワンピースと、ゆったりめのパンツをご紹介します。

ワンピースはショールカラーのデザインで
ボタンを開けて着ると軽いコートのような感覚で使えます。
同じ柄のパンツとセットアップで合わせるのもオススメです。

次に、別注カラーで依頼したシャツワンピースです。
今年のテーマカラーとして設定したグリーンとホワイトの2色。

ハリのある素材は着れば着るほど馴染んできて
1枚でサマになるワンピースです。
寒い時期はインナーにタートルニットを合わせたり
上にベストを合わせたり、さまざまなコーディネートを楽しめます。

次に、身頃と袖で生地を切り替えたロングカーディガン。
身頃の素材は立体感があり、軽くて暖かいカーディガンです。
インナーに柄物を合わせるのもオススメです。

最後にご紹介するのは、お尻が隠れる丈に
こだわった、ショールニットカーディガン。

長すぎず、短すぎず、首回りがスッキリとした
デザインで、どんなお洋服にも合わせやすいです。

寒い時期はこの上にコートを合わせたコーディネートもオススメです。

画像のカーキと、チャコールグレー、ベージュの3色ございます。
色んな糸がミックスされたカーキが個人的にオススメです!

新しいお洋服を着て、秋の行楽シーズンを楽しんでみてはいかがですか?


2019.09.06 11:00 category:お料理キッチンバイヤー裏話季節の愉しみ趣味

まめざら・こざら展②

2回にわたってご紹介している『まめざら・こざら展』の最終章。
お店でも、いよいよ今日からイベントスタート!!

前回は作家さんを中心にご紹介したので、今回は産地の器を中心に。

最初にご紹介するのは、今回のイベントの器の中で
私の好きなアイテム、ベスト5に入っている豆皿。

それぞれ佐賀県で作られている伊万里焼の梅型の小皿と
有田焼の雀の豆皿です。特に私のお気に入りは雀の豆皿!!

トボけた表情が何とも可愛らしく、見ているだけでほっこりします。
梅型の豆皿は、迎春などおめでたい席でも使えるアイテムです。

次にご紹介するのは、佐賀県で作られている
有田焼の着物とお茶碗をモチーフにした豆皿です。

有田焼らしい色絵が華やかな器で
お皿として使うのがもったいないほど可愛らしいアイテムです。
サイズ感もかなり小ぶりで、食卓のちょっとした
アクセントとして使うのも良いかもしれませんね。

次に、栃木県で作られている益子焼の作家さんの器。

それぞれ違う作家さんのアイテムなのですが
益子焼ならではの、砂気の多いゴツゴツとした質感、そして
柿釉・糠・青磁といった統一された釉薬がまとまりを出しています。

いろいろな作家さんを組み合わせて使っても
料理の邪魔をすることのないアイテムです。

最後にご紹介するのは、ガラス製の豆皿です。

陶器や磁器の豆皿だけではさみしいかと思い、
今回少しだけ取扱いをしております。
廣田ガラスのあられもんの、どこかレトロな豆皿と
お菓子の飴のような、ぽってりとしたフォルムが可愛い豆皿です。
陶器の豆皿と組み合わせて使っても相性バッチリのアイテムです!!

2回にわたってご紹介しましたが
まだまだ紹介しきれていない豆皿・こざらがたくさん!!

自分のお気に入りの器を探してみてはいかがでしょうか??


2019.09.03 11:00 category:お料理キッチンバイヤー裏話季節の愉しみ趣味

まめざら・こざら展①

今週末からスタートする「まめざら・こざら展」の
アイテムを2回に分けてチラッとご紹介。

今回で3回目の開催となりますが
過去イチの作家さんや産地のラインアップ!!

普段、ダブルデイでは取り扱いの無い
作家さんにも、ご協力いただくことができました。
前回よりもボリューム増し増しで展開をスタートします。

まずは岐阜県土岐市で作陶されている石川裕信さんの器。

可愛らしい形の輪花に渋めの表情の釉薬の豆皿は
甘すぎず、渋すぎず、絶妙なバランスのアイテムです。
個人的に、バイヤーになる前から好きな
作家さんでしたので、今回念願かなっての取扱いです。

次にご紹介するのは石川さんと同じく
土岐市で作陶されている梅本勇さんの器。

梅本さんの器は吸い込まれそうな
釉薬の流れがとても、素敵な豆皿です。
同じ器でも、全く同じものが無いと
言ってもいいほど、表情がさまざまです。

釉薬の研究を熱心にされている方で
工房には釉薬のテストピースがたくさんありました。
そんな努力の賜物をぜひ、見ていただきたいですね。

次にご紹介するのは、今回で3回目の取扱いとなる
長崎県波佐見町で作陶されている紀窯の中川紀夫さんの器。

こちらも個人的に好きな作家さんで
ついつい、たくさん買ってしまう作家さんです。
スリップウェアと呼ばれる古い技法の器は
手作業ならではの温かみと存在感があります。
これからの時期にぴったりなアイテムです。

最後にご紹介するのは石川県の九谷青窯さんにて
作陶されていて、今はそれぞれ独立されている3名の作家さんです。

ダブルデイではもうお馴染みの
愛知県瀬戸市で作陶されている内村七生さんの器。【写真中央】

佐賀県伊万里市で作陶されている三宅英雅さんの器。【写真左】
鮮やかな色絵が目を惹く、素敵なアイテムです。

長崎県波佐見町で作陶されている小林巧征さんの器。【写真右】
パッと見、すごくシンプルに見えるのですが
よく見ると化粧土でお花などの柄が描かれており、可憐なアイテムです。

三宅さんと小林さんは独立されてから
今回、初めて取扱いをさせていただきます。

それぞれ違う場所で作陶されているのにどこか雰囲気が似ていて
それぞれの作家さんを組み合わせて使いたくなる器です。

今回のご紹介はここまで!!
次回はさまざまな産地や素材の器をご紹介予定です。
乞うご期待!!笑


2019.08.30 11:00 category:その他ファッション季節の愉しみ趣味

天然素材のアイテムたち

今回は、柳素材を使用した
インテリアアイテムをご紹介します。

ガラスの本体に合わせて柳を編んだフラワーベース。
シンプルなデザインながら、柳の網目がポイントになっています。

本体がガラスなので、もちろん生花を飾ることもができますが
ドライフラワーなどを合わせて飾ると、やさしい印象になります。

チェストに置いて、オブジェとして飾ってみました。

▼FONTAINE かご編みフラワーベース(ピッチャー)
▼FONTAINE かご編みフラワーベース(ロング)
▼FONTAINE かご編みフラワーベース(ハンドル)

続いて、バスケット。
表皮をそのまま生かした太めの柳を使用していて
しなやかな柳は大きく曲げて、いろいろな形に編むことができます。

寸胴型のこちらは、中にガラスベースを入れて
グリーンを飾ってみました。

小ぶりなサイズはサイドボードなどの棚の中でも活躍できます。

大きい収納タイプは、リビングで大活躍。
ガサっと布物をまとめたいときや、
ソファーでくつろいでいるときに、ブランケットや雑誌など
ちょっと物を置きたいときに便利です。

インテリアとして置いておくだけでも
温かみを感じさせてくれる、天然素材を使用したアイテム。

季節が変わっていくこれからの時期に
取り入れてみてはいかがでしょうか?


2019.08.27 11:00 category:Antiqueバイヤー裏話季節の愉しみ家具趣味

G-Plan ラウンドエクステンション テーブル

暦では秋になりましたが
日中まだまだ残暑厳しく
汗ばむ毎日は、いまだ終わりが見えません。

しかし季節は着々とすすみ
引越しや、家具の買い替えなど
生活環境が変わる方も多いかと思います。

今回はアンティーク家具の中から
ダブルデイ定番にして大人気の
ラウンドエクステンションテーブルのご紹介です。

ダブルデイ定番のアンティークブランド「G-Plan」。

なかでも、丸型で伸張式の
ラウンドエクステンションテーブルは
シンプルなデザインの中に
シンプルな技法が仕掛けられていて
使い勝手がとても良いです。

天板の伸張が最も特徴的で、女性やお子様でも
簡単に広げることができるので好評です。

天板の左右両側から伸張するものや、
別収納で、はめ込み式に伸張するものは
アンティーク家具でよく目にしますが
天板の内部に収めることができるものは数少ないです。

チェアは同型を4脚そろえたり
異なるデザインを2脚ずつ、もしくは全て
ばらばらで1脚ずつなど、組み合わせは自由です。

テーブル全体の風合いとチェアの色味を
合わせるのがおすすめのポイントです。

ラウンドエクステンションテーブルは
入荷前から予約が多く、それぞれのお客様が
お気に召したものから順に去っていきます。

同じテーブルでも、個性はそれぞれ異なります。

ぜひとも、見比べて選んでいただきたいので
お早めにお問い合わせ下さい。


2019.08.23 11:00 category:バイヤー裏話ファッション季節の愉しみ

秋におすすめレザーアイテムのご紹介 ~EnseとDELMONACO~

まだ暑い日もありますが、DOUBLEDAYには早くも
秋物商品が続々と入荷してきております。

SALEは買い尽くしたし、飽きてきた…
次のシーズンアイテムがお店に並び出すと、わくわくします!

今回は、レザーアイテムのご紹介です。
DOUBLEDAYでは、年間展開しているEnseのレザーバッグ。
秋・冬に人気が上がります。

少し小振りのこちらのバッグは、もう一回り大きいサイズも
合わせてとても人気です。少しメンズライクなテイストなので
ベーシックなお洋服に合わせてもかっこよく決まります。

続いて、グレーのお色が上品で柔らかい印象を持つバッグ。

ショルダーと、手持ちの2wayでご利用いただけて
見た目以上に内容量が入るので、ビジネス使いや
小さいお子様がいらっしゃるママさんにもおすすめです。
お色違いでブラックもご用意しております。

こちらのショルダーバッグは、この秋の新商品。
少しクラシックな雰囲気で存在感があります。

バッグ以外に、お財布も充実。
長財布も折り財布も、デザイン豊富に取り揃えております。

2枚目の、右下に映っている黒の長財布を使用していますが
中も見やすく、とても使いやすいです。
使用開始して5か月ほどですが、いい感じに馴染んで来ています。

裏面

以前のお財布もとても気に入っていて、なんと11年愛用していましたが
こちらのお財布も、長いお付き合いになりそうです。

最後になりましたが、DELMANACOからも新商品の靴達が届いています。

◇ブランド詳細はこちらから

人気のストラップシューズに、レオパード柄が登場です。
シンプルなワンピースの足元に、タイツと合わせたり
デニムをロールアップして、カジュアルに合わせても可愛いですね。

定番も安定の人気です。

まだまだ暑い日が続きそうです。
涼し気なリネン素材のウエアにEnseやDELMONACOのレザーアイテムを
合わせて、秋を先取りしてみてはいかがでしょうか。


2019.08.13 11:00 category:お料理キッチンバイヤー裏話季節の愉しみ趣味

暑い夏をのりきる大人のフルーツレシピ

毎日、本当に暑いですね。
夏バテで食欲が無くなっている方も
多いのではないでしょうか。

そんな時は、さっと簡単に作れて
さっぱりした料理が食べたくなります。

朝ごはんもいらない、、、という時でも
フルーツならスルッと食べられます。

まずは、夏といえば!のスイカです。

子どもも大喜び!もちろんよく冷やして
そのまま食べるだけでも、とても美味しいのですが
大人の方は少しアレンジして、いただいてみましょう。

食べやすい大きさに切ったスイカに
ミントをちらして、ライムやレモン
オリーブオイル、胡椒をかけるだけで、素敵なサラダに。
ライムの酸味とスイカの甘味が、ミックスされて新鮮です。

写真は、陶房ななかまどさんの器です。
夏には涼しげな磁器の器が合いますね。

次に、美味しそうな桃を見つけた時は、、、

桃のアールグレイマリネです。

桃をカットして、キビ砂糖と
ティーバッグのアールグレイの茶葉をまぶし、
マスカルポーネチーズと一緒にいただきます。
アールグレイと桃がこんなに合うのかと衝撃の
ワインにも合いそうな大人レシピです。

こちらの写真は、信楽で作陶されている
堂本正樹さんの器です。

まだまだ、暑い夏が続きます。
食欲が無い時も、アレンジレシピや合わせる器を考えて
楽しみながら暑い夏を乗り切りたいですね。


2019.08.02 11:00 category:その他バイヤー裏話ファッション季節の愉しみ未分類

何枚も欲しくなるマルチクロス

ジメジメと暑い夏には
インド綿で出来たマルチクロスがオススメです。

DOUBLEDAYでは、季節関係なく人気なマルチクロス!!
特に春から夏にかけては人気が上がり
色違いで購入いただくお客様も多く見かけます。

私も今年なって初めて使用してみました。

洗うとこのような仕上がりに。

洗うと、生地にシャリ感(シャリ感という表現が正しいか分かりませんが)
が出て、夏場には心地よい肌触りになりました。
真夏のお休み時のケットとしてオススメです。

個人的には、真夏の就寝時でも、体全体にケットをかけたいタイプなので
このマルチクロスは、サイズ感もぴったりなうえに
軽い生地感なので、とても気に入っています。

そのほか、オススメの使用法として、ソファーカバーです。

もともとビンテージの生地をソファーカバーとして使っていますが
コットンでありながら少し肉厚なので重く、、、
洗って、干すのも大変です。
また、乾くのにもとても時間がかかります。

このマルチクロスは、軽くて洗いやすく
ビンテージの生地と比べると、乾くスピードも早いので気軽に洗えます。
そして、やっぱりこの肌触りが最高です!

仕切りや目隠しとして使うのも良いですね。


※使用方法のご案内イメージです
 使用している布はマルチクロスではありません

私は今、2枚のマルチクロスを使用していますが
とても気に入っているので、もっと増えそうです。

何枚も欲しくなる、マルチクロスのご紹介でした。


2019.07.26 11:00 category:その他ファッション季節の愉しみ

夏の必需品②

梅雨も明けて夏本番。

サンダルを取り入れたコーディネートが
楽しくなるこの季節、フットケアは欠かせないですよね。
フットケアにおすすめの商品をご紹介します。

最初に、砂山靴下の「休足レッグサポーター」。

なめらかで肌触りの良いシルクを
使った段階着圧のレッグサポーターです。
肌に触れる内側はシルク素材でムレにくく、暑い時期でも快適。
クーラーが効いた中にいると、冷えで足のむくみも気になるため
愛用しています。他にも「かかと美容サポーター」と
「着圧オーバーニーソックス」もおすすめです。

夜寝る際に履いているのですが
ボディクリームを念入りに塗ってから履くと
翌朝肌がしっとりして心地良いです。

私はMythos/ミトスのボディミルクを愛用しています。

ギリシャで有機栽培されたエクストラバージンオリーブオイルを
使用したBIOオリーブコスメブランドで
こだわりのオリーブオイルは、オリーブの実に傷がつかないように
手作業で一つ一つ丁寧に収穫した後、鮮度や香りが劣化しないよう
コールドプレス製法にて圧搾するなど、こだわりの詰まったブランドです。

有機農法由来のエクストラバージンオリーブオイルと
シアバターを使用した、なめらかな使用感のボディミルク。
お肌の保湿や保護、引き締めにもおすすめです。

最後に、足先がムレやすいこの時期におすすめの
砂山靴下の「フィンガーソックス」。

光沢感のあるシルクを使用した、やさしい肌ざわりのソックス。
5本指タイプなので、足指の間の汗を吸収し、ムレにくく快適な履き心地です。

フィンガーソックスの詳細はこちら

夏は暑くて大変ですが、そんな時こそケアをしながら
ファッションを楽しんで夏を満喫されてみてはいかがですか?


2019.07.23 11:00 category:その他ファッション季節の愉しみ家具趣味

暮らしを彩る世界の手仕事 アフリカンバスケットやモロッカンラグ

お部屋にひとつあるとアクセントになる
「アフリカンバスケット」や「モロッカンラグ」
「ヴィンテージカンタ」や「バブーシュ」などは
人気もあるのでお探しの方は多いかと思います。

特に、アフリカの手仕事アイテムは
メリハリのある色合いや天然の素材感が
夏にぴったりですね。

強い日差しのアフリカの大地で
生まれたものなんだと感じさせられます。
DOUBLEDAYの一部の店舗でも
この夏、世界の手仕事アイテムを
いつもよりもたくさん展開しています。

どれも、ひとつひとつ手作業で柄が違うもの
素材感が感じられるもの
温もりがあるものばかりで
大切にしたいと思わせてくれますね。

アフリカンバスケットは、収納としてだけではなく
壁にかけてインテリアとしても目を引いておすすめです。
柄もシックで、お部屋のテイストを選びません。

こちらは、オールドのモロッカンラグ。
私も自宅で違う柄のラグを敷いています。

近年の人気から、オールドのものは
どんどん入手が難しくなっているそう。
古いものはオイルが出てウールがやわらかくなり
色合いや柄も、新しいものにはない魅力があります。

ウールなので夏は使えない、と思われがちですが
ウールは水分を吸収しないので、さらっとした足触りで
本当に暑い真夏以外は年中使用できます。

子どもが汚したり、ジュースをこぼしても
すぐに拭くと大丈夫。気兼ねなくお使いいただけます。

ほかにも、ベニワレンの次に人気が出るといわれている
「ザナフィ ラグ」や「インドのヴィンテージカンタ」など
次にどれを購入するか…悩まされる夏になりそうです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 20 21 22 »
PAGETOP