Recommend

2021.10.22 11:00 category:バイヤー裏話ファッション季節の愉しみ

今年のダブルデイおすすめアウター Vol.1

10月にしては気温が高く、
羽織の必要ない日が続いていましたが
やっとリアルに欲しくなる
季節がやってきましたね。

ダブルデイおすすめ
今年のアウターをご紹介します。

最初にご紹介するのは
「lelill(レリル) バックタック3WAYコート」です。

とにかく機能性抜群!
着方様々でこの冬大活躍の一枚。
既に店頭でも大人気のアイテムです。

撥水機能がつきで軽く、
全天候に可能なギャバジン素材を使用。

そこに同じく撥水ナイロンキルティング素材の
発熱中綿でとても暖かいライナーがついており
真冬でも着用可能。

後のスカート部分は大きくタックが入り、
ウエストを絞るとボリュームが出るため
女性らしいフォルムが楽しめるところもポイントです。

中のキルティングライナーだけでも着用でき、
先程の印象とまた違ったイメージでご使用いただけます。

キルトもオニオンキルト柄を採用しており、
一枚で様になるデザインです。

またライナーを外して
外側のコートだけで着用すれば秋口、
春先の羽織としても使用でき
とにかく一枚で
何通りのコーディネートもお楽しみいただけます。

次にご紹介するのは
昨年瞬く間に完売してしまった、
「BON VIEUX TEMPS(ヴォン・ヴュー・タン)
テーラードコート」です。

ツイード風の素材感が絶妙な色合いで、
着るだけでテンションが上がる一着。

展示会には出ていなかったアイテムなのですが、
どうしても今年も展開できればとメーカーさんに
無理を言って実現しました。

一見きれい目ですが、デニムとの相性も抜群。
気分的に足元は白ソックス×バレーシューズを
合わせるのがおすすめです。

まだまだ他にもございますが
少し長くなってしまいそうなので
次回、Vol.2をご紹介しようと思います。

寒くなる前に
お気に入りの一着を見つけてみてください。


2021.10.19 11:00 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ

Merry DAY’S Christmas ~ダブルデイのクリスマス~ Vol.1

ご自宅の家具に演出できるモノを置いて
少しずつ、クリスマスに向けての準備スタートです!

今回は、壁や棚の上でできる
デコレーションアレンジをご紹介。

アンティーク家具とコーディネートすることで、
いつもと違った少し大人っぽい雰囲気に。

ホワイトカラーのツリーには
あえて、ビビットカラーをコーディネート。

棚に並べたミニツリーには
かわいい印象のオーナメントを合わせて華やかに。

LEDライトガーランドを絡めると
お部屋のライトを消したときに
さらにリラックスできるやわらかい光を
楽しむことができます。

壁に吊るすリースは素材によって
雰囲気がガラッと変わります。

温かみのあるフェルト素材のミニリースは
丸いパーツが目を引くかわいさです。

天然素材を使ったリースは少しシックな印象。
シンプルな壁にいくつか吊るしました。

近くに配置するオブジェはシンプルカラーをセレクト。
リースのゴールドカラーとコーディネートした印象は
スッキリとしたカラーリングのクリスマスデコレーションです。

心がはずむクリスマスに向けて・・・

VOL.2もお楽しみに!


2021.10.15 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ趣味

秋のごはんを美味しく・楽しく

まだまだ10月とは思えない
まぶしい日差しの日もありますが、
秋の味覚や新米を楽しみたい季節になりました。

美味しいパンやパスタもたくさんありますが、
それでもやっぱり「米」。
炊き立てごはんにかなうものはありません。

そんなごはんの道具や器など、
おすすめの商品をご紹介します。

まずは、「かもしか道具店の盤古焼 ごはん鍋」です。

なにより、美味しいごはんが炊ける鍋です。
吹きこぼれしにくく、
蒸気の穴を無くす事でごはんがふっくらに。
ごはんが炊き上がったら、そのまま食卓へ。
おひつ代わりにもなります。

続いて、同じく盤古焼の
「羽釜一合ごはん鍋」「手付きパン」です。

盤古焼は、耐熱性が高く、
丈夫で保温性・保湿性に優れています。

どちらも、見た目がかわいいので、
あるだけで嬉しくなります。

アウトドアでも使用されるそうです。

次に、ごはんといえばの飯碗です。
こだわりのマイ飯碗で、
ごはんの時間の満足度がUPしますね。

こちらは、美濃焼 正陶苑の
「へなりの飯碗」です。

土の風合いや釉薬で、
うまく現代のライフスタイルに
マッチさせる器を多数企画されている
正陶苑さん。

こちらは、手に持った時の
ジャストフィットを目指し、
「落っことしにくい」が自慢の飯碗です。

飯碗といえば、汁椀。
こちらは、山中漆器 我戸幹男商店の
ダブルデイオリジナルの汁椀です。

「我戸幹男商店」は
受け継いできた伝統をふまえ、
熟練の職人による高いろくろ挽きの技術をいかした
スタイリッシュな漆器を開発されています。

軽くて口当たりも良く、毎日のお味噌汁がワンランク上に。

そして、こちらは調理の時にあると便利なアルミのボウル。
表面に加工が施されており、
傷が付きにくくなっています。
軽くて扱いやすく、丈夫で持ち運びもできます。

直火可能なので、ちょっとしたものの温めにも。

この秋は、美味しく楽しいごはんの時間を、
ぜひぜひお過ごしください。


2021.09.21 11:00 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ

温かみのあるニュージーランドウール

見上げるとすっかり秋の高い空となり、
朝晩は涼しく過ごしやすい気候になってきました。

そろそろお部屋の模様替えをしようかな。
とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

模様替えにおすすめの
ニュージーランドウールを使用したマットをご紹介します。

色はこちらの2色をご用意。

一点一点ハンドメイドで作られたこちらのマットは、
表情があるのでお部屋の雰囲気も一気に変えてくれます。

リネンソファに合わせた夏のシーンから模様替えしたのがこちら。

マットのほかにもクッションカバー・
ハーフラグ・タペストリーのアイテムもあります。

お店に並ぶのはもう少し先になりますが、
今からインドから届くのが楽しみです。


2021.09.10 11:00 category:お料理バイヤー裏話季節の愉しみ趣味

秋の食卓を彩る、美濃焼 錆かいらぎの器

少しずつ秋の気配を感じるようになりました。
スーパーや八百屋さんにも秋の味覚が並び始め、
食いしん坊にはこれから楽しみな季節です。

私もイチジクや梨など、秋の果物は大好きです。
これまで毎日のようにアイスクリームを食べていたのに、
秋の果物や美味しいコーヒーが飲みたくなったり、
少し気温が下がるだけで食べたいものも変わりますね。

そんな時におすすめなのが、美濃焼の錆かいらぎの器たちです。

美濃焼の兵山窯という、
織田信長にも器を献上されたとされる
歴史ある窯元で作られている、
わざと釉薬で貫入が入ったような仕上げの
とても雰囲気がある器です。

以前からとても好きで使っていましたが、
渋いのであまり万人受けはしないものでした。

ところが、最近若い方にも人気が出ているとのこと。
業務用にも出ているそうです。

ひとつひとつに手作業で釉薬や化粧土をかけているので、
釉薬が垂れていたり、焼きムラ、色ムラがあったり、
表情豊かで他には無い器です。

最後の仕様をマットにするか、ツヤ有りにするか、とても迷いました。

ツヤ有りの方が染みは入りにくいのですが、
より雰囲気が良くなるマットな仕様で
仕上げていただきました。

温度や湿度、窯内での置き場や日の当たり加減など、
その時その時で焼きあがりが変わるそうですが、
今回お店に入れてもらったものを見ると
少し白く、それがより洋にも和にも
マッチする雰囲気になっており、とても気に入っています。

どんな料理とも相性の良い、不思議な器です。
ぜひぜひ、秋の食卓を楽しむお供に、錆かいらぎの器をどうぞ。


2021.08.24 11:00 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

色鮮やかなニューキリム

インテリアのアクセントなる、ニューキリムをご紹介します。

ニューキリムとは、およそ10~15年までに織られた、
比較的日の浅いものを指します。

オールドキリムと比較すると、
手ごろな価格で使いやすいサイズなので
キリム初心者の方にもおすすめです。

ダブルデイでも人気の30×30サイズのマット。

テーブルや、チェストの上にディスプレイすると
天然素材の木目に、鮮やかな色合いのマットがとても映えます。

植物の下に敷いてもコントラストが綺麗なので、
お部屋の雰囲気ががらりと変わります。

現在、ビンテージアイテムも充実しております。
秋の模様替えに、キリムを取り入れてみてはいかがでしょうか。


2021.07.30 11:00 category:ファッション季節の愉しみ

今の時期買い足したいもの

30℃を超える暑い毎日が続いていますね。
コーディネートがマンネリに
なりがちな時期におすすめの、
今買い足すと“ちょうど良い”商品をご紹介します。

まず初めに、今年トレンドアイテムの一つサロペット。
こちらのサロペットは「Odour/オウダー」のもので
“香りのように自然にまとう服。気がついたら手に取っている。”
というコンセプトで2018年秋、スタートしました。

よくみるサロペットに比べ、
デザイン・素材感共に
大人っぽく着ていただける一枚。

サロペットがカジュアルになりすぎて苦手
という方にもおすすめです。
シャツやカットソーなど
インナーも遊べてお持ちのお洋服が、
チェンジアップします。

次にご紹介するのはダブルデイでも好評の
「SETTO OKKAKEシャツ」のリネン素材です。

こちらの形は綿の素材で定番展開していますが、
今年はリネン素材のタイプもラインナップしました。

リネン特有のシャリ感が
暑い時期に心地よく着ていただけ、
シャツですが前のボタンを全て開けて
羽織として着用できるため、
冷房の効いた室内でも活躍します。

着れば着るほど素材の風合いが出て、
長い期間お召しいただけます。

こちらは「OUVERT/ウーヴェル」の一枚で
様になるカットソーのご紹介です。

【開かれた、開放された。または偏見のないこと。オリジナルで織り上げた生地本来の持つ魅力や厳選した天然素材を使い、纏った時の心地良さや機能性に気を配り、生活の中の「静と動」をより楽しむことを理想とし、あえてテーマは設けず、フラットなモノづくりを目指す】
をコンセプトにシンプルながらも
ちょっとしたデザインが
着た時に表情を与えるアイテムが多いブランドです。

ボートネック開きのカットソーで、
裾に前後差があり前は少しラウンドしており
細部までこだわった一枚。

身幅はゆったりしているので、
暑い時期でも身体に張り付かず着やすいです。
秋口には羽織のインナーとしてもおすすめ。

最後にご紹介するのは、
「MARINEDAY/マリンデイ」で人気の型に新素材が登場。

春から展開していたパラフィン加工を施した
ベージュのリュックは継続で展開しており
こちらはリップストップ素材を使用したものです。
とにかく軽いのもおすすめポイント。

フロントには小物を入れるファスナー付きのポケット。
ショルダー部分にはクッション性もあり、
機能性にも優れております。
ブラックでシーン問わず
様々なコーディネートに使用でき万能です。

まだまだ暑い日は続きますが、
今から長く活用できるアイテムをプラスして
コーディネートの鮮度アップを図ってみませんか。


2021.07.09 11:00 category:ファッション季節の愉しみ

これからの季節に活躍するTシャツを着回し

毎日ジメジメ蒸し暑く、これからは
さらにTシャツが手放せなくなる季節。

シンプルになりがちなTシャツスタイルですが、
小物やレイヤードで様々なコーディネートを
楽しんでいただけます。

今回使用するTシャツは
個人的にも同じ形を3枚持っていて、
とにかく着心地が良く洗っても全然くたびれない
おすすめの「handvaerk(ハンドバーク)」の
Tシャツスタイリングをご紹介します。

元大手投資銀行家であったEsteban Sabaと、
プラハの大学にてアートとテキスタイルデザインを専攻した妻
PETRAの2人により2013年、
ニューヨークに創業したカットソーブランド。

自らペルー綿(ピマ・コットン)を調達し、
紡績・編み立て・染色・縫製までの一貫を、
自身の目が届くよう
身内の経営する工場で行っています。

その徹底した製品管理によって、
商品完成度を高めています。

さらっとした着心地で、
Tシャツですがカジュアルすぎず
様々なコーディネートに取り入れていただける一枚。

こちらは少しモードで
きれい目を意識したコーディネート。

シンプルなカットソーには、
ベストの重ね着がおすすめ。
洋服はモノトーンの合わせにしたので
小物で夏らしさを表現。

カジュアルで遊び心のあるコーディネート。

ボーダーカットソーを肩掛けし
アクセサリー感覚で使用。
ボトムは少しマリンテイストを意識し
ホワイトデニムを合わせてみました。
バッグは色柄が入ることでアクセントになりますよね。

最後にご紹介するのは
リラックスした雰囲気のコーディネート。

はじめにご紹介した
ベストとのコーディネートには
大活躍なTシャツ。
クリーム系にグリーンの差し色を入れることで
印象が変わりますよ。

このように着回しがたくさんできる
シンプルなカットソーは、
素材・型・着心地にこだわったものを
一枚お持ちいただくととても重宝します。

こだわりの一枚を見つけてみてはいかがですか。


2021.07.02 11:00 category:お料理キッチンダブルデイグッズ季節の愉しみ

初夏のひんやりデザート時間

外に出るとじりじりとした暑さを感じ、
汗ばんでくる季節になってきました。
夏本番ももう目の前です。

そんな時は、冷たいデザートで
さっぱりしたい気分になりますね。

ひんやりおいしいデザートや飲みものを味わうのに、
見た目も綺麗で涼やかな雰囲気になるガラスの器だと、
より美味しく感じられる気がします。

お子様がいるお家なら、一緒にデザート作りも良いですね。
おすすめのアイテムをいくつか、ご紹介します。

右のドリンクサーバーは3Lまでの飲み物を入れ、
カウンターやテーブルで手軽に使えるサーバーです。

レモンウォーターやサングリアを入れたりなど、
普段使いからホームパーティにも活躍間違い無し!

こちらは、定番のボデガタンブラーに
ダブルデイオリジナルの縁にカラーを付けたもの。

イタリアのガラス食器ブランド「 ボルミオリ・ロッコ」の
ボデガタンブラーに日本の職人さんが
縁巻きを施してくださいました。

70歳代の職人さんで、この方しか綺麗にできないそう。
一時期入院されたと聞き
とても心配しましたが、
無事商品を作っていただくことができました。

縁がカラーになるだけで、印象が変わります。

手前のデザートカップは、フランスのガラス食器ブランド
「リュミナルク」のマエヴァデザートカップ。
ジュエリーをモチーフにしたカップです。

フルーツ、アイス、前菜を入れたり、
そば猪口にしたり、段々の丸みがかわいいカップです。

後ろに見えるパフェやアイスに使用できるカップもあります。

夏の暑さを忘れさせてくれる
冷たいデザートをお家で食べる時の器など、
ぜひダブルデイで探してみてくださいね。


2021.06.25 11:00 category:Antique季節の愉しみ家具趣味

ガーデンを演出するビンテージ家具と雑貨

いよいよ夏本番の時期になってきました。

気候が良い日はベランダやテラス、
お庭などで太陽の日差しや夕日、
時には夜に月や星を見て、
身近にある自然を感じてゆったりと
くつろぎたくなりますね。

ビンテージの折りたたみのテーブルは
6~8人は座れるサイズ感です。
素朴な素材感で雰囲気もあるので、
好きなお料理などセッティングして
ホームパーティーを楽しんだり、
お花などをアレンジしたりする
作業台としてもお使いいただけます。
折りたためるので使わない時に
しまっておけるので便利です。

同じく折りたたみのチェアも素材感が特徴で、
簡単に持ち運べるので、複数脚あると便利です。
テーブルと合わせるのはもちろん、
1脚お部屋に置いてグリーンなどを飾ってもいいです。

グリーンの色がきれいなロイドルームチェア。

特殊な紙素材でできているのでとても軽く、
籐のように編み込んだ風合いが特徴です。
ゆるやかなラインのアームでゆったりとくつろげます。

ビンテージのボックスたち。

ツール類を入れたり、いくつか積んでディスプレイしたり、
グリーンやオブジェを飾ったり、色んな使い方があります。

なかなか旅行にも行けないことが続いています。
お家の外の空間を演出することで、気分も変わるので、
お気に入りのアイテムをぜひ見つけてみて下さい。


 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 29 30 31 »
PAGETOP