Recommend

2021.04.06 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ未分類趣味

アウトドア気分を楽しむ春のランチ

本格的な春がやってきましたね。

まだまだ、桜の下で大勢でお花見…というわけにはいきませんが
自宅やベランダでアウトドア気分を味わってみてはいかがでしょうか。

天気の良い日に、ベランダで食事したり
近くの公園までお弁当を食べに行ったり…
自然や風を感じて、とても気持ちの良いものです。

わが家の子どもも大好きです。

そんな時におすすめの商品をご紹介します。

ナチュラルなウッドの蓋のランチボックスです。

石川県の山中漆器の産地で、漆器作りの中で培ってきた
職人の高い技術をいかして作られているランチボックス。

プラスチックとは全然違う質感!
手に取ると、そういうことだったのか、と納得のランチボックスです。

アウトドアといえばのSTANLEY(スタンレー)ボトル。

写真右側のワンハンド真空マグ3.5Lは
ワンタッチでフタが密閉され、こぼれない仕様です。
毎日携帯できるちょうど良いサイズで
アウトドアだけではなく、普段使いにもおすすめです。

アカシアのプレートや、オリーブのカッティングボードです。

天然木の風合いの良さがあり、陶器のように
割れる心配が無いので、小さいお子様にも安心。

どんな料理とも相性が良く、カッティングボードに
食材をのせるだけで素敵に見えますね。

最後は、動物たちの優しい表情が人気のメル動物スプーン。

ケニアの工房で作られている木製アニマルスプーンです。
職人によって、一つひとつ手作りされています。
見ていると癒され、全部欲しくなりますね。

コロナ禍のアウトドアシーズン。
本格的なアウトドアグッズが無くても
日常使いできるアイテムをうまく活用して
自然を感じリフレッシュしながら日々楽しんでいきたいですね。


2021.01.26 11:00 category:TVで紹介ダブルデイグッズバイヤー裏話家具未分類

心地よく座ってくつろげる「ZAGAKU」

ダブルデイで5年程前から
販売しているZAGAKUは
静岡県にある、園田椅子製作所と
家具デザイナーの村澤一晃氏
によって誕生しました。

ダブルデイでは3つのデザインをメインに
取り扱っていますが、
今回は「ZAGAKU04」をご紹介します。

背もたれ付きなので、コーヒーテーブルや
こたつなどのロータイプのテーブルに合わせると、
今増えている、在宅ワークが快適になります。

新たにデスクを置くには、
スペースが厳しいという方におすすめです。

もちろん、普段お家でテレビを楽しむときや、
家族団らんの時間を過ごすのにもいいですね。
▲詳しい使用方法はこちらをご覧ください。

上品な生地や、温かみを感じる
木のフレーム部分は
数種類の中からお選びいただけます。

自分好みのZAGAKUで、
お仕事や、くつろぎのひとときを
過ごしてみてはいかがでしょうか。

お家時間を充実させてくれる
ZAGAKUのご紹介でした。


2021.01.19 11:00 category:ファッション季節の愉しみ未分類

小物から春を感じて・・・

まだまだ冬真っただ中で、
コロナも更に深刻化して落ち着かない日々。
身に着けるものや身に纏うものだけでも、
気分を変えて春の装いを取り入れたいですね。

春物のお洋服はまだ寒くても、
今から取り入れることができる
小物をご紹介します。

最初にご紹介するのは
遥々ケニアから届いた
ダブルデイでも人気の
プラスチックサイザルバッグ。

銀色のビニール素材をサイザル麻に巻き付け、
しっかりと細かく編んであります。
銀色部分はお菓子の包装紙に使われている
端紙をリサイクルしており、
サスティナブルなアイテム。

シーズン問わず使用できて
コーディネートのポイントにもなります。

シルバー系の無地以外に、
ボーダー柄のタイプもございます。

中に一緒に合わせている
柄が可愛いバッグも
今回ご紹介したいアイテム。

パーニュ布を使用したエコバッグで、
一枚で持って頂いても、
画像のようにポケットの無いカゴバッグの
インナーバッグとして
使用するのもおすすめです。
(※パーニュ=主に西アフリカで使用されるアフリカ伝統の民族布のこと)

こちらはアフリカマリのセグという町の
「association de Benkady」という
NGOが運営する縫製学校の生徒が
足踏みミシンで仕立てています。
仕事で得た収入は
彼女たちの授業料の足しとなります。

同じ柄でも生地を使用する場所で
柄の出方が違うため、
お気に入りの一点を探すのも楽しいです。
※アソートの為、店舗によって取り扱いの柄が異なります。

次は首元から春の装いを取り入れるのに
おすすめのダブルデイオリジナルストール。

ウール混とコットン素材の
2シリーズをご紹介します。
どちらもインドの手仕事で作られています。

ウール混タイプは動物柄がポイントの
ネイビー系のものと、
グラデーションカラーがステキな
ブロック柄がおすすめ。

ふんわり柔らかく、
肌触りも良いので巻き心地も抜群。
ウール混なので
寒い時期からでも使用できます。

コットンタイプはブルー系の羽柄と、
ジグザグ柄が可愛いグリーン系のものをご紹介。

どちらも他にはない柄で、
シンプルに巻くだけで映えるおすすめの一枚。

薄くて軽い素材なので、
色々な巻き方も楽しんでいただけます。

まだ寒い日は続いていますが、
気分の上がる色や柄物のアイテムを取り入れて
おしゃれを楽しんでみてはいかがですか。


2020.11.08 11:00 category:未分類

コピス吉祥寺店開業記念号(限定クーポン付き)

この度の吉祥寺へのダブルデイ出店に際し、
あらためてダブルデイの【1日を2倍楽しむ】、
【Retro Fusion】のコンセプトとともに、
コピス吉祥寺店をご紹介したいと思います。

吉祥寺への出店は実は2度目のご縁で、約10年ぶり。
場所はJR吉祥寺駅から
徒歩3分に位置する「コピス吉祥寺」。

「関東ではどこにお店があるんですか?」
というご質問に
「東京には無いのですが、神奈川(埼玉)に!」
と答えることが多かったこの数年…。
久しぶりの「東京のお店」となるコピス吉祥寺店です。

再びお世話になります。どうぞよろしくお願いします。

テーブル, 屋内, 座る, 木製 が含まれている画像

自動的に生成された説明

オープン日:10/23(金)
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 コピス吉祥寺 B館3F
営業時間:10:00~21:00

今年の3月以降、家で過ごす時間が増えたことで、
料理や家庭菜園、マスクづくり、
在宅ワークスペースの確保に
自宅のベランダでアウトドア気分を楽しむ
“ベランピング”まで
それぞれの生活の中で創意工夫を凝らす方々を
たくさん拝見してきました。

くつろぐことも、働くことも、遊ぶことも、
家の中での機能として必要になった今だからこそ、
“1日を2倍楽しく過ごす”ためのヒントを
コピス吉祥寺店からもお届けしていきます。

店の天井からぶら下がっている

自動的に生成された説明

売り場は、現代家具や和食器などの雑貨を組み合わせ、
ミッドセンチュリーのアンティーク家具を加えて、
ダブルデイらしいミックススタイルのインテリアに仕上げています。

また、スタンダードスタイルにトレンド感を少し加えたファッションなど、
インテリアだけではなくトータルでのライフスタイルを
ご提案できるフルレンジ仕様。

天井, 屋内, テーブル, 部屋 が含まれている画像

自動的に生成された説明

賑わう大通りからひとつ角を曲がると、
緑豊かな寺社が広がる吉祥寺エリア。
新旧が入り混じるその空気感にリスペクトを表しつつ、
ダブルデイが古今東西からセレクトした商品を一部ご紹介します。

「フープバックチェア」は、
イギリスを代表する老舗家具メーカーErcol社の代表作。

アーコールは、スチームで木を湾曲させる技法で、
クラシカルなフープバックチェアを
広く家庭で利用されるモダンファニチャーに昇華させました。

ニレ材を自由自在に変形させることを実現した技術を結集したプロダクトは、
シルエットだけではなく、長時間の着座にも配慮が行き届いています。

椅子, 屋内, 木製, 家具 が含まれている画像

自動的に生成された説明

巣篭もり時間がまだまだ続きそうな
今冬の過ごし方のヒントは、
長い冬の夜に暮らしのリズムを合わせてきた
デンマーク流にあるかもしれません。

同国に根付く“心が安らぐ”ことを意味する
「Hygge(ヒュッゲ)」というライフスタイル。

その思想が込められた小さなチェストを、
サイドテーブル代わりにソファやベッドサイド、
玄関などに置くことで、暮らしに丁寧な間合いが生まれます。

床, 屋内, テーブル, 部屋 が含まれている画像

自動的に生成された説明

家具選びの基本は、自分の部屋のサイズや
トーンに合わせることですが、
家に求められる機能が増えてきた中では
状況に応じて、使い方や楽しみ方を変えられる
“可変性”がポイントの一つになります。

今年の秋に入荷したばかりのオリジナルの
「BALE SOFA / ベイルソファ」は、
飽きがこないシンプルなフォルムデザインをベースに、
イタリア製のなめらかな肌触りの生地を使用し、
座り心地を追求しています。

ソファの幅や背面クッションの高さ、
ヘッドレストの追加など、
セミオーダーでカスタマイズが可能です。

https://www.onlineshop.doubleday.jp/dd/g_images/d51-0153-a/d51-0153-a_04_pdl.jpg

「Aki エクステンションテーブル」は、
縄文時代から日本人にも馴染み深い
「くるみ」の木を使い、
仕上げに柿渋の塗装を施すことで、
独特な温もりを生み出しています。

そして何よりも大きな特徴として、
テーブルが伸長式になっているので、
用途や人数に合わせてサイズを調整することができます。

ダイニングテーブルとしての使用は勿論、
今注目のリビング学習にも使い易いと、特にご好評をいただいています。

テーブル, 椅子, 家具, 木製 が含まれている画像

自動的に生成された説明

ステイホーム期間中に料理の腕をあげた方も
たくさんいらっしゃると思いますが、
食のコミュニケーションの受け皿としての器探しは奥が深いです。

器のシゴトは、食材の美しさを引き出すだけではなく、
作る人と食べる人の双方の心を高揚させ、通わせる所にあります。

信楽に工房を構える「堂本正樹」氏の器は、
地元・信楽の土をベースに、
ヨーロッパのアンティークの調理道具の
エッセンスを取り入れたデザインで
洋食にも和食にもご利用いただけます。

コピス吉祥寺店では
11月29日まで堂本正樹展を開催中です。

1910年に東京で創業し、
東京の下町のガラス工場や
切子の職人と縁深い木村硝子店。

ヨーロッパの工場でオリジナル商品の企画も手がけており、
「バンビワイングラス」はスロバキアの職人によるハンドメイド品。

和食の食卓にも合うように、ステム(脚)を短くし、
薄く仕上げた飲み口は花のつぼみのように膨らんだ
独特のフォルムが施されています。

器の使い方に決まりはあると思いますが、
「間違い」はないのだと思います。

料理の作り手の気分や感覚で、
様々な使い方を見出せると、
料理も一段と楽しくなります。

日本の水屋箪笥をイメージした
ダブルデイオリジナルのキッチンボード「KRAUSE」は、
収納としての用途を果たしつつ、
「見せる」ことを意識した作りで、
「用の美」を感じさせるシンプルなデザインに仕上げました。

コレクションの器の出番が増えるかもしれません。

吉祥寺は、住宅地の一歩先に多様なお店が軒を連ねる街。
そこかしこでステイローカルな
暮らしを楽しむ人たちをお見かけしました。

ワンマイル先へのお出かけでも
ワンマイルウェアには見えないお洋服で、
ご近所だけどテイストを変えてお出かけ気分を楽しんだり、
肩肘張らないカジュアルスタイルでも
様々なテイストを楽しめるコーディネートもご提案しています。

お家でリラックスして着られて、外でも着られる服。
羽織はイタリア製のスライバー素材を使用した、軽くて暖かい素材。

インナーには起毛したコットン素材を使用した
ヘリンボン柄のシャツワンピース。

足元には甲までしっかり包み込むバブーシュを。

吉祥寺トラッド(伝統的)に馴染む「ベーシックカジュアル」。
“MADE IN ENGLAND”にこだわる
ファクトリーブランドLONDON TRADITIONの
オニオン柄キルトコートに、
インナーには袖のギャザーが女性らしいシルエットを
演出してくれるシャツを合わせ、
ワンポイントにはアーガイル柄のニット小物を。

*写真は吉祥寺店近隣の書店
「OLD/NEW SELECT BOOKSHOP 百年」にて。

エッジの効いた街・吉祥寺のカルチャーに
遊び心を重ねた「大人カジュアル・スタイル」。
立体的なものづくりを大切にする
ESTROISLOSE (エストゥロワルーズ)の
シャツコートとスカートを淡い同系色でまとめて、
絨毯柄が特徴的なバッグと
足元のブーツは濃色でひき締めました。

*写真はコピス吉祥寺館内のテラスにて。

売り場ではおうちの中のクリスマスを
“2倍楽しくする”ご提案もしております。

クリスマス商品の詳細はこちら

ダブルデイのスタッフが実践する
冬の巣ごもり生活を楽しくする
アイデアも要チェックです。
コピス吉祥寺店のスタッフも参加しています。

ダブルデイスタッフによる冬の巣ごもりアイデアの詳細はこちら

まだまだご紹介したい商品はありますが、少々長くなり過ぎました…。
この先はぜひ、ダブルデイコピス吉祥寺店でご覧ください。
他にも暮らしを彩る商品を多数取り揃えております。

【コピス吉祥寺店オープン記念 WEB限定クーポン】

※本クーポンはコピス吉祥寺店のみでご利用いただけます
※本クーポンの有効期限は2020/11/30(月)までになります
※お買い物時、本クーポン画面をレジにてご提示ください。
 お会計から5%OFFいたします
※本クーポンのご利用はおひとり様1回のみです。
※一部割引対象外の商品がございます。
 また、セール品その他キャンペーン、クーポンとの併用はできません。

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げます。


2020.08.28 11:00 category:ダブルデイグッズ未分類

スライスウッドバスケット

杉の樹皮を使用して編んだバスケットをご紹介します。

ただ物を収納するだけではなく
お部屋に置いているだけでかわいい
トラインアングル型のシリーズです。

サイズは3サイズ。
スリッパなどをまとめてしまいたい時にはSサイズ
ブランケットなどをくるくると丸めて入れる時は
一つ大きいサイズと、入れるものに合わせて選べます。

かわいいフォルムのこのバスケットには
使いやすいポイントがたくさん!

ハンドル部分にはレザースナップが付いているので
持ち手が握りやすいだけでなく
デザインのポイントになります。

底のコーナー部分にはレザーパーツがスタッズで付いているので
使用していても角から割れてくる心配がありません。

このシリーズにはレクタングルタイプもあり
同じサイズで引き出しの様に使いたい時には
とても便利な形です。

ハンドル部分には“DOUBLEDAY“とオリジナルロゴの刻印入り

おうちの中を整える収納アイテム
使いやすさだけでなく、インテリア感覚で使用できる
天然素材のバスケットを取り入れてみてはいかがでしょうか。

メタセコイア トライアングルバスケットの詳細はこちら


2020.08.07 11:00 category:その他季節の愉しみ未分類趣味

ちいさなフラワーベース

自宅で過ごす時間が増えると
少しお部屋のインテリアを変えたくなります。

小ぶりのフラワーベースに
ちいさなお花やグリーンを飾ってみてはいかがでしょうか?

クリアカラーなのでどんなものにも合わせやすく
スラッとしたこちらは真ん中にくびれがあるので
少し背の高いお花を活けても様になります。

コロンとしたフォルムがかわいらしい
プチサイズのフラワーベース。

クリアとグレーのどちらを選ぶかで、印象が変わります。

こちらは先ほどよりも少し背の高いタイプ。

といっても、サイズは小さめなので
一緒に並べて飾るものおすすめです。

続いて、やわらかなカーブが
やさしい印象を演出しているこちら。

シンプルですが、お花との相性が良いタイプです。

どれも片手サイズの小さなフラワーベースですので
いくつかを並べて飾ったり、ドライフラワーなどを生けてみたり…

ちょっとしたスペースに飾るだけで
インテリアが変化するので楽しいですね。


2020.07.31 11:00 category:ダブルデイグッズ家具未分類

DOUBLEDAYのオリジナル家具 ~MACKEY Round Coffee Table~

イギリスのビンテージコーヒーテーブルの
デザインをベースに、こたつとしても使える
ダブルデイオリジナルのコーヒーテーブルを作りました。

直径800mmのラウンドタイプは、ソファの前においても
圧迫感が無く、合わせやすいコーヒーテーブルです。

脚を付け替え、天板と脚の間にブランケットを合わせると
二人用におすすめの小振りなこたつになります。

無垢材を使用した天板は、一点一点表情が異なり
木のぬくもりがリビングシーンを温かい雰囲気にしてくれます。

小振りなのに、存在感のある
MACKEY Round Coffee Table。

香川県で作った、ダブルデイオリジナル家具のご紹介でした。


2020.07.14 11:00 category:お出かけ・旅行その他季節の愉しみ未分類

快適に過ごすための扇風機

まだまだ梅雨開けが待ち遠しいですが
外の気温は高く、すでに夏を感じています。

少しでも快適に過ごせるアイテムとして
パーソナル空間で使用できるコンパクトサイズから
お部屋全体の空気を流す大型扇風機まで
ダブルデイでは多数の快適アイテムを取り揃えています。

梅雨明けの本格的に暑くなる時期から大活躍してくれそうな
ミストハンディファン。

付属品のスポイトで水を入れることで
涼しいミストが風と一緒に吹き出します。

カンカン照りの日に少しひんやりした風を
感じることができるアイテムです。

折りたたんで使用すると自立するので
両手が使えるのもうれしいポイントです。

続いては、卓上タイプのミニリビングファン

強力な風を生み出すDCモーターや
自動オフタイマーなどが付いた優れモノ。

コードレスで持ち運びしやすいので
お好みの場所で使用することができます。

最後に、大型のリビングファン

木目調のデザインがプリントされているので
ご自宅のあらゆるシーンに合わせやすいタイプ。

風量調整や自動首振り機能に加え
アロマケースが付いているので
お好みの香りをお楽しみいただけます。

これからさらに気温が上がる季節。

これらの扇風機を取り入れることで
少しでも快適に過ごしていただけたら幸いです。


2020.07.03 11:00 category:お料理キッチンバイヤー裏話季節の愉しみ未分類趣味

蕎麦猪口(そばちょこ)、いろいろ

蒸し暑い季節に、食欲がなくても食べられる蕎麦やそうめん。
冷たくてのどごしが良く、ささっと食べられますね。

そこで欠かせないのが、蕎麦猪口。

めんつゆを入れるのにちょうど良い、小さめの器ですが
それだけではなく、冷茶やコーヒー、フルーツを入れたり
ヨーグルトやアイスクリーム、茶碗蒸しのカップにしたりと
季節問わずいろんな使い道があります。

ダブルデイでは様々な産地、柄の蕎麦猪口を多数取り揃えた
「蕎麦猪口展」を開催しますので、こちらで一部ご紹介します。

まずは、波佐見で作られたこちら。

色が綺麗で、柄も素敵です。

艶やかな表情が夏にぴったりで
テーブルに置いているだけで、パッとまわりが明るくなるような
こちらの蕎麦猪口たち、おもてなしにもおすすめです。

続いて、九谷青窯のこちら。

全部揃えたくなるぐらいの魅力的な絵柄で
見とれてしまうかわいさです。

少し大きめなので、小鉢やデザートカップとしても。

実は、底面にも絵付けがされていて
最後に幸せな気持ちになりますね。

最後に、益子焼のこちら。

民芸のぬくもりがあり、コーヒーもおいしく感じます。

特にツートンカラーの方は益子焼ならではの色味と
持ちやすいサイズ感と軽さで、とても使いやすいです。

普段、食べなれたものでも、蕎麦猪口に入れると特別感が出たり
食卓の雰囲気が変わったり。

ぜひ、お気に入りの蕎麦猪口を探してみてくださいね。


2020.03.27 11:00 category:お料理キッチンダブルデイグッズバイヤー裏話季節の愉しみ未分類

春野菜いろいろ 〜信楽の器〜

まだまだ肌寒い日もありますが、桜も開花し始め
春を感じるあたたかい日差しの日も出てきましたね。

スーパーに春野菜が並ぶのを見ると、季節の変わり目を感じます。
そんな春野菜を使ったレシピをいくつかご紹介します。

ホタルイカと菜の花のガーリック炒め。
シンプルですが、旬の食材でお互いの旨味を
引き立てあって、とても美味しかったです。
白ワインが飲みたくなりました。

器は、信楽で作陶されている堂本正樹さんのものです。

先日、信楽の作家さん、窯元さんにお伺いしてきました。
皆さん誠実に器作りに取り組まれている姿を拝見し、とてもパワーをもらいました。
そんなご縁があったのと、信楽の器はあたたかみがあり
春野菜と相性が良さそうと思い、合わせてみました。

特に粉引きの器は、春野菜の彩りを引き立ててくれるので、おすすめです。

スナップエンドウや絹さや、エビなどのレモンドレッシングサラダ。

器は、信楽で作陶されている古谷浩一さんのもの。
古谷さんといえば…の粉引きですが
粉引き以外の色目も色々作られておりました。

最後に、もうすぐ旬が終わる金柑を。
旬の時期、朝ごはんに食べています。

今のうちにコンポートを作れば年中食べることが出来るなぁ
とも思いますが、やはり旬の時期に
生のものを食べるのが一番美味しいですね。

こちらは、堂本正樹さんの器です。

季節の移ろいを感じながら
それにふさわしい器を選ぶのもとても楽しい時間。

昨今、色々不安な事もありますが
家の中でも季節を感じて乗り越えていきたいですね。


 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 13 14 15 »
PAGETOP