Recommend

2021.04.13 11:00 category:AntiqueDIY・リノベーション家具趣味

ERCOLテーブルをメンテナンス

あっという間に街がピンクに染まり
あっという間に木々が新緑に輝きました。

皆さま、新しい生活には慣れましたか?
わたしはまだぜんぜん慣れません、、、

でも、焦らずゆっくり
自分のペースで行きましょう。

というわけで
今回はERCOL(アーコール)テーブルの
メンテナンスをご紹介します。

ERCOLのなかでも
なかなかお目にかかれないスクエア型の
ドロップリーフテーブル。

構造はお馴染みのラウンド型とまったく同じです。
パーツが少ないわりには頑丈で
計算されつくした
無駄のないデザインです。

片側だけ拡げて使うもよし
どちらも拡げずに使うもよし
とにかく万能です。

裏返してみると、、カブトガニみたい。

ここが天板が伸張する仕組み。
支え木が左右にスライドするだけの単純な構造なので
錆以外の不備はほとんどありませんが
天板と接触する箇所が擦れてギシギシ音が
鳴ることがあります。

フェルトなどを挟んで隙間をうめて解消しましょう。

天板を外すとこのような脚部構造があらわになります。
よくある不具合がこの脚部の緩みです。
フレームと脚部の接着が劣化し、グラグラになっていることが
よくあります。
楔を入れ直して強度を復活させましょう。

でも、もとの楔を取り除いて新しく作成した楔を打ち込むのは
一筋縄ではいきません。
ポイントは楔をしっかり奥まで打ち込むことです。

今回はERCOLテーブルをメンテナンスしました。
これを参考にメンテナンスに挑戦してみてください。


2021.04.06 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ未分類趣味

アウトドア気分を楽しむ春のランチ

本格的な春がやってきましたね。

まだまだ、桜の下で大勢でお花見…というわけにはいきませんが
自宅やベランダでアウトドア気分を味わってみてはいかがでしょうか。

天気の良い日に、ベランダで食事したり
近くの公園までお弁当を食べに行ったり…
自然や風を感じて、とても気持ちの良いものです。

わが家の子どもも大好きです。

そんな時におすすめの商品をご紹介します。

ナチュラルなウッドの蓋のランチボックスです。

石川県の山中漆器の産地で、漆器作りの中で培ってきた
職人の高い技術をいかして作られているランチボックス。

プラスチックとは全然違う質感!
手に取ると、そういうことだったのか、と納得のランチボックスです。

アウトドアといえばのSTANLEY(スタンレー)ボトル。

写真右側のワンハンド真空マグ3.5Lは
ワンタッチでフタが密閉され、こぼれない仕様です。
毎日携帯できるちょうど良いサイズで
アウトドアだけではなく、普段使いにもおすすめです。

アカシアのプレートや、オリーブのカッティングボードです。

天然木の風合いの良さがあり、陶器のように
割れる心配が無いので、小さいお子様にも安心。

どんな料理とも相性が良く、カッティングボードに
食材をのせるだけで素敵に見えますね。

最後は、動物たちの優しい表情が人気のメル動物スプーン。

ケニアの工房で作られている木製アニマルスプーンです。
職人によって、一つひとつ手作りされています。
見ていると癒され、全部欲しくなりますね。

コロナ禍のアウトドアシーズン。
本格的なアウトドアグッズが無くても
日常使いできるアイテムをうまく活用して
自然を感じリフレッシュしながら日々楽しんでいきたいですね。


2021.03.19 11:00 category:AntiqueDIY・リノベーション家具趣味

ダイニングテーブルをメンテナンス

きまぐれな天候にまどわされる浅い春
ようやく桜の芽がふくらみ始めてきました。

新しい生活がいよいよ始まりますね。

というわけで
今回はダイニングテーブルのメンテナンス
をご紹介。

数あるテーブルの中でも構造が複雑で
メンテナンスのポイントが他のテーブルと
異なるゲートレッグテーブル。

脚がゲート(門)のように開閉することからこの名がつきました。

折りたたみ式テーブルは使い勝手がよく
近年のお部屋事情からダイニングテーブルとして
使用されることが多いです。

使用しない時はこのように収納されます。
使わないときはクローゼットなどに
閉まっておけばお部屋を広く有効に
活用することができますね。

テーブルを裏返して構造を見てみます。
複数の蝶番と金具が開閉の仕組みとなっています。
この蝶番を主としてメンテナンスします。

これは脚の金具です。
スムーズに左右開閉するか確認。
錆びて動きが悪い場合は潤滑剤を注入します。

もっとも重要な箇所が天板です。
開けた天板の境目にすき間・段差がないか
入念に調整します。

調整したら天板が水平か必ず確認します。
劣化がすすみ、パーツごとにばらす場合は
接着剤を塗り直して、
ばらした逆の順番で組み直します。

構造が複雑でパーツが多いので
間違えないように必ずマーキングします。

組立説明書の代わりに画像をとることを
おすすめします。

今回はG-PLANのゲートレッグテーブルを
メンテナンスしました。

また次回もお楽しみに。


2021.03.05 11:00 category:Antique家具趣味

色んなシーンに映えるデンマークのブックケース

3月に入り、暖かくなってきましたね。
新しい生活に向けて準備を始めたり、
新しい季節に向けてお部屋のお片づけや
模様替えをする方も多いのではないでしょうか。
今回はデンマークのブックケースをご紹介します。

デンマークのデザインらしく、
まっすぐに伸びた脚と
持ち手の丸いデザインが特徴です。
幅も高さも程よく
脚部分に空間があるので
圧迫感がありません。

また、下部分は引き戸の収納があり、
棚の幅も下は広くなっているので便利です。

ブックケースとご紹介していますが、
お気に入りの食器を置く飾り棚としても
お使いいただけます。
季節によって、並べる器を変えると
季節感が出ますし、見ているだけでも楽しくなります。

次はその名の通りブックケースとして、
本を置いてみました。
本だけでなく、お気に入りの小物や写真、
植物などを置いてもいいですね。

リビングや寝室、趣味のお部屋など
色んなシーンで使えて、
存在感がありながらも
空間に溶け込むデザインで、
置くものによって色んな表情が出ます。

こういう棚がひとつあるだけで、
毎日お部屋のディスプレイを変えるのが楽しくなり、
チーク材のあたたかみのある色合いで
お部屋を落ち着いた雰囲気にしてくれます。


2021.02.26 11:00 category:AntiqueDIY・リノベーション家具趣味

G-PLANコーヒーテーブルをメンテナンス

日差しがだんだんと暖かくなるにつれて
季節の入れ替わりを感じ、ただそれだけで
心地よい気分になるこの頃。

いよいよ春ですね。

冬眠していた動物と同様
身も心も開放しましょう。
というわけで
これまではいろいろなチェアの
メンテナンス方法をご紹介しましたが、
今回はコーヒーテーブル。

G-PLAN(ジープラン)ガラストップの
ラウンド型をメンテナンスしていきます。

オーバル型やレクタングル型など多種にわたる
G-PLANのコーヒーテーブル。

シンプルで飽きのこないデザインは
構造もいたってシンプル。

まずは天板フレームと本体をばらします。
はじめに固定されているネジを外します。
そのあとはマーキングをおこない
ハンマーでたたきます。

シンプルな構造ゆえ、特に難しいポイントは
ありません。
それでもやはり木材です。
力加減には気をつけて、角度を気にしながら
ばらしてください。

ばらした後は
パーツごとに劣化した接着剤を取り除いていき
同じ箇所に接着剤を塗り直して
ばらした逆の順番で組み直します。

単純な構造ですが
パーツがわからなくなることもあります。

そのつど写真などに納めておくと安心ですね。
今回はG-PLANのコーヒーテーブルを
メンテナンスしました。

次回のアンティークメンテナンスもお楽しみに!


2021.02.24 11:00 category:その他ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

インテリア観葉植物

まだまだ寒い日がありますが、
少しずつ暖かい日が増えてきましたね。

生活空間に新しいグリーンを置いて
春を感じてみてはいかがでしょうか。
今回は室内で育てられる観葉植物のご紹介です。

まずは存在感たっぷり、大型ツリー。

実はこちら、イミテーショングリーンなのです。

近くで見てもパッと見はわからないくらいの仕上がり。
大型観葉植物がお部屋にあれば、
雰囲気もガラッと新鮮に
お手入れに自信がない
という方にはおすすめです。

続いてはテーブルやチェストなど
家具の上に置ける卓上タイプから
中サイズのご紹介。

底穴の無いポットでも元気に育つように
植え込みではなく、
ポットカバーとしてセットされています。

環境にやさしいエコチップポットや
陶器のポットなどお好みで選べます。

白いポットがコロンとかわいい
アクアテラポットは
ポットの底面に少量の水を入れておくだけの
簡単お手入れシリーズ。

サイズ感も小ぶりなので
トライしたい方にはおすすめです。

最後に、ガラスに入ったハンギングタイプ。

マクラメ編みの紐でガラスベースを包んでいます。

吊るすことができるのもポイント。
ご自宅で過ごす時間に少しフレッシュな癒しを
グリーンを取り入れてみてくださいね。


2021.02.19 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ趣味

長く愛用出来るキッチン道具(柳宗理・野田琺瑯)

自宅時間が増えた事や、
新生活のスタートに向けて、
キッチン道具の買い替えをお考えの方も
多いのではないでしょうか?

デザイン、機能性にすぐれた日本ブランドの
「柳宗理キッチンツール」「野田琺瑯」を、
ダブルデイ各店では今多数ラインアップしています。
(柳宗理キッチンツールは限定店舗のみの展開)

わが家でも、以前から愛用中の
柳宗理ステンレスボウル(19cm・23cm)。

ステンレスボウルは毎日使う、
どこにでもあるベーシックなアイテム。

こちらは一見普通ですが、
綺麗なシルエットとマットな見た目、
錆びにくく傷が付きにくい、
日々使う度に、“他のものとは少し違う!”
料理するのが嬉しくなるボウルです。

用途に合わせて少しずつ
かたちが異なるのはご存知でしょうか?

小さいサイズのものは、
素材に下味を付けたり和えやすいよう、
テーパーが開いたかたちに。
大きいサイズは、ホイップクリームや
スポンジケーキのタネが
ミキシングしやすいように深く、
丸みを帯びた形状になっています。

ボウル以外にも、
カトラリーやキッチンツール類など、
どれも柳宗理が料理研究家や
主婦の意見を参考に、
デザインと機能性を考え抜かれたアイテムたちです。

ステンレス生産で有名な、
新潟県燕市で作られています。

続きまして、定番の保存容器
「野田琺瑯ホワイトシリーズ」。

琺瑯は、ガラス質の釉薬が
ほどこされているため、
錆びにくく、耐久性があり
また、細菌が繁殖しにくいので
食品の保存に適しています。

食材のにおいや汚れがつきにくいため、
肉や魚など臭みのあるものも、
気にせずに入れられます。

おかずの作り置きにも、本当に便利です。

野田琺瑯の月兎印スリムポットは、1980年生まれ。

綺麗なシルエットと
流れるように伸びる細い注ぎ口が
コーヒーを美味しくドリップするのに最適で
コーヒー愛好家から人気を博しています。

琺瑯をつくるのは手間がかかり、
熟練の職人さんの
高い技術が必要になります。

一つ一つ手仕事で作られ、
大量生産出来ない野田琺瑯のアイテムです。

お家時間の増加と共に需要が増え、
ますます生産が追い付かなくなっているそうです。

せっかく新しいキッチン道具を購入するなら、
品質やデザイン、使い勝手にもこだわった
長く大切に使い続けることのできるアイテムを揃えたいですね。

野田琺瑯の詳細はこちら


2021.02.16 11:00 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

ダブルデイオリジナル~Mia QUILT~

ぽかぽかと春の気配を感じられるような
暖かい日も増えてきました。

春に向けて模様替えを検討している方も多いのでは・・・?

ダブルデイオリジナルの
「Mia QUILT(ミアキルト)」をご紹介します。

Miaというシリーズ名は、
海外で人気の女の子の名前から。

これまでのオリジナルキルトのシリーズ名も、
“LILY(リリー)・EMMA(エマ)・Noah(ノア)”
と女の子の名前を付けてきました。

今回は、生地にシアサッカーを使用し、
涼しげな表情。

3種類のストライプのデザインで、
裏面は無地のリバーシブル仕様なのも
嬉しいポイントです。

ブルー

グリーン

グレー

キルトは、滑り止めやアンダーラグと合わせて、
ラグとしても使用できます。

ナチュラルな木材との相性も良く、
ベビーベッドや、
お昼寝のご利用におすすめです。

夏に向けては
ソファにかけてご利用いただくと
べたつき感が和らぎ、
心地よい肌触りに。

シックな色合いで、性別や年齢を問わず
お使いいただけます。

温かい春が待ち遠しいですね。


2021.02.12 11:00 category:Antique家具趣味

デザインも機能も優れた「G-PLAN」のテーブル

今年もあっという間に2月になり、
少しずつ春の訪れを
近くに感じるようになりました。

春の新しい生活に向けて、
お部屋のイメージも
変えたくなる時期なのではないでしょうか。

今回はダブルデイで長く展開している
イギリスのG-PLAN( ジープラン)のテーブルを
ご紹介したいと思います。

G-PLANは英国のメーカー
「E.GOMME社」のブラ ンド名で、
スカンジナビアンスタイルを取り入れ、
チーク材のやさしく落ち着いた雰囲気と
シンプルでありながらも
こだわったデザインが特徴です。

まずは人気の
ラウンドエクステンションテーブル。

丸い天板と
まっすぐに伸びた脚が特徴です。
天板をサイドに伸ばすと
楕円形になります。

そのままでも4人座れて、
広げると6人座れるので、
来客時やテーブルを広く使いたい時のみ
広げられるのでとても便利です。

同じシリーズのラウンドの座面の
チェアと合わせるととても存在感があり、
お部屋にも映えます。

チェアのテーブル同様に
まっすぐ伸びた脚が印象的です。

次はスクエアのエクステンションテーブル

ラウンド型のテーブル同様に
天板を広げると伸張します。
広げると6~8人は座ることができます。

シンプルなデザインですが、
チーク材の色合いが1つ置くだけで
お部屋全体を落ち着かせてくれます。

最後にゲートレッグテーブル

こちらは天板の左右を下ろすことができて、
広げた状態では4人座れ、
片側だけ下ろすと2人座れます。

両方下ろすととてもコンパクトになるので、
使わない時も圧迫感がなく
しまっておけます。

ダイニングとしてはもちろん、
色々な用途でお使いいただけるテーブルです。

こちらもシンプルですが、
脚のやわらかい曲線のデザインが印象的です。

デザインだけでなく機能性にも優れている
G-PLANのテーブルは、
色んなシーンや生活スタイルの変化にも合わせられるので、
時を経ても人気があり、
今後も長く経年変化を楽しんでいただけます。


2021.01.29 11:00 category:お料理キッチンバイヤー裏話季節の愉しみ趣味

春を待ちわびる器~お茶時間~

まだまだ、寒い日は続きますが、
花屋さんの店頭を見ると
色とりどりの花が並び始め
少し早い春の訪れを感じて
嬉しい気持ちになりますね。

休日のお家時間やテレワークの合間に、
ほっと一息お茶時間を楽しむための
茶器やお茶小物、一足早い春を感じる器などを
ダブルデイではラインナップしています。

こんな時だからこそ
使っているだけで嬉しくなるような
自分にとって心地よい物を取り揃えたいですね。

こちらのプレートは、ダブルデイオリジナルの
箱ギフトシリーズ。

波佐見焼の職人さんにより、
手描きで花や植物などがいきいきと描かれ、
食卓を明るく華やかにしてくれます。

大人っぽさと華やかさが
ミックスされた器が作りたいと相談し、
何度も試作を重ねて作ったシリーズです。

ダブルデイでしか購入出来ないので、
他には無い贈り物を探されている方に
おすすめです。

こちらは、新潟県柏崎市にある国内唯一の
耐熱ガラス創作工房「クラフトユー」の
ガラスのティーポット。

丸いフォルムで空間が広く
茶葉がゆったりとジャンピングするので、
味と香りを引き立てます。

最近は、ハーブティーを飲む方も
増えているように思います。
色が変わっていく様子やハーブの香りなど、
目でも香りでも楽しめるので、
リラックス効果ばっちりです。

こちらは、信楽で作陶されている
宇田隆和さんの白耀シリーズです。

茶器などを作陶し、轆轤(ろくろ)の技術が高い
伝統工芸士の宇田さん。

艶を抑えた乳白色の釉薬で、
ニュアンスのある白が素敵です。

工房は山間の小さな古民家のようなところにあり、
時の流れがゆっくりに感じるようなところで、
ひとつひとつ丁寧に作業されています。

日本茶・紅茶・ハーブティーなど
和にも洋にも合うようなデザインをお願いしました。

こちらは、波佐見焼 陶房青さんの小鳥シリーズ。

小鳥が枝に止まっている様子が愛らしく、
見るだけで癒されます。

薄い磁器のシルエットや、
綺麗な透明感ある色味で
かわいすぎないところがとても好きです。

どれも永く大切に使っていただけるアイテム。
毎日の暮らしに、花のような
明るい癒しになってくれるものたちです。


 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 17 18 19 »
PAGETOP