Recommend

2022.05.24 11:00 category:お料理キッチンバイヤー裏話趣味

心が明るくなる「やちむん」”一翠窯”

初夏のような日差しの日もありますが
もうすぐ梅雨入りですね。

ジメジメした日が続くと、気持ちも落ち気味に。

そんな時は、パッと目を引く
色鮮やかでモダンなデザインが特徴の
”一翠窯(いっすいがま)”の器がおすすめです。

https://doubleday.jp/img/topic/758.625facf40d690.large_picture_name.jpg

沖縄の読谷村にある一翠窯は、
陶芸作家「高畑伸也」さんによる「やちむん」の窯です。

私自身、沖縄はとても好きで、
何度も訪れたことがあるのですが、
あの青い空と海、カラッとした空気感や
色鮮やかな南国の文化・沖縄の風土・料理の中で
「やちむん」が生まれたんだなと実感していました。

その「やちむん」の伝統的な技術を、
今時のモダンなデザインにアレンジした一翠窯の器は、
ふだんの食卓にもピッタリです。

「どんな料理に合うかわからない」という
お声もあることをお伝えしたところ、
高畑さんが料理と合わせた写真を送ってくださいました。

とても美味しそうで、素敵です。

鮮やかなデザインの皿に、
あえて色鮮やかな食材を合わせるのも
パワーを感じて良いですね。

一度、一翠窯の工房にもお伺いしてみたい
と思いながら、まだ実現していません。。

いつか必ず、伺いたいと思っています。

年に一度の「一翠窯展」の時にだけ作っていただく
丸皿は、とてもかわいくレアな商品。

https://p1-e6eeae93.imageflux.jp/issuipottery/7e7e78eadf7a70e0f068.jpeg

入ってくる数量がとても少なく、
お店に残っていたら買いたいなと思っている器です。

以前、高畑さんとお話させていただいた時に
「いろんなことに興味をもって面白いこと
楽しいことを見つけてワクワクしていたいと思います。
あとはいい景色を観たり、芸術作品に触れたりして、感動することも。
そうやって感じたことすべてが作品作りに繋がるのだと思います。」
とおっしゃっていたことが、とても心に残っています。

そんな風に、日々楽しく過ごしていきたいですね。


2022.05.10 11:00 category:ダブルデイグッズ趣味

アレンジ自由なインテリアフレーム

今回は、インテリアフレームのご紹介。

写真を飾るためのフォトフレームですが、
素材によって印象はがらりと変わります。

お気に入りの写真やイラストなど
雰囲気に合わせて、
探してみるものおすすめです。

写真を挟むガラスを木素材のパーツを使い
2ヵ所で固定しているシンプルデザイン。

枠部分が丸いスティックのような形で
すこしかわいい印象。

タテ置き、ヨコ置きと使えて汎用性もあります。

次は、A4・A5サイズを飾れるタイプ。
素材はホワイトオークを使っています。

枠部分が細く作られているので
大きいサイズでもさりげない印象。

置き、壁掛けと両方できるので、
お部屋のあらゆるところに飾ることができます。

最後に真鍮素材を使ったフレーム。

ゴールドカラーが少し華やかな印象です。

フレームの素材感をいかして
中に入れる写真をひとまわり小さくすると
ゴールドカラーが引き立ちます。

写真を飾るだけでなく、
記念に残しておきたい手書きのイラストや
メッセージなどを飾るのにも役立つフレーム。
インテリアとして新たに
取り入れてみてくださいね。


2022.04.22 11:00 category:ダブルデイグッズ趣味

フラワーベースとアロマフレグランス

好きな香りをお部屋のアクセントに
リードディフューザーを使っている方も多いと思います。

気に入った香りなら、1か所だけでなく
ご自宅のいろいろな場所に置きたい
と思ったことはありませんか?

フレグランスリキッド

リードスティック

フラワーベース

と全て好きな物をセレクトして
コーディネート。

小ぶりのカラーガラスベースは
中に入れたリキッドが見えて
さわやかな印象です。

セラミックと木素材のコンビタイプは
クールな印象なので
落ち着いた空間を演出してくれます。

入れ物やリードスティックを変えるだけで
フレグランスを楽しむ方法も広がりますよ。


2022.04.15 11:00 category:お出かけ・旅行季節の愉しみ家具趣味

ポータブル家具のある暮らし

ダブルデイでは毎年、
GWからお盆までを目途に
室内でも、外へでも持ち運びできる
ポータブル家具の展開を行っています。

今年は新しいメーカーから新商品が入荷。
キャンプでも人気な「コヨーテ」色に近い生地を張った物や
そしてダブルデイ定番の!!

ハンモック使いができるアイテムも揃います。
選んでいる生地の色は、
室内でも合わせやすいものばかりです。

お使いのソファに、あえて
ポータブル用の家具を合わせると「今風」
でおすすめです。

GWお時間あれば、お店に見に来てください。


2021.11.24 11:00 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

Merry DAY’S Christmas ~ダブルデイのクリスマス~ Vol.3

クリスマスデコレーションの紹介も今回で3回目。

今回はより身近な空間や家具にアレンジできる
デコレーションをご紹介していきます。

アンティークのディバイダ-とのコーディネート。

手前にはオーナメントを吊るした
ホワイトバーチツリーを合わせました。

クリスマスらしいオブジェや|
ライティングアイテムは
洋書との相性もいいです。

小さなツリーにはたっぷりとミニオーナメントを飾って
サンタクロースのオブジェを並べました。

DITZのホワイトベアはオットマンに
窓から外の景色を眺めているようです。

ソファーとラグがあるリビングでは
背の高いツリーを飾りました。

近くにアンティークチェアを置いて
小物を並べてみるのもいいですね。

夜にはお部屋の明かりを消して、
ガーランドやオーナメントの明かりをつけると
オレンジのやわらかいあかりが
やさしく照らしてくれます。

クリスマスまでにお好みのアイテムを飾って
ステキな空間を演出してみてくださいね。


2021.11.19 11:00 category:お出かけ・旅行キッチン趣味

ぽってりと温かみのある「信楽焼 巌陶房さん」の器

寒さが増し、温かい料理が食べたい季節になりました。
器も温かみのあるものが良いですね。

信楽焼 巌陶房(いわおとうぼう)さんの器は、
信楽焼の優しい風合いと、さくらんぼなど
赤い釉薬が他にはない器です。

先日、工房にお邪魔してきました。

信楽の山間に工房を構える巌陶房さん。
静かで時が止まったような空間、自然豊かで癒されます。

紅葉もだいぶ進んでいました。

到着した時は、ちょうど窯出しの直後で、
ピンッ、ピンッという貫入音が鳴っていました。

こちらは窯だし後の温かい窯の中で、
生地を乾燥させているそうです。

寒くなってくると乾燥が不十分になるので、
このようにされているのだとか。

生地に化粧土を掛け、500℃で一度焼いて落ち着かせてから、
絵付けをし、本焼きされているそうです。

沢山の見本などが所狭しと置かれおり、
次から次へと、こんなのもあるよと見せてくださいます。

人気のさくらんぼ柄は、
もう発売されて20年にもなるロングセラーだそうです。

親しみやすい兄弟のお二人とお母様の人柄も、
優しい風合いの器に出ているなと思いながら、信楽を後にしました。


2021.11.16 11:00 category:家具趣味

新生活に向けて早めのデスク購入を

家具業界の通例では毎年6月に新作デスクの発表があり
早い家具店ではその3か月後くらいから新作や、デスク強化を行っています。

この時期(10月~)にお得なキャンペーンを打っているところも多いです。
来春に向けてデスクを探すなら実は今が旬です。

今回バイヤーとしておすすめするのは、
2人同時に座れるタイプ。

長くお付き合いしているメーカーが
昔から作っているデスクです。
ダブルデイでは、コロナ禍になって改めて
お気に入りのデスクのある暮らしを提案するために導入を行っています。

硬めのオーク無垢材を使っているので、
少々の傷はオイルを塗ってごまかしてしまえ!!
そんな使い方ができるデスクです。

リモートワークや趣味のワークデスクとしてガンガン使って欲しい。
そんな思いでセレクトした商品です。

お子様が二人いれば、
一緒に座ってもらえると後ろ姿かわいいでしょうね。

お子様がおひとりの場合は、
片側をご両親どちらかのワークデスクにして
親子並んで使うのも素敵ですね。

もちろん、シングル用として広めに使うのもありですね。


2021.10.15 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ趣味

秋のごはんを美味しく・楽しく

まだまだ10月とは思えない
まぶしい日差しの日もありますが、
秋の味覚や新米を楽しみたい季節になりました。

美味しいパンやパスタもたくさんありますが、
それでもやっぱり「米」。
炊き立てごはんにかなうものはありません。

そんなごはんの道具や器など、
おすすめの商品をご紹介します。

まずは、「かもしか道具店の盤古焼 ごはん鍋」です。

なにより、美味しいごはんが炊ける鍋です。
吹きこぼれしにくく、
蒸気の穴を無くす事でごはんがふっくらに。
ごはんが炊き上がったら、そのまま食卓へ。
おひつ代わりにもなります。

続いて、同じく盤古焼の
「羽釜一合ごはん鍋」「手付きパン」です。

盤古焼は、耐熱性が高く、
丈夫で保温性・保湿性に優れています。

どちらも、見た目がかわいいので、
あるだけで嬉しくなります。

アウトドアでも使用されるそうです。

次に、ごはんといえばの飯碗です。
こだわりのマイ飯碗で、
ごはんの時間の満足度がUPしますね。

こちらは、美濃焼 正陶苑の
「へなりの飯碗」です。

土の風合いや釉薬で、
うまく現代のライフスタイルに
マッチさせる器を多数企画されている
正陶苑さん。

こちらは、手に持った時の
ジャストフィットを目指し、
「落っことしにくい」が自慢の飯碗です。

飯碗といえば、汁椀。
こちらは、山中漆器 我戸幹男商店の
ダブルデイオリジナルの汁椀です。

「我戸幹男商店」は
受け継いできた伝統をふまえ、
熟練の職人による高いろくろ挽きの技術をいかした
スタイリッシュな漆器を開発されています。

軽くて口当たりも良く、毎日のお味噌汁がワンランク上に。

そして、こちらは調理の時にあると便利なアルミのボウル。
表面に加工が施されており、
傷が付きにくくなっています。
軽くて扱いやすく、丈夫で持ち運びもできます。

直火可能なので、ちょっとしたものの温めにも。

この秋は、美味しく楽しいごはんの時間を、
ぜひぜひお過ごしください。


2021.09.10 11:00 category:お料理バイヤー裏話季節の愉しみ趣味

秋の食卓を彩る、美濃焼 錆かいらぎの器

少しずつ秋の気配を感じるようになりました。
スーパーや八百屋さんにも秋の味覚が並び始め、
食いしん坊にはこれから楽しみな季節です。

私もイチジクや梨など、秋の果物は大好きです。
これまで毎日のようにアイスクリームを食べていたのに、
秋の果物や美味しいコーヒーが飲みたくなったり、
少し気温が下がるだけで食べたいものも変わりますね。

そんな時におすすめなのが、美濃焼の錆かいらぎの器たちです。

美濃焼の兵山窯という、
織田信長にも器を献上されたとされる
歴史ある窯元で作られている、
わざと釉薬で貫入が入ったような仕上げの
とても雰囲気がある器です。

以前からとても好きで使っていましたが、
渋いのであまり万人受けはしないものでした。

ところが、最近若い方にも人気が出ているとのこと。
業務用にも出ているそうです。

ひとつひとつに手作業で釉薬や化粧土をかけているので、
釉薬が垂れていたり、焼きムラ、色ムラがあったり、
表情豊かで他には無い器です。

最後の仕様をマットにするか、ツヤ有りにするか、とても迷いました。

ツヤ有りの方が染みは入りにくいのですが、
より雰囲気が良くなるマットな仕様で
仕上げていただきました。

温度や湿度、窯内での置き場や日の当たり加減など、
その時その時で焼きあがりが変わるそうですが、
今回お店に入れてもらったものを見ると
少し白く、それがより洋にも和にも
マッチする雰囲気になっており、とても気に入っています。

どんな料理とも相性の良い、不思議な器です。
ぜひぜひ、秋の食卓を楽しむお供に、錆かいらぎの器をどうぞ。


2021.08.24 11:00 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

色鮮やかなニューキリム

インテリアのアクセントなる、ニューキリムをご紹介します。

ニューキリムとは、およそ10~15年までに織られた、
比較的日の浅いものを指します。

オールドキリムと比較すると、
手ごろな価格で使いやすいサイズなので
キリム初心者の方にもおすすめです。

ダブルデイでも人気の30×30サイズのマット。

テーブルや、チェストの上にディスプレイすると
天然素材の木目に、鮮やかな色合いのマットがとても映えます。

植物の下に敷いてもコントラストが綺麗なので、
お部屋の雰囲気ががらりと変わります。

現在、ビンテージアイテムも充実しております。
秋の模様替えに、キリムを取り入れてみてはいかがでしょうか。


 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 20 21 22 »
PAGETOP