Recommend

2020.01.21 11:00 category:Antiqueその他ダブルデイグッズバイヤー裏話家具趣味

大切なダイニングテーブル

英国のE.GOMME社によって作られたブランド【G-Plan】のテーブル。

ブログでも何度か登場しておりますが、
我が家で使っているのは、ゲートレッグというタイプです。

きれいな天板の木目。
1トーン濃くなった脚が、より天板の美しさを引き立ててくれます。

最小サイズは横幅約30cmで、左右の天板を
折りたたむことができ、最大だと150cmになるので
ライフスタイルに合わせて使えるのがこのテーブルの良さです。

テーブルにはほど良いメンテナンスが
数ヶ月おきに必要なのですが
週末には、3歳の娘と一緒に
天板のワックス掛けをするのが楽しみです♪

あと何年後になるか分かりませんが
娘がいつか出ていくその日まで、大切に使いたいテーブルです。

今週末には、定期的に買い付けている
イギリスからアンティーク家具の入荷があります。

今回もまた新しいアンティーク家具に会えると思うと今からワクワクします。


2020.01.14 11:00 category:Antiqueその他ダブルデイグッズバイヤー裏話季節の愉しみ家具

ERCOL 寒い冬にあたたかみのあるアンティーク

毎日、寒い日が続いていますね。

新しい年を迎え、少し先ですが春に向けて
お部屋の模様替えや家具の見直しを
考え始める方も多いと思います。

アンティークの家具は味わいがあり
お部屋にあると気持ちもあたたかくなるので
寒い季節は特におすすめです。

もちろん、シンプルなデザインのものはテイストを選ばないので
シーズンによって合わせる雑貨を変え、
春からも年間通して長くお使いいただけます。

また、古いものならではの雰囲気があり、心地よい空間を作ってくれます。

わが家でも、もう10年近く愛用しているサーバー。
DOUBLEDAYでもおなじみのERCOL(アーコール)社の家具です。

イギリスで1960年代に作られたもので
当時はダイニングテーブルの近くに置いて
カトラリーを入れたり、配膳台として使われていたそうです。

木目の感じや、特に持ち手の形がお気に入りポイントです。

こちらも、わが家で長く使用しているイギリスのアンティークミラーです。
お部屋を広く見せてくれるので、壁掛けミラーはおすすめです。

オーバルのすっきりした形で、錆が出ていますが
それがより味を出してくれているなと思っています。

寒い冬をあたたかく、また愛着を持って
長く使えるものを探して、日々の暮らしを
より良いものにしていきたいですね。


2019.12.27 11:00 category:AntiqueDAY's事典その他ダブルデイグッズバイヤー裏話季節の愉しみ家具趣味

大掃除!

毎年、年末のこの時期になると同じような写真で
大掃除のことを書いていますが…
やっぱり今年も書きます!

年越しまでもうすぐのこの時期
我が家では毎年恒例の大掃除。
心強いお供は、もうこちらではお馴染みの
『HOWARDオレンジオイル』です。

家具のお手入れは定期的にしていますが、年に一度の大掃除。
いつもはしない取手の内側など、細かいところも
入念にワックスをかけてあげます。

汚れを取るだけでなく、保湿などの効果もあって
万能なオレンジオイル。

天然成分から抽出されているので安心して使えて
なによりもオレンジの香りが部屋中に広がって
億劫な掃除も、爽やかな気持ちにさせてくれます。

家具だけでなく、木製のものには何でも使えるので
我が家の床もこのタイミングで丁寧に拭いてあげます。
(隙間に詰まっている細かなゴミは、爪楊枝でかき出します!)

部屋の中がきれいになると
心の中も整理されて気持ちが良いものですね。

今年も1年間、DAY’sブログをご覧いただいた皆様、ありがとうございました。

来年も皆様に楽しんでいただけるような記事をお届けしたいと思っております。
良いお年をお迎えください。


2019.12.24 11:00 category:Antiqueその他家具

ERCOL ドロップリーフテーブル

今年も残すところ、あと一週間。

暖冬と言われていますが
いよいよ冬本番……やっぱり寒いです。

あたたかいお部屋でビール片手に
お鍋をつつきたくなりますね。

2019年、最後のアンティーク家具の
ご紹介は、ERCOLのドロップリーフテーブルです。

ダブルデイではお馴染みのブランド「ERCOL」。
「曲げ木」の技術によって作られた、
チェアが有名なのは言わずもがな、
テーブルも合わせてとても人気があります。

数あるERCOLのテーブルの中でも
入荷するたび、予約殺到するドロップリーフテーブル。

1960年代後半から1980年代初めにかけて
多く造られ販売されてきました。

日本の住居スペースにも合わせやすいサイズ感と
シンプルなデザインに備わった無駄のない
機能性が人気たる所以です。

片側を上げて壁面に寄せれば
3~4人用のカフェテーブルに。

両側を上げて部屋の真ん中に置けば、
4~6人用のダイニングテーブルになります。

ドロップリーフテーブルはさまざまなシーンで
多用途に合わせることができ、
繊細な見た目ながら、丈夫な構造です。

ぜひ、ご自宅のお部屋にいかがでしょうか。


2019.12.03 11:00 category:Antiqueその他バイヤー裏話趣味

アンティークの雑貨たち

日に日に気温が下がってきて
風が冷たく感じるようになってきました。

日中は日差しがまだ暖かく過ごしやすい一方
朝晩の冷え込みが体にこたえます。
お布団からなかなか出られません…

今回はアンティーク雑貨のなかから
この季節に使えそうなものをいくつかご紹介します。

アンティーク家具とともに、雑貨も買い付けてくるのですが
見つけたら必ず買い付ける定番雑貨の一部です。

これから寒くなっていくこの時期に実用的で
インテリアとしても活用できると思います。

まず、ソーイングボックスです。
クラシック感あるデザインはもちろん、
全体的な風合いや質感がとても優しい雰囲気です。

横長の珍しいデザインのこの子は、大容量の収納力。
お裁縫や編み物の道具だけでなく
お子様のおもちゃや、お絵描き道具を収めるのもいいですね。

次のこちらも、ソーイングボックスです。
持ち手が長く本体にも取っ手がついており、
この子もまた、珍しいデザインです。

ひとつずつの収納スペースが大きいので
たくさんのものが入ります。
お裁縫用だけでなく、ピクニックでバッグとしても使えそうです。

次に、シューモールド(木靴型)です。
とても小さい子供用のこの子たちは、
ひとつお部屋にあるだけでも存在感があってアクセントになります。

靴下の中に忍び込ませて、
クリスマスのインテリアとしていかがでしょうか?

最後に、アイロンです。
鉄製のアイロンは昔、直にストーブの上に置き
熱して使用していました。

電化製品が普及した今では考えられません…
ひとつでも置物としての存在感がもちろんあるのですが
ふたつ使ってブックエンドやペーパーウェイトとしても使えます。

応用した使用方法を取り混ぜて、いくつかご紹介しました。

ほかにも、ダブルデイにはアンティーク雑貨がたくさんございます。
いろいろな使い方をイメージするだけでも楽しめますね。


2019.10.22 11:00 category:Antique家具趣味

北欧デンマークのソーイングテーブルたち

ようやく日中の暑さが落ち着き
朝晩は寒さを感じるようになってきました。

スズムシやコオロギなど秋に鳴く虫たちの
演奏会があちこちで聞こえてきます。

今回は数あるデンマークのアンティーク家具から
ソーイングテーブルたちを、なかでも特徴ある
個性的なものをいくつかご紹介します。

ダブルデイにある、ミッドセンチュリー期の
デンマーク家具は、デザインのみならず仕掛けが面白く
なかでもソーイングテーブルはとてもユニークで
ほとんどが一点ものばかり。

まずはこちら。
お裁縫(ソーイング)をするためのテーブル。
縫い針やハサミ、糸や生地などを収納するため
引き出しの中は細かく仕切られているのが特徴です。

次に、ソーイングワゴン。
天板がテーブル並みに大きいので
テーブルとしても使うことができます。

中に仕切り棚があったようなのですが、、、
…それもアンティークならではですね。

最後にこちら。
天板が左右にスライドするのも珍しいですが
収納部分がプラスチック素材なのもまた面白い。
プラスチックなのでとても軽く
女性や子供でも、簡単に持ち運ぶことができます。

そもそもは、お裁縫用のテーブルとして作られていますが
お化粧品や腕時計、お子様のお絵かき道具なども
収納できるので、多種多様です。

アンティーク家具にある面白い仕掛け、
ぜひ探してみてください。


2019.10.15 11:00 category:Antiqueバイヤー裏話家具

ビンテージチェスト

先輩バイヤーから譲り受けた
1960年代のデンマークのビンテージチェスト。

チーク材が贅沢に使われており
巻き手の取手や脚部など
シンプルデザインの中にも
アクセントが施されているのが特徴的です。

一点一点同じものはない、
ビンテージ家具の醍醐味ですね。

我が家では、書類や時計などを入れるリビング収納として
お気に入りの雑貨や植物を置くディスプレイ棚として
暮らしの一部として、欠かせない家具です。

いつかまた、誰かに譲り渡す時のために
メンテナンスしながら大切に使っていきたいと思います。


2019.09.24 11:00 category:Antiqueバイヤー裏話家具

イギリスからの希少なアンティーク家具

しとしと秋雨が降ったかと思えば
ぎらぎら日差しが強い夏空が続いたりの繰り返し。

空には入道雲のうえに鱗雲。

少しずつ秋めいてきました。

前回はイギリスからのアンティーク家具の
到着風景をご覧いただきましたが
今回はその中から希少な家具をいくつかご紹介します。

今回のコンテナではダブルデイ定番のG-PlanやERCOLが
多種多数入ってきましたが、その中から本土イギリスの
ディーラーでも探すのが困難な珍しい子たちをご覧ください。

まずは、ERCOLロッキングチェアです。

全体的にサイズが大きいので、男女問わず
ゆったりと快適に座ることができます。
1950~60年代に発表されたOriginalsシリーズのひとつです。

次に、同じくERCOLフープバックアームチェアです。

アーム(肘置き)が無い型は、ダブルデイでも定番として数多く
入荷していましたが、アームチェアは滅多にお目にかかれません。
体にフィットするデザインが好評な一品です。

次は、G-Planスパイダーコーヒーテーブルです。

その名の通り、蜘蛛の脚のようなデザインが特徴で
当時の生産期間が短かったため、とても貴重です。
もちろん今回の入荷数もごくわずかです。

最後にG-Planネストテーブルです。

3つのテーブルを重ねるデザインは
これまでも数多く入荷してきましたが
2つ並べて収納できるデザインの入荷は久方ぶりです。

こんな珍しい子たちがたくさん入荷してきて
胸躍る気分ですが、すぐに巣立ってしまうことを考えると
嬉しい反面、寂しくもあります。

これら以外にもイギリスから入荷してきた、たくさんの家具たちが
皆様に見ていただけることを、心より楽しみにしております。


2019.09.17 11:00 category:Antiqueダブルデイグッズバイヤー裏話家具

バイヤー修行日記

7月のブログでご紹介した香川出張。
DAY’s 7月5日「香川出張」

実は今年の秋冬の新作に向けて
テーブル制作をおこなっていたんです!

その時の出張の成果を
遂にお披露目できる時がやってきました。

熟練の職人により、自社工場で木材の加工、塗装、
溶接までを一貫しておこない、生み出されたテーブル。

ヘリンボーンの天板に鉄脚を組み合わせた
SID DiningTable(シド ダイニングテーブル)

木脚を組み合わせた
NANCY DiningTable(ナンシー ダイニングテーブル)

天板のナラ材は北海道産にこだわり
オイル塗装を何度も塗り重ねることで
経年変化したような、まるでヴィンテージのような
風合いの仕上がりになっています。

色はナチュラルとライトブラウンから選ぶことができ、
用途やスペースに合わせて、細かいサイスオーダーができます。

受注生産なので、注文いただいてから
約30日後のお渡しになりますが
1点1点丁寧に作っておりますので
気長にお待ちいただけると助かります。

個人的にはまだまだ、バイヤー修行中ですが
試作や修正を重ねたこだわりの逸品です!
(もちろん先輩ベテランバイヤーにも
 確認してもらっていますのでご安心を!笑)


2019.09.10 11:00 category:Antiqueダブルデイグッズバイヤー裏話家具

イギリスからアンティーク家具到着

夏から秋へ変わる狭間の季節。
夜は過ごしやすくなってきましたが
日中は、まだまだ日差しが強い…

夏が終わる切なさと、秋が始まる期待感が
せめぎ合っているさなか、
イギリスからアンティーク家具たちが
入荷してまいりました。

6月に引き続き、コンテナがここ、
日本に到着した風景をお伝えします。

今回はG-PlanやERCOLなど、ダブルデイの歴史と
ともに歩んできた、定番のアンティーク家具たちが
たくさん入荷しました。

大人気のG-Planは、ラウンドエクステンションテーブル
を筆頭に、オーバルエクステンションテーブルや
コーヒーテーブル、ネストテーブル、サイドボードなどなど…
もちろんチェアも複数型多数、元気に降り立ちました。

そしてERCOLは、チェアのみですがこれも複数型。
現在、イギリスのディーラーですら、なかなか
集めるのが困難でとても貴重なERCOL。

デザインによって数量が少ないものも
ございますのでお探しの方はぜひ、お早めに!

そのほか、ミラーやサイドボードなど、ひとつひとつ
個性あるアンティーク家具たちが日本の地を踏みしめました。

これほど多種の定番品が
そろって入ってくることはなかなかありません。

G-Plan、ERCOLをお探しの方は、ぜひとも
この顔ぶれが揃っている間に、ご覧くださいね。


1 2 3 4 5 »
PAGETOP