Recommend

2021.07.13 11:00 category:Antique家具

デンマークからアンティーク家具が入荷しました!

先日、イギリスからのコンテナに続いて、
デンマークからコンテナが入荷しました。

今回はボルドー色のコンテナでやってきました。
コンテナの色や文字のフォントや
レイアウトを見るもの楽しみです。

デンマーク家具ならではのデザインの
ライティングビューロー。

ビューローはデスクと収納を兼ね備えていて
とても機能的です。

引き出しの取手のデザインが特徴的で
リビングや書斎などに置くと
インテリアとして映えます。

続いてはビューローと同じく
デスクを兼ねたブックケース。

棚部分と天板の間に小さな引き出しがあるものや
下の収納部分などがデザインによって違います。
背が高いですが、脚の部分に空間があるので
お部屋に置いても圧迫感がありません。

次はミニチェストたち。
コンパクトなサイズなので、
玄関や廊下、ベットサイドやソファサイドなど
色んなシーンでお使いだけます。

こちらも取手のデザインと
まっすぐ伸びた脚が特徴です

チェアーもバリエーション豊富に入荷しました。
広めの座面のものが多く、
ゆったりと座っていただけます。

前回のイギリスコンテナに続いての入荷で
店内も更にボリュームが出ました。

チーク材の落ち着いた色合いと
現代にはないデザインが
やはりアンティーク家具の良い所だと思います。
またこれから色んな場所で
「HUGGE=デンマーク語で居心地がいい時間」を
演出してくれることでしょう。


2021.06.25 11:00 category:Antique季節の愉しみ家具趣味

ガーデンを演出するビンテージ家具と雑貨

いよいよ夏本番の時期になってきました。

気候が良い日はベランダやテラス、
お庭などで太陽の日差しや夕日、
時には夜に月や星を見て、
身近にある自然を感じてゆったりと
くつろぎたくなりますね。

ビンテージの折りたたみのテーブルは
6~8人は座れるサイズ感です。
素朴な素材感で雰囲気もあるので、
好きなお料理などセッティングして
ホームパーティーを楽しんだり、
お花などをアレンジしたりする
作業台としてもお使いいただけます。
折りたためるので使わない時に
しまっておけるので便利です。

同じく折りたたみのチェアも素材感が特徴で、
簡単に持ち運べるので、複数脚あると便利です。
テーブルと合わせるのはもちろん、
1脚お部屋に置いてグリーンなどを飾ってもいいです。

グリーンの色がきれいなロイドルームチェア。

特殊な紙素材でできているのでとても軽く、
籐のように編み込んだ風合いが特徴です。
ゆるやかなラインのアームでゆったりとくつろげます。

ビンテージのボックスたち。

ツール類を入れたり、いくつか積んでディスプレイしたり、
グリーンやオブジェを飾ったり、色んな使い方があります。

なかなか旅行にも行けないことが続いています。
お家の外の空間を演出することで、気分も変わるので、
お気に入りのアイテムをぜひ見つけてみて下さい。


2021.06.18 11:00 category:Antiqueバイヤー裏話家具

アンティーク家具のコンテナが入荷しました

先日、遅れていたイギリスからのコンテナがようやく到着しました。
今回は深いグリーンのコンテナでやってきました。

昨年から生活環境が変わり、
お家でゆっくりと心地よく過ごされたいと思う機会が増え、
家具を買い替えたり、追加されたりする方が多く、
「G-PLAN (ジープラン)」「ERCOL(アーコール)」共に
新しいお家に旅立っていき、
新しい家具たちを待っていました。

コンテナから出して、アイテムごとに並べていきます。
ずらっと並べたのを見ると、
いつも遠くからやってきたんだなぁと感慨深くなります。

1つずつオイルがけをして、長旅で付いた汚れなどを取り、
トラックに積んで工房・店舗内に運びます。
今度はずらっと並べるスペースは無いので、
サイドボードやテーブルは2段に積んだり、チ
ェアは吊ったり、テーブルの上に置いたりしていきます。

1日かけてようやく店内に並び終わり、
ぎっしりとボリューム感のある空間になりました。
力仕事ではありますが、
年に何回かのこの作業は楽しいものです。

海外で誕生して過ごしていた家具が
はるばる日本にやってきてまた新しい時を刻んでいく…。
そんな風にずっと受け継がれていく所が
アンティークの家具の良さだと
コンテナが入荷した時はいつも思います。


2021.06.04 15:00 category:Antique

色んなシーンで使えるビンテージ雑貨

アンティーク家具は経年変化した落ち着いた雰囲気を感じますが
ビンテージの雑貨も同じく使い込まれた風合いが特徴です。
今回はいろいろなシーンで使っていただける、アイテムをご紹介します。

ラダーは観葉植物や
お気に入りのフワラーベースなどを
ディスプレイするほかに、
畳んでお部屋に飾っても雰囲気が出ます。

ジョウロはお水をあげる時に使うのはもちろん、
ガーデニングのツール類を入れたり、
ドライフラワーを飾ってもいいですね。

スタッキングできるボックスは収納力もあり、
ネームプレートが付いているので
パーツや工具をアイテムごとに入れるのに便利です。

グリーンを合わせて、
そのまま置いておくだけでもインテリア性があります。

大きめの黒板は置くだけで存在感があります。

ドキュメントボックスやデザイン性のある量り、
ビンテージアイロンなどはデスクまわりに置くと
インダストリアルな雰囲気が出ます。

1つでもビンテージ雑貨を置くと
お部屋の雰囲気が変わるので、
お気に入りのアイテムを探して
取り入れてみてはいかがでしょうか?


2021.05.28 11:00 category:Antique家具趣味

インテリアに映えるビンテージのミラー

おうち時間が増える中、家具の配置を変えたり、
雑貨をディスプレイしたりすることが多くなった方に
おすすめのビンテージミラーをご紹介します。

チーク材の落ち着いた色合いと
オーバル、変形のスクエア、台形のような形など
色々な形があるのが特徴です。

壁にいくつかのデザインを組み合わせたり、

フレームやサインプレートなど合わせてディスプレイしたり、

ブックケースなどの家具と組み合わせてみたり、
デザインによって見え方も変わります。

ミラーを置くことで、お部屋が広く見え、
ミラーに写ることで
いつもと違った角度で空間を見ることもできます。
また、経年変化したビンテージの
風合いの良さが伝わるアイテムです。


2021.05.14 11:00 category:Antique家具趣味

色んなデザインが楽しめるERCOLチェア

お部屋の中にアンティーク家具が1つあると
使い込まれた風合いと懐かしさを感じるデザインで
落ち着いた空間になります。

古くなってしまったからといって
新しいものに変えてしまうのではなく、
修理をしながらいつまでも使い続けてきた風合いが
アンティーク家具の良さだと思います。

イギリスのミッドセンチュリー家具を語る上で
外せないブランド「Ercol(アーコール)」。

デザイン豊富なチェアは
それぞれに良さがあるので、
シーンに合わせて1脚ずつ集めていかれる方も多いです。

今回は「ERCOL(アーコール)」チェアをご紹介します。

まずは「HOOP BACK CHAIR(フープバックチェア)」。

曲木をいかした丸い背もたれと
まっすぐ伸びたスポークが特徴です。

「STICK BACK CHAIR(スティックバックチェア)」。
こちらもまっすぐ伸びたスポークが特徴で
後ろからみると更にその良さが伝わります。

マーガレットハウエルが復刻させたことで有名な
「STACKING CHAIR(スタッキングチェア)」。
その名の通り、スタッキングできます。

あとは、背もたれが高めの
「QUAKER CHAIR(クエーカーチェア)」。
ダイニングテーブルと合わせた時に背もたれのデザインが映えます。

ゆったり座っていただけるデザインの
「HOOP BACK ARM CHAIR(フープバックアームチェア)」や

「FIRE SIDE CHAIR(ファイヤーサイドチェア)など、

それぞれに魅力があり、
同じデザインの複数脚でもバラバラのデザインの複数脚でも
集めるとその良さが増すので
いつまでも長く使い、受け継いでいきたいと思う椅子です。


2021.05.07 11:00 category:Antique趣味

1脚でも存在感のあるチャーチチェア

今年もゴールデンウィークはお家でゆっくり…という方が
多かったのではないかと思います。

なかなか今までのように外出できない日が続いていますが、
そんな時だからこそお家の中のインテリアや
過ごし方について向き合う時間も多くなりますね。

1脚置くだけでも“映える”おすすめの
チャーチチェアをご紹介します。

1脚でベッドサイドや玄関、廊下などに
サイドテーブルのように置いても良いですし、
もちろんダイニングテーブルや
デスクと合わせて使っても◎。

チャーチチェアは名前の通り、
教会で使われていたチェアです。

聖書などをいれるための箱が背面に付いているものや、
背板に十字架が彫られているものなどもあり、
デザインは様々ですが、
共通してシンプルなデザインが多いです。

また、荷物を置くために
足元の桟が多いのも特徴です。

アンティークのチェアはどれも
時と共に刻まれた風合いが魅力ですが、
チャーチチェアには素朴な素材感に刻まれた
独特の風合いがあります。
シンプルなデザインで色んなシーンに
すっと溶け込みながら
雰囲気を出してくれるチェアです。


2021.04.20 11:00 category:Antique家具

空間を演出するG-PLANルームディバイダー

4月もあっという間に過ぎ、
5月を迎えようとしていますが、
新しい季節や生活に
徐々に慣れてきた頃ではないでしょうか。

お部屋も春から夏に向けて
雰囲気を変えてみたくなりますね。
お部屋の空間を演出してくれる
「G-PLAN(ジープラン)」の
ルームディバイダーをご紹介します。

間仕切りとしての役割を果たしてくれて、
バランスよく配置されたシェルフや収納は機能的で
どの角度から見てもそのデザインが生かされています。

単なる長方形ではなく、G-PLANらしい曲線の棚板や、
クルっと巻いた取手のデザインが特徴です。


リビングとダイニングの間などに置いて、
お気に入りの本やオブジェ、
植物などをディスプレイして、
季節に応じて雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか?


2021.04.13 11:00 category:AntiqueDIY・リノベーション家具趣味

ERCOLテーブルをメンテナンス

あっという間に街がピンクに染まり
あっという間に木々が新緑に輝きました。

皆さま、新しい生活には慣れましたか?
わたしはまだぜんぜん慣れません、、、

でも、焦らずゆっくり
自分のペースで行きましょう。

というわけで
今回はERCOL(アーコール)テーブルの
メンテナンスをご紹介します。

ERCOLのなかでも
なかなかお目にかかれないスクエア型の
ドロップリーフテーブル。

構造はお馴染みのラウンド型とまったく同じです。
パーツが少ないわりには頑丈で
計算されつくした
無駄のないデザインです。

片側だけ拡げて使うもよし
どちらも拡げずに使うもよし
とにかく万能です。

裏返してみると、、カブトガニみたい。

ここが天板が伸張する仕組み。
支え木が左右にスライドするだけの単純な構造なので
錆以外の不備はほとんどありませんが
天板と接触する箇所が擦れてギシギシ音が
鳴ることがあります。

フェルトなどを挟んで隙間をうめて解消しましょう。

天板を外すとこのような脚部構造があらわになります。
よくある不具合がこの脚部の緩みです。
フレームと脚部の接着が劣化し、グラグラになっていることが
よくあります。
楔を入れ直して強度を復活させましょう。

でも、もとの楔を取り除いて新しく作成した楔を打ち込むのは
一筋縄ではいきません。
ポイントは楔をしっかり奥まで打ち込むことです。

今回はERCOLテーブルをメンテナンスしました。
これを参考にメンテナンスに挑戦してみてください。


2021.03.26 23:00 category:Antique家具

春の日差しが似合うアーコールのテーブル

桜も開花して、春本番という季節になりました。
旅立ちや色々な事が新しく始まるこの季節は、
気持ちを新たに色々なことをやっていきたいなぁ
と思いますね。

朝の日差しが心地よく感じるこの季節におすすめの
「ERCOL(アーコール)」のテーブルをご紹介します。
 
まずは、スクエア型のドロップリーフテーブル。

ラウンド型もいいですが、
スクエアはなかなか入荷しない
めずらしいデザインです。
広げて4人掛けにしたり、
サイドや片側だけを下ろして
2人掛けにしたり、
状況に合わせて使い分ける事ができます。

次にご紹介するのは
レクタングル型のテーブルとエンドテーブル。

レクタングル型もシンプルで
人気のデザインです。
同じくERCOLのチェアと合わせると、
お互いがよく映えます。

テーブルに付けて使えるエンドテーブル。
ゆるやかな曲線にきちんと沿うようにデザインされていて、
つなげて使うと来客時の
サイドテーブルとしてお使いいただけます。


単体で自立するので、
小さめのデスクとしても、
リビングなどのサイドテーブルとしても使えます。
3本脚のデザインが特徴的。

シンプルなデザインのERCOLのテーブルは
爽やかな雰囲気で、これからの季節におすすめです。


 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »
PAGETOP