Recommend

2020.10.23 11:00 category:Antique家具

存在感のある「G-PLAN(ジープラン)」のコーヒーテーブル

すっかり肌寒くなり、秋も深まってきましたね。
お家ではリビングのソファで
ゆっくり過ごす時間が増えそうです。

ソファの前に置いてデザイン性もある、
イギリスの「G-PLAN(ジープラン)」
コーヒーテーブルをご紹介します。

ガラストップのオーバル型コーヒーテーブルです。

なんともいえない曲線が重なった脚のデザインが特徴で、
どの角度から見てもフォルムが美しいです。

天板がガラスなので、脚のデザインが映え、
幅が広めですが圧迫感なくお使いいただけます。

脚のデザインが同じで、天板がラウンド型もあります。

こちらは奥行が広めなので、
テーブルを囲んで座ってお使いいだけます。
オーバル型同様にどの角度から見ても
フォルムが美しいです。

1人掛けソファの横に置くのもいいですね。

どちらのデザインもお部屋にひとつ置くだけで存在感があり、

チーク材の落ち着いた色合いであたたかい雰囲気にしてくれます。


2020.10.16 11:00 category:AntiqueDIY・リノベーション家具

G-PLANサイドボードをメンテナンス

イチョウの木がだんだんと色づいて
銀杏の実が落ち道路が荒々しくなってきました。
さわやかな秋をいかがお過ごしでしょうか?

暑くもなく、寒くもない心地よい季節です。
寒くなる前に、やり過ごしていた事を
一気に片付けてしまいましょう!

というわけで
アンティーク家具ブランドG-PLAN(ジープラン)から
Fresco(フレスコ)シリーズのサイドボードの
メンテナンスのポイントを押さえておきましょう。

こちらは前回も登場のショートサイズのサイドボード。
メンテナンス方法を3つご紹介します。

まず1つめは脚。
小ぶりな本体ですが収納力は大容量のため、
ささえる脚にいちばん負担がかかります。
ぐらつきや緩みがないか確認します。

2つめは引き出し。
真ん中の引き出しはカトラリーになっているため、
ほとんどがフェルト張りです。
オリジナルのフェルトは
毛羽立っていたり、汚れていたり
破れていたりするので張替えます。

引き出しがスムーズに開閉するか確認します。
開閉が重かったり、ひっかかりがあれば
本体のレール、もしくは引き出し側面の溝を
紙やすりなどで削ります。

3つめは扉。
引き出しと同じようにスムーズな開閉か確認します。
扉が本体に擦れていれば
扉をはずして擦れている箇所を紙やすりなどで削ります。

ご自宅でも出来るメンテナンスを
3つご紹介いたしました。
脚の確認や引き出し内のフェルト張替えは
工具がそろっていないとご自宅では
なかなか難しいかもしれませんね。

今後も簡単ですがメンテナンスのポイントをご紹介して
まいりますのでお楽しみに。


2020.10.02 11:00 category:Antique家具趣味

アンティーク家具と共に趣味の時間を

秋を本格的に感じるようになりましたね。
秋の夜長は読書をしたり、趣味の時間を楽しんだり、
お家でゆっくりと過ごす時間が増えそうですね。

そんな趣味の時間を過ごすのにぴったりの
アンティーク商品をご紹介します。

デンマークのソーイングテーブルは
その名の通り、裁縫するのに使われていたテーブル。
天板の下には大きめの引き出しがあり、
用具を収納できます。

イギリスのソーイングボックスは、
置くだけでインテリアのアクセントにもなり、
持ち手部分は、配色・同色タイプがあり、それぞれに個性があります。

両サイドに開く引き出しは収納力があり
ボタン・レース・糸などアイテムごとに分けやすく、
開いたときに一目でどこに何があるのかが
分かるのでとても便利です。
ソーイングセットだけでなく、文房具やアクセサリーなど
他の小物なども収納するのに最適です。

最近はなかなかできていない編み物や縫物も
時間がある時にやりたいなぁと思う今日この頃です。


2020.09.25 11:00 category:Antique家具趣味

G-PLAN(ジープラン)のサイドボード

ようやく暑さ耐えしのぐ日々が落ち着き
涼しさを感じる夜空から虫の声が鳴り響き
夏から秋へと変わる季節。

少しセンチメンタルになる季節。
でも楽しいこともたくさんの季節です。

がらりと生活環境が変わった方も多いと思いますので
家具探しのお手伝いできればと
前回のラウンドエクステンションテーブルに引き続き
G-PLANからサイドボードをご紹介します。

ダブルデイで定番のアンティーク家具ブランドG-PLAN。
お馴染みのダイニングシーンを引き立たせる収納家具のなかから
Fresco(フレスコ)シリーズのサイドボードを2型。

こちらはショートサイズのサイドボード。
シンプルでシンメトリー(左右対称)なデザインと丸みのある取っ手が特徴です。

幅が1525mmとアンティーク家具のサイドボードの中ではコンパクトですが
大容量収納可能で、無駄のない構造が魅力的です。

引き出し内もシンプルで、使い易くデザインされています。

つづいてロングサイズのサイドボード。
通称LongJohn(ロングジョン)。

シンメトリーなデザインはショートサイズと同様ですが
なんといっても幅2130mmのサイズは圧巻です。

機能的なデザインと抜群の収納力は他に例をみません。

ただし、お部屋の配置はさることながら
サイズの大きさ故
搬入することがなかなか困難です、、、

今回は2型だけですが
サイドボードをご覧いただきました。

ダブルデイではG-PLANのサイドボードは
主にFrescoシリーズが入荷してまいります。

お好みの風合いがございましたら、ぜひお問合せください。


2020.09.08 11:00 category:Antique家具趣味

ゆったりとした時間を過ごせるデンマークのソファ

デンマークから入荷したアンティークの1人掛けソファ。
チーク材のデンマークのチェストと合わせると
お部屋全体が落ち着いたやさしい空間になります。

座面が広めで、後ろにかけて座面が低くなっており、
肘掛けもついているのでゆったりと座っていただけます。
ノスタルジックな雰囲気な生地がお部屋のアクセントにもなります。

他のデザインもシンプルながら、
アームや脚の曲線のデザインと
全体的なフォルムが特徴でお部屋のアクセントになり、
生地の柄や色に個性が出ます。

秋に向けて本を読んだり、お茶を飲んだりして、
お家で過ごす時にゆっくりと過ごせる
一人掛けのソファはいかがでしょうか?


2020.09.01 11:00 category:Antique家具趣味

G-PLAN(ジープラン)のラウンドエクステンションテーブル

猛烈で強烈な暑さを耐えしのぐ毎日。
そろそろ秋を感じたいところですが
まだ夏は続きそうです。
とは言え、季節はすすんで
そろそろ秋の新生活の季節。

前回のERCOLと共に
ダブルデイでお馴染みのアンティーク家具ブランド
「G-PLAN」からラウンドエクステンションテーブルを
ご紹介します。

ダブルデイで定番のアンティーク家具ブランドG-PLAN。
なかでもラウンドエクステンションテーブルは唯一無二の存在です。

1950年代当時の製作技術は発展した現在の家具メーカーでさえ
真似できないシンプルで巧妙な丸型の伸張式ダイニングテーブル。

伸張技術のすばらしさについては過去にお話ししましたので、
今回はいろいろなチェアを組み合わせてコーディネート
してみました。

まずはFresco(フレスコ)シリーズのチェア。
ラウンドエクステンションテーブルの天板の曲線に
フィットする形状にデザインされたチェア。
よく目にする組み合わせですが、やっぱりベストマッチ。

つぎはいろいろなG-PLANのチェアをミックスしてみました。
もちろん同型のチェアを揃えるとまとまり良いのですが
1型ずつ違うチェアを合わせるむずかしさの中に
面白さがあって、、とにかくおすすめです。

つぎはテーブルと同じチーク材で作られた
デンマークチェアを合わせてみました。
木材や色見が合えば、ブランドにこだわらず
楽しみ方の枠が増えます。

最後は現在の家具メーカーのチェアを合わせてみました。
アイアンなどの異素材やモダンなデザインでも
合わせ方は時代を超えて無限に広がりますね。

いろんなパターンで組み合わせをしてみましたが
いかがでしたか?
秋の新生活にむけて参考にしてみてください。


2020.08.25 11:00 category:AntiqueDAY's事典家具趣味

デザインと機能を兼ね備えたデンマークのアンティーク家具

デンマークを代表するアイテムのライティングビューロー。
デスクと収納を兼ね備えていて、
取っ手や引き出しのデザインにそれぞれの個性が見られます。
横からみたフォルムも存在感があり素敵です。

上部分は書類を置いておけるくらいの棚と、左側には小さな引き出し3段、
右側には扉が付いていて、開けると棚になっています。
引き出しと扉の小さな取っ手が上品です。

引き出し部分の天板を引き出すとデスクとして使えます。
下部分には収納力のある4段の引き出しがあり、
デンマーク家具らしい曲線の美しい持ち手が印象的。

お家で過ごす時間が増えてきていると思いますが、
デザインと機能を兼ね備えたライティングビューローは
リビングや寝室に置いていただくだけで、
落ち着いた空間になるのでおすすめです。


2020.08.18 11:00 category:Antique家具

ERCOL(アーコール)のチェアたち

やっと長雨があけたと思ったら灼熱の毎日ですがいかがお過ごしですか?
エアコンがガンガン効いた部屋でキンキンに冷えたビールをゴクゴク飲みたいものです。

今回はアンティーク家具ブランドでお馴染みのERCOLからチェアをいくつかご紹介します。

ダブルデイで定番のアンティーク家具ブランドERCOL。
曲げ木の技術により世界中で有名になったイギリスの老舗家具メーカーです。

設立したルシアン・アーコラーニの家族により現在も運営されています。
無垢の木から作られたチェアたちはシンプルなデザインで、
どれも軽くて丈夫。フィットする座面は座り心地がとても良いです。

まず定番のクエーカーチェアとゴールドスミスチェア。
背もたれが高いので、長時間座るダイニングチェアとしておすすめです。

右端は現在造られていないオールドコロニアルシリーズ。
なかなかお目にかかれません。

次は左からスティックバックチェア、フープバックチェア、ボウバックチェア
小振りなデザインでやっぱりシンプル。

つぎはマーガレット・ハウエルが復刻したことで有名なラブシートベンチ。
ウィンザーチェアをベンチにした2人掛けのチェアです。

最後はファイヤーサイドチェアとスタッキングチェア。
暖炉の前でくつろぐためにデザインされたファイヤーサイドチェア。
軽くて頑丈なため、幼稚園や学校などで使用され
マーガレット・ハウエルが惚れ込んだスタッキングチェア。

現在も製造されているERCOLのチェアたちですが、
アンティークならではの歴史と風合いが
チェアひとつひとつにほどこされています。

ぜひ一度、座って体感してみてください。


2020.07.28 11:00 category:Antique季節の愉しみ家具趣味

色んなシーンで活躍するデンマークの家具たち

1960~1970年代のデンマーク家具はチーク材の落ち着いた雰囲気と
シンプルながらも細部にこだわったディテールと
美しいフォルムが特徴で機能性にも優れたものが多いです。

その中でも程よいサイズ感で色んなシーンで活躍する
ミニチェストとサイドテーブルをご紹介します。

まず、4段ミニチェスト。

長めに伸びた脚と半円形の持ち手がとても印象的です。
脚があることで、空間ができ圧迫感なく置いていただけます。

ソファーサイドに置いて、
ゆっくりと過ごしたい時にお茶や雑誌などを置いたり、
引き出しには小物なども収納できます。

幅が広めなので、フラワーベースやオブジェなども飾れます。

次はサイドテーブル。

こちらもシンプルですが、
サイドから見た丸い脚と全体のフォルムが絶妙なバランスです。

玄関に置くと、程よい存在感でお家全体の雰囲気を作ってくれます。
季節に合わせてディスプレイを変えるとまた印象が変わりますよ。

大きすぎず、小さすぎないサイズ感でありながら
1つ置くだけで存在感がある。

デンマーク家具は、その時の生活スタイルに
合わせて長く使っていただけます。


2020.07.17 11:00 category:Antiqueダブルデイグッズバイヤー裏話季節の愉しみ家具趣味

お庭にアンティーク家具を

梅雨明けがとても待ち遠しく、歯痒い日々が続きますね。

日差し照りつく夏空を心待ちに、
一足先に準備をはじめますか…。

夏空のもと、お庭やバルコニーでも使用できる
アンティーク家具をご紹介します。

ダブルデイでもお馴染み、
LLOYD LOOM(ロイドルーム)のアームチェアです。

1917年にアメリカのマーシャル・B・ロイドが籐家具の技術を改良し、
クラフトペーパーをワイヤーに巻き付けて織りあげたチェア。

ワイヤーには防水・防錆加工され、
折れないよう丈夫な工夫が施されています。

100年以上続くロイドルームは、今もなお職人によって
ひとつひとつイギリス国内で作られています。

2種類とも定番モデルですが
状態のよいものはなかなか見つかりません。

が、このチェアの特性を活かして
お庭やバルコニーで優雅にくつろいでみてはいかがですか?

もちろん、お部屋の中でパーソナルチェアとしても。


 1 2 3 4 5 6 7 »
PAGETOP