Recommend

2014.08.26 11:30 category:Antiqueお出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

アンティーク買付-England2014.06

ベルギーでのタイトな買付を終え
すぐにイギリスへ移動。(ベルギー編はコチラから)

前回はユーロタスでベルギーとイギリス間を移動したのですが、
今回は、LCCのライアンエアーで移動。

空港から電車で1時間30分。
いつものアンティークディーラーの
ウエアハウスにそのまま移動。
ちょうど、ディーラーがアンティークフェアで買付した商品が
届いていました。

イギリスでは今回、アンティーク雑貨を大量に購入しました。
1950年代の雑誌広告・工具類・小物入れ、などなど。

そして今回の買い付けの一押しは
比較的古い年代に作られた“チャーチチェア”です。
座面が低く、背もたれが長め。
見た目の可愛さだけでなく、座り心地もお勧めです。

買付と夕食を終え、ホテルに帰ってきましたが
ベルギーでもイギリスでも、
夜9:00になっても、まだこの明るさ。
夏前後に出張にくると
体内時計がやっぱり狂ってしまいます・・・。


2014.07.16 11:00 category:Antiqueお出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話

アンティーク買付-Belgium2014.06

イギリスからスタートしてベルギーに移動した前回と違い、
今回はベルギーからスタート。
乗り継ぎ時間を入れて、14時間以上のフライトは
毎回疲れます。

ブリュッセルから電車とタクシーで
さらに2時間の移動。
この時期のヨーロッパは、20:00でもこの明るさ、
早くも体内時計が狂い始めます。

今回も早朝スタートで、20:00までみっちり買付。
写真のような場所を3日間、合計4か所回ります。
8月上旬から中旬には、アンティークヤード西宮店、箕面店
宝塚店を中心に、買付商品が並ぶ予定です。

下の画像は他のバイヤーに先に購入されてしまっていた
古い「WECK」のキャニスター。
買付できなくてとても残念だけど、
こういった運やタイミングに左右されるのが、
アンティーク買い付けの醍醐味です。


2014.07.02 11:00 category:Antiqueその他バイヤー裏話

古き良さを感じる空間

先日、あるメーカーさんの展示会に行ってきました。

この展示会が開催されたショールームが入っているビルは
大阪の堀江にあり、昭和初期に建てられたもの。

これまで何度も訪れた事がある場所ですが、
今回はいつもと違う入り口から入ってみると・・・
レトロでとても素敵なポストと時計を発見!

時代が遡ったのではないかと思うような空間が広がってました。

ビルに入ってからも、いつもと違うルートでショールームまで行くと・・・
また新しい発見!

お隣のお部屋は、この日は使われておらず、
何も置いていなかったのですが、時代を感じる空間でした。

そしてショールームに辿り着くと、
馴染みのある空間に新しいお洋服がずらり。

デザイナーさんが海外などで買い付けされてきた
大きなテーブルやラグはいつ見ても素敵ですが、
私のもう一つの楽しみはデザイナーさん自身が飾り付けられているお花!
毎回ご自身で生けられるそうです。

帰りはいつもと同じルートで、
このビルを象徴する、らせん階段を下りて帰りましたが、
いつ見てもこの独特のフォルム。
年月と共に味わいのある木の手すりと窓からバランスよく入る景色は絶妙です。
(ショールームは4階なので登りはいつも大変ですが…)

古き良さを感じる空間はやはり落ち着くなぁ・・・
自分の身の周りののものも、
時を刻んで味わい深さを増していけたらいいな、と思ったひと時でした。


 « 1 2 3 4 5 6
PAGETOP