Recommend

2013.12.02 14:52 category:その他

クリスマスリースに四苦八苦

六甲山でのトレッキングの帰り、高山植物園にて
手作りリースのワークショップが行われているのを発見!
日を改め、参加してきました。

スタッフの方からのアドバイスや見本を手本にし、
使い慣れないグルーガンを握りしめ
壊れそうな木の実との格闘。

最初は戸惑いつつも
なんとか様になる形に仕上がりました。

いざ作ったまでは良かったのですが
今までリースを飾る習慣のなかった我が家。

吊り下げる場所探しに四苦八苦。
賃貸なので壁にも穴は開けたくないし
力作を愛猫MEIのおもちゃにされるのも・・・

行きついた先が、トイレの中という始末。

吊場所を探し続けた自分と、
リースを手中に収めんと狙い続けてたMEI。

気が付けば夕暮れ時
クリスマスリースに四苦八苦した1日でした。


2013.11.25 12:05 category:その他

北アルプス

先日、北アルプスの燕岳(つばくろだけ)に行ってきました。
燕岳は日本アルプスの中でも整備が整っているので、
最初にアルプスを登るのに選ぶ方が多いので私のような初心者レベルでも登れるという事と、
山頂に「泊まってみたい山小屋NO.1」と言われる「燕山荘(えんざんそう)」もあるので、決めました。

当日は雨こそ降らなかったものの、
曇り空で登っている途中では周りの山々も見ることが出来ないお天気だったのですが、
山頂近くに着くと晴れて、雲の上の360°パノラマのアルプスの絶景が目の前に現れました。
山頂付近は紅葉の時期はすでに終わり、周りの山もうっすらと雪が積もっていて、
ナナカマドの赤も自然の色とは思えない鮮やかさで映えていました。
そして、雲の合間に見える槍ヶ岳を遠くに発見した時は本当に感動しました。 

そして更に感動な事に、燕岳山頂に着くとすぐに「ブロッケン現象」と言われる虹のような輪が目の前に現れ、私達の影がその輪の中に見ることが出来ました!!
(写真ではわかりにくいのが残念ですが…)

初アルプスの絶景の感動の余韻も残ったまま燕山荘に着くと、
やはり泊まってみたい山小屋NO.1と言われるだけあって、
大正10年設立という歴史を感じる室内の木の温もりに包まれた空間で料理もおいしく、
窓からもアルプスの景色が絵のように見え、快適な時間を過ごせました。
また必ず行ってみたいです。

自然の景色にふれるといつもその大きさに感動して、
「また明日からがんばろう!」というパワーをもらいます。
今回は絶景でいつもより大きなパワーをもらいました。
来年には遠くに見えたあの槍ヶ岳に登ってみたいです。


2013.11.19 08:31 category:その他

秋の色?

街ではクリスマス装飾が始まり、
晩秋を省略していきなり冬になった印象もありますが、
いつもより少し遅れ気味ながら、やはり秋はちゃんと来ていて、
家の近所もいつの間にか秋の色にあふれています。

このツワブキは数年前から水路の底に根づいていて
散歩するご近所さんたちの目を楽しませています

うちの庭でも
マルバノキの葉が赤いハートになりました。

???

なぜかその横で
ヒュウガミズキが一輪、寒さに震えています。

まだちょっと早かったようですね。


2013.11.13 15:36 category:その他

先日、友人の結婚式・披露宴に出席しました。

小学校からの友人で、お互い社会人になった今も
年に4~6回くらいは会う間柄。

彼女とは同業者で好きな物や事の趣味が合うので、
2人で北欧旅行にも行った事もあります。
私の大好きな友人のひとり。

そんな、趣味が合う友人の式でしたので
自分好みの「ツボ」がいっぱいでした。

まず、招待状、席次表やメニュー表などは
印刷以外、クリエイターである旦那さんの手作りらしく
ブルーと白で統一されたグラフィック。
植物と鳥がモチーフで柔らかい印象のとても素敵な製作物でした。
(こちらに載せられないのが残念です)

こちらは同じくブルーと白で統一されたケーキ。
ドットとストライプ。

料理はもちろん美味しくて、会場の建物も由緒ある日本家屋で大きな庭園付き。
すべてに2人のセンスがあふれていました。

そんな、素敵な素敵な宴になんと!
私が製作したウェルカムボードが!

周りにたくさんクリエイターさんがいらっしゃるのに
私に注文してくださったのです。嬉しい…。

彼女を思い浮かべながら一生懸命製作しました。
キャンバスにアクリル絵の具で描いてあり、
文字部分は印刷しています。

人生の大きな節目に少しでも携われる事が出来て本当に光栄です。

ご両親・ご親族、たくさんの友人たちみんなが心から祝福していて
みんなが嬉しそうにしている。

とてもあたたかい気持ちになれました。


2013.11.12 10:59 category:その他

冬の足音はここにも…

DAY’s仲間も最近はオーブンウェアやニット、Christmasアイテムなど冬支度の話題が増えてきましたが、この人も例外ではない様子。

うちの愛息子です。
ちょっと前までは冷たいところを探してダラリ~だったのに…
ここ最近は昼間でも陽のあたるギャッベの上か、
TWEED MILLのブランケットに覆われたバスケットの中でご満悦。

先日、そろそろメンテナンスしてみるかと
ストーブをひっぱり出して試しに点けてみたところ…

真っ先に近づいてたちまちこんな状況。

君専用のではないからね!

もう冬はそこまで来てるということですね。


2013.10.18 11:00 category:その他

買い付け出張 キルト編

まだ本格的な秋も冬もやってきていないのですが、
もうそろそろ来年春にお届けする新商品を決める時期がやってきております。
出張に出向いたのは8月後半。
ここ数年キルトをつくっていただいている中国・上海近郊の工場まで伺いました。

キルトといえば少しカントリーな雰囲気のものが多く、
もちろんそれも個人的には好きなのですが、
イギリスのヴィンテージ家具や古材を使ったダブルデイの家具とも相性の良い
個性的なものが作れないかと、オリジナルキルトの企画をスタートしました。

どこか懐かしさを感じるその個性的な柄は、膨大なストック生地の中にあります。
千枚近くある柄の中から、まずはイメージに合うものをピックアップします。
ストックから100枚単位の生地を打ち合わせスペースまで運んではえらぶ、
運んではえらぶを繰り返し、すっかり汗だくになった頃ようやく数10枚まで絞り込みます。
次に色別に整理し、テイストや柄の大きさ、そして裏地に使う生地も含めて
バランスを見ながら絞り込んでいきます。

実はこのキルト、コンピュータによって制御されたミシンではなく複雑な柄も
すべて普通のミシンを使ってキルトステッチを入れていただいています。
今では数少なくなった熟練のスタッフの方の手によって、ていねいに作り上げているのです。

また出来上がる商品は最終工程で洗いをかけ、さらに風合いが増すため、
できる限り最終製品に近い状態でバランスを見たかったので、
選んだ生地をその場で縫製していただきました。
出来上がったのが写真の柄です。
来年のテーマにも合うよう、よりカントリー色を薄めてデニムやリネンの
ファブリックを使った家具にぴったりとものができるではと期待しています。

次は、ヨーロッパ出張について書きたいと思います。
お楽しみに!


2013.10.16 10:57 category:その他

瀬戸内国際芸術祭 2013

3年に一度、瀬戸内の島々を舞台に開催されるアートの祭典
瀬戸内国際芸術祭に行ってきました。

瀬戸内海の12の島と高松・宇野のうち、私が行く事が出来たのは
直島、豊島、小豆島、男木島、女木島。
フェリーや高速船で島々を渡ります。
普段船に乗らない私は終始ワクワクしっぱなし。
水しぶきが掛かる事すら楽しく感じます。

芸術作品については、驚きと衝撃の連続でした。
「可愛いもの」から「考えさせられるもの」まで。
「百聞は一見にしかず」
興味がある方は行ってみてください。

私の一番の衝撃は豊島美術館。
棚田の中にある美術館で、建築とアート、そして自然が
あわさった空間でした。
中に入ると…、意表をつかれた展示(?)で
何とも言えない感覚ながら、とても印象に残っています。

終始天候に恵まれ、爽やかな秋の風と青い空、
瀬戸内の海と島々の風景に癒された気持ちの良い休日でした。


2013.10.14 11:00 category:その他

「陶の花」

先日、愛媛・松山へ旅をしてきました。
目的は道後温泉!・・・ではなく
「石本藤雄展 布と遊び、土と遊ぶ(現在は会期終了)」を鑑賞するためです。

石本 藤雄さんはフィンランド在住のデザイナーで、
このブログでもたびたび登場する人気ファブリックブランド「マリメッコ」に
1974年~2006年まで在籍し、現在は「アラビア」のアート部門の一員として
陶芸制作に取り組んでおられます。
これまで石本さんの展示会は東京などで何度か開催されていたのですが
今回は、初めて石本さんの故郷である愛媛で開催される記念すべきものでした。

会場に一歩足を踏み入れると、そこはまさに「お花畑」。
三面の壁一面に所狭しと、陶のお花が咲いていました。
素朴な可愛らしさと、緻密で繊細なディテール。日本の色使いと北欧のデザインの融合。
これは石本さんにしか創り出せない作品だと実感しました。
(写真ではこの魅力がなかなか伝えられないのが本当に残念なのですが!)

もちろん、マリメッコ時代のファブリックも展示されていて、壁一面の迫力ある展示は見事の一言。
マリメッコでは、なんと300種類以上ものパターンを作られたそうです。
石本さんが創り出す色の世界は、同一人物が創り出しているとは思えないほど両極端。
シックな世界、チアフルな世界、どちらもそれぞれ味わい深く、時間が経つのを忘れて見入っていました。

もちろん、翌日は道後温泉へ。
日常の喧騒を忘れられる貴重なひと時を過ごし、創作活動への意欲(?!)が湧き上がった旅でした。


2013.10.11 21:05 category:その他

模様替え

今の部屋に引っ越してきて、約半年が経ちます。

我が家には学生時代に取あえずで買ったものや、
ダブルデイに入りインテリアに興味を持つようになって買った家具が混在し、
先輩方のような素敵なお部屋とは程遠い空間ですが、
それでも少しずつ買い足したり、配置を変えてみたり、
ちょっとずつ居心地の良い場所ができてきました。

先日は、今まで壁に沿って並べていた本棚の向きを、
部屋を仕切るように変えてみました。

椅子に座って飲みながら、本に手が届くのも良いし、
風のぬける窓際で、雑誌を広げても良いし。

次は寝そべっても気持ち良いラグを敷こうかな。
いつかは背の高いチーク材のシンプルな本棚がほしいな。

少し新しくなった部屋を眺めて、次はどうしよう?と考えるのも楽しい時間です。


2013.10.10 19:20 category:その他

物持ち

どちらかというと物持ちが良いほうです。

でも、すごく気に入ったものを長くじっくり使うというより、
なんとなく使っていると長い時間が経っているという感じ。

この定期入れ、よく考えてみるともうかれこれ10年ぐらい使っています。

友人からお餞別のプレゼントにいただいたものですが、
当時、自分の持ち物に赤い色のものがなかったので
とても新鮮な気持ちで使い始めました。

それから早10年。
もちろん、あちらこちらに少々クタビレ感が…

ヒトが歳をとるように、モノも経年変化するということですね。
一緒に長い年月を過ごしたこの定期入れは、
しっかりと手になじみ、それを使うことが本当に自然になっています。

そんな気がづけば長く使っているモノ、
実は結構あります。。。


 « 1 2 3 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 »
PAGETOP