Recommend

2019.10.29 11:00 category:その他ファッション季節の愉しみ未分類

質の良い睡眠を取るには・・・?

朝晩少し肌寒さを感じる季節になってきました。

また季節の変わり目で自律神経が乱れ、
ぐっすり眠ることができず体調を崩しやすい時期でもあります。

質の良い睡眠を取る方法の一つとして、冷えとりや温活がおすすめです。
私も冷え性で、寝る前は足が冷たくなるくらい
冷えていることがあり、なかなか眠りに付けません…。
そんな時はアンクルウォーマーが活躍します。

足首を締め付けることがなく、遠赤外線の効果で
しっかりと温めることができるトレンカタイプのレッグウォーマー。

靴下のような感覚で気軽に使用できるのがポイントです。
同じシリーズでアームウォーマーもございます。

4足重ね履きするのは苦手!だけど足先は冷える…という方には
気軽に冷えとりが始められる、2足セットがおすすめです。

1足目のシルク5本指靴下は、細番手の糸で織り上げ、
肌に接する内側部分は吸湿や吸汗性に優れた
シルク100%の糸を使用しており、履き心地抜群。

2足目のカバーソックスは、ナチュラルな風合いのメランジウールと
落ち綿だけで紡いだシルクコットンの糸を使用。
配色でざっくりと編み上げた足底はパイル、足首部分は2重編みで仕上げ、
冷えが伝わりやすい足裏や足首をやさしくあたためてくれます。

私自身アンクルウォーマーや冷えとり靴下を使用する・しないでは
本当にびっくりするくらい睡眠の質が違います。
朝起きた時の目覚めの良さも感じることが出来ました。

なかなか眠りに付きにくい方や、
寝ても寝ても疲れが取れない方には特におすすめです。

早速今晩から試してみませんか?


2019.10.25 11:00 category:お出かけ・旅行その他季節の愉しみ

うるおいのある生活

肌寒くなってくると乾燥が気になりだしますね。

いつもそばで加湿器を使えたら…という方の願いを叶える
とってもコンパクトな加湿器を見つけました!

スマートフォンよりも一回り大きいくらいのサイズ感。
充電式なので、電源が無い場所でも使うことができて、
出張や旅先に持って行っても、荷物になりませんね。

もう少したっぷり使いたい、という方には
少し大きいB6程度のサイズがおすすめ。

通常の加湿器は、仕事場で使いたくても置き場に困ってしまいますが
このサイズなら、パーソナルスペースに置けるので嬉しいですね。

ご自宅で使用でき、ある程度のスペースを潤したい方には
アロマも楽しめるスリムタイプはいかがでしょうか?

優しいニュアンスカラーの本体がインテリアにも
合わせやすく、お部屋になじみます。

そして、こちらはさらに大容量タイプ。

清潔感のあるホワイトの本体がシンプル好きな方におすすめ。

自動で湿度管理をしてくれるハイスペック仕様で
湿度を表示しながら、ライトの色でタンク水量を教えてくれます。

アロマオイルを直接タンクに入れることができるので
お好みの香りで潤いのあるリラックス空間を楽しめます。

お好みの加湿器が見つかりますように。


2019.10.22 11:00 category:Antique家具趣味

北欧デンマークのソーイングテーブルたち

ようやく日中の暑さが落ち着き
朝晩は寒さを感じるようになってきました。

スズムシやコオロギなど秋に鳴く虫たちの
演奏会があちこちで聞こえてきます。

今回は数あるデンマークのアンティーク家具から
ソーイングテーブルたちを、なかでも特徴ある
個性的なものをいくつかご紹介します。

ダブルデイにある、ミッドセンチュリー期の
デンマーク家具は、デザインのみならず仕掛けが面白く
なかでもソーイングテーブルはとてもユニークで
ほとんどが一点ものばかり。

まずはこちら。
お裁縫(ソーイング)をするためのテーブル。
縫い針やハサミ、糸や生地などを収納するため
引き出しの中は細かく仕切られているのが特徴です。

次に、ソーイングワゴン。
天板がテーブル並みに大きいので
テーブルとしても使うことができます。

中に仕切り棚があったようなのですが、、、
…それもアンティークならではですね。

最後にこちら。
天板が左右にスライドするのも珍しいですが
収納部分がプラスチック素材なのもまた面白い。
プラスチックなのでとても軽く
女性や子供でも、簡単に持ち運ぶことができます。

そもそもは、お裁縫用のテーブルとして作られていますが
お化粧品や腕時計、お子様のお絵かき道具なども
収納できるので、多種多様です。

アンティーク家具にある面白い仕掛け、
ぜひ探してみてください。


2019.10.18 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ

あったか料理を楽しむ器

すっかり秋らしくなりましたね。

個人的にはこの時期が1年の中で1番好きです。
景色や着る服はもちろん、美味しいものも多いですよね。

そんなこれからの時期に大活躍しそうな
あったか料理を楽しむ器をご紹介。

毎年、ダブルデイで人気のTOOLSグリラー。

遠赤外線と高い蓄熱性で
食材のうまみを上手に引き出してくれる優れもの。
野菜をメインにしたヘルシー料理も簡単に
おいしくできるため、旬の食材が手軽に楽しめます。

グリラーのすごいところはそれだけではなく…
直火、オーブン、トースター、電子レンジ、魚焼きグリルと
さまざまな熱源で使えちゃいます。

料理してそのまま食卓に出せるのも嬉しいですよね。
ダブルデイでは昨年よりも色味を増やして取扱い中です。

次に、同じくTOOLSシリーズのグリルプレートM。

2枚並べて魚焼きグリルに入るので
魚を焼いた後のグリルの後片付けが楽々。

波型の油きりのおかげで、たまった油を拭えば
そのまま食卓ヘサーブ出来るのも嬉しいですよね。
もちろん、魚以外の調理もできますよ。

最後に、グリラーやグリルプレートと合わせて使ってほしい
波佐見焼の“ローズマリー”と名付けられた器。

リム部分にその名の通りローズマリーの葉っぱのような
柄が施された器は、普段使いにぴったりで
落ち着いた釉薬の色味なのでどんなお料理にもぴったり。

1点1点、釉薬の溜まり方も違うので選んで購入したいアイテムです。
ギフトアイテムとしても喜ばれること間違いなし!!

今回ご紹介した以外にもたくさんの器が入荷しています。
ますます寒くなるこれからの時期を
あったか料理で楽しんでみてはいかがでしょうか?


2019.10.15 11:00 category:Antiqueバイヤー裏話家具

ビンテージチェスト

先輩バイヤーから譲り受けた
1960年代のデンマークのビンテージチェスト。

チーク材が贅沢に使われており
巻き手の取手や脚部など
シンプルデザインの中にも
アクセントが施されているのが特徴的です。

一点一点同じものはない、
ビンテージ家具の醍醐味ですね。

我が家では、書類や時計などを入れるリビング収納として
お気に入りの雑貨や植物を置くディスプレイ棚として
暮らしの一部として、欠かせない家具です。

いつかまた、誰かに譲り渡す時のために
メンテナンスしながら大切に使っていきたいと思います。


2019.10.11 11:00 category:お出かけ・旅行ファッション季節の愉しみ

今年のアウター

『今年は、どんなアウターを買おうかな…』
と、お悩みの方。
DOUBLEDAYの店頭に並ぶおすすめのアウターをご紹介します。

まずは毎年人気のDANTONのインナーダウンベスト。

DOUBLEDAYでは定番で、リピーターの方も多いようです。
ワンポイントのロゴが可愛いですよね。

同じDANTONからウールジャケットも。

程よい丈感なので、デニムはもちろんスカートや
ハーフパンツなど、さまざまなボトムスと相性GOOD!

続いては、ORCIVALのコットンジャケットです。
秋口と春先に大活躍すること間違いなし!

インナーにORCIVALのカットソーを合わせてコーディネート。
上品なアイボリーは、合わせやすいのでおすすめです。

ほか、冬の定番LONDONTRADITIONALのロングコート。

襟のデザインがかわいい、nicolson&nicolsonジャケット。

など、ウール素材のアウターも揃っております。

少しテイストを変えて…
こちらは、レザージャケットとコートです。

上品なグレーのレザージャケットは、ノーカラーで
マフラーなど合わせやすく、ファーのネックウエアとの相性は抜群です。

大人な女性にもおすすめの一枚です。

いかがでしたか?
お気に入りの一枚が見つかりますように。


2019.10.08 11:00 category:お料理キッチン趣味

秋の味覚を楽しむための道具

秋といえば、皆さんは何を連想しますか?
読書・スポーツ・芸術・行楽…
いろいろありますが、
私は“食欲の秋”が最初に浮かびます。笑

そんな食欲の秋にぴったりな道具が入荷しています。

今回、ダブルデイで初めてお取り扱いする
『かもしか道具店』の道具たちです。

かもしか道具店とは…
三重県三重郡菰野町を拠点としているブランドです。
古くから、食器や食に関わる道具を製造してきた
萬古焼の産地であるこの土地から
未来に残したい生活文化を発信し、それを伝える道具を
製造することで、食卓を通じて幸せを届けることを使命とされています。

使命どおり、食卓を彩る道具がたくさんあります。
そんな道具たちの一部をご紹介。

かもしか道具店さんと言えば、ごはん鍋!
といっても過言ではない認知度の高い道具です。
少しの手間と気を配りながら炊くと、とても愛しくて
幸せな味に。食卓には鍋ごと置いて、おひつ代わりに。
余ったごはんは、鍋ごと電子レンジに。
炊きたての味になるのも嬉しいポイントですね。

▲かもしか道具店 ごはんの鍋 (二合炊き/三合炊き)

次に、かもしか道具店の名の通り
食卓に出してそのまま使える道具類です。
すり鉢・なっとう鉢・大根おろし器・しょうがおろし器…
すり鉢は、普通は必ずある溝が無く、珍しいですよね。
溝が無いのにしっかり擦れて、食材が詰まることがありません。

なっとう鉢は納豆の粘りを引き出す溝が内側にあり
かき混ぜると空気を含み、ふわっとおいしい納豆になります。
調理をしてそのまま食卓に出せるデザインなので
洗い物が減るのも嬉しいポイント。

▲かもしか道具店 すりバチ
▲かもしか道具店 すりコギ
▲かもしか道具店 なっとうバチ ふつう

今回のかもしか道具店のアイテムの中で
私が特にお気に入りの、陶のフライパン。
陶器ですがそのまま火にかけられ、
魚焼きグリルでも調理ができる優秀な器です。
色味・デザインがシンプルなので
盛り付けるお料理の邪魔をしません。一つ二役の優れもの!

最後に、急須とやかんご紹介です。
急須は大きめで軽く、洗いやすい、
日常使いにぴったりの急須です。
細部にまでこだわって作られた急須で
一息つく時間を取り入れてみては?

やかんは、かもしか道具店の新商品。
今回、イベント中の限定商品として一部店舗へ入荷します。
直火対応で陶の遠赤外線効果でおいしいお湯が沸かせます。
このお湯で淹れるコーヒーやお茶は優しい味になります。
ハンドルは真鍮製でストーブの上の置いてもさまになるやかんです。

今回ご紹介したアイテム以外にも、たくさんの道具が入荷しています。
かもしか道具店のアイテムで食欲の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか?


2019.10.04 11:00 category:お出かけ・旅行ダブルデイグッズバイヤー裏話ファッション季節の愉しみ

秋に着たい洋服②

涼しくなったかと思えば、30℃近くある日も。
夏服を着るのはうんざりで、暑さを我慢して
長袖やブーツを履きたくなる今日この頃。
我慢せずに秋を取り入れられるお洋服をご紹介します。

毎シーズン少しずつ形が変わるDAYSのベスト。
インナー次第で季節問わず着ていただけるので
ちょうど今の時期にぴったりな一枚。

後ろにスリットが入っており、シンプルな
カットソーやシャツに合わせるだけで、様になる一枚。

次にご紹介するのは
カットソー素材のプルオーバーとワンピース。

首回りの開きがすっきりとしていて
中にシャツやタートルを合わせても可愛いです。

インレイ編みのカットソーで
裏側の肌触りや着心地がとっても良いです。
オールシーズン活躍するアイテムです。

グリーンはダブルデイ別注カラー!コーディネートに
グリーンを入れるだけでグンと秋らしい装いになります。

最後にご紹介するのは、
ビエラ起毛素材で作ったオリジナルのアイテム。

ワンピース・スカート・パンツの3型で
無地・チェック柄のご用意がございます。

肌触りも柔らかく、なめらかな上質感が魅力的な素材で
まるでウールのようなミックス感が暖かな印象です。
コットン100%なので、軽くてお手入れも簡単。
スカートはウエストゴムなので、とってもはきやすく
ブーツに合わせるのもおすすめ。

パンツはウエスト裏に紐が付いているので
ウエスト調整しやすく、トップスをINしたスタイルもおすすめ。
とにかく履き心地が良いです!

秋らしいカラーや柄を取り入れて、暑い中でも
秋冬ファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか?


2019.10.01 11:00 category:お料理キッチンバイヤー裏話季節の愉しみ

秋の始まりを感じる ごはん

まだまだ暑い日も多いですが
スッキリした空気感や
夏とは違う秋っぽい雲を見て
秋の訪れを感じる今日この頃です。

スーパーの野菜売り場にも
栗や柿、さつまいも、松茸などが並び
涼しくなると食欲も高まってきて
やっぱり「食欲の秋」だなぁと感じさせられますね。

先日、さっそく「秋刀魚ご飯」を作りました。
ご飯を炊くなら、の『無水鍋』です。
事前に秋刀魚を焼き、一緒に入れるだけで
後は普通にお米を炊くだけの簡単料理です。

例年以上に今年は秋刀魚が大不漁とのことで
大切にいただかないと、と話ながら
普段あまり魚を食べてくれない子どもも
おいしい、おいしいと食べてくれました。

KING 無水鍋 (18/20/24cm)

続いて、夏の終わりを惜しむイチジクでサラダを作りました。
家の近くの、それも「朝獲り!」イチジクです。

生ハムやグリーンと一緒に
塩コショウやバルサミコ酢をかけるだけですが
とても美味しくできあがりました。

こちらはアカシアのお皿です。
木の器にするだけで温かみが出てほっこりしますね。
食卓でほかの陶磁器と並べると、木の器が
アクセントになるので、我が家でも使用頻度は高いです。

これからの季節、新米を無水鍋で炊いたり
秋の味覚を混ぜたりと、楽しみがたくさんです。

夜も暑くてまだまだ冷たいものを食べたくなる日もありますが、
その中でも少し秋の食材を取り入れて
季節を感じる日々を過ごしてみてはいかがでしょうか。


PAGETOP