Recommend

2022.02.25 11:00 category:お料理キッチン

大阪発の日本の道具 『さささ和晒』

「SDGS」と良く耳にしますが、
自分にできることって何だろう、
と思われている方も多いのでは?

そんな時に出会ったのが、こちらの「さささ和晒」。

使い捨てのキッチンペーパー、
一度の料理にどれだけ使っているんだ、、、
と罪悪感を感じていたところ
「和晒を使う」それなら私にもできる!と思いました。

さささの和晒ロールに使われている和晒とは、
織りあがった生地の汚れや不純物を取り除いた
さらしのことで、キッチンペーパー以上の
仕事をこなしてくれます。

熱に強く、破れたりせず、
煮沸消毒などをして洗って繰り返し使える点が
キッチンペーパーとの違いです。

生地は手ぬぐいにも使われる
目の細かいしっとりとした薄手の岡生地を使用。

風合いがよく、乾きが早いため、毎日気持ちよく使えます。

清潔で調理や人肌に触れても
安心・安全な和晒を創業以来1世紀以上に渡って
大阪は和泉の地で生産している
武田晒工場が立ち上げたブランドです。

ロール状になった和晒しを
必要な分だけカットして手にするだけで、
料理職人にでもなった気分に。

野菜や豆腐の水切り、出汁濾し、
蒸し器やせいろの敷き布、食器拭き、
台拭きや手拭き、固く絞ったさらしに
ごはんを包んでおにぎりを握ったり、
コーヒーフィルターとしても使えます。

真っ白なおろしたては食品まわりに、
クタクタになってきたら掃除まわりに、
これ一つでキッチンまわりのことが
全てできると言っても過言では無いぐらいの万能さ。

エコで見た目も素敵で、便利。
これから長く愛用していきたいです。


2022.02.22 11:00 category:家具

家具バイヤーおすすめ便利グッズ

今回の商品、超おすすめです。

最初に書いておくと、現在ダブルデイ箕面店でしか販売していません。
今後販売店舗広げていきます。
簡単にテーブルに取り付けできるアイアンバスケットです。

クランプがついているので、
お使いのテーブル天板のサイズに合わせて
固定取り付けができるアイテムです。

参考写真では、その辺にあった
ディスプレイ用の雑誌をさして撮影しましたが
オシャレ上級者は観葉植物などを入れたら
ぐっと雰囲気出そう。

オーソドックスなおすすめポイントだと
ティッシュケースや各種リモコン入れに良いと思います。

ぜひ一度売場に来て触れてみてください。


2022.02.18 11:00 category:Antique家具

デンマークのソーイングテーブル

まだまだ寒い日が続きますが、
春が近づいているのを感じる時期になりました。

新しい季節や生活に向けて
お部屋の雰囲気を変えたい方も
多いのではないでしょうか。

デザイン性もあり、
ちょっとした作業をしたいときに使いやすい
ソーイングテーブルをご紹介します。

その名前の通り、裁縫をする際に使うテーブルで、
天板の深めの天然素材のバスケットの引出しと
小物を仕切って入れられる浅めの引き出しが付いているので、
針や糸などの細かい裁縫道具も
見た目でもわかりやすく便利です。
深めの引き出しには生地などを入れておくと時間がある時に
すぐに取り出して作業ができます。

チーク材とバスケットを組み合わせたデザインなので、
インテリア性も高く、
作業をするテーブルとしてはもちろん、
サイドテーブルとして植物やフレームなどを飾って、
リビングやベットサイドに置いてもいいですね。

サイズもコンパクトなので持ち運びもしやすいです。
また、お子さまのデスクとしてもいいですね。

「HYGGE(ヒュッゲ)=居心地よい空間や快適な時間)」を
大切にするデンマークならではのデザインで、
お家で楽しく過ごすことを教えてくれるアイテムです。

楽天オンラインショップでもご覧いただけます。

—————————————————————
ダブルデイ楽天オンラインショップはこちら
ソーイングテーブルのページはこちら
—————————————————————


2022.02.15 11:00 category:ファッション

今年気になっている小物

まだまだ寒さは続きますが、
春アイテムが続々と入荷しております。
今年欲しいな、と気になっているものをご紹介します。

最初にご紹介するのは
展示会からすでに買う気満々だった
「MARINEDAYヘルメットバッグ」に
小さいサイズが登場。

素材は強度に優れ、
軽さと耐久性も兼ね備えた66ナイロンを使用。

オックス調に編み立てた生地は
ツヤがあり、大人っぽい印象に。

お財布、スマホ、手帳など
コンパクトながら必要最低限の荷物を入れても余裕の大きさ。

ショルダーの長さを短めにし、
少し上の位置で持っていただくのがおすすめ。

カラーは2色展開です。

フロント部分には縦長のポケットが2つ付いており、
よく出し入れするものを収納するのにとても便利です。

肩掛け、ななめ掛け、手持ちと
様々な持ち方でご使用いただけます。

次にご紹介するのは、熟練の靴職人が多い
スペインのブランド「MOHI」のグルカサンダルです。
ここ数年トレンドでもあるグルカサンダル。

MOHIから届いたこちらは
ツヤがあって、メンズライクになりすぎないのがおすすめポイント。

靴下合わせもとっても可愛いため、
様々なコーディネートを楽しんでいただけます。

最後にご紹介するのは、
こちらも昨年からトレンドのかたちでもある、
紐付きハット。
「ORCIVAL」の帽子が届きました。

取り外し可能な共生地のストラップがついており、
ツバが深めで、日除けもしっかりでき、
この夏活躍間違いなしです。

素材は超長綿とリネンを交織した
ツイル素材を使用しており、
程よいハリ感があります。

シンプルな作りで、お洋服を選びません。

今の気分にあった小物を取り入れてみてはいかがですか。


2022.02.08 11:00 category:その他ダブルデイグッズ

アロマフレグランス

一日の終わりに自宅で過ごす
ゆったりとした時間。
空間をやさしい香りで満たして
リラックスしてみてはいかがでしょうか。

気分によって選べる香りをご紹介します。

まずは、モダンノーツから
『ワインコレクション』。

ワインを模したグラスに枝風のリードが付いた
木箱風のBOXに入ったシリーズです。

香りは白ワイン・ロゼ・シャンパンなど
それぞれの香りにあった名前が付いています。

続いては・・・
薄いシンプルなガラスの入れ物が
インテリアとしてさりげなく置ける
『TOLEWA(トレワ)』。

天然香料100%ブレンドは
そっと寄り添うような優しい香りです。

最後に
自然を感じられる心地よい空間に整える
『Hana to mi (ハナトミ)』。

環境に配慮し、
杉間伐材からできたスティックを使用。

天然製油100%の香りを
優しく広げます。

癒しや落ちつきを感じる空間に
ディフューザーを取り入れてみてくださいね。


2022.02.04 11:00 category:キッチン

額賀円也さんの器

岐阜県土岐市で作陶されている「額賀円也さん」の器をご紹介します。

洗練されたシルエットと土の荒々しさがミックスされ
渋くて雰囲気があり、かっこよい器たち。
精製した土を使わないので、大きな鉄粉があちこちに飛んでいたり、
貫入が入っていたり、力強い土の表情が魅力です。

輪花や花形のかわいい形でも、漆黒の鉄釉で落ち着いた風合いに。

力強く勢いのある刷毛目や、

スタイリッシュなマグカップや、三島という表面に彫りを入れる手の込んだ技法の蕎麦猪口など。

工房にお邪魔したのは、ちょうど1年前ぐらいの雪が降る寒い日でしたが、庭に手作りされた薪窯を見せていただきました。

月に1度ぐらい、作家さん仲間と一緒に、薪窯を焼かれているそうです。

若くて優しい雰囲気の額賀さん、
自然の焼き物の持つ魅力を追い求められ、とてもすばらしいと思いました。

全部欲しいぐらい魅力的な額賀さんの器、
社内でのポスター撮影の時に購入を決めてくれているスタッフもいて、とても楽しみです!


2022.02.01 11:00 category:バイヤー裏話家具

『家具の工場見学』福岡へ!

【SDGs】… Sustainable Development Goals
(持続可能な開発目標)
2016年から2030年の間に国連加盟国が
15年間で達成するために掲げた目標。

ダブルデイの家具バイヤーとしては
商品を選んでいく中、SDGs(12項目目)を意識し
良い品質・幅広いお客様に気に入っていただける・
長く使ってもらえる・を念頭に
向き合っていきたいと考える日々です。

前置きが長くなってしまいましたが
コロナ感染者数が落ち着いていたタイミングで
福岡にある工場へ見学に行ってきました。

倒木や間伐材を仕入れ、
木材そのものの良さを最大限生かす事で
テーブルづくりをしている工場への訪問です。

捨てられていた材木を
100年は使えるテーブルや家具に変えるというのは
まさにSDGsに沿ったアクションになっていると思います。

幅広い年齢の職人が、それぞれのパートに分かれ
丹念に取り組んでいる姿や何十年も経っている機械類。
オイルや木材の香り、整理整頓された工具や材料たち。
私にとっては居心地の良い場所でした。

以前、中国工場にも何度か足を運びました。
中国の職人や工員の方々たちも、
与えられた仕事を一生懸命にこなし
汗を流しながら、良い物ができると
満面の笑みで紹介してくれました。

工場で働く職人たちに、国境はないなぁ・・・って
改めて思う工場視察でした。

コロナ禍なので、人が少ない時間を狙って、
大箱のうどん店に行きました。

創業40年ほどのうどん店です。
福岡の「ごぼてんうどん」やっぱり最高ですね。


PAGETOP