Recommend

2022.08.26 11:00 category:Antique

取っ手のデザインが印象的なG-PLAN Frescoサイドボード

8月もあと少しで終わり、
秋の訪れを感じる時期になりました。

暑さもやわらいで過ごしやすくなると、
季節が変わるのを感じながら、
お家で読書したり、趣味をしたり
ゆっくりと過ごしたいですね。

今回は収納力もあり、
デザイン性も高くお部屋に映える
G-PLAN(ジープラン) Fresco(フレスコ)シリーズの
サイドボードのご紹介です。

英国のミッドセンチュリーを象徴する
家具メーカーE.GOMME社の
北欧系デザイン家具のブランド「G-PLAN」。

色んなシリーズがありますが、
ダブルデイではその中でも人気の高い
Frescoシリーズを中心に取り扱いしています。

Frescoシリーズの収納家具は
巻貝のような取手と
シンメトリーなバランスのとれたデザインが特徴です。
幅が1520㎜と程よいサイズ感なので、
リビングはもちろん、
寝室などに置いてもいいですね。

また、まっすぐ伸びた脚で空間があるので、
お部屋に置いても圧迫感がなく、
お掃除もしやすいです。

フレームや植物、オブジェなどをディスプレイすると
インテリア性がさらに上がります。

当時は食器棚として使われることが多かったので、
真ん中の引き出しには仕切りがあり、
フェルトも付いているのでアクセサリーや
文房具などの小物も整理して入れられます。

下部分は開き戸で棚になっています。

本や雑誌など、お部屋で使うものを収納しておくと
すぐに取り出せて、使わない時はお部屋が
すっきりするので良いです。

G-PLANのブランド名の「PLAN」は
「何年もかけてプランを立て、買い足していく家具」
という意味を込めて付けられているそうで、
Fresco(シリーズだけでも、円形のテーブルやチェア、
ドレッサーやチェストなどたくさんのアイテムがあります。

同じG-PLANのテーブルと合わせてもいいですし、
現代の家具とも合うのがG-PLANの良さなので、
自分なりにプランを立てて、買い足していきたい家具です。

楽天オンラインショップでは、
他のアイテムもご覧いただけます。

—————————————————————
ダブルデイ楽天オンラインショップはこちら
G-PLANのページはこちら
—————————————————————


2022.08.23 11:00 category:ファッション

インドの手仕事の魅力

先日から店頭で始まったイベント
【STOLE × LEATHERGOODS】。
前回のブログではレザー小物を中心にご紹介しましたが
今回はインドの手仕事の詰まったストールをご紹介します。

ウール混で分厚すぎず、
巻いていただきやすい素材感で、
柄それぞれ細かいところまでこだわったストール。

まだ外は猛暑ですが、
入荷してから早速好評で嬉しい限りです。

初めにご紹介するのは、
薄手の滑らかなウール素材に
フェザーをモチーフにし、
真ん中にビーズとパールを施したデザインのもの。

フェザー部分の刺繍糸は、よく見ると
グラデーションのようになっており、
インドの職人さんが一点一点
手作業で縫われたとても繊細な1枚。

気の遠くなるような作業ですよね。

次にご紹介するのは、こちらも先程のような素材に、
チェーンのような柄をななめライン状に刺繍施し
パールが縫い付けられたデザイン。

一見きれい目に見えますが、
あえてデニム×スウェットのように
カジュアルなコーディネートに合わせても素敵ですよ。

こちらはベージュ系のウール混の素材に、
水色のドット刺繍を施したデザイン。
シンプルなワンピースに
パールのネックレスなど重ねて合わせて
シックなイメージで巻いていただくのもおすすめです。

今回ご紹介しているこちらのストールは
インドの「バラナシ」という
ガンジス川近くで生産されており
この「バラナシ」という地域が
ウールの産地できれいな刺繍が得意な地域でもあります。

付け心地に個人差はございますが、
敏感肌の私でもチクチク感を
そこまで気にせず着用できました。

ウール素材を使用しているので
多くの空気を含むため断熱性が高く、
通気性がありながら保温性もあり
薄手ながらも冬場も重宝し、
また長い時期お使いいただけるのも
おすすめポイントです。

他には端に太めのラインが入ったよう
な刺繍のデザインと、
大きめの花柄モチーフが目を引き
カラフルな縁取り刺繍が可愛いデザインの
全5柄でご用意しております。

夏物に飽てくるこの時期、
小物から秋気分を取り入れてみてはいかがですか。


2022.08.19 11:00 category:その他ダブルデイグッズ

扇風機と年中使えるサーキュレーター

暑い時期には、
エアコンと一緒に使いたい扇風機。
特に今年は必須と感じています。

また、サーキュレーターは
空気循環という事でも
年中使うものになってきました。

今回は選べる3種類をご紹介します。

充電式でコードレスに使えるサーキュレーター。

持ち運びしやすいサイズなので
使いたい場所に持って行けるのがいいですね。

しかもリモコン付きなので、操作もカンタン。

近くで使う用として
ひとつは持っておきたいタイプです。

こちらは、アダプター仕様なので、
パワフルな風を起こすことができるタイプ。

それでも本体は
持ち運びしやすいサイズで
もちろんリモコンもついているので
使いやすさは保証済みです。

最後は、木目調デザインが
インテリアにもなじむタイプ。

DCモーター搭載なので、
パワフルでも静かな風が特徴です。

また、3D自動首繰り、
24段階風量調整、
タイマーなどなど、機能が充実。

年中使うサーキュレーターとしては
デザインだけでなく、
うれしい高スペックなタイプです。

まだまだ、扇風機が
必要な時期が続きます。

使いたい場所やシーンに分けて
選んでみてはいかがでしょうか。


2022.08.16 11:00 category:AntiqueDIY・リノベーション

アンティーク家具工房から小ばなし~vol.1

アンティークの家具や雑貨をあつかう工房で
話題となっている様々なことに対して
ちょっとだけお話します。

その①「このERCOL(アーコール)本物?」

ダブルデイで取り扱うアンティーク家具のなかで
一二を争う人気のブランドから今回はERCOL。

世界中でも認知度が高くシンプルなデザインのため
フリーマーケットやネットの出品でごくまれに
似ている家具が混ざっていることがあります。

しっかりとERCOL社のシールが張り付いているものや
刻印がはいっているものを選ぶとほぼ間違いないです。

テーブルは天板をささえているフレーム、
チェアは座面の後ろ側、
サイドボードやキャビネットは扉の中に張り付いています。

よく目にするのがこの2種類のシールと刻印ですが
年代によって新旧いろいろなデザインがあります。

とは言え50~60年前のアンティーク家具なので、シールが
外れていたり、座面が汚れているものがほとんどです。
根気よく探してみるのもまた楽しみにのひとつになりますよ。

その②「クランプが挟まらないところ、どうするの?」

ほぼ毎日アンティーク家具の修理、
補修をおこなう工房ですが
お客さまや店舗スタッフからいろいろ質問があります。

「アーコールの八の字になっている脚をなおすにはどうすればいいですか?」
と尋ねられました。

当時はしっかりしてたのに、
気がついたら脚の連結部分が
抜けたような状態になっていることはよくあります。

ERCOLのチェアやサイドボードなどの脚部は
前後で八の字になっているものが多く、
真っすぐにクランプで挟んでも抜けてしまいます。

斜め用のクランプもありますが
そういったときは、ロープと木の棒をつかって
簡単な修理ができます。

木の棒がないときは鉛筆やボールペン、
割りばしなどで代用してみてください。

圧着したいパーツ同士にロープをかけ
輪っかの中に木の棒をさして
あとはクルクル巻きつけていくだけです。

単純ですがかなりの圧着具合です。

簡単なのでお家でもできます。
巻き過ぎるとロープが切れることがあるのでご注意を。

それではまた次回。


2022.08.12 11:00 category:ダブルデイグッズバイヤー裏話

ラグメーカーさんの展示会に行ってきました

先日、自宅のある関西から東京まで、
出張に行ってきました。

何度も東京へ行く機会はあるのですが、
やはり毎回楽しみなのが、
新幹線から見えるこの景色。
つい見とれてしまいます。

今回は、主にインドやヨーロッパで
作られたラグを仕入れられているメーカーさんの、
来年の春に向けた展示会でした。

こちらへお邪魔するのは2度目で、
前回もそうでしたが、
たくさん積まれたラグを見ると
かなりテンションが上がります!

見やすいように吊られたラグもたくさんあり、
1枚1枚めくってじっくり見せてもらい、
あの家具と組み合わせたらどうだろう…とか、
今度の春のテーマはどれにしよう?
などたくさん思いを巡らせます。

しばらく、WEBでの展示会や画像で
商品を見る機会も多かったここ数年でしたが、
やっぱり、実際に商品をみて、触って、
お話を伺いながら選ぶのが一番だなと
実感する瞬間でもあります。

来年の春に向けて、素敵なラグをたくさん選んできました。
お楽しみに…!


2022.08.09 11:00 category:キッチンダブルデイグッズ季節の愉しみ趣味

「インドア」でも「アウトドア」でも活躍するキッチングッズたち

うだるような暑さの続く毎日ですね。。
暑さから逃げて避暑地でキャンプを楽しむもよし、
クーラーのきいた涼しいおうちでのんびりするもよし、
「インドア」でも「アウトドア」でも活躍する
キッチングッズをご紹介します。

こちらは、スタジオで撮影した店頭用ポスター写真。

インダストリアルなメッシュの棚や、
後ろに見えるバーベキューコンロが偶然スタジオにあり、
イメージ通りの撮影ができました。

まずは、メスティンとSTANLEYボトル。

人気のクッカー「メスティン」は沢山種類がありますが、
その中でも本家のスウェーデン製
「トランギア」が良いですね。

そもそも、「メスティン」とは、
アルミ製でできた調理器具のこと。

熱伝導率が高くアルミ素材の効果で
火力が弱い固形燃料でも高温調理が可能です。

ご飯も炊けるし、スープやパスタが
メスティン一つで調理可能。

自宅でアウトドア気分を楽しむにも最適ですね。

また、「STANLEY」はアメリカで生まれ、
創業100年を超えるブランド。

クラシックなものやアウトドア感のあるものが多いですが、
オフィスや自宅で普段使いしやすい
アイテムもラインナップしています。

私自身は、大きい容量のSTANLEYを持っており、
重たいのであまり使っていなかったのですが、
この暑さで保冷力の高さから、最近良く使うようになりました。

かっこよい雰囲気が魅力ですね。

こちらもアメリカのブランド「LODGE」のスキレット。

LODGEのスキレットは、
熱伝導率の高い鋳鉄でできています。

高温で素材の美味しさを閉じ込め、
素材の温度が下がりにくく、
素材本来の美味しさを引き出すのが特徴です。

こちらも長く愛用中で、
毎日のように使い続け10年近くになりますが、
びくともしない頑丈さ。

どんな料理にも使えますが、
特に焼き料理が美味しく感じます。

外側に焦げがいい感じに付き、
中は柔らかく素材の旨味を閉じ込めるイメージ。
とてもおすすめです。

こちらは、KINTOの樹脂食器アルフレスコシリーズ。

アルフレスコとは、”屋外で”という意味を持ち、
身近な外での食事をカジュアルに楽しむことを
コンセプトに作られたテーブルウェア。

軽くて持ち運びにも便利で、
使い勝手が良さそうですね。

まだまだ続く暑い夏、
外でも中でも使えるキッチングッズで
料理時間を楽しんで下さいね。


2022.08.05 11:00 category:ダブルデイグッズ

小さな家族のためのソファ

NU茶屋町プラス店と箕面店で、
少しですが犬猫用の家具やグッズをご覧いただけます。

こちらはクルミボタンがアクセントになったソファ。
汚れや傷に強いPVC生地を使用していて
耐久性が高くメンテナンスも楽にできます。
キッズ用ソファとして使っても◎

小さめのサイズなので、
お気に入りスペースに置いてあげたり、
家族が使うソファの近くに置いたり。
インテリアに馴染みやすいデザインをセレクトしています。

犬猫のサイズに合わせて
折りたためるモデルも便利ですね。

我が家も猫2匹と暮らしていますが
彼らはこれを使うかなぁ・・・

自分的に「これは良い!」と思って買っても
猫たちは「興味なし!!」となることも・・・

バイイングしておきながら、
うちの子たちが使ってくれるかは自信なし!!
しかし、これらのソファやベッドで
くつろいでいる姿はきっと可愛いでしょうね。


2022.08.02 11:00 category:Antique

デザイン性溢れるガラストップコーヒーテーブル

8月に入り、暑い日が続きますね。
個人的には青い空と太陽の日差しを感じる
夏が1年の中でも一番好きですが、
あまりにも暑い日は、冷房のきいたお家で
ゆっくりと過ごしたいものです。

そんな時におすすめの
ガラストップのコーヒーテーブルのご紹介です。

前回のイギリスからのコンテナでは、
ダブルデイで長きに渡って展開している
「G-PLAN(ジープラン)」以外にも
チーク材とガラスの組み合わせた
デザインのコーヒーテーブルが複数入荷しました。

まずはNathan(ネイサン)社製のこちら。

ガラス越しに見えるリーフ状の小さなテーブルが
3つ集まったデザインがとても印象的です。
テーブルを外してもリーフ状の枠があるので、
スタイリッシュにお部屋を演出してくれます。
小さなテーブルはバラバラで使えるので、
サイドテーブルとして色んな場所で使えます。

続いてはSTONE・HILL(ストーンヒル)社製のこちら。

ティアドロップ型なので、
空間の使い方に奥行きをもたせてくれます。

天板の形だけでなく、
脚も滑らかな曲線が印象的で、
横からもガラス越しにも脚のデザインが楽しめます。

最後に天板下に棚が付いたデザインのこちら。

雑誌や新聞、リモコンなど
ソファまわりで使うものを棚に置いておけるので
テーブル上がすっきりとします。
天板の円形に合わせた円形の棚はデザイン性もあります。

こちらも横からみると脚のデザインが印象的です。

ガラストップのコーヒーテーブルは、
天板の透け感でお部屋全体に圧迫感を与えないのと
脚のデザインを視覚的にも楽しめます。
また、天然素材のテーブルを使う際に輪ジミなどを
気にされる方が多いのですが、
ガラスなので冷たいグラスなども気楽におけるのがいいですね。

楽天オンラインショップでも
コーヒーテーブルをご覧いただけます

—————————————————————
ダブルデイ楽天オンラインショップはこちら
コーヒーテーブルのページはこちら
—————————————————————


PAGETOP