Recommend

2019.08.09 11:00 category:お料理キッチンバイヤー裏話未分類趣味

白山陶器 平茶わん

私がバイヤーになってやりたかったことの1つ…
それが、白山陶器さんの平茶わんだけを集めた企画。
やっと叶いました!!

この平茶わんは1993年「グッドデザイン賞」
2004年「ロングライフデザイン賞」を受賞しているお茶わんです。

それだけでもすごいのですが、柄や色の多さ、薄さや軽さに驚きます。

柄も1点1点手描きのため、同じ柄でも若干異なる部分があります。
見てるだけでワクワクする平茶わんを今回は少しご紹介。

ホワイト系

ブルー系

ネイビー系

ピンク系

イエロー・グリーン系

個人的に1番お気に入りの渋い系

と、まだまだ紹介しきれていない色、柄もありますが…

ご飯茶わんだけでなく、小鉢としても使える優れもので
お浸しやサラダなど、どんなお料理にも使いやすいです。

私も今から、どの柄にどの料理を盛り付けようか考え中…
考えるだけで楽しくなってしまいますね!!

自分だけのお気に入りの平茶わんを見つけてみてはいかがでしょうか??


2019.08.06 11:00 category:お料理キッチンバイヤー裏話趣味

箸置きいろいろ

夏本番!!
暑くなるとお料理をするのが
億劫になってしまいますよね…

少しでもお料理が楽しくなるような
食卓を彩る箸置きをご紹介します。

まずは青森県で長い歴史を持つ手仕事の
ガラス工房が作られている『津軽びいどろ』の箸置き。

すべて女性の職人さんが作られており
女性ならではの柔らかな質感ときらめき、
飴玉のような可愛らしさが魅力です。

可愛いだけではなく、お箸やカトラリーの
置きやすさも、しっかりと考えられています。

次に、岐阜県の瑞浪市で作られている美濃焼の箸置き。

お祭りの屋台をイメージして選定した
アイテムは本物そっくりのクオリティ!

たこ焼きの青のりや焼きとうもろこしの焦げ具合など
すべて1点ずつ絵付けされており、何個も集めたくなるシリーズです。

次に、前回12月の箸置き展でとても人気だった、
波佐見焼のハリネズミの箸置き。

今回はラインアップを広げて展開!!
愛らしい表情に惹かれて、大サイズのペアや
大・小の親子ペアでご購入されるお客様が多数。

若干ですが、1点1点表情や柄が違うので
見比べて選んでほしいアイテムです。

次に、ダブルデイでも人気作家さんの
葛西国太郎さん、内村七生さんの箸置きです。

お2人とも九谷青窯ご出身の作家さんで
それぞれ女性心をくすぐる箸置きです。

どことなく雰囲気が似ているので
お2人の箸置きを組み合わせて使うのも良いですね。

最後に、今回の箸置き展で
私がイチオシの土偶モチーフの箸置きです。

え、箸置き!?と驚くほどリアルな仕上がりのアイテムです。

箸置きとしてはもちろん、
立ててオブジェとしても使用していただけます。
こんな箸置きがあるとクスッとしてしまいますよね。

お気に入りの箸置きを見つけてみてはいかがでしょうか?


2019.08.02 11:00 category:その他バイヤー裏話ファッション季節の愉しみ未分類

何枚も欲しくなるマルチクロス

ジメジメと暑い夏には
インド綿で出来たマルチクロスがオススメです。

DOUBLEDAYでは、季節関係なく人気なマルチクロス!!
特に春から夏にかけては人気が上がり
色違いで購入いただくお客様も多く見かけます。

私も今年なって初めて使用してみました。

洗うとこのような仕上がりに。

洗うと、生地にシャリ感(シャリ感という表現が正しいか分かりませんが)
が出て、夏場には心地よい肌触りになりました。
真夏のお休み時のケットとしてオススメです。

個人的には、真夏の就寝時でも、体全体にケットをかけたいタイプなので
このマルチクロスは、サイズ感もぴったりなうえに
軽い生地感なので、とても気に入っています。

そのほか、オススメの使用法として、ソファーカバーです。

もともとビンテージの生地をソファーカバーとして使っていますが
コットンでありながら少し肉厚なので重く、、、
洗って、干すのも大変です。
また、乾くのにもとても時間がかかります。

このマルチクロスは、軽くて洗いやすく
ビンテージの生地と比べると、乾くスピードも早いので気軽に洗えます。
そして、やっぱりこの肌触りが最高です!

仕切りや目隠しとして使うのも良いですね。


※使用方法のご案内イメージです
 使用している布はマルチクロスではありません

私は今、2枚のマルチクロスを使用していますが
とても気に入っているので、もっと増えそうです。

何枚も欲しくなる、マルチクロスのご紹介でした。


2019.07.30 11:00 category:その他ダブルデイグッズファッション家具趣味

座椅子の常識を覆す、座椅子。

梅雨明け宣言も各地で発表され、
本格的な夏がやってきましたね。

今回は、静岡県静岡市で作られている
座椅子のイメージを覆す「ZAGAKU~ザガク~」をご紹介します。

「座椅子」といえば、和のイメージが強いかもしれせんが
このZAGAKUはカラフルな張地と、斬新なデザインで作られており
さまざまなシーンで活躍してくれる優れものです。

樹種は、ブナ材・ホワイトアッシュ材・ナラ材・ウォールナット材、
張地も数種類の中から生地を選択し、お好みの1脚にオーダー可能です。

01シリーズは、「ちょこっと」座るのに向いている
座面の低いサイズになっています。

畳やフローリングなどに直接座るよりも
足に負担が少ないので楽に立ち上がれます。

02タイプは玄関先におくと、靴を脱ぎ履きする際に便利です。
ブーツや革靴などを履く際に、腰かけられるととても便利ですよね。
もちろん通常の腰掛用としても使えますが、肘置きに使ったり
ソファに座った際にオットマン代わりに足置きにしたり…用途はさまざまです。

04タイプは、01・02シリーズには無かった背もたれがついており
もたれて長時間くつろぐには最適です。
ソファはあるけど、床でくつろぐことが多い!という方におすすめです。

また、01,02シリーズはそれぞれ
スタッキングできるので収納場所を取りません。
すべてのシリーズでカバーも取り外しができ、ドライクリーニング可能です。

カラフルな生地を何脚も積み重ねれば、見ているだけでワクワクしますよ。
使っているところを想像しながら、お好みの木材や張地を選ぶのも楽しいですね。


2019.07.26 11:00 category:その他ファッション季節の愉しみ

夏の必需品②

梅雨も明けて夏本番。

サンダルを取り入れたコーディネートが
楽しくなるこの季節、フットケアは欠かせないですよね。
フットケアにおすすめの商品をご紹介します。

最初に、砂山靴下の「休足レッグサポーター」。

なめらかで肌触りの良いシルクを
使った段階着圧のレッグサポーターです。
肌に触れる内側はシルク素材でムレにくく、暑い時期でも快適。
クーラーが効いた中にいると、冷えで足のむくみも気になるため
愛用しています。他にも「かかと美容サポーター」と
「着圧オーバーニーソックス」もおすすめです。

夜寝る際に履いているのですが
ボディクリームを念入りに塗ってから履くと
翌朝肌がしっとりして心地良いです。

私はMythos/ミトスのボディミルクを愛用しています。

ギリシャで有機栽培されたエクストラバージンオリーブオイルを
使用したBIOオリーブコスメブランドで
こだわりのオリーブオイルは、オリーブの実に傷がつかないように
手作業で一つ一つ丁寧に収穫した後、鮮度や香りが劣化しないよう
コールドプレス製法にて圧搾するなど、こだわりの詰まったブランドです。

有機農法由来のエクストラバージンオリーブオイルと
シアバターを使用した、なめらかな使用感のボディミルク。
お肌の保湿や保護、引き締めにもおすすめです。

最後に、足先がムレやすいこの時期におすすめの
砂山靴下の「フィンガーソックス」。

光沢感のあるシルクを使用した、やさしい肌ざわりのソックス。
5本指タイプなので、足指の間の汗を吸収し、ムレにくく快適な履き心地です。

フィンガーソックスの詳細はこちら

夏は暑くて大変ですが、そんな時こそケアをしながら
ファッションを楽しんで夏を満喫されてみてはいかがですか?


2019.07.23 11:00 category:その他ファッション季節の愉しみ家具趣味

暮らしを彩る世界の手仕事 アフリカンバスケットやモロッカンラグ

お部屋にひとつあるとアクセントになる
「アフリカンバスケット」や「モロッカンラグ」
「ヴィンテージカンタ」や「バブーシュ」などは
人気もあるのでお探しの方は多いかと思います。

特に、アフリカの手仕事アイテムは
メリハリのある色合いや天然の素材感が
夏にぴったりですね。

強い日差しのアフリカの大地で
生まれたものなんだと感じさせられます。
DOUBLEDAYの一部の店舗でも
この夏、世界の手仕事アイテムを
いつもよりもたくさん展開しています。

どれも、ひとつひとつ手作業で柄が違うもの
素材感が感じられるもの
温もりがあるものばかりで
大切にしたいと思わせてくれますね。

アフリカンバスケットは、収納としてだけではなく
壁にかけてインテリアとしても目を引いておすすめです。
柄もシックで、お部屋のテイストを選びません。

こちらは、オールドのモロッカンラグ。
私も自宅で違う柄のラグを敷いています。

近年の人気から、オールドのものは
どんどん入手が難しくなっているそう。
古いものはオイルが出てウールがやわらかくなり
色合いや柄も、新しいものにはない魅力があります。

ウールなので夏は使えない、と思われがちですが
ウールは水分を吸収しないので、さらっとした足触りで
本当に暑い真夏以外は年中使用できます。

子どもが汚したり、ジュースをこぼしても
すぐに拭くと大丈夫。気兼ねなくお使いいただけます。

ほかにも、ベニワレンの次に人気が出るといわれている
「ザナフィ ラグ」や「インドのヴィンテージカンタ」など
次にどれを購入するか…悩まされる夏になりそうです。


2019.07.19 11:00 category:Antiqueその他バイヤー裏話家具

北欧デンマークのアンティーク家具たち

曇り空が続く日々に気分もグレーな毎日です。
梅雨が明けるといよいよ夏本番。

照りつく日差しに焼け付く小麦色が待ち構えています。

前にデンマークのアンティーク家具たちの
入荷状況をご報告しましたが
今回はその中から家具をいくつかご紹介します。

ミッドセンチュリー期(1940~1960年代)に
作られたであろうこの家具たちは
メーカーもデザイナーも分からないものばかり。

見た目はシンプルなデザインですが
細かい仕掛けがほどこされているのは
北欧家具の特徴のひとつです。

まずはこのライティングビューロー。

その名のとおり、書き物をするデスクに収納があり
ミラーを引き出すとドレッサーにもなります。
この3つの機能性を兼ね備えているビューローがほとんどです。

次に、小ぶりなキャビネットです。

キャビネットで下に開く扉も珍しいですが
片側がすべて引きだし収納の美品は
探してもなかなか出てきません。

そして絶妙なカラーリングも、この時代ならではですね。

もうひとつ、小ぶりなキャビネット。

これも片側が引き出し収納です。
ところがこの引き出しがとても珍しく
レールを外して1段ずつ高さを変えることができます。

少しだけですが、入荷してきたアンティーク家具たちを
紹介させていただきました。

これ以外にも、デンマークから入荷してきた
家具たちはたくさんございます。

たくさん、ミッドセンチュリーを堪能してみてくださいね。


2019.07.18 11:00 category:季節の愉しみ家具趣味

ラタンの魅力

ラタン=籐(とう)といえば、
昔懐かしい素材というイメージの方も多いと思いますが
ダブルデイでは今年、ラタン素材のアイテムに注目しています。

こちらは、最近入荷したラタンタオルハンガーです。

ラタン独特の素材感がノスタルジックな印象で
レトロなイメージながら、どこか新鮮さがあるデザインです。

天然素材だからこそ、キズも1点1点違うのが魅力的です。

使えば使うほど味が増し、ヴィンテージのような風合いに育ってくれます。

その他にも、壁掛けミラーやハンドミラーなど
お部屋のアクセントになるラタンアイテムもあります。

まだラタン素材の雑貨が無いお部屋も
ひとつあるだけでいつもとは少し違ったお部屋の雰囲気にしてくれますよ。


2019.07.16 11:00 category:その他季節の愉しみ趣味

ガラス素材のインテリア

毎日、蒸し暑い日が続いていますね。
少しでも、さわやかな雰囲気を出せたらと
ガラス素材のアイテムをインテリアに取り入れてみました。

「津軽びいどろ風鈴」

厚めのガラスに夏らしい色がデザインされており
風情のあるアイテムです。

窓の近くに吊るすと、太陽の光を受けてとてもきれいですし
室内で吊るしておいても、目に映るガラスが涼しげな印象です。

風が吹いて聞こえる音色は
夏の暑さを和らげてくれます

そして、リューズガラスで作られたフラワーベース

少し色が入ったガラスが
合わせるお花やグリーンを引き立てて
やさしい印象を作り出してくれます

目に映る風景や、聞こえてくる音色から
『涼』を感じてみてはいかがでしょうか。

▼リューズガラス フラワーベース(マイティ)
▼リューズガラス フラワーベース(ボルバ)
▼リューズガラス フラワーベース(ローブ)
▼リューズガラス フラワーベース(フラスク)
▼リューズガラス フラワーベース(フレア)


2019.07.12 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ趣味

カレーのための器

ジメジメした日が続きますね…

梅雨が明ければ本格的な夏到来!!
夏に食べたくなるものと言えば
冷たいものを想像しがちですが
暑いからこそカレーを食べて暑い夏を乗り切りましょう!
ということで…カレーにぴったりな器をご紹介。

まず、三重県で作陶されている濱口公佑さんの器。

今回の「カレーのための器展」で初めてお取り扱いさせていただく作家さんです。
カレーにぴったりなオーバル型に鮮やかな色合いが素敵な器。
薄くて軽いのも普段使いにぴったりでおすすめポイント!

次に、新潟の燕市で作られているステンレスのカレー皿。
カレーのためだけに作られた器は、ステンレスの表面を
ダメージ加工した上に、更に黒染めすることで使い古した風合いを出しています。

レトロな喫茶店で使われていそうなカレー皿で
ノスタルジックな食卓を演出してみては??
同じ加工が施されたスプーンもありますよ。

次に、お店のポスターでカレーを盛り付けている
縁のフリルが素敵な波佐見焼の器。

器全体はシンプルなホワイトとグレーなので、カレーが映えます。
大きめの8寸皿なので、カレー以外にもパスタやワンプレートなど
いろいろ使えるのも嬉しいポイント。

▼フリル8寸皿の詳細はコチラ

最後に、岐阜県土岐市で作られている美濃焼の器。

三彩という多色の釉薬をかけ分ける技法を使った大皿は
中央部分にカレーを盛り付ければ、縁まわりの模様がお料理を引き立ててくれます。
1点1点、釉薬の流れ方やかすれ具合が異なるので
お好きな柄を選ぶのも楽しいかもしれませんね。

▼正陶苑 三彩流し大皿の詳細はコチラ

暑くなるとお料理をするのが億劫になってしまいますが
カレーだと簡単なので暑い夏も乗り切れちゃいますね。

※「カレーのための器展」は店舗によって開催時期が異なります。

▼カレーと器、さらに詳しく!


« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 54 55 56 »
PAGETOP