Recommend

2014.07.09 11:00 category:お出かけ・旅行その他

K-MART

先日アメリカの生活雑貨店、K-Martに行ってきました。

食料品から衣料品、玩具、インテリア雑貨まで幅広い品揃えで、
大きな通路や大きなショッピングカートは“ザ・アメリカ”のイメージにぴったり。

私が特に惹かれた売り場は、
工具やアウトドア用品などの日本でいうホームセンター的な売場です。

まず気になったのが、ペットフードのような袋がずらっと陳列された棚。

 

実はこれ、BBQ用の燃料。
BBQが日常茶飯事のお国柄ならではの商品です。

パッケージデザインに惹かれつつも、購入するには大きすぎるし重いし。。
もちろん断念。

次に目を惹かれたのは、ずらっと陳列された工具箱達。

これなら持って帰れる?と思うも、
工具箱が複数自宅にある事が頭をよぎり、断念。

未練を感じつつ、次の売り場へ足を進める事に。
そして見つけた手ごろなサイズ、重さ、
アメリカらしい手土産がSTANLEYのカッターナイフと作業用手袋でした。

無骨な素材感とアメリカMADEのブランド(STANLEY)は、
日本のホームセンターでも売ってます。はい、日本でも売っています。

でも日本で良く見かけるのは現行品のメジャー類で、
このカッターは日本では探すのは困難なはず!と思う事にして次の売り場へと進みます。

そして、家具・家電コーナーで惹かれたのが冷蔵庫!
Simple is Best! たぶん機能もシンプルなんでしょうが、
日本製にはないかっこよさが満載の冷蔵庫たちがずらりと並んでいます。
自宅に欲しい~ってもちろん持って帰れるわけもなく、
ただただ・・・眺めてきました。

結局、広い店内を隅々まで物色し購入したのは
子供用のサンダルと、牛乳、そしてカッターナイフと手袋のみ。
まぁこんなもんでしょう~。

他にもどこに置く?というような巨大子供プールや
激安のアメリカ製扇風機など、アメリカらしさを感じる売り場を楽しみました。

海外の量販店やホームセンターへ行くといつも思う事が、
「自宅の近くにあれば色々買うのになぁ~」
なんですが、きっと本当に自宅の近くにできれば、
「いつでも買えるし」「誰でも持ってるし」となり、結局買わないんだろうなぁ・・・。


2014.07.02 11:00 category:Antiqueその他バイヤー裏話

古き良さを感じる空間

先日、あるメーカーさんの展示会に行ってきました。

この展示会が開催されたショールームが入っているビルは
大阪の堀江にあり、昭和初期に建てられたもの。

これまで何度も訪れた事がある場所ですが、
今回はいつもと違う入り口から入ってみると・・・
レトロでとても素敵なポストと時計を発見!

時代が遡ったのではないかと思うような空間が広がってました。

ビルに入ってからも、いつもと違うルートでショールームまで行くと・・・
また新しい発見!

お隣のお部屋は、この日は使われておらず、
何も置いていなかったのですが、時代を感じる空間でした。

そしてショールームに辿り着くと、
馴染みのある空間に新しいお洋服がずらり。

デザイナーさんが海外などで買い付けされてきた
大きなテーブルやラグはいつ見ても素敵ですが、
私のもう一つの楽しみはデザイナーさん自身が飾り付けられているお花!
毎回ご自身で生けられるそうです。

帰りはいつもと同じルートで、
このビルを象徴する、らせん階段を下りて帰りましたが、
いつ見てもこの独特のフォルム。
年月と共に味わいのある木の手すりと窓からバランスよく入る景色は絶妙です。
(ショールームは4階なので登りはいつも大変ですが…)

古き良さを感じる空間はやはり落ち着くなぁ・・・
自分の身の周りののものも、
時を刻んで味わい深さを増していけたらいいな、と思ったひと時でした。


2014.06.30 11:00 category:その他

ひんやり感、試します

梅雨冷えの日もあるものの
やっぱり7月ですね、
気温の上昇とともに寝苦しい日も増えてきました。

そこで、そろそろ!と
去年お店で買った肌触り抜群のガーゼケットを
引っ張り出すや否や我先にと涼を求めて・・・

こちらもDOUBLEDAYで取り扱っている表面はガーゼの今治タオル。
この時期はひんやり感が気持ちいいらしく、我が物顔で陣取っちゃって。

あのさ。
だからさ。
君のじゃないから!

冬支度のブランケットを出した時もそうだし、何でもそう。
新しいものの感触を、一番に試したいのです。このお方。

そして、行くお店毎にお気に入りを見つけてGETしているカンタも
広げるなり、このありさま。

 

はいはい。
そーね。ひんやりして気持ちいいのよね?

そろそろNewバージョンが入荷するので、
もう一枚GETしようと企んでいるカンタも、こうなっちゃうだろな。
間違いなく!


2014.06.27 11:30 category:未分類

インドのブロックプリント

我が家のテーブルクロスは、
ダブルデイオリジナルのインド製ブロックプリント。

 

柄や色が綺麗で、
大人っぽいところがお気に入り。
エスニックすぎず、洋食器にも和食器にも
合わせる事が出来ます。

これらは全て、インドのジャイプールという古都で作られた
伝統的な技術「ウッド ブロック プリント」のもの。
木製の型(判子)を1色につき1つ手彫りで作り、
柄がずれないよう職人の手でひたすら押していきます。
(1枚のテーブルクロスでも3色使いだと3種類の判子が必要で、
何度も重ね押ししていくそうです)

初めてそれを聞いた時は、
なんて気の遠い作業!?
と、本当に驚きました。

そして、少し先ですが・・・
8月にお店に並ぶ新作は、本当に素敵!!
全部欲しいぐらいです!


2014.06.25 12:00 category:未分類

ハグみじゅうたん 手織りマットが届きました。

2月から3月にかけてDOUBLEDAY各店を巡回していた「ハグみじゅうたん」のイベント。

普段は取り扱っていない「手ざわり」「手おり」シリーズも展示したことで、
たくさんのお客様にご来店いただくことができました。
改めてお礼申し上げます。

さてそんな盛況なイベント期間中、こっそり私も玄関マットを1枚購入いたしました。

私が購入したのは、ハグみじゅうたんの数あるラインナップの中でも
最上級と言われる「ておりシリーズ」。

とても希少性の高いもので、
1センチ四方に約20の結びという気の遠くなるような細かさで手織りをしています。
上質な羊毛の油分を適度に残していることで、柔らかさ、光沢があり、
素足など直に肌に触れることで、その素晴らしさが実感できるものになっています。

じめじめとした梅雨の季節だし、
ウールってなんか暑そうだなって思われた方いらっしゃいますか?

けっして、そんなことはございません。

超上質なウールだからこそ、真夏も含めて1年中快適に使用することが可能です。
またこの商品、実はその生産の細かさから大きなサイズのものですと
3か月もの時間がかかるようです。
私が注文した商品は玄関マットサイズでしたが、
人気商品のため、2か月ほどかかりました。

でもこんなに手間ひまかけて作られているんですもの!
いくらでも待ちますとも!
というテンションでおりましたので、
我が家に届いた時のうれしさはひとしおでした。

さっそく素足で踏みしめてみました。
柔らかいウールが密集しているけど、まったくちくちく感がなく、やさしい肌触りです。
そんなやさしい触感に「あーきもちいい!」と声を上げてしまったほど。

メーカーさんの保証期間はなんと12年。
本当に自信の逸品なのです。
これから永くずっと使っていけるアイテムだと実感した週末でした。


2014.06.23 11:00 category:その他

ハーブティー

梅雨に入り、雨の日や湿度の高い日が増えてくると、
夏が近づいているんだなと実感します。

暑い日におすすめのアイスハーブティー。
今日はダブルデイでも扱っている、
PEOPLE TREEのオーガニッック・ハーブティー
レモングラス&カモミールを飲んでみました。

ハーブは、香りを楽しむだけでなく、
体調に合せて選ぶのも楽しみのひとつ。

レモングラスとカモミールはどちらも、
整腸・消化促進作用・殺菌といったおすすめポイントがあり、
気候が不安定で体調を崩しがち、食欲がなくなりがちな
これからの季節にぴったりです。

お湯で約5分じっくりと少し濃いめに蒸らしたら、
氷にそそいでアイスティーに。

そのままでも美味しいのですが、私のお気に入りはハチミツを入れること。
ハチミツを少し入れると、すっきりとした香りと柔らかい甘さの組み合わせが楽しめます。

これから始まる長いながい夏を、今年はハーブティーで乗り切ろう。。。


2014.06.20 11:00 category:未分類

木製のキッチンツールとカトラリー

木製のキッチンツールとカトラリーを愛用しています。
温かみがあって、使い込むほどに味が出てくるところがお気に入り。
もう何年も同じものを使い続けています。

表面が乾燥してきたな~と感じたらお手入れのサイン。
私はオリーブオイルを直接手で塗り込み
翌日キッチンペーパーで拭き取るというお手入れを行っています。
*上の写真はお手入れ前のキッチンツール。

お手入れ後のキッチンツールとカトラリーは艶が出て良い感じ。
木目も綺麗に浮き出てきました。

お手入れするとますます愛着が湧いてきます。


2014.06.18 13:00 category:その他

我が家の6月行事

快晴に誘われて散歩に出かけた休日。
近くの公園に行くと、立派な実をつけた梅の木を発見しました。

そうそう!
あれを作る季節だ!
と、思い出し帰り道に青梅を購入。

我が家で作るのは、『梅醤油』。

数年前に簡単で美味しい作り方を知ってから、
6月の恒例行事になりつつあります。

作り方はいたって簡単。

梅の黒い部分を取り除き、一晩水に浸します。

あとは、うすくち醤油1酒2の割合で漬けるだけ。

ここからは、ガマンの時期で、半年間冷蔵庫で寝かせます。

おすすめは豚チャーハン。
お醤油の香ばしさと梅の香りがほんのりとプラスされて、
他では出せない絶妙な味が楽しめます。
うーん。早く食べたい!

美味しく浸かりますように。。。


2014.06.16 11:00 category:未分類

Vintage Wood Box

前回のDAY’sでは、『Printer’s Tray』のお話をしましたが、
今回は、数十年前のイギリスで、
収穫した野菜を市場まで運搬する時などに使っていた木製の浅い箱のお話です。

イギリスでの買付の際、アンティークディーラーからは
「ポテトが入っていた箱だ。」と教えられました。

一般的にはこういう箱は、状態が良くない事が多く、
ガーデニング用に野外で使われることが多かったりするのですが、
ダブルデイが買い付けた数十個は状態が非常に良かったので、
自分でも購入し、我が家で嵩張って困っていたデニムやパンツをたたんで収納するのに使っています。

今回は久々に撮影番長のMEIが登場。
撮影前のチェックに余念がありませんでした。


2014.06.13 11:00 category:未分類

Vintage Clocks

「古い物」が好きな私。
これまで古い車や古いバイク、古い家具、古い家など
いろんな「古い物」を手にしてきました。

家具などの経年変化を楽しむ物、
車などの当時の無骨な素材感などをいかに当時の状態のままであるかを楽しむ物、
古い物の魅力は様々です。

そんな古い物達ですが、
共通して購入時に線引きしている事があります。

それは、今でも使える事!
動かない車や使えない家具はどんなに古くても興味がありません。

そんな中、ひとめ惚れして購入したものの、
上記の線引きから逸脱しているのではないかと思う物があります。

それは古い時計達です。
何故逸脱していると思うかは後ほど。。

ドイツの蚤の市で見つけたビンテージの時計ですが、
今回ご紹介する時計はドイツの老舗時計メーカー『Junghans社(ユンハンス)』の
陶器製の掛け時計と、ドイツの老舗家電メーカー『KRUPS社(クラップス)』の掛け時計です。

 

Junghans社は1861年創業の歴史のある時計メーカーで、
世界で初めて電波時計を作ったメーカーとしても有名です。
そんなJunghans社の1960~70年代の時計に一目惚れし購入しました。
ドイツのデザインはどちらかと言うと無骨でシンプル、工業的なイメージがあったので
陶器製のフレームで可愛らしい雰囲気×Junghansっていうだけで即買いでした。

 

こちらは1846年創業のKRUPS社の時計で、
見た目はシンプルな、いかにもドイツっぽいデザインです。
でも気に入ったポイントは、時刻調整方法で、
時計の針自体を表面から動かすタイプなのですが、
枠全体がカバーのようにパカッっと上に開きます。
まぁメーカーは時計メーカーではなく家電メーカーなので、
今でいう家電量販店で売られていたようなモデルだろうと思います。

さて、長々とドイツメーカーについて書いちゃいましたが、
話を戻しまして、何故この古い時計達が購入時の線引きから逸脱していると思っているかですが。。。

お察しの通り時間が合いません。

結構な頻度で狂います。
まぁそんな事になるだろうとは購入時から予測はしていましたが、
今でも使える事である基準を満たすため、毎日自宅で使っています!
実質ほぼオブジェ化しつつありますが電池を入れて稼動中です。

でも今後は「古い物」を幅広く楽しむために、
購入時の線引きを、
「今でも使える事」から、
「今でも動く事」に
変えようかと思います。

精度を求めない事も、「古い物」を楽しむためのコツかも知れません。


« 1 2 3 ... 32 33 34 35 36 37 38 ... 47 48 49 »
PAGETOP