Recommend

2014.02.17 11:00 category:その他

春のコーディネートいろいろ

節分も終わり暦の上では春がやってきても、
先日は全国的に雪が降ったりと肌寒い日が続く2月。

毎年、まだまだ冬めいたこの時期に店頭では春物が並び始めます。
気温は低く肌寒さを感じても、半年くらい前にオーダーした
春物の商品が実際に並び始めるのを見て、
新しい季節がやってきたと感じてわくわくします。

先日、新商品の説明会を行い各店舗のスタッフと一緒に
新商品を実際に色々とコーディネートしてみました。

私自身、各ブランドでそれぞれ世界観を出している中から、
ダブルデイで提案したい商品を選びオリジナルの商品を企画しているのですが、
実際にそれぞれの商品が一緒に並んで見られるのはお店に入荷してからです。
自分なりに頭の中でコーディネートしてイメージしているものの、
実際に店頭に並ぶと色んな発見があります。

同じように、今回のスタッフのコーディネートもそれぞれの個性が出て、
同じ服でもたくさんの提案があり、たくさんの発見がありました。

 

春はやはり色目がきれいなものや華やかなプリントものが目を引きます。
少し前のDAY’sでチョコレートの紹介があった「People Tree」の
ウェアー類はオーガニックコットンやシルクなどの着心地の良い素材に
独特の柄をプリントしていたり刺繍や手織りの手仕事を施しているのと、
スタイリッシュなシルエットが特徴です。
1点着るとコーディネートのアクセントになります。
(上の画像のプリントの商品が「People Tree」の商品)

DOUBELEDAYオリジナルではインドの伝統的な生地がパッチワークに
なったバッグ類や、色の組み合わせがきれいな細かい手仕事の
ビーズのアクセサリー類がもうすぐ店頭にやってきます。

春のコーディネートのワンポイントとして活躍する事に期待です。

全体的には同系色でシンプルに見せながらもワンポイントでプリントものや
繊細な小物を合わせて大人っぽくまとめるのがおススメです。

これから続々と新商品達がやってきます。
みなさまどうぞお楽しみに!!


2014.02.14 12:01 category:未分類

インテリアプランツ

出張の多い私は、週末しか自宅に居ない事がほとんど。
仕事が忙しく家に居ない時間が大半な人でも、
朝晩は自宅に居るっていうのが大体のスタイルだと思いますが、
私の場合はウィークデイ中泊まりの出張…。
本当に家に居る時間がほとんど無いのです…トホホ。

そんな私でも、インテリアショップに勤めていますもの!
やっぱり部屋の中にグリーンや花を飾って、
お気に入りアイテムの中で癒されたいのです。

そんな、お水をあげることさえままならない
今の私のライフスタイルにちょうどいいのは、
ドライにしたプランツや長い間お水をあげなくても元気な植物たち。

まずは、家にちゃんといた頃(って何だが変な言い方ですが)
定期的に生けていた切り花を楽しんだ後のドライフラワー。

それから、これも最初はグリーンの葉っぱだった枝もの。
えーっと…何て名前だったか変わった名前で、
店員さんに『終わった後はドライで楽しめますよ』
と言われ、ちょっと高かったけど夏に即決したひとつ。

キャンドルをつけていない時は、こんな風にディスプレイしたり。

あとは、ドライばかり増えちゃっては味気ないし、
やっぱり緑のものが欲しいから、
エアプランツをバスケットに入れて。
これ、半分くらいの大きさだったのにすごく大きくなりました。

ベランダには、育てる手間の少ないミルクブッシュやオリーブ、アロエに多肉植物が
週1回の水やりでも丈夫に育っていますが、部屋の中のこれらも手を焼かないとっても
楽チンな植物たちは、週末だけのわずかな“我が家ライフ”に癒しを与えてくれています。

特にエアプランツは独特の表情があり、
単に小さめの観葉植物を飾るのともちょっと違った趣き。

店頭にも春らしいグリーンアイテムが登場しています。
手間いらずのエアプランツ達もそろそろ並んでいるはずですよ。


2014.02.12 11:29 category:未分類

渡辺キエさんの器

益子で作陶されている渡辺キエさんの器です。

益子の陶器市でお会いしたキエさんは器のイメージそのもので、
自然体で軽やかで優しく女性らしく、
芯が強くこだわりのある方なんだろうなという印象でした。

昨夏に商品をお願いしてから、
秋、冬と過ぎ、暦上は春が訪れた頃、
ようやくお店に商品が入りました。

何度か納得のいく仕上がりにならなかったと報告を受け、
本当に入荷するのか不安な日々が続きましたが、
お店に届いたダンボールを目にした時は、
嬉しさとホッとした気持ちでいっぱいになりました。

そして、やっぱりとてもかわいい‼

特に小皿は種類が沢山あり、小さめの取り皿として、
皆それぞれが別々の形を使うのがおすすめです。

軽くて持ちやすい器は、磁器なので扱いやすく、
でも、手の跡を感じる温かみや錆のラインが独特で、
洗練された形状が他にはない魅力を醸し出していて
不思議な器だなと思いながら
普段の食事が少し「凛とした」気持ちになるのを感じています。


2014.02.10 11:00 category:その他

姫路市御国野町御着

今話題?の姫路市御着は私の出身地。
かつて「御着城址」の場所に建てられていた小学校に通っていました。
町内のあちこちにノボリが立ち、案内看板も立てられ、
子どものときには気にもしていなかった町内の建物や風景を
あらためてゆっくり見て歩く機会となりました。

せっかくなので行ってみようという方もおられると思いますので
少しばかりご紹介を。

御着は、旧西国街道(旧山陽道)の宿場町でもあり、
いかにも旧街道といった風情の曲がり具合と幅の道が町内を通っています。
町並みが保存されているわけではありませんが
古くて趣のある家が何軒か残っています

町内の街道沿いに、小さい突起のある御影石が埋められている場所があります。
「路地裏手打ち野球」の3塁ベースにしていたのですが
実は一等水準点という国土地理院所管の施設だそうで
そういえば測量のおじさんたちがよく来ていました。
ちなみに茶色のほうは、
秋祭りのときに提灯が吊り下げられた鳥居のようなものが建てられるのですが、
その鳥居の「足」を入れる穴のフタです。

町内に庚申さんとよばれている小さな祠と
樹齢数百年の大榎があります。
かつて枝を切ろうとした人が祟られたという言い伝えのある
とても迫力のある立派な木です。

町の南の方には小高い山があります。
登山道の途中に大きな岩があって、そこからの播州平野の眺めは、
比較的簡単に登れるわりには、結構なかなかのものです。

なお隣町の国分寺には、
「播磨国国分寺跡」や「壇場山古墳」(前方後円墳に登れます)があります。
そちらにも少しだけ足を延ばしてみてください。


2014.02.05 11:00 category:未分類

People Tree フェアトレードチョコレート

ダブルデイでも取り扱いしているPeople Treeのチョコレート。
実は一度も食べた事がなかったのですが、
あらゆる所で「おいしい!」と耳にするので
気になって西宮ガーデンズ店に購入しに行きました。

私がチョイスしたのはこの3種類。
左から、レーズン&カシューナッツ、ビター・レモンピール、ホワイト・クリスピー。
レーズン&カシューナッツはまだ開けていませんが、
この組み合わせは絶対的においしいのが想像できます。

ビター・レモンピールは味の想像が全くつかず、興味が湧いたので購入しました。
きめが細かい、甘さ控えめのチョコレートと
少し歯ごたえのある爽やかなレモンピールの組み合わせ。
苦いもの同士なのに嫌な感じは全くなく、
コクはあるのにあっさりしていておいしいです。

以前は柑橘系とチョコレートの組み合わせは苦手だったのに
いつからか美味しいと感じるようになったのは
大人の味覚になれたからでしょうか。

ホワイト・クリスピーは私の大好きなホワイトチョコに
細かいアーモンドクリスプが入っていて、
間違いない組み合わせです。
このチョコレートは普段口にしているチョコレートと比べて、断然なめらか。

ピープルツリーのチョコレートは
溶けやすいココアバターを使用しているので
寒い時期にしか販売していないのも頷けます。

一般的にチョコレートのおいしい温度は18~25度くらいといわれていますが
私は冷蔵庫に入れ、カチカチにして食べるのが好き。
それに紅茶やコーヒーなどを合わせるよりも牛乳と食べるのが好きなのです。

冷たい牛乳と食べても極上の口どけは損なわず、どちらもおいしく頂きました。
これは他の味も気になるところ。
寒いうちに購入しに行かなければ!!


2014.02.03 11:00 category:未分類

椿とさざんか

髪の毛のケアに椿油を使っています。
現代的なトリートメント剤も良いですが、椿油だと天然素材な上、
手頃な価格で手に入りやすいので使い始めてすっかりマイ定番になりました。
椿のお花の色と違って油の色は控ですが艶っぽさを感じずにはいられません。

ところで、椿に似ている花“山茶花”との見分け方をご存知でしょうか。
この写真のお花はどちらでしょう?

正解は「山茶花」

この二つのお花、どちらもツバキ科ですが、
一般的に、<椿>は「雄しべが筒状」「花が首からポトっと落ちる」「花の時期が12月~4月」

<山茶花>は「雄しべが放射状」「花びらが一枚ずつ落ちる」「花の時期が10月~12月」

などの見分け方があるよう。
季語も、椿は「春」で山茶花は「冬」だとか。
上の写真に使っている敷物の椿風なお花の柄は
もはやどちらかわかりません!

そういう視点で我が家の庭木を見て驚愕の事実が。
25年間、椿だと思っていた木が山茶花でした…

毎年美しい花を咲かせてくれるのでどちらでも良いことにしてこれからも大切にします!


2014.01.31 18:10 category:未分類

カンタのキルト

カンタキルトは雑誌やインターネットでは見かけて、
素敵だなと思うものの、実物にはなかなか出会う機会がなく、
旅先で偶然入った生地屋さんで大量に陳列されているを見て、
とても興奮したことを覚えています。

1点ものですので、どれにするかさんざん悩んで選んだのは、
このぱきっとした青い色と紫やピンクからなるもの。

何に使うかなど微塵も考えずに、
とにかくこの色使いとハンドキルトによる凹凸感に惹かれて
衝動買いしてしまいました。

このカンタキルト、元々はインドの家庭で娘さんの
お嫁入り道具として家々で作られていたもので、
古いサリー生地が使われていることが多いようです。
ほとんど作り手の方のセンスによってできるので、
同じものには出会わないところが魅力。

今は、商業用に作られているものが多く、
私の買ったキルトもそうしたものの一つだと思われます。
ただ、作り方は同じで古いサリーの生地を使って
各家庭で内職のような形で作られています。
ですので、人によって家庭によってセンスの違うところや
1点ものであるというところは変わりありません。

シミや破れを隠すために施された小さなパッチワークが
絶妙なセンスで入っているところも気に入っています。
見るたびに何かしらのちょっとした発見があります。
例えば、キルトステッチの色が突然緑からピンクに変わっていたりして…
飽きることがありません。

暖かくなって桜が咲く季節になったら、
友人たちとこのキルトを持ってお花見に行こうと考えています。
ワインを呑んだり、パンを食べたり楽しいだろうな…、
とあまりカンタは関係なかったですね。

ダブルデイでは、このカンタキルトやカンタ生地を
使ったかぼちゃ型のクッションも人気があります。
古い生地をつかっているので、少々扱いにくいところもあるのですが、
お部屋の中での存在感は特別なものがあります。
ぜひお気に入りの1点を見つけてみてください。


2014.01.29 13:30 category:その他

御朱印帳

昨年12月に訪れた熱田神宮で御朱印帳を購入し、
寺社仏閣を訪れた際は御朱印をもらっています。

御朱印とは、寺社仏閣で参拝者に向けて押印される印章や印影のことだそう。
お城や駅などにある記念スタンプとは違って、社務所(のようなところ?)で
僧侶や神職の方などが押印し墨書きで参拝日などを書き込んでくれます。

ビギナーなので「御朱印お願いします」と言うのは緊張でドキドキ。
でも、その反面「ここはどんな御朱印だろう?」と楽しんでもいます。
また、目の前で筆でスラスラと書き込まれる様を見ていると
なんだか厳かな気分になったりします。

特に信心深いとか、敬虔な仏教徒というわけではありませんが、
もともと“仏像”を見るのが好きで、せっかく寺社仏閣に行くのだから、
参拝記録としてもちょうどいいなと思ったのが御朱印帳を持ったきっかけです。


左が西宮(戎)神社、右が東大寺

熱田神宮では御朱印帳は1種類だったのですが、
寺社仏閣によってはいろいろなタイプのものが売られているようです。
(だいたい1000円ぐらいです)
最近はパワースポットブームや伊勢神宮や出雲大社の遷宮もあって
御朱印を集める「集印」が若者や外国の方にも流行っているそうで、
ピンクの花柄とかモダンなもの、北欧調のものまであってびっくり。
有名なネットモールとかでもたくさん取扱いがあるので、
気になる方はのぞいてみてくださいね。

御朱印も寺社仏閣によっていろいろあって、
年中行事や秘仏の御開帳、特別公開期間にあわせて
特別な御朱印を押印することもあるらしく。
てことは、何十年に1回の遷宮とか、何十年に1回の秘仏御開帳とかの場合、
この後の人生を考えるとチャンスは1回っ!?

そう思うと、集印にますます気合が入ってしまいます。


2014.01.27 11:00 category:未分類

目覚まし時計

4月からの新生活に向け、いろいろな目覚まし時計が
ショップの全面に出てくるこの時期
私が使っている目覚まし時計の話。

小学3年生になって、一人部屋が与えられ
気が付けば、自分の部屋にいたSEIKOの目覚まし時計。
両親が使っていたものを譲りうけけたのだと思います。

けたたましい音がするこの時計のおかげで
小学校から大学の間、寝坊で遅刻した記憶がありません。

恐怖のベルでしたが、とても愛着があり手放せず
寝室からリビングに場所を変え、今も現役で使っています。
かれこれ、28年間の付き合いです。

実家を出るタイミングで目覚まし役に就任したのはこの時計。
ドイツ製 ブラウン社のトラベルクロック。
文字盤が小さく視認性も悪いのですが
ボタンを押せばライトが付く便利な点と
優しく鳴る目覚まし音が気に入って購入しました。
針の音も静かで心地よいので気になりません。

数年前から、この時計にライバルが出現。
それが下の時計猫。
目覚ましより早く、ニャーニャーと鳴き起こしてくれます。
1年ほど前から、目覚ましの音を聞いていません。

彼女は、週末以外の平日は夏は4:30、冬は6:00きっかり
季節に合わせて起こしてくれます。
彼女がきてから1年半たちましたが
起きた後の時間が勿体ないので、お弁当を作るようになりました。


2014.01.24 11:43 category:その他

居心地の良いうどん屋さん

誰でも一つや二つは存在すると思いますが
自宅以外で居心地の良さを感じる空間、思いつきますか?

画像は京都のとあるうどん屋さんですが
もともと座敷だった部屋をフローリングに改装し
更に床の間の続きにガラス窓を作り
やんわりと外光を取り入れています。

後から取り付けた感じのする床柱や
明り取りの窓の位置など改装の軌跡を感じられる箇所も
なんとなく部屋になじんでいて
最初はあれ?っという感じでしたが
しばらく座っているとやけに居心地の良さを感じるのが不思議です。

壁に掛けた日本画も、ウォールナット材(のような)テーブルも
部屋によくなじんでいます。

DOUBLEDAYでは以前、「MIX&MUTCH」というテーマで
違ったテイストをミックスするコーディネートを提案しましたが
この老舗うどん屋さんもまたそういった手法を自然に取り入れて、
居心地の良さを作り出している気がします。

落ち着いた色のテーブルの上で
はんなりとした味わいのおうどんを頂くのが
今ではすっかり京都を訪れた際の定番になっています。


« 1 2 3 ... 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 »
PAGETOP