Recommend

2021.11.12 11:00 category:Antique家具

イギリスからコンテナが入荷しました!

11月に入り、街はクリスマスデコレーションなどで
華やかになる季節になりました。
あっという間に今年もあと少しですね。

先日、待ちに待っていた
イギリスからのコンテナが入荷しました。
夏にはイギリスを出発したのに、
途中の上海でコンテナが混んでいた影響で
長い旅になりました。

まずは待っている人が多い
G-PLAN(ジープラン)のラウンドエクステンションテーブル。
丸いテーブルがずらりと並んでいるといつも圧巻です。

また、円形の形がよりよくわかりますね。

同じくG-PLANのコーヒーテーブルたち。
前回のブログでご紹介しましたが、
ソファの前によく映えます。

ラウンド型以外にオーバルや
脚のデザインが特徴的なスパイダーもあります!

続いて同じく並んでいる図が
本当に様になるERCOL(アーコール)のチェアたち。

ERCOLのロッキングチェアもクエーカーと
ゴールドスミスのデザインで入荷しました。
お家でゆっくりくつろぐのにぴったりですね。

前回入荷が少なかったERCOのラウンド型のドロップリーフも今回は少し多めに入荷しました。
片方だけでも両方広げても使えます。

チェアでは今回はベントウッドチェアがバリエーション豊富です。
背もたれや座面の形・柄などそれぞれに個性があります。
また、存在感のあるアーム付きもあり、選ぶのが楽しくなります。

同じデザインでも、色みや経年した木の風合いや
素材感などが違うので、それぞれに個性があります。
色々見比べながら、
お家の空間にあったものを見つけ出すのが
アンティーク家具の良さと楽しさだと思います。

ダブルデイ楽天オンラインショップにも
今回入荷した商品を
順次アップしていきますので、
楽しみにしていてください。

—————————————————————
ダブルデイ楽天オンラインショップはこちら
—————————————————————


2021.11.09 11:00 category:ファッション季節の愉しみ

今年のダブルデイおすすめアウター Vol.2

前回に続きダブルデイおすすめアウターをご紹介します。
以前ご紹介した際にも登場した
バイヤーPush Brand「lelill」の
ウールシルクスタンドリバコート。

「lelill」のコンセプトは
『道具服』猛暑や豪雨、
今なお変化を増していく
日本の気候に寄り添う機能性と

その日の気分に正直に寄り添える
着心地よさが同居した、
まるで毎日使う道具の様に体に馴染む日常着。

着心地の良い天然素材、
時と共に変化を楽しむデニム、
そしてどんな天候でも快適さを失わない高機能素材。

この3つを軸に着心地良く快適で、
ちょっと気持ちを高揚させる
そんなベーシックウェアを提案しています。

前回ご紹介したコートはナイロン素材の機能性アウターでした。
今回はウールシルクを原料に織り上げて
贅沢な素材を使用したロングコートです。

おすすめポイントとしてはリバーシブルで着用でき、
表側はラグランスリーブなのに、裏面はセットインスリーブと
こちらのコート1枚で2つのシルエットを楽しめて
コーディネートの幅が広がります。
長年愛用間違いなしのアイテムです。

また素材は厚みがあるのにも関わらず、
しなやかで軽い着心地も魅力な一着。
シーン問わずご使用いただけます。

次にご紹介するのは「LE GLAZIK」のリバーシブルコート。
「LE GLAZIK」は1928年に
フランス・ブルターニュ地方の港町カンペールで誕生した
マリンウェアブランド。

“le glazik / ルグラジック” Glazikは
ブルトン語で「リトルブルー」を意味します。

港町で、麻や綿のキャンバス地で
作業服を作るところからはじまり、
さらにウールを取り入れ、衣類の範囲を広げていきました。

現在では、老舗マリンウェアブランドとして 男女問わず、
季節ごとのコレクションを展開しており、
海を中心とした独自のアイデンティティと高い品質で愛され続けています。

こちらのコートは毎シーズン人気シリーズで
今年もご好評いただいています。

ふんわりと滑らかな肌触りが魅力で、
軽やかなウールナイロン混素材を
モッサで仕上げた生地を使用しており、
ウールの風合い豊かな仕上がりながら
軽量な着心地となっています。

リバーシブルで着用でき、
その日のコーディネートに応じてイメージを変えられるため
一石二鳥の素晴らしいアイテム。
ノーカラーのデザインで飽きが来ず、長く愛用いただけます。

次にご紹介するのは「LONDON Tradition」ポンチョコートです。

とにかく見た目が可愛いデザイン。
ダブルデイではピスタチオカラーを展開。
一見派手な色に思いがちですが、
実際は上品に一枚でサマになるアイテムです。

滑らかなタッチと上品な艶を湛えた
上質感漂うメルトン素材を使用しており
どんなボトムにも合わせやすいよう
シルエットはコンパクトに仕上がっております。

今年ですと、人気のアームウォーマーや
ロングブーツを合わせてスタイリングするのもおすすめです。

最後にご紹介するのは
ダッフルの形と言えばこちらのブランド「Gloverall」。

英国で1951年に創業された「Gloverall」は、
ダッフルコートのトップブランドとして
現在までその地位を守り続けてきました。
かつては英国国防省の委託を受け、
第二次世界大戦の終戦により不要品となった
英国海軍用のダッフルコートや
手袋を販売していた同社ですが、
後に自社製ダッフルコートの生産を開始。

最高クラスの素材と英国職人の技術を駆使して、
それまで防寒着としか見られていなかったダッフルを
ファッションアイテムとして昇華させ、
世界的な支持を得ることに成功しました。

設立から70年以上を経た今も、
真摯な物作りを続けている歴史あるブランドです。

ダブルデイではこちらのキャメル1色のみの展開ですが、
飽きの来ない様々なコーディネートで合わせやすいお色を選びました。

始めはガシッとした固めの素材感ですが、着るたびに馴染んできます。
またその経年変化をお楽しみ頂けると長く愛用いただけるかと思います。

着ていて高揚感が上がり、愛着のわく
素敵な一枚を見つけてみてください。


2021.11.05 11:00 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ

Merry DAY’S Christmas ~ダブルデイのクリスマス~ Vol.2

大きいツリーをシンボルに、
オブジェやオーナメントをたくさん用意すると
クリスマスらしい雰囲気が出て気分も上がります。

もちろん広いスペースが取れない場合でも大丈夫。
いくつかのアイテムをコーディネートして
特別なクリスマスデコレーションにチャレンジしてみてください。

少しコンパクトなアンティークのチェストに、
置物とフラワーベースをアレンジしてみました。

オブジェは毛糸など温かみのある素材のものをセレクト。
LEDガーランドがアクセントになっているので、
点灯させるとまたイメージが変わります。

一緒に配置したフラワーベースには枝を、
1本1本にライトを巻き付けたことで
とっても華やかになります。

アンティークのソーイングボックスの上には
クラフト感のあるオーナメントを置いて、
ぷっくりとしたフォルムがかわいい印象です。

そしてツリーに飾り付けたオーナメントは
ラタンで作られたミニサイズのリースデザインと
サンタがかわいいワイヤーフレームタイプ。

大きいサイズのツリーには
少しボリュームのあるオーナメントがおすすめです。

こちらは、少ししっとりとしたイメージを演出。

アンティークチェアやチェストの隣には、
あえて何も飾らないシンプルツリーをそのまま配置。

本物の木の枝をつないだオブジェと合わすと
大人っぽいクールなアレンジができます。

近くの壁には、
あえて飾りの少ないシンプルなリースを吊るし
チェストの上のフラワーベースとガーランドが
シックなリースを引き立たせてくれます。

お部屋の照明を少し落として
ゆっくりとライトを見つめてみるのもいいですね。
選ぶアイテムでガラッと雰囲気が変わるデコレーション。
その時の気分で選んでみるのもおすすめです。


2021.11.02 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ

冬のおもてなし~信楽焼 古谷浩一さん~

急に冬が近づいてきましたね。
防寒グッズを出したり、
しまい込んでいた土鍋を出したり、
冬支度をされている方も多いかと思います。

緊急事態宣言は解除され、
まだまだ気を緩めることはできませんが、
家族でホームパーティや
少人数のおもてなしをする機会も出てくるのでは。
そんな時に、気持ちもホッとあたたかくなる、
おすすめの商品をご紹介します。

まずは、信楽焼の古谷浩一さんの器です。
信楽で粉引と言えば、の古谷さん。

あたたかみがあり、シンプルで、
料理を引き立ててくれるので人気です。

コンポート皿や高台小鉢は、とても人気で、
普段の食卓で季節の果物をのせたり、
おもてなしの時は料理をのせたりと、幅広く活躍してくれます。

和食器ですが、リムボウルなど洋食器の形状も多く、
八角形のケーキ皿はクッキーをのせたり、
取り皿としてお使いいただけます。

粉引以外に、グレー釉もありシックで大人っぽいテーブルに。

続いて、オリーブのカッティングボードです。

北アフリカのチュニジアで、
古木のオリーブを利用して作られたカッティングボード。

自然木を生かした美しい形で、
そのままテーブルに出せるまな板です。

木目やサイズが一つ一つ異なり、味わいがあります。

わが家でも、サイドボードの上に
インテリアとして置いています。
素材感と存在感がとても良いです。

ネパールで職人さんが一つ一つ手作業で作った
フェルトのコースターは、
普段はマグカップに、おもてなしの時はワイングラスにと、
まるまるしていてとてもかわいいです。

これからの寒い冬を楽しく乗り切る
お気に入りのアイテムを
ぜひ、ダブルデイで見つけてみて下さいね。


2021.10.29 11:00 category:家具

ワンポイントでオシャレさ稼げるにくい家具

ダブルデイで家具と言えば
テーブルやソファなど、大振りなものがメイン。

しかし、今回ご紹介するのは
そんな主役となる家具ではなく、脇役。
観葉植物を入れて飾るための家具です。

リビングとダイニングの境目が
なくなってきている最近の間取りでは
各ゾーンをいかに、自然に区切るのかが重要。

何も置かなければ、殺風景だし
背が高い家具を置くと圧迫感がある・・・苦労するなぁ。
そんなとき、この子が活躍します。

部屋の間仕切り(=目線が常に行くところ)に
素材感があるこの子を置く事で
部屋の雰囲気が変わります。
オシャレさ稼げます!!本当に!!

ましてや、トレンド・定番になっている
「植物(PLANTS)」との組み合わせを行う事で、
オシャレさ倍増です。

マガジンラックやリモコン・
ティッシュボックスを入れて
「ちょい隠し収納」としても便利!!

キャスターがついているので、
間取り変更時の移動や
掃除機をガンガンかけている時の
ちょっとした移動もストレスフリー!!

優秀なんです。

オークの無垢材のあふれ出る雰囲気の良さ。
でもリーズナブルなところもおすすめ。

気になった方は、ぜひ確認してみてください。


2021.10.26 11:00 category:Antique家具

「G-PLAN(ジープラン)」のガラストップコーヒーテーブル

お家の中でも過ごす時間が多いリビングルーム。
ソファやラグの上でゆったりと読書をしたり、
団欒したりする時におすすめのコーヒーテーブルのご紹介です。

イギリスの「G-PLAN(ジープラン)」は
“何年もかけてプランを立てて買い足していく家具”
という意味が名前にも込められているように、
ダイニングテーブルやサイドボードなど
ダブルデイでも長きに渡って
お客様からお問い合わせが多い人気のアイテムが多く、
コーヒーテーブルもその1つです。

チーク材の色合いとフォルムが特徴的。
デザインされた曲線の脚のデザインが
ガラストップの天板からも見える事で
よりその良さを感じます。
ガラスの円形天板は透け感があるので、
奥行きが広めのデザインでありながら、
置いた時に圧迫感がありません。
また、となりを気にせず
テーブルを囲んでお使いいただけて、
パーソナルスペースも作りやすいです。

同じ脚のデザインでオーバル型もあります。
ラウンド型よりも幅が広いので、
大きめのソファと合わせる際におすすめです。

レアアイテムのスパイダーコーヒーテーブルは
その名の通り、蜘蛛の巣のような脚のデザインが特徴です。
入手困難でなかなか入荷しないのですが、
今月末に1台入荷予定となっています。

シンプルでデザイン制のある
「G-PLAN(ジープラン)」のコーヒーテーブルは
どんな家具とも協調しながらも
存在感があるので、お部屋の印象も変わります。

また、アンティーク家具独特の
落ち着いた雰囲気で
リビングを快適にしてくれるアイテムです。


2021.10.22 11:00 category:バイヤー裏話ファッション季節の愉しみ

今年のダブルデイおすすめアウター Vol.1

10月にしては気温が高く、
羽織の必要ない日が続いていましたが
やっとリアルに欲しくなる
季節がやってきましたね。

ダブルデイおすすめ
今年のアウターをご紹介します。

最初にご紹介するのは
「lelill(レリル) バックタック3WAYコート」です。

とにかく機能性抜群!
着方様々でこの冬大活躍の一枚。
既に店頭でも大人気のアイテムです。

撥水機能がつきで軽く、
全天候に可能なギャバジン素材を使用。

そこに同じく撥水ナイロンキルティング素材の
発熱中綿でとても暖かいライナーがついており
真冬でも着用可能。

後のスカート部分は大きくタックが入り、
ウエストを絞るとボリュームが出るため
女性らしいフォルムが楽しめるところもポイントです。

中のキルティングライナーだけでも着用でき、
先程の印象とまた違ったイメージでご使用いただけます。

キルトもオニオンキルト柄を採用しており、
一枚で様になるデザインです。

またライナーを外して
外側のコートだけで着用すれば秋口、
春先の羽織としても使用でき
とにかく一枚で
何通りのコーディネートもお楽しみいただけます。

次にご紹介するのは
昨年瞬く間に完売してしまった、
「BON VIEUX TEMPS(ヴォン・ヴュー・タン)
テーラードコート」です。

ツイード風の素材感が絶妙な色合いで、
着るだけでテンションが上がる一着。

展示会には出ていなかったアイテムなのですが、
どうしても今年も展開できればとメーカーさんに
無理を言って実現しました。

一見きれい目ですが、デニムとの相性も抜群。
気分的に足元は白ソックス×バレーシューズを
合わせるのがおすすめです。

まだまだ他にもございますが
少し長くなってしまいそうなので
次回、Vol.2をご紹介しようと思います。

寒くなる前に
お気に入りの一着を見つけてみてください。


2021.10.19 11:00 category:ダブルデイグッズ季節の愉しみ

Merry DAY’S Christmas ~ダブルデイのクリスマス~ Vol.1

ご自宅の家具に演出できるモノを置いて
少しずつ、クリスマスに向けての準備スタートです!

今回は、壁や棚の上でできる
デコレーションアレンジをご紹介。

アンティーク家具とコーディネートすることで、
いつもと違った少し大人っぽい雰囲気に。

ホワイトカラーのツリーには
あえて、ビビットカラーをコーディネート。

棚に並べたミニツリーには
かわいい印象のオーナメントを合わせて華やかに。

LEDライトガーランドを絡めると
お部屋のライトを消したときに
さらにリラックスできるやわらかい光を
楽しむことができます。

壁に吊るすリースは素材によって
雰囲気がガラッと変わります。

温かみのあるフェルト素材のミニリースは
丸いパーツが目を引くかわいさです。

天然素材を使ったリースは少しシックな印象。
シンプルな壁にいくつか吊るしました。

近くに配置するオブジェはシンプルカラーをセレクト。
リースのゴールドカラーとコーディネートした印象は
スッキリとしたカラーリングのクリスマスデコレーションです。

心がはずむクリスマスに向けて・・・

VOL.2もお楽しみに!


2021.10.15 11:00 category:お料理キッチン季節の愉しみ趣味

秋のごはんを美味しく・楽しく

まだまだ10月とは思えない
まぶしい日差しの日もありますが、
秋の味覚や新米を楽しみたい季節になりました。

美味しいパンやパスタもたくさんありますが、
それでもやっぱり「米」。
炊き立てごはんにかなうものはありません。

そんなごはんの道具や器など、
おすすめの商品をご紹介します。

まずは、「かもしか道具店の盤古焼 ごはん鍋」です。

なにより、美味しいごはんが炊ける鍋です。
吹きこぼれしにくく、
蒸気の穴を無くす事でごはんがふっくらに。
ごはんが炊き上がったら、そのまま食卓へ。
おひつ代わりにもなります。

続いて、同じく盤古焼の
「羽釜一合ごはん鍋」「手付きパン」です。

盤古焼は、耐熱性が高く、
丈夫で保温性・保湿性に優れています。

どちらも、見た目がかわいいので、
あるだけで嬉しくなります。

アウトドアでも使用されるそうです。

次に、ごはんといえばの飯碗です。
こだわりのマイ飯碗で、
ごはんの時間の満足度がUPしますね。

こちらは、美濃焼 正陶苑の
「へなりの飯碗」です。

土の風合いや釉薬で、
うまく現代のライフスタイルに
マッチさせる器を多数企画されている
正陶苑さん。

こちらは、手に持った時の
ジャストフィットを目指し、
「落っことしにくい」が自慢の飯碗です。

飯碗といえば、汁椀。
こちらは、山中漆器 我戸幹男商店の
ダブルデイオリジナルの汁椀です。

「我戸幹男商店」は
受け継いできた伝統をふまえ、
熟練の職人による高いろくろ挽きの技術をいかした
スタイリッシュな漆器を開発されています。

軽くて口当たりも良く、毎日のお味噌汁がワンランク上に。

そして、こちらは調理の時にあると便利なアルミのボウル。
表面に加工が施されており、
傷が付きにくくなっています。
軽くて扱いやすく、丈夫で持ち運びもできます。

直火可能なので、ちょっとしたものの温めにも。

この秋は、美味しく楽しいごはんの時間を、
ぜひぜひお過ごしください。


2021.10.12 11:00 category:家具

巣ごもり冬支度におすすめソファ

以前にもご紹介した、ダブルデイオリジナルの
「MILLIE Sofa(マイリーソファ)」。

寒くなると、なぜかレザーソファが
よく売れるようになりますが
ファブリックを使ったソファもおすすめです。

レザーと違い生地は通気性が良く
座る人の体温をうまく調整してくれるので、
長時間座るとその良さを感じてもらえると思います。

北欧デザインを参考にして作っていますので
高い背もたれが特徴です。

座るとわかりますが、
周りの視線や音などを適度にシャットアウト。

映画をみたり、音楽を聞いたり、
特に一人掛けソファは抜群のパーソナル感がでます。

デザイン重視のボタン留に見えますが、
これがあることで座る人の
背もたれに沿ったフィット感を出しています。

ぜひ一度、座り心地を体感してみてください。


 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 80 81 82 »
PAGETOP